周りと差をつける☆【30代から取り入れたい、肌を綺麗にする方法】

30代になってから、肌状態に変化を感じませんか?

「20代の頃よりも肌が乾燥しやすくなった」、「肌がゆるく感じる」、「くすみが目立つようになった」など。

30代は、20代の頃と同じお手入れをしていても綺麗ではいられません。

エイジングに負けないために、30代から意識して取り入れたい、肌を綺麗にする方法をご紹介します。

30代は本格的なエイジングケアに備える大事な時期!

少しずつ肌のエイジングサインを感じやすくなる30代。皆さんのお肌はどうでしょうか?

もちろん、30代に入った瞬間に肌状態が変わるわけではありませんが、30代になると、徐々に乾燥やシミ、シワ、たるみ、くすみ…といった、年齢肌のサインが肌に現れやすくなります。

それほど肌に変化を感じていなくても、25歳〜はお肌の曲がり角と言われており、エイジングもゆっくりですが進行しています。

特に、30代は女性にとって子育てに奮闘する時期・仕事でも責任を課せられる時期なので、とても忙しく過ごされる方が多いと思います。

そのため、家庭優先!仕事優先!といった日々に追われて、お肌のことは後回しになりがち。

ふと鏡に映ったお肌を見たら、知らぬ間にシミや小ジワができていた!!なんてこともあり得るかもしれません。

特に、30代は本格的なエイジングサインが目立ち始める40代・50代に備えるために必要な準備段階でもあるんです!

40代50代になると、他人からみても「老けたな」とわかるようなエイジングサインが肌にくっきり現れてしまいます。

ちょっと肌が気になるかも?と感じる30代からお手入れを始めれば、40代50代になってからお手入れを始めるよりも、結果的に時間も労力もかけずにエイジングの進行を食い止めることができます。

エイジングケアは肌の変化に気づいた時が始めどきですよ!

綺麗な肌を保つためには、肌を老けてみせるシミ・シワ・たるみ・くすみ…などが肌に現れないように、肌老化の要因を排除していきましょう。

30代から意識して取り入れたい、お手入れのポイントをお伝えしますね。

30代〜取り入れたい☆肌を綺麗にする方法①:糖化対策

糖化は、糖とタンパク質が結びつき、血糖値が上昇して体温によって熱を与えることで、肌のタンパク質が焦げて茶色くなる現象です。

糖化は老化現象の1つで、「美肌の大敵」なんです…!

肌のタンパク質というのは、具体的に言うと、お肌の保湿やハリ弾力を保つために必要な「コラーゲン」や「エラスチン」です。

コラーゲンやエラスチンが糖化によって劣化すると、潤いやハリ弾力が失われ、シワやたるみなどのエイジングトラブルに繋がっていきます。

また、タンパク質が糖化によって黄色や茶色に変化することで、「くすみ」として肌表面にも表れてしまうのです。

コラーゲンやエラスチンなどの保湿成分は、年齢とともにどんどん減少していくので、美肌を保つ成分が少なくなる上に、糖化も加わって劣化したら、当たり前ですが肌老化のスピードはどんどん加速していきます。

さらに、紫外線を浴びることでも糖化は進みます。糖化から肌を守るためには、以下のような対策をしていきましょう。

AGEsを増やさない・血糖値を上げない

糖化対策としては、劣化したタンパク質(AGEs)を増やさないこと・血糖値を上げないことがとにかく大事です。

食生活では適度に糖質制限をしたり、血糖値を上げないように食事は野菜から食べ始めたり、高糖化作用のある食べ物を食べる…といった工夫をしましょう。

詳しくはこちらの記事にまとめているので、参考しにしてみてください☆

肌のくすみの原因は糖化?糖化を対策してくすみ肌から抜け出そう!

