お肌の皮脂トラブルは食事で改善できる?皮脂分泌を抑える食べ物☆

お肌のテカリって気になって仕方ないですよね。せっかくのメイクも崩れてしまいます。

お肌のテカリや毛穴の目立ち、ニキビ、乾燥などは、過剰な皮脂分泌を抑えることが重要です。

ただ、お肌の皮脂トラブルは、スキンケアでどうにか対策しようとしても限界があるんです。

そこで意識したいのが、普段の食事の見直しです。理想のお肌をつくるために、皮脂コントロールに役立つ食べ物をご紹介します。

お肌の皮脂トラブルは、食事で改善できる?

テカリや毛穴の目立ち、ニキビなどは、皮脂の過剰分泌が原因で起こるお肌トラブルです。

皮脂の過剰分泌は、もともと皮脂腺の活動が活発な脂性肌の方だけでなく、お肌の乾燥からくるものや、ホルモンバランスの乱れ、皮脂代謝なども深く関係しています。

私たちのお肌は、毎日の食事を通して取り入れる食べ物によって作られていますが、どんな食事をしているかによって、お肌の皮脂量は変わってきます。

今現在皮脂トラブルに悩んでいる方は、食生活になんらかの偏りがあって、皮脂分泌を誘発してしまっているのかもしれません。

是非、1つの方法として普段の食事を見直してみましょう(^^)意識して取り入れたい食べ物は、

  • 皮脂代謝を良くする食べ物
  • 皮脂分泌を調整する食べ物
  • 皮脂の酸化を抑える食べ物
  • 余分な皮脂を排出する食べ物

などです。また、皮脂を増やす原因となる食べ物を控えることも大事ですよ。

皮脂コントロールに役立つ食べ物

皮脂代謝を助け、皮脂分泌を調整するためには、ビタミンB2・B6・Cや食物繊維などの栄養素を摂取しましょう!

では、皮脂の過剰分泌を抑える食べ物を具体的にご紹介します(^^)

大豆製品(豆腐・納豆・豆乳)は栄養の宝庫!

大豆製品は栄養の宝庫で、女性に嬉しいはたらきをたくさんしてくれます。

皮脂の過剰分泌の原因の1つにホルモンバランスの乱れがありますが、大豆製品に含まれるイソフラボンが、女性ホルモンと似たはたらきをするので、ホルモンバランスが調整され、皮脂分泌をコントロールします。

また、特に納豆はビタミンB1・B2・食物繊維などが豊富に含まれており、お腹を綺麗にしながら糖質や脂質の代謝を促進、皮脂の過剰分泌も抑えます。

肉類ならビタミンB群の豊富な豚肉!

肉類の中でも、豚肉はビタミンB群を豊富に含んでいます。B群は、不足すると皮脂の分泌が活発化し、毛穴不調やニキビなどの肌荒れを起こしやすくなってしまうので、積極的に摂りたい栄養素です。

ただ、肉の脂身は中性脂肪になりやすく、皮脂分泌を増やす原因となるので、なるべく赤身の肉を食べるようにしましょう!

魚から良質な脂を!

魚に含まれる良質な脂を摂取することも、皮脂分泌を増やす原因となる中性脂肪を下げる効果があります。

サバ・イワシ・アジ・サンマなどの青魚を食べましょう!私は取り入れやすい缶詰を活用しています。

また、赤身のあるカツオ・マグロには、肌荒れ改善に欠かせないビタミンB6が豊富で、皮脂分泌のコントロールに役立ちます。

海苔類ならワカメ!

食物繊維が豊富な海藻類は、皮脂の排出を促進させます。余分に摂り過ぎた脂を排出することで、過剰な皮脂分泌を抑えるのです。

また、現代人に不足しやすいミネラルが豊富で、糖質の代謝も促進する、ワカメは優秀です。

私は乾燥ワカメを常備しており、食事の際、ワカメの味噌汁は定番となっています。

お通じもよくなって良いことだらけです!

ビタミンCが豊富なパプリカ!

ビタミンCは、ニキビの原因となる皮脂の過剰分泌を抑え、毛穴詰まりを予防するはたらきがあり、美肌づくりには欠かせない栄養素です。

中でも、パプリカにはビタミンCが豊富に含まれています。なんと赤パプリカは、レモンの1.5倍以上のビタミンCが摂れます!

