シミを予防・改善!お肌のターンオーバーを正常に保つ方法★

みなさんは、お肌のターンオーバーを意識してお手入れをしていますか?この質問は多くの方にしていますが、「意識していない」と答える方がほとんどです。

ターンオーバーはお肌の基礎を整える、とても重要な役割をしています。お肌トラブルの中でも、特にターンオーバーの正常化と、予防が必要な「シミ」について詳しくみていきましょう。

シミは何より予防が大切です!

私は美容部員の経験がありますが、「シミ」ができたことで、お手入れをしっかりするきっかけになったという方が結構います。やはりお肌の表面に、突然肌色よりも濃い斑点が表れたら驚きますし、ショックですよね。

しかし、シミというのは、できてしまったものを完全に消すことはとても難しいものです。

できてしまったシミを取り除くには、最近では美容クリニックなどでレーザー治療なども行われていますが、「痛い・費用が高い・何度も受ける必要がある・ダウンタイムで腫れたり赤くなるといった症状が辛い」…といったように、なかなかリスクが伴う治療でもあるのです。

お客様の中にも、「もっと早くお手入れしておけばよかったんだけどね…」と後悔されている方も多くいらっしゃいます。

シミは奥底に潜んでいるものが数年かけてお肌の外へ現れます。目で見てわからないものなので、「まだ大丈夫」と思ってお手入れをおろそかにしてしまいがちです。

また、美白の化粧品なども、予防として使うとなると、効果が目に見てわからないので継続をするにも根気がいるものかと思います。高価なものを使用するとなると尚更です。

しかし、できてしまったシミを消す方がお金もかかるし、うまくいかないことも多いし、根気がいります。そう思うと、大変だけど予防をしっかりとした方が未来の自分のお肌のためになると思いませんか?

美白は根気のいるお手入れで、何より予防が大切です。しかし、自分のお肌にシミができたことを想像して、ちょっとでも嫌だなと思ったら、今から美白のお手入れを始めて、シミの予防をすべきです。

興味を持っていただけた方は、シミの改善や予防につながる、ターンオーバーを正常化するための対策方法や、私が取り入れている美白のお手入れ方法などを記載しているので、ご覧になってみてくださいね。

お肌のターンオーバーとシミの関係

このブログでは何度もふれていますが、ターンオーバーはお肌の新陳代謝を意味しています。シミは、古い細胞を外へ排出し、新しい細胞を生み出すというターンオーバーの一連の流れと関係があります。

シミは紫外線による影響が大きいことはみなさんご存知ですよね。紫外線を浴びると、メラニン色素が生成されます。

本来、メラニン色素は肌のターンオーバーによって排出されるものなので、お肌にも居残りません。お肌が日焼けして黒くなっても、時間が経つと元に戻るのは、ターンオーバーが正常な状態でメラニンが排出されているからです。

しかし、メラニンはなんらかの影響で、通常よりも多く発生してしまうことがあります。大量に発生することで、排出されなかったメラニンがシミとしてお肌に沈着してしまうのです。