糖化対策化粧品を使う

また、糖化コスメを使うのもオススメです☆糖化は食べ物だけで完全に防ぐのはほぼ不可能なので、スキンケアからも専用のケアを1品でも取り入れるとさらに効果的ですよ☆

糖化は、様々なエイジングトラブルの元となるので、対策を強化するに越したことはありません(^^)

糖化対策コスメなら、これらがオススメです!

アヤナス コンセントレート

アヤナスは、大人の敏感肌・乾燥肌向けの化粧品です。

特に美容液は抗糖化効果で、AGEsを切断するはたらきがあります。

「コウキエキス」と「シモツケソウエキス」のダブルの効果で糖化の予防・改善が可能です☆

ポーラ B.A

ポーラのB.Aシリーズは、糖化に着目したエイジングケアラインです。

本格派エイジングケアには黒いタイプのB.A、予防を中心としたファーストエイジングケアには、赤いタイプのRED B.Aがあります。

30代なら赤いタイプがオススメ!

糖化対策としてポーラオリジナルの複合保湿成分である、EGクリアエキスを配合しています。

アルビオン エクシア アンベアージュ

体内にある「DHEA(デヒドロエピアンドロステロン)」に着目。

「DHEA」は、肌を劣化させる「活性酸素」や、黄ぐすみやたるみの元となる「糖化」、「ホルモンバランスの乱れ」といった、様々な老化要因を取り除きます。

「DHEA」が体内で増えると、老化の進行を抑える長寿遺伝子が活性化されます☆

かなり高級化粧品ですが、優れたラインなのでご紹介させていただきました!

30代〜取り入れたい☆肌を綺麗にする方法②:血行促進

私たちの体は、年齢を重ねるにつれて、体内の巡りが悪くなってきます。

血行が悪くなると、お肌に必要な栄養素や酸素がうまく行き届かなくなり、老廃物の排出も滞ってしまいます。

お肌の土台が崩れると、肌のターンオーバーが乱れ、栄養不足の未熟な細胞で肌がつくられることになるので、肌状態が揺らぎやすく、乾燥したり、エイジングサインも目立ちやすくなります。

そして血行不良は体にとって悪いことだらけ。肩こりや冷えにも繋がります。

代謝を高めることは、若々しい肌・体づくりのために必要不可欠なので、以下のような対策を積極的に取り入れましょう

入浴

入浴は、全身の血行を促進させ、肌にも体にも良いことだらけ。

5分・10分でもいいので湯船に浸かる癖をつけると、新陳代謝が活性化されて、肌のくすみが取れたり、引き締まったり、スキンケアの浸透もよくなります。

全身の疲れも取れて、リラックス効果もあるんです(^^)

入浴中は、パックをして美容の時間にフル活用するのもオススメですよ。

適度な運動

代謝アップには、軽めの有酸素運動を取り入れましょう。

激しい運動は、肌を劣化させる活性酸素を発生させてしまうので、逆に老化の原因に!

激しい運動を週に1回やるよりも、軽めの運動を週に数回やる方が効果的です◎

通勤の時間を利用して一駅分歩いたり、時間を決めてウォーキングや軽めのジョギングをしたり、心も整えるヨガなどもオススメ♪

酵素ドリンク

酵素ドリンクは、年齢とともに下がる基礎代謝アップに非常にオススメ!

酵素パワーで肌が活性化されて安定しやすくなり、冷え性や便秘の改善、免疫力アップで風邪も引きにくくなります。女性には嬉しいダイエット効果も♪

体温は、一度下がると基礎代謝は12%下がると言われているので、特に体温の低い方は是非飲んでみましょう♪

血管力を鍛える

また、血行をよくするには、血管力を鍛えることもとっても重要です!

私たちは、年齢を重ねるにつれて、お肌だけでなく、血管年齢も衰えていきます。

血管を若々しく保つためには、良質なタンパク質やビタミンを積極的に取り入れるようにしましょう!