ピクルスや野菜スティックにして食べるのがおすすめです(^^)ビタミンCは加熱に弱いので、なるべく生で食べるようにしましょう♪

フルーツならキウイを!

果物でビタミンCを摂るならキウイフルーツがおすすめです。キウイはビタミンEや食物繊維も豊富で、果物の中でも栄養科が高く、バランスが良いです(^^)

ビタミンCは、体内に長時間とどめておくことができないので、小まめに摂取したい栄養素です。

キウイは、1個で2食分のビタミンCが摂れるので、少量で効率的にビタミンCを補給できます(^^)

栄養価の高い玄米!

白米は精製されているので、玄米の方が栄養価が高く、ビタミンB群やアミノ酸も豊富に含まれており、皮脂を抑えるはたらきがあります。

米は、毎日食べる主食になりますから、皮脂コントロールにも役立ちます♪

おやつにもおすすめ、ナッツ類!

アンチエイジングにも役立つ、若返りのビタミンとも呼ばれているビタミンEやビタミンB2を含み、皮脂の酸化を防ぎ、代謝を促進させます。

小腹が空いた時にお菓子を食べるなら、ナッツに置きかえましょう。満腹感も得られます。

特に小魚アーモンドは、ビタミンEに加え、女性に不足しがちな鉄分やカルシウムといったミネラルを豊富に含んでいるので、美肌効果が高くておすすめですよ。

皮脂を抑えるために控えたい食べ物

皮脂を抑えるためには、以下のような、皮脂分泌を増やす食べ物を摂り過ぎないように気をつけましょう。

  • ファーストフード
  • ジャンクフード
  • 揚げ物
  • スナック菓子
  • 菓子パン
  • 甘いもの
  • カフェインを多く含むもの(コーヒーなど)
  • 炭水化物(ごはん・パン・パスタ・ピザなど)
  • アルコール
  • 香辛料

中性脂肪の多い食べ物や、血糖値を急上昇させる食べ物は、刺激物や酸化した油などは、皮脂分泌を増やすはたらきがあります。

正直言って私の大好きな食べ物ばかりですが(笑)、私自身ニキビや肌荒れに悩んでいた経験があり、これらの食べ物は摂り過ぎないように意識していました。

まずは、自分が一番摂り過ぎているものを少しずつ減らしてみてください。

私の場合、過剰に摂り過ぎていた甘いものを控える努力をしました。最初はうまくいきませんでしたが、食べ過ぎてしまったらウォーキングをしたり、頑張れそうな炭水化物の量を減らして、その分、肉や野菜、大豆製品などを食べて調整していました。

地道に、チョコレートを我慢してフルーツヨーグルトを食べたり、ココアを飲んだり。おやつの回数を減らしたり、砂糖少なめにして自分でクッキーを焼いてみたり…と色々試すことで、過剰摂取も抑えられるようになりました(^^)

いきなり全部完璧にこなそうとは思わずに、ゆっくり対策していきましょう!意識することはとても大切なことですよ(^^)

睡眠もしっかり取ろう

皮脂の過剰分泌を抑えるためには、食事に加えて、睡眠もしっかりとりましょう。お肌は眠っている間につくられています。

睡眠は「質」を意識しましょう。眠り始めの3時間は睡眠の質に大きく影響を与えるので、寝つきがとっても大事です。

寝つきをよくするためには、眠る前のスマートフォンやPCの使用を控えたり、眠る1時間半前に入浴を済ませたり、眠る前3時間は胃が活発にならないように食事を控えましょう!

また、眠る前は間接照明を活用したり、アロマを焚いてリラックスするのも、心地良い眠りに導くためには効果的ですよ(^^)

まとめ

いかがでしたか?お肌のテカリや毛穴の目立ち、ニキビなどの皮脂トラブルは皮脂の過剰分泌が原因であることがわかりました。

過剰な皮脂を抑えるためには、食事を見直すことが大切です。

皮脂分泌を抑える食べ物を取り入れたり、皮脂分泌を誘発する食べ物を控えてみてください♪(^^)

また、睡眠不足も皮脂トラブルに繋がるので、質の良い睡眠も心がけましょう♪

こちらの記事もご覧ください→ビタミンを摂取して肌荒れを改善!美肌に導く飲み物13選★