年齢によってお肌のターンオーバーの周期は変わる!若々しいお肌を保つ方法☆

みなさんは、お肌のお手入れをする時に、ターンオーバーの周期を意識したことはありますか?実は、お肌のターンオーバーの周期は、年齢と深く関係しています。

20代の後半は「お肌の曲がり角」とも言われており、徐々にお肌の老化が進んでしまうので、老けないお肌や体づくりが必要となります。

年齢によって変化するターンオーバーの周期

お肌は、古い細胞をお肌の外へ排出し、血液によって運ばれてきた栄養を吸収して新しい細胞がつくられます。

この一連の流れをターンオーバーと言い、美肌を保つためにとても重要で基礎的なメカニズムです。

ターンオーバーの周期は年齢によてって変わります。以下は年齢別のターンオーバーの周期を表しています。

  • 10代…20日
  • 20代…28日
  • 30代…40日
  • 40代…55日
  • 50代…75日
  • 60代…100日

ターンオーバーの正常な周期は28日間といわれているので、20代の周期が基準になりますね。年齢とともにターンオーバーの周期が遅くなっているのもお分かりいただけると思います。

基本的には、年齢別のターンオーバーの周期に合わせてお手入れをしていただくと良いと思います。しかし、ターンオーバーは様々な原因から乱れやすく、正常な状態を保つことが難しい場合もあります。ターンオーバーは、早すぎても遅すぎてもいけないものです。

年齢とともにターンオーバーの周期が遅くなるということと、周期が乱れやすいことが既にわかっているのであれば、今のうちから、5年後や10年後のことを考えて、ターンオーバーを正常化させるためのお手入れをする習慣をつけることが大切です。

ターンオーバーが遅くなるとどうなる?

ターンオーバーが遅くなるとどんなトラブルが起きるのでしょうか。お肌トラブルとしては、乾燥、しわ、たるみ、シミ、くすみなど、様々です。特にシミは沈着しやすくなります。

また、怪我をした時の傷が治りにくくなったり、傷跡が消えにくくなります。ターンオーバーは、古くなった細胞を排出するはたらきがあるので、若い頃に傷が早く治ったり、跡が割とすぐに消えたのは、自然治癒力が高いことと、ターンオーバーの周期が早く正常にはたらいていたからです。

年齢を重ねてターンオーバーの周期が遅くなると、トラブルが起きやすくなることに加え、トラブルを改善するスピードは遅くなってしまうのです。

老けないお肌と体づくりのために習慣化させること

加齢とともにお肌が老化していくことは避けられませんが、今から老けないお肌や体づくりをする習慣を身につけることはできます。

大切なのは、老化しにくい生活習慣のリズム(運動・食事・睡眠・精神コントロール)を習慣化させることです!

食事

毎日体内に取り込む食べ物によってお肌はつくられています。

ターンオーバーの周期を正常な状態に保つためには、栄養バランスのとれた食事をとりましょう。特に、ビタミンやミネラルは現代人に不足しがちな栄養素なので積極的に摂取したいですね(^^)

ただ、料理で何品も作るのは大変ですし、継続するのも難しいですよね。

そのため、1品で栄養価の高い食べ物を積極的に食べたり、簡単に取り入れやすい、飲み物で栄養補給をするのがおすすめです!

ターンオーバーのリズムを整えるために必要な栄養素や、それを含む食べ物や飲み物についてはこちらの記事に詳しくまとめています☆→美肌を手にする、ターンオーバーを促進させる食べ物との飲み物

また、現代人に不足しやすいビタミンは、全部で13種類、ミネラルは10種類もあるので、効率的に摂取するには「マルチビタミン」や「マルチミネラル」のサプリメントもおすすめです!

「サプリメントは初めて」という方でも、安心して飲めるように正しい飲み方や、お手頃価格で試しやすいおすすめ品をご紹介しているので、こちらの記事もご覧ください→お肌のお助けアイテム!ターンオーバーを促進させるサプリメント

睡眠

睡眠は質が重要なので、眠り始めの1時間半〜3時間が決め手となります。

お肌のターンオーバーは眠っている間に行い、ターンオーバーに必要な成長ホルモンも、この時間に分泌されます。

また、お肌を錆びさせてしまう活性酸素を取り除くメラトニンの分泌もこの時間に行われます。

私は23時の就寝を習慣化させようと今取り組んでいるところです。以前は0時就寝だったので、就寝時間を1時間早めた分、1時間早く起きています。

朝、1時間早く起きると余裕があって1日がとても快適に過ごせるので、早寝早起きは老化対策だけでなく、いいことがいっぱいです(^^)

精神コントロール

お肌のターンオーバーは、ストレスなどによる精神面の乱れも非常に大きく、お肌や体調の不調にも関係しています。

ストレスを溜めないようにするのが理想ですが、私が実践した限りでは難しかったので、ストレスの発散方法をいくつかもっておくと良いです。

お肌のターンオーバーも正常に保てて、ストレス発散もできるものとしては、運動が1番おすすめです。運動が苦手な方でも、ヨガやピラティスなどは、精神的なコントロールもできますし、体の冷え対策にもなるので続けやすいです。