メラニン色素は、表皮と真皮の間にある、基底層の中のメラノサイトという細胞から作られます。

メラニン色素はシミの原因となる悪いものというイメージがありますが、紫外線を浴びた時に大量に発生した活性酸素によるダメージを緩和してくれる効果があります。

メラニン色素は適量であれば、肌を守ってくれるものなのですが、大量に発生するとシミや肌へのダメージを与え、老化の原因にもなってしまうのです。

シミの原因には、ターンオーバーが遅いパターンと早いパターンがあります。

シミは、ターンオーバーが遅いとお肌に沈着しやすいと言われています。正常な状態であれば排出されるべき古い細胞がお肌に残っている状態になりますね。

古い細胞がお肌に残って溜まっていると、角質がどんどん厚く、かたくなってお化粧水の浸透を妨げてしまうのです。

そうすると、シミの原因となるメラニンを含んだ細胞がお肌に残った状態になるので、シミが目立ちやすくなるのです。

ターンオーバーが早い原因は、紫外線によるものが大きいです。ターンオーバーは早すぎてしまうと、栄養不足で未熟な細胞によってお肌を構成することになってしまいます。

細胞自体が栄養や潤い成分を作り出す力もないので、乾燥の原因にもなってしまい、様々なトラブルの元にもなってしまうのです。

お肌のターンオーバーを正常化してシミを予防・改善する方法

シミを改善するためには、ターンオーバーを正常化することで、今あるシミへの排出や、何より予防になります。

血行促進ケア

血行が促進されれば、お肌に必要な栄養や酸素がうまく運ばれ、角質溜まりやシミの排出にもつながるので、ターンオーバーの正常化につながります。

血行促進には、湯船に浸かったり、軽い運動やストレッチ、体を温める食べ物を取り入れることなどが効果的です。

また、血行促進には、マッサージや炭酸パックもおすすめです。

マッサージは、凝り固まったお肌をほぐして、スキンケアアイテムの浸透を高め、血色をよくします。

私はマッサージによって血行が促進され、ターンオーバーの整った、透明感のあるお肌作りに成功した経験があります♪

私が取り入れているマッサージのやり方はこちらの記事でご確認ください→本当にお肌が変わった、つるつる・もちもちの赤ちゃん肌になる方法

炭酸パックは、二酸化炭素の効果で血流が良くなり、古い角質が取れてお肌がワントーン明るくなります(^^)

最近はプチプラアイテムでも優秀なものが多いので、是非参考にしてみてください→コスパ抜群!美肌になれる、プチプラの炭酸パックを教えます★

保湿ケア

ターンオーバーの正常化には、保湿ケアは欠かせません。お肌は乾燥すると、細胞がスカスカになったり、角質めくれによってお肌が脆くなってしまうのです。

こういったお肌状態だと、紫外線のダメージをダイレクトに受けてしまい、メラニンが過剰に生成される原因となるため、シミの発生にもつながります。

保湿されたお肌は、1つ1つの細胞が潤いで満たされており、丈夫な角質が紫外線によるダメージからもお肌を守ってくれるのです(^^)

乾燥して硬く、もろかったお肌も柔軟になるので、スキンケアアイテムを受け入れやすく、浸透力も高まります。

保湿の基本のケアは、化粧水や美容液で水分を与え、乳液やクリームで油分の蓋をすることです。

水分を与えるだけでは蒸発してしまうので、油分ケアも忘れずに行いましょう。

私は、どんなお肌トラブルも、まずはターンオーバーを整えるために、保湿ケアが基礎にあると思っています。

シミの予防や改善というと、美白ケアを優先的に考えがちですが、ターンオーバーが乱れたお肌に、いくら美白ケアをしても、お肌は美白効果をうまく発揮できません。

美白ケアは、「保湿されてターンオーバーが整っているお肌に行うこと」が前提になります。

生活習慣の見直し

お肌のターンオーバーは、生活習慣が大きく影響しています。

食事や運動、睡眠の改善が、新陳代謝の活性化につながるので、お肌のターンオーバーを整えることにもつながります。

ターンオーバーの促進につながる食事や運動について、詳しくはこちらの記事をご覧ください☆

美肌と健康に必須!ターンオーバーを促進させる運動

美肌を手にする、ターンオーバーを促進させる食べ物と飲み物☆

シミを徹底的に予防!美容部員が実践する、美白のスキンケア

私が実際にしているシミ対策のお手入れ方法をご紹介します。

私は現在20代後半です。シミは今の所ありません。しかし、小さい頃から結構大量のソバカスがあります。ソバカスがこれ以上増えないようにするために、美白への意識は10代のころからありました。それがシミへの予防にも繋がっています。

しかし、美白のお化粧品には今まで何度も失敗していました。なぜかというと、美白のお化粧品は、さっぱりとしていて保湿力が乏しいものも多く、美白はできても保湿はイマイチという状態で、乾燥肌の私の肌には合いませんでした。

安価なものも、高価なものも色々と試しましたが、保湿力が不安定でした。そのため、美白のお手入れを取り入れたくてもなかなかできない…と悩みました。

今のお手入れは、なかなかピッタリなものに出会えなかった私でも継続できるものです。

  • 美白のクレンジングや洗顔料を取り入れる
  • 基礎はそのままで、夏場は美白の美容液を取り入れる
  • 日焼け止めは1年中、夏場は美白美容液の日焼け止め入り下地を使う

まず、化粧水・乳液・クリームという3ステップでお手入れをしていた私は、いつもこの3つのラインで美白のものを探していました。しかし、なかなか肌に合うものに出会えなかったため、基礎のラインで美白をすることをやめました。

