紫外線ダメージから髪の毛を守ろう☆紫外線に効果的なヘアケアとは?

髪の毛が傷んでパサパサする…。

髪が傷む原因は様々に考えられますが、意外と忘れがちなのが紫外線ダメージです。

紫外線は、肌だけでなく、髪の毛も傷めてしまうんですよ。

肌に日焼け止めを塗る習慣はあっても、髪の毛のUVケアまではしていない方も多いと思うので、紫外線にも負けないヘアケア方法をお伝えします。

紫外線は髪の毛の強敵!

1年中降り注ぐ紫外線。紫外線は、夏場に強いイメージがありますが、3月から徐々に強くなって、9月頃までは念入りなUVケアが必要です。

また、晴れの日だけでなく、曇りの日は晴れの日の7割、雨の日は4割もの紫外線が降り注いでいます。そして室内でも安心できません。

長時間外で過ごす方、レジャーの機会が多い方はもちろん、毎日の通勤・通学だけでも、髪の毛は紫外線のダメージを受けているのです。

なんと、髪の毛の紫外線ダメージは、顔の5倍以上とい言われています。

髪の毛が傷んでパサパサしたり、枝毛や切れ毛が目立つ方は、紫外線対策をすることで、傷みが軽減される可能性は十分にあり得ます。

紫外線を浴びると髪の毛はどうなる?

紫外線を浴びると、髪の毛はどんなダメージを受けてしまうのでしょうか?

具体的には、強い紫外線を浴び続けた髪の毛は、こんな状態になってしまいます。

  • 乾燥してパサパサする
  • ハリコシの低下
  • 触り心地が悪くなる
  • 髪色が抜ける
  • ツヤがなくなる

髪の毛は、ケラチンというタンパク質によって構成されています。

ケラチンは、アミノ酸が素となっており、これらの成分は、紫外線を浴びることで酸化してダメージを受けてしまうのです。

劣化した成分で作られた髪の毛は、脆くて弱いため、外部の刺激(摩擦や熱ダメージなど)も受けやすく、髪表面のキューティクルから、内部までどんどん傷みが進行してしまいます。

紫外線で傷んだ髪の毛は、ダメージの悪循環に陥りやすいので、健康な髪の毛を維持するためには、UVケアは欠かせません!

紫外線を完全にカットすることは難しいですが、なるべく紫外線の影響を受けない対策方法や、紫外線ダメージを修復するヘアケア方法はあるので、美髪を手に入れるために是非取り入れていきましょう♪

紫外線対策に取り入れるべき5つのヘアケア☆

私は、髪の毛を傷めないように、この夏は紫外線対策を徹底しました。

その甲斐があってか、秋口も髪の毛の調子が良いです♪

傷みの少ない髪の毛は、見た目に自然なツヤがありますし、触り心地も良くて、何より扱いやすいなぁと感じます。

色々なヘアケア方法があるこで、自分にできそうなお手入れから始めてみてください♪

UVケアスプレーで紫外線を防御

紫外線対策に一番手っ取り早いのが、UVケアスプレーです。

お出かけ前に、髪の毛全体にシューっと一拭きするだけで、紫外線ダメージから髪の毛を守ります。

慌ただしい、お出かけ前のヘアケアも楽チンです。

UVケアアイテムは、塗り直しが大事なので、持ち歩いて、外出先でもお直しとして使いましょう。

最近のUVケアスプレーは、美容成分配合で保湿効果の高いものや、サラサラと髪の毛に馴染む、使い心地の良いものもたくさん増えています(^^)

UVケアスプレーの効果的な使い方や、おすすめのアイテムについては、こちらの記事に載せているので、是非参考にしてみてください♪

紫外線は髪ダメージ大!UVカットスプレーでヘアケアを強化しよう☆

洗い流さないトリートメントで髪の毛を保護

洗い流さないトリートメントも、紫外線から髪の毛を守ってくれます。

洗い流さないトリートメントは、髪の毛一本一本を保護してくれるので、紫外線のダメージをダイレクトに受けずに済みますよ。

特に、オイルはツヤ出し効果も高く、髪の毛をキレイに見せてくれるのでおすすめです。

ブローをする前や、髪の毛を巻く前に使うことで熱ダメージからも髪の毛を守ってくれますよ♪

髪の毛に何もつけていない素髪の状態は、紫外線の影響を受けまくりなので、オイルやスタイリング剤など、何かしら髪の毛に馴染ませるようにしましょう。

特にヘアケアにはアルガンオイルがおすすめです♪→目指せ美髪☆ヘアケア効果の高いおすすめのアルガンオイル

ヘアパックでダメージ補修

濃密なトリートメントを使ってヘアパックをすることで、日々の紫外線ダメージの蓄積した髪の毛を補修することができます。

紫外線でキューティクルが傷つくと、髪内部の栄養分が抜け出てしまい、髪の毛がスカスカになってしまうんです。

そのため、週に1〜2回、スペシャルケアとして取り入れましょう!

私が取り入れているヘアパックのやり方をご紹介しますね。

  1. トリートメントを傷みやすい髪の毛の中間〜毛先に揉み込む
  2. 蒸しタオルorシャワーキャップで頭全体を包み込む
  3. 5分〜10分ほど放置
  4. ベタつきがなくなるまで、しっかりすすぐ

是非、試してみてください♪

定期的に毛先をカットする

傷んだ毛先から、髪の毛のダメージが進行していきます。

私は1ヶ月半〜2ヶ月に1回は毛先をカットしていますが、髪の毛が扱いやすくなるのでおすすめです。

帽子や日傘で頭皮を守る

紫外線は、頭皮にダイレクトに降り注ぎます。

頭皮もタンパク質なので、紫外線を浴びることで劣化してしまいます。

頭皮環境が悪いと健康な髪の毛は生えないので、日傘や帽子などを活用して、紫外線を直接浴びないように工夫しましょう。

紫外線に負けない!インナーケアで酸化対策☆

紫外線対策は、外側からのケアだけではありません。

サプリメントなどのインナーケアを取り入れることで、頭皮や髪の毛を酸化させる活性酸素を内側から除去します。

特におすすめは、飲む日焼け止めサプリメントです。

飲む日焼け止めサプリメントは、お出かけ前に数粒飲むだけで、全身のUVケアができる優れものです。

髪や頭皮のケアだけでなく、肌のケアもできちゃいますよ♪

私は、国産のホワイトヴェールを愛飲していますが、日焼け止め成分のニュートロックスサンに加えて、ビタミンやミネラルなどの髪に良い成分もたっぷり含んでおり、抗酸化効果もバッチリなのでヘアケアにもおすすめです☆

ご興味ある方はこちらの記事もご覧ください→ホワイトヴェールの口コミ・評判☆日差しに負けないお肌をつくろう

また、食生活には、抗酸化効果の高い、リコピン豊富なトマトジュースを毎日一杯飲むのもおすすめですよ(^^)

まとめ

いかがでしたか?紫外線は肌だけでなく、髪の毛にとっても強敵であるとわかりましたね。

紫外線は1年を通して蓄積しており、さらに春〜夏にかけて一気に傷みます。

髪の毛の傷みが気になる方は、UVケアにも意識を向けてみましょう。

紫外線のダメージを防ぐために、是非、様々な角度からヘアケアを取り入れてみてくださいね♪

こちらの記事もご覧ください→ヘアケアの見直しで枝毛ゼロは目指せる!経験者が教える枝毛改善法☆