私は学生時代、運動が苦手で体育の授業が大嫌いでしたが、そんな私でも楽しく続けられています。

お肌のターンオーバーを促進させる運動についてはこちらをご覧ください。→美肌と健康に必須、ターンオーバーを促進させる運動

習慣化させるまでは意志が必要ですが、習慣になってしまえば自然と続けられるものです。早寝早起きの習慣も、運動をする習慣も、自分にできそうなものから始めてみてくださいね。

年齢に合わせた、正しいターンオーバーの周期に合わせたスキンケアをしよう

ターンオーバーの周期は年齢とともに変化するので、年齢に合わせてスキンケアも変えていく必要があります。

例えば、よくやりがちなのは「30代になっても、20代でしていた時のお手入れと変わらない」といった状況です。

20代後半〜30代にかけては、特にお肌の曲がり角と言われている時期なので、それに合わせてスキンケアも変えていく必要があります。

実際、20代のターンオーバーの周期は28日、30代は40日です。ここには約2週間のずれがあります。

スキンケアによる効果も、ターンオーバーの周期が目安となるりますが、「1ヶ月経っても肌状態が良くならない」といってそのお手入れに断念し、新しい化粧品に手を出してしまう女性が多いのです。

20代ではお肌に変化が現れていても、30代になると、周期を考えてもう少しお肌の様子を見る必要があります。

スキンケアを頻繁に変えたり、化粧品を手当たり次第試すのは逆効果です。

お肌のターンオーバーの周期を無視して、「この化粧品には効果がない!」と決めつけたり、「化粧品のはしご」をするのはお肌トラブルの原因になります。

まずは、年齢に合わせたターンオーバーの周期に合わせたスキンケアを行い、効果が現れてくる、2〜3か月は、お肌の様子を見るようにしましょう。

自分の肌に合った化粧品を選べたり、スキンケアができれば、年齢を重ねてもお肌は安定して揺らぎにくくなりますよ(^^)

ターンオーバーを整えるスキンケアの基礎や、化粧品の選び方については、こちらの記事をご覧ください→美肌の基本、ターンオーバーを促進させるスキンケアの基礎と化粧品選びのポイント

未来のお肌のためにお手入れをしよう

こちらをご覧になっている方は、何かしら今のお肌状態に不満を持っていて改善したいと思っている方や、もっときれいになりたいという向上心のある方、年齢を重ねても若々しくキレイでいたいという方など、様々だと思います。

お肌のお手入れをする時に、是非意識してほしいことは、5年後、10年後の未来のことも考えてお手入れをすることです。先すぎて想像ができない方は、次の季節や1年後でもいいです。

私は美容部員の経験がありますが、お客様には「今のお手入れは未来のお肌につながります」と伝えています。当たり前のことですが、とても大切なことです。

例えば、春夏にお手入れを頑張った方のお肌は、秋冬にその成果が現れ、調子よく過ごせます。もし、あなたの今のお肌状態が良くないのであれば、1つ前の季節のお手入れがサボり気味だったか、合っていなかったか、生活リズムが乱れていたか…といったことが原因になってきます。

季節ごとに気温差や環境の変化もあるので、それがすべてではありませんが、大きく関わっていることは間違いないでしょう。

もし、毎年冬になるとお肌の調子が悪いと感じているのであれば、夏場のお手入れを見直してみるといいです。

実際、私の肌は冬の乾燥がひどく、調子が悪いです。そのため、冬のお手入れはとても気を使って丁寧にしています。しかし、調子が良くなるのは暖かくなってからです。暖かい季節は乾燥も落ち着き、調子は良いです。

調子が良いと少しお手入れがサボり気味になります。そうするとまた冬は調子が悪くなります。…この繰り返しです。そこで、夏場のお手入れを強化することにしました。

具体的には、日焼け止め入りの美容液下地の保湿力と紫外線対策レベルのグレードを上げ、ファンデーションの上にのせるお粉を、保湿力の高いスキンケアのパウダーに変えました。

理由としては、夏場は日中にエアコンの効いた部屋にいることが多く、乾燥しやすい状況にいるはずなのに、私自身は乾燥をしていると感じていなかったからです。

夏場は乾燥していても気付きにくい季節です。お客様の中でも、乾燥しているのに、気づいていない方が非常に多いです。

私は、冬にお肌の調子が悪い理由の1つとして、夏場の保湿不足と考え、対策をしました。

このように、今までのお手入れを見つめ直して対策していくと、1つ1つ問題が解決されて、お肌の老化を防ぐことができます。

私の場合は、毎年の冬の乾燥が繰り返され、積み重なってお肌が老化することを予期して夏はお手入れの強化をしているのです。

こういった対策が、年齢を重ねるにつれて遅くなってしまうターンオーバーの周期を促進させ、若々しいおをつくる秘訣になります(^^)

まとめ

お肌のターンオーバーの周期が年齢によって異なることや、年齢を重ねるにつれてターンオーバーの周期が遅くなることがわかりましたね。

ターンオーバーが遅くなると様々なトラブルが起きやすくなるので、今のうちからお肌に合わせたスキンケアを取り入れたり、生活リズムをしっかりと整えて対策をしていきましょう!

実年齢よりも生き生きとした、若々しい美肌を手に入れましょうね(^^)

こちらの記事もご覧ください→お肌が綺麗な芸能人の美容法を大公開!美肌の理由は日々の積み重ねにあり?