この基礎の3ステップはターンオーバーを整える重要な役割があります。乾燥を感じてしまうのであれば、お肌に合わないということなので使うことは難しいです。

そのため、クレンジングや洗顔料を美白のものを取り入れ、紫外線の強い季節は美白美容液をお手入れに1本プラスし、日焼け止めの下地も美白を強化したものを使うようにしました。

美白のクレンジングや洗顔料は、メラニンを含む角質を一緒に取り除いてくれるものもありますし、紫外線をたくさん浴びた日は、炎症を抑えてくれるものもあります。古い角質を取り除いてくれると、ターンオーバーの促進にもなります。

美白美容液に関しては、土台が安定していれば、美容液はお肌にすんなり馴染んでくれますし、乾燥を感じることもなく使えています。

日焼け止めは一年中欠かさずぬっていますが、特に紫外線の強い季節は、SPF値やPA値の高いもので、美容液効果の高い日焼け止め下地をぬっています。

美容液効果の高いものは、日焼け止め独特のキシキシ感がないので、とても使いやすいです。日中はお肌にとって過酷な環境にあるので、日中を快適に過ごせる下地はかかせません。

私が愛用しているものは、ノエビアさんのブランプロテクターです。

付け心地が、まるで美容液を塗っているかのようです。日中用美容液として出ているので、美容液効果の高い下地というよりは、美容液に下地の機能が付いたものという感じです。

普段のスキンケアに美容液を取り入れていない方でも、下地で美容液のお手入れができますし、一手間省けるのでとても便利で重宝しています。

12000円なので、下地と考えると効果ですが、美容液と考えるとそんなに高すぎるわけではないですよね。

私はスキンケアで美白の美容液を取り入れるよりも先に、この下地を取り入れていました。今はお手入れの強化のためにスキンケアでも美容液を使っていますが、何より大切なのは、紫外線を浴びる時です。その瞬間からメラニンは作られ始めます。

例えば日中日焼け止めを塗らない方がいくら高価な美白美容液を使ってもシミはできてしまうと思うんです。

予防で大切なのは、1番は日中外へ出ている時のケアです。そして、日中の紫外線による炎症を抑えるのが夜のスキンケアです。

日焼け止め以外でも、日傘や帽子、サングラスなどを活用することで予防を強化できます。

今では、飲む日焼け止めなども出ているので、全身日焼け止めを塗るのが大変な方は、サプリメントをうまく活用するのも良いでしょう。

紫外線ダメージを受けてしまったら、美白パックで応急処置を!

シミは予防が大切ですが、うっかり日焼けをしてしまったり、お肌がくすんでみえたり、紫外線ダメージを受けてしまった時は、シミにならないように、美白パックで応急処置をしましょう。

私のおすすめは「ミエルドアンジュ」です。

ミエルドアンジュは、お肌のくすみを取り除く「塗る」輝白パックです。

紫外線ダメージによる肌バリアの低下や、メラニンによるターンオーバーの乱れにアプローチをしてくれます。

「肌バリア」・「高保湿」・「毛穴吸着」・「透明感」に特化し、徹底的にくすみ肌にアプローチします。

洗い流すパックで、簡単に美白と保湿と毛穴ケアができる優れものです。

紫外線ダメージを受けてしまったら、美白パックで早めの応急処置をして、シミの発生を防ぎましょう!

ご興味のある方は、こちらの記事もご覧ください→お肌のくすみを解決!「ミエルドアンジュ」の口コミ・評判は?☆

まとめ

のターンオーバーを促進させると、メラニンを含んだ細胞を外へ外へと押し出すことができるので、シミの改善にもつながることがわかりましたね。

また、シミはなによりも予防が大切であることがわかりました。

まずは、ターンオーバーを正常化するために、基本の保湿ケアや生活習慣の見直しをしましょう!

また、美白ケアは継続するには根気がいりますが、先ほど紹介した下地として美白の効果が高いものを取り入れたり、手間のかからない、飲む日焼け止めのサプリメントを取り入れるなど、継続しやすいものを取り入れてみてくださいね。

みんなでシミのないお肌を目指しましょう。

こちらの記事もご覧ください→お肌のくすみに効く、おすすめの化粧下地・美白化粧品11選☆