炭酸パックはニキビに効く?口コミ評価の高いおすすめの炭酸パックは?

炭酸パックが「ニキビやニキビ跡の改善に効果が期待できる」と話題になっています。

しかし、一方では「ニキビが増えてしまった」、「ニキビが悪化してしまった」というお声も聞きます。

今回は、炭酸パックがニキビやニキビ跡へ与える効果と、ニキビの改善に役立つ、口コミ評価の高いおすすめの炭酸パックについてお伝えします(^^)

炭酸パックがニキビやニキビ跡に与える効果は…?

女性のお悩みの中でも多い、大人ニキビやニキビ跡。ニキビって、1つできるだけでも気分が下がっちゃいますよね。

ニキビは、炎症が治まっても、しばらくはニキビ跡としてお肌に残りますから、結構厄介なものです。

ニキビケアというと、洗顔の見直しやニキビ用の化粧品を使ったお手入れなどがありますが、「炭酸パック」もニキビケアにはおすすめのスキンケアなんです。

炭酸パックは、二酸化炭素を含んだ泡やジェルを顔にのせることで、血行を促進させるはたらきがあります。

炭酸は分子がとても細かいので、お肌の奥の毛細血管にまで入り込みます。

炭酸が血管に入り込むことで、血液中の二酸化炭素の濃度が高くなると、血液中のバランスを保つために、酸素を送り込んで血液循環が良くなるのです。

血行が良くなると、お肌に必要な酸素や栄養素が届けられるようになるので、お肌の土台であるターンオーバーも促進されます。

ターンオーバーはお肌の生まれ変わりのサイクルなので、お肌が新しくなれば、ニキビによって傷ついた細胞も新しく生まれ変わることができます。

また、同時に老廃物の排出もスムーズに行えるようになるので、ニキビの原因となる毛穴に詰まった皮脂や角栓などの老廃物を取り除くいて、毛穴をキレイに保つことができるのです。

こういった理由から、炭酸パックはニキビやニキビ跡の改善に効果が期待できると言われています。

炭酸パックでニキビが増える?悪化する?炭酸パックが危険なお肌状態とは?

炭酸パックが、ニキビの改善に効果的なはたらきをすることがわかりましたが、実はお肌状態や、ニキビの種類によっては注意が必要です。

重度の乾燥肌や敏感肌の方

例えば、一日中つっぱりやかゆみ、ヒリツキを感じるような乾燥肌や敏感肌の方は、炭酸パックがお肌への刺激となる可能性があります。

こういったお肌状態の方は水分と油分のバランスが乱れているので、刺激からお肌を守ろうとして過剰に皮脂を分泌する傾向にあります。

すると、皮脂が毛穴に詰まって新しいニキビを増やす原因になります。

炭酸パックは、ターンオーバーを立て直すことで乾燥改善にも効果が期待できますが、重度の乾燥や敏感状態は話が別です。

皮膚科の保湿剤や保湿力の高いスキンケアアイテムなどを活用して、細胞を修復し、お肌状態を安定させてから、炭酸パックを活用するのがおすすめです。

ある程度お肌状態が安定してから、炭酸パックを活用すれば、炭酸パックが揺らぎにくいお肌づくりのサポートをしてくれます。

炎症したニキビがある方

ニキビにはいくつか種類がありますが、赤く腫れ上がったニキビや、黄色くなって化膿したニキビに炭酸パックを使うと悪化したり、ニキビが増える可能性があります。

炎症を起こしているのは、免疫が反応しているサインです。炭酸パックをすることで、炭酸の刺激に反応して、ニキビが悪化する可能性が高いです。

炎症のひどいニキビは、治っても、濃くて目立つニキビ跡として残ってしまうことが多いので、炭酸の刺激は控えた方が良いでしょう。

この場合も、炭酸パックでお肌を活性化するよりも、ニキビそのものを治す治療を優先させた方がお肌にとっては効果的です。

ニキビが落ち着いたら、これからお話しするニキビ跡に炭酸パックは効果的なので、定期的に取り入れるのがおすすめですよ(^^)

炭酸パックはニキビ予防や、ニキビ跡への効果大!

炭酸パックは、特にニキビ予防やニキビ跡に効果が期待できます(^^)

