お肌に透明感がない…透明感を出すにはどんなケアが必要?美容部員が徹底解説★

「お肌に透明感がない…」2年ほど前の私は、自分のお肌を鏡で見るたびにそう思っていました。

そんな私が、今ではファンデーションは塗っているか、塗っていないかわからないくらい薄づきのメイクで日々を過ごしています。間違いなくこの2年のお手入れの成果です。

お肌に透明感を出すにはどんなケアをすべきか、私の体験を元にお伝えします。

お肌に透明感がない…原因は血行不良?

お肌に透明感がない原因は様々です。血行不良、乾燥、紫外線、角質、生活習慣の乱れ…などがあげられます。大切なのは、自分はどれに当てはまるのかを知り、改善することです。

私は、2年前に生活習慣がガラリと変わりました。今はお肌に透明感があると感じており、その証拠としてベースメイクがとてもシンプルになりました。

それまでは、ベースメイクというと、気になるところはひたすら隠す作業の繰り返し。「まだくすんでる」「くまが隠れてくれない」とブツブツ文句を言いながらコンシーラーを塗りたくっていました。

そこで、日々の生活を見直して、お肌に透明感がない原因を探しました。私の場合、大きな原因はとにかく血行不良だったことです。

おそらく、透明感がない方の多くは、血行不良が原因の1つだと思います。女性には多いお悩みです。

症状としては、体が冷えやすい、肌に血色感がない、睡眠不足、ストレスや疲れを感じていると血行不良になりやすいです。

先程上げた透明感のない原因は様々でしたが、いくつもの原因が血行不良と関連しています。

例えば血行不良になると、体内の血液循環が悪くなり、正常に体やお肌に必要な栄養素を運搬できなくなります。

そうすると、お肌の基礎となるターンオーバーの周期が乱れてしまうので、栄養や潤いが十分に届かず、お肌が乾燥しやすくなります。また、メラニンの排出も遅れるのでくすみにもつながります。

ターンオーバーの乱れを改善する方法についてはこちらをご覧ください→お肌のターンオーバーが早い原因は?正常化させる方法

メラニンの排出を促進する方法はこちらをご覧ください→シミを予防・改善!お肌のターンオーバーを促進させる方法

「お肌に透明感がない…」と悩んでいる方は、透明感を出すために血行不良を改善しましょう。

美容部員が実際に行っている、お肌に透明感を出す血行促進ケアとは?

この2年の間に、私がお肌に透明感を出すために行っていたことをお伝えします。今では「お肌がツヤツヤだね」「お肌が白いね」とほめていただくくことが増えました。

私が意識して行なっていた血行促進ケアをいくつかご紹介します。

基本のスキンケアに関してはこちらに詳しく記載しております。是非ご覧ください→美肌の基本、ターンオーバーを促進させるスキンケアの基礎と化粧品選びのポイント

入浴の際、湯船につかる

血行促進のためには、入浴の際に湯船に浸かることが大切です。私は一人暮らし7年目なのですが、実家暮らしの時は毎日湯船に浸かっていました。

しかし、一人暮らしを始めた最初の4年間はほとんど湯船に浸からなかったです。この4年間は、くすみやくまに本当に悩んでいた時期でした。いつも手足が冷たかったです。

毎日ではありませんが、意識して入るようになったのはこの2、3年くらいです。以前より自律神経のバランスが取れていることや、手足が暖かかくなっていると感じることが増えました。