血管の若返りに関する記事も参考にしてみてください。

肌の老化は血管年齢と関係あり!若返り効果のある食べ物☆

30代〜取り入れたい☆肌を綺麗にする方法③:顔筋を鍛える

30代〜は、顔の筋トレも習慣づけると、たるみや歪みの予防になります。

顔には使っていない筋肉もあります。凝り固まった筋肉は、マメにほぐしてあげないと、たるみの原因になるのです。

顔のたるみは、他人が見てわかるほどくっきり出てしまってから対策するのでは遅いです。

元に戻すとなると、かなりお金と労力がかかります…。そのため、予防には力を入れるべきところです。

顔の筋肉は、「マッサージ」・「エクササイズ」・「美顔器」などで鍛えることができます。

顔の皮膚に適度な刺激を与えると、筋肉の凝りをほぐしたり、リンパの流れを促進させて、老廃物や余分な脂肪を排出するはたらきもあるんですよ(^^)

フェイスラインの引き締めや小顔効果も期待できます♪

私は、口角をキュっと引き上げてキープ・あいうえおエクササイズ・舌出しエクササイズ・美顔ローラーでコロコロする…といった方法で日々表情筋を鍛えています。

筋トレは継続することが大事なので、毎日どこかで取り入れるように意識して見てください☆

ちらの記事に、画像付きでエクササイズのやり方や美顔器の使い方、肌への効果などを解説しているので、自分にできそうなものから取り入れてみましょう(^^)

若返りに期待大!1日5分でできる「顔の体操」6選☆

1日5分で5〜10歳若返る!簡単にできる顔の若返りマッサージ☆

「美顔ローラー」にはどんな美肌効果がある?正しい使い方で肌力アップ☆

30代〜取り入れたい☆肌を綺麗にする方法④:パーツケア

また、年齢が現れやすいパーツケアをしていくことも、エイジング予防には必要です。

特に、目元や口元は年齢が出やすいパーツなので、30代〜はお手入れをするときに意識していきましょう。

目元ケア

本格的なエイジングサインが現れると、目尻の小ジワ・まぶたのたるみ・色素沈着・クマなどが目立って感じやすくなります。

このようなエイジングサインは、ある日突現れるわけではありません。

目元は、皮膚が薄くて乾燥しやすい、とてもデリケートなパーツにもかかわらず、毎日のようにアイメイクをして、クレンジングでも負担をかけています。

保湿ケアは、目元のキワキワまで丁寧に馴染ませができている人は意外と少ないものです。

そのため、メイクやクレンジングの負担・保湿不足の蓄積によって、目元のエイジングトラブルは日々進行しているのです。

目元ケアで取り入れたいのはこの2点です。

目元専用のリムーバーでメイクオフ

メイクの濃さや落ちにくさは関係なく、石鹸で落ちるミネララルコスメを使っている人以外は、目元のメイクは専用のリムーバーで落としましょう。

落ちにくいメイクは、どうしてもクレンジングの時に、強い摩擦を加えてゴシゴシと擦りながら落とすことになってしまいます。

そんな落とし方をしていると、皮膚の薄い目元は刺激を受けまくり。

シワやたるみ、色素沈着など、目元周りのエイジングサインは、こういったクレンジングからきていると言っても過言ではありません。

ちょっと手間はかかってしまいますが、将来のために、目元のメイクは、専用アイテムで肌に負担をかけずにオフしてあげましょう。

【リムーバーの使い方】

  1. 専用のリムーバーをコットンに浸す
  2. リムーバー浸したコットンを目元全体にあてる
  3. リムーバーにメイクが馴染んだら拭き取る
  4. コットンを2つ折りにして細かいアイラインなどを落とす

優しく丁寧にメイクオフしていきましょう!

マスカラが落ちにくい方は、マスカラ専用リムーバーを使うと、よりメイクオフが楽になります。

目元のキワまで化粧水を重ねづけする

夕方になると目の下にちりめんジワが広がって目立ってしまうことってありませんか?