ニキビ予防

ニキビは、炎症を起こす前の段階があります。それは、白ニキビや黒ニキビと言われているものです。

これらは、古い角質や皮脂が詰まった状態で、毛穴が白っぽく目立っていたり、それらが酸化して黒くポツポツと目立ちます。

これらは、痛みもなく熟していない、軽度のニキビです。触るとザラザラします。

これらが悪化すると赤ニキビや黄色ニキビになってしまうので、ニキビが育つ前に炭酸パックを定期的に行ない、毛穴汚れを取り除けると最適です★

ニキビ跡

頑固に居残るニキビ跡。一時期、私も随分ニキビに悩んでおり、特にニキビ跡はいつまでもお肌に居残る傾向にあります。

これは、お肌に居残るシミにも共通しますが、炭酸パックをすることで、ターンオーバーが活性化されるので、古い細胞を外へ排出しやすくなります。

ニキビ跡は炎症の跡が残った古い角質なので、いずれは剥がれてなくなるものです。炭酸パックをすることで、この角質の排出スピードを早めることができます。

さすがに、市販の炭酸パックでは、1回や2回でニキビ跡を完全になくすことはできませんが、炭酸パックは継続することでスムーズな排出リズムをつくることができます。

また、炭酸パックを継続することは、ニキビやニキビ跡の改善だけでなく、その他の美肌効果も得られます。

角質が剥がれることで、お肌本来のもつ明るさを取り戻すことができるので、透明感がアップしたり、乾燥改善やエイジング予防、水分の滞りも改善されるので、むくみ改善や小顔効果も期待できます。

炭酸パックをすると、血行促進とターンオーバーの正常化によってお肌の立て直しができるので、総合的に美肌効果を感じやすなりますよ、(^^)

口コミ評価の高い、おすすめの炭酸パック★

今回は、ニキビやニキビ跡を始め、様々な美肌効果を得られる炭酸パックの中でも、口コミ評価の高い、おすすめのアイテムをご紹介します(^^)

私自身、炭酸パックは2年程愛用しており、その効果も実感しています(^^)

肌ナチュールリッチモイストクレンジング 3980円

肌ナチュールは、口コミ満足度80%超えの人気商品です。こちらは泡タイプの炭酸パックで、ダブル洗顔が不要なクレンジング機能も兼ね備えている優れもの。

クレンジング・洗顔・炭酸パックが1本でできるのでお忙しい方でも手軽に使えます。

泡でメイク汚れを落とすので、摩擦の負担も最小限に抑えてクレンジングができちゃいます。

こちらの炭酸濃度は、標準の1000ppmの3倍以上の3500ppmの炭酸を含んでいるので、炭酸パックの中でも高濃度の製品です(^^)

顔の上にのせると、高濃度の炭酸泡が美容液状になり、ニキビの原因となる、毛穴や皮脂の汚れをスルンと取り除いてくれます。

しっかりメイクを落とさないと、いくら効果なスキンケアアイテムを使ってもお肌に浸透しないので勿体無いですよね。

炭酸のクレンジングは、こすらずに馴染ませるだけで毛穴から汚れが浮き上がって、溶け出すように落ちていくので、ニキビ予防には最適です(^^)

さらに、ヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタといった53種類の美容成分も配合しているので、洗い上がりはしっとりモチモチに…!

高濃度炭酸の効果でお肌がトーンアップし、エイジング予防にもなります(^^)

クレンジングなので、すぐに洗い流せるのも魅力的です。30回使えて、1本3980円というのはコスパも良いのでおすすめです(^^)

通信販売で購入できます。公式サイトはこちら

ノエビアブランマスク 8000円

こちらはノエビアの直営サロンのエステでも使われている炭酸パックで、お店でも人気商品とのことです。

一度使っただけでもお肌が明るくなったような気がします(^^)洗顔と穏やかな角質ケアが同時にできるということで、日々のニキビ予防やニキビ跡の改善にはうってつけです!

時間が経ってしまった毛穴の詰まりは、硬くなっていて外へ排出しにくいので、洗顔だけでは落ち切らないものも多いです。炭酸と角質ケアの効果で、古い汚れをしっかり取り除いてくれます。

また、弾力のある泡が本当に気持ちよくて、病みつきになります(^^)

炭酸泡で30秒くらいマッサージをしたら洗い流すだけでお手入れが完了するので、手軽ですし、泡立てる手間もかからないので魅力的です(^^)

こちらは50回くらい使えました(^^)泡タイプは使う量の目安もわかりやすいですし、無駄も出ずに炭酸の濃度も保ちやすいのでおすすめです☆

店舗販売と通信販売があります。公式サイトはこちら

口コミ評価を見ていると、炭酸パック以外の機能性があるものや、待ち時間がなくて手軽にできるものは人気が高い傾向にあります。

また、炭酸の濃度や美容成分の配合量が多いものは、パック後のお肌変化を感じている方も多い印象です(^^)

まとめ

いかがでしたか?ニキビやニキビ跡の改善には、血行促進やターンオーバーを正常に保つことができる、炭酸パックが効果的であるとわかりましたね(^^)

ただ、お肌状態によっては、炭酸パックを使うことでニキビが増えたり、悪化する可能性があるので注意が必要です。

特に問題がなければ、定期的に週に1・2回使用することで、お肌の立て直しができます。

定期的に土台の立て直しができると、ニキビができにくくなったり、毛穴トラブルの悪化を防ぐことができるので、安定したお肌状態を保ちやすくなります(^^)

私も炭酸パックを継続することで、安定したお肌状態を保つことができているので、私自身もおすすめする、口コミ評価の高い炭酸パックなども是非参考にしてみてくださいね★

こちらの記事もご覧ください→お肌のざらざらの原因はコメドだった!コメドの予防と対策方法