アイロン前のヘアケアでダメージケア&スタイルキープ☆おすすめのスタイリング剤

朝のスタイリングに出番の多いヘアアイロン。

しかし、毎日ヘアアイロンを使っていると、髪の毛の傷みが気になりますよね。

髪の毛のダメージが進行すると、アイロンで巻いても、綺麗なストレートや巻き髪がスタイルがつくりにくくなるので、アイロン前のヘアケアは重要ですよ☆

せっかくセットしたスタイルも、時間が経つと崩れがちですが、ヘアケア効果のあるスタイリング剤を使えば、スタイルをキープしやすくなります♪

今回は、アイロン前のヘアケアについてお伝えします。

アイロン前のヘアケアで、ダメージケア&スタイルキープができる♪

みなさんは、アイロン前にヘアケアをしていますか?

ストレートや巻き髪、どちらにせよ、アイロンでセットしてからスタイリング剤を馴染ませる方が多いように感じます。

アイロンを使うことで、綺麗なストレートヘアや巻き髪が完成しますが、実はアイロンの熱ダメージを受けて、髪の毛は傷んでいます。

別の記事でも、「ドライヤーをかける前に洗い流さないトリートメントを使うと、髪の毛1本1本が保護されて、熱ダメージから髪を守ることができる」とお伝えしました。

素髪の状態でアイロンをかけ続けると、髪表面のキューティクルが傷んで剥がれやすくなり、そこから髪内部の潤いが蒸発して、パサパサ・ゴワゴワになっていきます。

髪の毛が傷むと、アイロンを使ってもうまく巻けなくなったり、思うようにストレートがキープできなくなるので、スタイルの持続力も悪くなってしまうんです。

また、日中はエアコンの乾燥や紫外線、ホコリなど、様々なダメージが髪の毛を刺激します。

そんな日中の刺激から髪を守るためにも、朝のヘアケアは重要なんですよ。

アイロン前のヘアケアは、髪の毛を傷めずに、自然なツヤを出して、スタイルキープをするために非常に効果的なんです(^^)

アイロン前に洗い流すトリートメントやスタイリング剤を使おう

では、アイロン前にどんなヘアケアをすればいいのでしょうか?

やることは簡単です。アイロン前に洗い流さないトリートメントや、スタイリング剤を馴染ませておきます。そのあとはいつも通りアイロンで巻けばOKです。

ヘアセットの手順が逆転する方も多いかもしれないですね。

仕上げのスプレー以外はアイロン前に髪に馴染ませておきましょう。

洗い流さないトリートメント・スタイリング剤→アイロン→(セットスプレー)

といった手順になりますね。アイロン前にヘアケアをすることで、髪の毛の潤い補給とキューティクルの保護ができるので、アイロンによる熱ダメージを軽減します。

スタイリング剤として使える洗い流さないトリートメントや、保湿効果の高いスタイリング剤を選ぶのがおすすめです!

洗い流さないトリートメントとスタイリング剤をどちらも使う場合は、洗い流さないトリートメント→アイロン→スタイリング剤の手順でもOKですよ。

アイロンを使ったあと、ヘアスタイルを固定したり、ツヤを出したい方は、最後にキープスプレーやグロススプレーを使えばヘアセットは完了です♪

アイロン前のヘアケアの注意点

アイロン前のヘアケアで何点か注意点があります。

たっぷりつけすぎない

使用量が多いと、髪の毛がベタついたり、ペタンコになって、不自然な仕上がりになってしまうので気をつけましょう。

特に、洗い流さないトリートメントとスタイリング剤をダブルで使う場合は重くなりやすいので注意です。

自分の髪が綺麗に仕上がる、適量の組み合わせを思考錯誤しながらみつけていきましょう!

使用感の軽いものからつける

スタイリング剤は、クリームやワックス、ムース、ミストスプレーなどさまざまなタイプがありますが、重ねて使う場合は、テクスチャーの軽いものから順番につけるようにしましょう。

私は、ミスト→オイル→ワックスといった手順でつけています。

乾かしてからアイロンをかける

ミストなどのスタイリング剤を使って、髪の毛を濡らしたら、必ずドライヤーで乾かしてからアイロンをかけるようにしましょう。

濡れた髪の毛はとてもデリケートで傷みやすいので、さらにアイロンの熱ダメージも加わると致命的です。

また、濡れた髪の毛は時間が経つと水分蒸発してパサパサになったり、広がってしまうので、他のスタイリング剤を使ってもまとまりにくくなってしまいます。

ドライヤーで完全に乾かして、最後に冷風で仕上げると、次のスタイリングに入りやすくなりますよ。

ヘアケア効果の高いおすすめのスタイリング剤☆6選!