実は、目元はとっても乾燥しやすいパーツなのです。

保湿ケアをする時は、目元のキワまで化粧水を馴染ませ、何度か重ねづけもをするようにしましょう。

ポイントは、目を開けたまま化粧水を馴染ませることです。そうしないとキワまで馴染まないので。

指の腹を使って、優しくフインガープレスしましょう。

30代は、これらを習慣にしてみてください。目元がとにかく気になって仕方ない方は、専用の目元美容液を使い始めても良いですが、まずはこの2つのポイントから始めてみましょう♪

口元ケア

口元は、ほうれい線が目立っていると、一気に老けた印象を与えてしまいます。

顔の中でも、口周りは凸凹しているので、クレンジングも保湿も十分にできていない可能性があります。

口周りのクレンジングと保湿をするときは、変顔ポーズで洗い残しも保湿不足も解消してくれます(^^)

特に、こういったポーズをとりながら行いましょう。

  • 鼻の下を伸ばす
  • 口をすぼめる
  • 口の下に内側から舌を当てる

これらの動きをすることで、普通の状態では触りにくい部分にもしっかり触れられるので、洗い残しや保湿不足も解消して、エイジングの進行を抑えます。

また、ほうれい線部分はピンポイントで化粧水や乳液を重ねづけして、ハンドプレスしてあげるとさらに効果的です。

30代〜取り入れたい☆肌を綺麗にする方法⑤:炭酸美容

余裕があれば是非取り入れたいプラスαのケアをご紹介します。

炭酸美容は、一時期話題になりましたが、私自身もかなりオススメの美容法です。

炭酸アイテムを使うと、たくさんの酸素を送り込んで血行が良くなるので、お肌のターンオーバーが促進され、新しい細胞の再生や老廃物の排出がスムーズになります。

そのため、古い角質ケアにも有効で、毛穴目立ち、ニキビケア、くすみケアにもなるのです。

ターンオーバーが活性化させることで、肌力が高まるので、スキンケアのランクを上げなくても、お手入れの底上げができます♪

マッサージ効果もあるので、自分でやるのは面倒に感じてしまう方も、炭酸アイテムにお任せすれば手軽にマッサージ効果も得られます(^^)

私たちは年齢を重ねるにつれて、お肌のターンオーバーの周期が遅くなり、肌トラブルも起こりやすく、治りにくくなります。

そのため、もともとの肌力を高めることは、歳を重ねても若々しい肌を保つために必要不可欠なのです。

炭酸美容は、週2〜3回のケアを継続していくうちに、どんどん肌力が高まって安定しやすくなります。

スキンケアを一気にエイジングケア化粧品に変えるのは大変ですが、普段のお手入れに1品炭酸アイテムをプラスするなら、そこまで負担はないですよね。

特に、炭酸パックや、炭酸洗顔がオススメです☆

こちらの記事もよく読まれています♪

コスパ抜群!美肌になれる、プチプラの炭酸パックを教えます★

炭酸洗顔の基本のやり方・効果的な使い方や頻度を教えます!

炭酸アイテムは、即効性も期待できるので、お手入れに取り入れない手はないですよ☆

まとめ

いかがでしたか?30代から取り入れたい、肌を綺麗にする方法を”5つ”お伝えしました。

40代〜は本格的なエイジングサインに向けて、エイジングケア化粧品や専用の美容液で対策する場面が増えてきますが、

30代のうちは、年齢を重ねるにつれて衰える代謝や筋力アップ、糖化の進行を止めることが、なによりもエイジング予防になります。

年齢の出やすいパーツの肌負担を軽減したり、全体的にスキンケアの底上げができる化粧品などもうまく活用しながら、普段のスキンケアの効果を高めるケアを意識していきましょう♪

ご自身に取り入れられそうなものからトライしてみてください(^^)

こちらの記事もご覧ください→【化粧水で肌を綺麗にする方法】化粧水の量と馴染ませ方で肌は変わる☆