卵白を使ったアイシングクッキー用のクリームの作り方を2通り教えます☆

こんにちは!管理人のなつみです(^^)

今回は、アイシングクッキーに欠かせない、アイシングクリームの作り方をご紹介します。

アイシングクッキーに使うアイシングクリームは、卵白と粉糖を混ぜて作りますが、生の卵白を使う場合と、乾燥卵白を使う場合があるので、それぞれの作り方をお伝えしますね。

アイシングクリームとは?

まずは、「そもそも、アイシングって何?」というお話を少しから。

アイシングは粉糖とお水、粉糖とレモン汁、粉糖と卵白などを混ぜ合わせて作った、甘いクリーム状のペーストです。

パン(シナモンロールなど)や焼き菓子の上にかかっている、甘くて白いアレのことです。

作る材料によって、半透明で完全に乾かないものもあれば、真っ白で完全に固まるものもあります。

アイシングクッキーに使うクリームは、細かいデザインを描いていくので、常温で早く乾いて固まるものが使われています。

このしっかり固まるアイシングクリームに必要な材料の組み合わせが、『粉糖と卵白』です。

ちなみに、卵白を使って作られたアイシングクリームを正式には「ロイヤルアイシング」と呼びます。

ロイヤルアイシングは、「卵白」を使うことで、完全に固まります。

卵白は、水分がなくなると縮んで硬くなる性質があるので、この性質を生かして、細かいデザインやデコレーションに活用されているんです☆

アイシングクッキーを作る前に、アイシングクリームの知識を少し知っておくだけで、作るのが楽しくなるかもしれません♪

生卵白を使ったアイシングクリームの作り方☆

では、アイシングクリームの作り方をご紹介します。まずは、生卵白を使った作り方です。

材料

  • 卵白…15g(Mサイズの卵なら約半分)
  • 粉糖(オリゴ糖入りがおすすめ)…100g
  • レモン汁(水でもOK)…小さじ1

粉糖にはいろいろな種類がありますが、オリゴ糖入り粉糖と卵白の組み合わせは、アイシングクリームを絞ったときに、詰まりにくく、滑らかに描きやすいのでオススメです。

私はコッタのオリゴ糖入り粉糖をAmazonでまとめ買いしています(^^)

コッタのオリゴ糖入り粉糖のページはこちら

作り方の手順

  1. 卵黄と卵白に分ける
  2. 卵白をハンドミキサーやホイッパーでよく混ぜる
  3. クリーム状になったら粉糖を少しずつ加えて混ぜ合わせていく
  4. 水を加えるツヤが出るまで10分くらい混ぜ続ける
  5. スプーンで持ち上げたときに、角が立つ程度の硬さならOK◎

混ぜ合わせたときに柔らかければ粉糖を足し、固ければ水を足しましょう。

白くてふんわりとしたアイシングクリームができたら完成です♪

生卵白を使うメリット

  • 家にある食材でアイシングクリームが作れる
  • 低コスト

生卵白を使うデメリット

  • 手間と時間がかかる
  • 保存期間が短い
  • 大量にアイシングクリームを作る場合は、大量の卵黄が余ってしまう

卵黄の余りに関して、解決策としては、冷凍卵白という製菓材料を使うのがおすすめです。

冷凍卵白は、殺菌された卵白で、衛生的にも良いです。

解凍すると生卵白として使えるので非常に便利ですよ。

乾燥卵白を使ったアイシングクリームの作り方☆

続いて、乾燥卵白を使った作り方をご紹介します。

乾燥卵白は、卵白を乾燥させたものです。

お菓子づくりをしない方は、あまり馴染みのないものだと思いますが、製菓材料としては有名で、富澤商店などの製菓材料店や、コッタなどで購入することができます。

材料

  • 粉糖…100g
  • 乾燥卵白…3g
  • 水…15g

作り方の手順

  1. 粉糖と乾燥卵白をスプーンで混ぜて馴染ませる
  2. 水を加える
  3. ハンドミキサーで10分間混ぜる
  4. スプーンで持ち上げたときに、角が立つ程度の硬さならOK

混ぜ合わせたときに柔らかければ粉糖を足し、固ければ水を足しましょう。

白くて滑らかなクリームができたら完成です。

乾燥卵白を使うメリット

  • 乾燥卵白自体を長期保存ができる
  • 作る手順が簡単

乾燥卵白を使うデメリット

  • 乾燥するのが早い
  • 時間経過によって臭みが出やすい
  • 生卵白よりもコストがかかる

★私は、アイシングクッキーを作る頻度が多いこともあり、混ぜるだけで簡単な乾燥卵白を使っています。

私は、富澤商店のアルブミナ 30g 421円を使っていますよ。

富沢商店のアルブミナのページはこちら

確かに乾きやすいのですが、素早く乾燥対策をすれば問題なく使えます。自然な風味で食べやすいですよ。

アイシングクリームを作るときの注意点

アイシングクリームを作る際に、いくつか注意点があるので、作る前に確認しておきましょう。

水を足すときは微量の調整を

アイシングクリームは、硬すぎても柔らかすぎても描きにくいので、水の量はとても重要です。

水を足していく場合は、微量の水分調節ができる、霧吹きを使うのがおすすめです。

とにかくよく混ぜること

練り不足だと、アイシングをして乾いたときに、半透明な仕上がりになってしまうので、10分は混ぜ合わせてください。

冷蔵庫の保存は乾燥しない工夫を

アイシングクリームは、乾燥しやすいので、冷蔵庫で保存する場合は、乾燥しない工夫が必要です。

私は、濡れたキッチンペーパーをボールにかぶせ、ラップをかけて保存しています。

何日も保存する場合は、タッパーに入れて密閉するのがベストです。

乾燥したアイシングクリームの欠片が入ってしまうと、絞るときに詰まってしまいます。

私自身、アイシングクリームは、何度も作っていますが、混ぜる時間が短いと乾いたときの仕上がりがイマイチだったり、ちょっと水が多いと、クリームがクッキーからはみ出てしまうので、そこの微調整が難しいところです。

アイシングクリームの硬さの調整・着色・コルネの作り方・コルネに詰める工程については、こちらの記事にまとめているので、是非参考にしてみてください

初心者さん必見!アイシングクッキーの作り方の基礎まとめ☆

アイシングクリームの作り方をマスターして、自宅でもアイシングクッキーを作ろう♪

いかがでしたか?今回は、アイシングクッキー作りには欠かせない、卵白を使ったアイシングクリームの作り方をご紹介しました。

それぞれにメリット・デメリットがあるので、自分に向いている作り方を選んでみてくださいね♪

慣れるまでは大変ですが、アイシングクリームを作るコツをマスターしてしまえば、自宅でも簡単にアイシングクッキーが作れます♪

また、アイシングクッキー作りは、コツを掴むために、一度体験レッスンを受けるのがおすすめですよ。

体験レッスンは、アイシングクッキー作りに必要な準備物を、先生が全て用意してくれているのでデザインに集中できます。

中には、アイシングクリームの作り方から指導してくれるレッスンもありますよ。

自宅で作ってみて、上手くいかない点があれば、レッスンの時に先生からアドバイスをもらいましょう♪

私ははじめ、本や動画などで独学で学ぼうと思っていたのですが、実技は、詳しい人に直接指導を受けた方が間違いなく上達します。

1回のレッスンでも学べることは相当あるので、是非体験レッスンでアイシングの楽しさを体感してみてください(^^)

Instagramにもアイシングクッキーの作品を掲載しているので、是非ご覧ください。

Instagram

こちらの記事もご覧ください→アイシングクッキー認定講師が教える『キルティングのコツ*』