では、ヘアケア効果の高いスタイリング剤を幅広くご紹介しますね。

保湿効果やダメージケア効果が高く、スタイリング力のあるものを厳選しました☆

ナプラ  N.スタイリングセラム

40g・1200円 / 94g・1800円

ヘアケアで人気のナプラ 。

ナプラのスタイリングセラムは、シアバターとボタニカルエキスを配合した、乳液状のトリートメントです。

伸びが良くてベタつかず、髪にサラっと馴染むので使いやすいです。

濡れた髪にも乾いた髪にも使えますよ♪

今流行りの、お洒落なウェットスタイルに仕上がります。

リレイ トリートメントバーム  2500円

成分の95%以上が天然由来成分の、オーガニックヘアワックスです。

シアバター・ミツロウ・スクワランなどの保湿成分で髪を潤し、ほどよいセット力もあります◎

髪だけでなく、ハンドやボディークリームとしても使える多機能アイテムです!持ち歩き便利な軽量サイズも嬉しい♪

プロダクト ヘアワックス 1980円

自然由来の成分だけでつくったオーガニックヘアワックスです。

唇や爪、肌の保湿もできる万能アイテム!コスメキッチン限定の、ラベンダーの香りもオススメです。

ルベル トリエスプレー MM

髪の毛を濡らさずに、髪に潤いを与えるスプレーです。

微細な霧が、髪の毛をアイロンによる熱ダメージから守ってくれます。

スプレー後、すぐにアイロンを使えるのが嬉しいですね。

ゆる巻きのウェーブも一日中持続しますよ。

ラックス 美容液スタイリングメモリーセラム 1280円

理想のストレートヘアが叶う、ミルクタイプのヘアセラムです。

熱ダメージから髪を守りながら、湿気でうねりやすい髪も、まとまりの良いストレートヘアに仕上げてくれます。

洗い流さないトリートメントとしても使えるので、使い勝手も良いですよ。

夜眠る前に使えば、朝のヘアセットは楽々です(^^)

uruotte(うるおって) リペアミルク 3500円

地肌や髪にも優しい、オーガニックのノンシリコンのヘアミルクです。

植物由来のヒートリペア成分、メドウラクトンVEを配合し、ドライヤーやヘアアイロンの熱でキューティクルを整え、ダメージを補修します。

普通なら、髪にダメージを与えるドライヤーやアイロンの熱をうまく利用した処方になっています。

癒し効果の高い、パルマローザ、ローズウッド、ラベンダー、レモン、ベルガモット、イラン・イラン、ハッカ、ゼラニウムなどの天然精油で香り付けしています。

アイロンでツヤを出す方法

アイロン前にヘアケアをすることで、熱ダメージから髪の毛を守り、ヘアスタイルのもちを良くすることができるとわかりましたね。

洗い流さないトリートメントやスタイリング剤を使うことで、手っ取り早くツヤを出し、髪の毛を綺麗に見せてくれるので、使わない手はありません♪

また、ヘアアイロンの使い方を少し工夫するだけで、傷みを最小限に抑えてツヤを出すことができるので、毎日アイロンで髪の毛を巻いている方は、以下の方法を是非取り入れてみてください。

アイロンは、熱によって髪の毛のキューティクルを整えて閉じてくれるので、温度と当てる場所を間違わなければ、光をキレイに反射して、艶を生み出すことができます。

アイロンは、「高くても150度までの温度で、同じ場所に当てるのは3秒まで」というルールを守って使えば、傷みを最小限に抑えて、艶のある髪にスタイリングすることができます。

傷んでいる毛先からではなく、中央部分にアイロンをはさみ、アイロンに毛先を巻きつけるようにして巻くと、ダメージを抑えて、3秒で効率的に巻き髪を作れます。

低温で何度も同じ場所に熱を当てるのは、逆に髪を傷めるのでNGです。

仕上げは、キープスプレーや艶出しスプレーを、なるべく遠くから髪全体に大きくスプレーをすると、髪全体に均一に艶をまとうことができて綺麗に仕上がりますよ♪

こちらの記事も参考にしてみてください→ツヤ出しスプレーで髪の毛サラサラに!おすすめのヘアスプレー☆

まとめ

いかがでしたか?アイロン前のヘアケア次第で、髪の毛の傷み具合やスタイルキープ力が変わります(^^)

洗い流さないトリートメントやスタイリング剤は種類も豊富なので、どれを選んだら良いのか悩みますが、保湿力とセット力のどちらも兼ね備えているものを選べると理想です♪

アイロンのかけ方にもコツがあるので、髪の毛を労りながらヘアセットをしてみてください(^^)

こちらの記事もご覧ください→朝のヘアセットにおすすめ!機能性の高いヘアケアアイテム☆