体の疲れがとれやすくなったり、お肌のターンオーバーの促進にも繋がっています。

洗顔後のホットタオル

ホットタオルは別名、蒸しタオルです。ホットタオルはくすみや美白、黒ずみなどのお肌トラブルに効果が期待できるケアの1つです。

お水を含ませた清潔なタオルを、電子レンジで500wで30秒くらい温め、顔に当てることでお肌の血の巡りをよくします。

タオルは適度に冷ましてから使ってくださいね。そして顔からタオルを外したらすぐに保湿をしましょう。

スキンケアの前にホットタオルをすることで、お肌が柔らかくなり、お化粧水の浸透など、効果を高めてくれます。

透明感のあるお肌は、潤いに満ちています。スキンケアの効果を高めることは、保湿力を高めることになるので、とても重要です。

私はフェイシャルエステティシャンの経験がありますが、お客様にお化粧水をつける前は必ずホットタオルでスチームをしていました。

毎日行っていたら、お肌の変化を実感できると思います。実際、美容部員のスタッフ間の中でもホットタオルはとっても人気のあるお手入れです。

目元の疲れや、むくみにも効果が期待できるので是非取り入れてみてくださいね。

こちらも合わせてご覧ください→蒸しタオルで顔の乾燥の改善をサポート!美肌になれる蒸しタオルの使い方

マッサージ

マッサージは、血行促進効果があり、週に何度かスペシャルケアとして取り入れると、お肌の調子が全然違います。

エステサロンの施術にも、マッサージは欠かせません。マッサージ後は血行促進効果でスキンケアの浸透も高まり、お肌の保湿力が高まるので透明感のあるお肌に導きます。

実は、私のお肌不調を改善した救世主の1つがマッサージです。

すごく簡単なものでも、コツコツ継続すると効果があります!コストもかからないので魅力的ですよね。

私は専用のマッサージクリームや、マッサージもできるクレンジングクリームを使ってお手入れしています☆

私が行なっているマッサージのやり方はこちらの記事を参考にしてみてください→本当にお肌が変わった、つるつる・もちもちの赤ちゃん肌になる方法

炭酸美容

炭酸美容は、二酸化炭素を体内に取り込むことで、血行促進効果を得られます。

化粧品は肌に合う合わないの問題がありますが、炭酸アイテムは、肌質を選ばずに使えることがポイントです。

血行促進によって、栄養や酸素の運搬がスムーズに行われるようになるので、ターンオーバーの促進にも効果的です。古い角質汚れやメラニンの排出もサポートします。

特におすすめは炭酸パックや炭酸洗顔料です。使用後は、お肌に自然な明るさが戻ります。

土台が安定して、ゆらぎにくいお肌づくりと、お肌のトーンアップができるので、炭酸美容は今のお手入れに何か加えるのであれば、おすすめのスキンケアの1つです(^^)

プチプラの優秀な炭酸アイテムをご紹介しているので、こちらの記事をご覧ください→コスパ抜群!美肌になれる、プチプラの炭酸パックを教えます★

体をほぐし、筋力をつける

体をほぐすことと、筋力をつけることは本当に大切だなぁと日々実感しています。私は、毎日お風呂上がりに足のマッサージをしています。

なんだかんだ3・4年くらい続けているので習慣になっています。習慣化されると、マッサージをしないと気持ち悪いって気持ちになるんです。

以前エステでセルライトを除去する機械を使った時に、お腹や背中はすごく痛いのに、普段揉みほぐしているふくらはぎは全然痛くなかったんですよ。それって毎日筋肉をほぐしているからだなって思いました。

その時から、暇さえあれば全身揉みほぐすようになりました。出先でも、電車の待ち時間に腕や肩まわりを軽く揉みほぐしたりしています。

血液は、呼吸をすることで循環します。さらに筋力があるとその呼吸の循環はスムーズに行うことができます。血液循環を整えるためには、リンパの流れを整えることも大切です。

私はヨガやピラティス、バレエストレッチなどを通して、長期的にみて呼吸のリズムと筋力を鍛えています。

トレーニングジムでマシーンを使ったトレーニングをした方が、筋力は早くつくと思いますが、私は長続きしないと思ったので、無理なく続けられそうなヨガにしています。

特に大きな変化は、長年悩んでいた肩こりと頭痛が解消されたことです。首回りの揉みほぐしの効果で血行不良も改善されたのだと思います。

みなさんに意識して揉みほぐししていただきたいのは、首筋・鎖骨まわり・脇の下の後ろ側・太ももの付け根・肩甲骨まわりです。

普段使わない場所なので痛いと思いますが、老廃物が溜まりやすかったり、血液が滞ってしまいやすい場所なので、軽く揉んであげると血行促進効果があります。

お肌に透明感を出すには、お肌だけに意識を向けるのではなく、体全体として考えてあげると良いです。

お肌に透明感を出すには絶対に欠かせない紫外線対策

お肌に透明感を出すには、絶対に怠ってはいけないケアがあります。

それは「紫外線対策」です。みなさんは、紫外線対策はしっかりできていますか?

ちゃんとできてるつもりでも、本当にしっかりUVケアができているのは3人に1人と言われています。

紫外線のケアを怠ると、お肌がくすんだり、トーンダウンするだけでなく、乾燥やシワ、たるみなどのエイジングトラブルを引き起こす原因にもなります。

紫外線ケアで意識したいのは「1年中・どんな天気の日でも・室内にいても」ケアをすることです。さらに、紫外線の強い時期はお手入れを強化することが大切です。

でも、そんなの面倒だし続かなそう…。多くの方はこのように感じる方と思います。

そんな方には飲む日焼け止めサプリメントの「ホワイトヴェール  」がおすすめです!日焼け止め効果のあるサプリメントを朝飲むだけで、1日中全身の日焼け対策ができちゃいます!

日焼け止めを塗る手間や、塗り忘れも気にしなくて良いので1年中安心ですし、継続しやすいのも魅力的ですよね。

多くの方は、日焼け止めを塗っていても、お肌になんらかの影響を受けており、知らぬ間にお肌をくすませている可能性が高いです。

くすんだお肌、暗いお肌はもうウンザリ!という方は、どんな時でも確実に紫外線からお肌を守れる、日焼け止めサプリメントを活用してみましょう!

ご興味のある方はこちらの記事をご覧ください→ホワイトヴェールの口コミ・評判☆日差しに負けないお肌をつくろう

ファッションやコスメの色で透明感を出すことができる?

今回は、ちょっと違う角度から「お肌に透明感を出すにはどうしたらいいか」考えていきましょう。

みなさんは、お肌の透明感と、ファッションやコスメに取り入れる色が関係していると知っていましたか?

色がお肌に与える影響は大きいです。みなさんは、芸能人の方が化粧品の広告でつけている口紅を見て「素敵だな」と思って実際に同じ口紅をつけたら、なんだかしっくりこない、発色も違う気がする…と思ったことはありませんか?

私たちは皆一人一人お肌の色が異なります。なので、似合う色も様々です。お肌に透明感がない方は、自分の肌色を知り、お肌に合う色の服やコスメを取り入れれば、透明感を出すことができます。

お肌色のタイプは、デパートの美容カウンターで、お肌の診断機器があるところならわかるかもしれません。もしくは、カラー判定を受けると確実です。

お肌は、黄色みの強い方、赤みの強い方、どちらでもない方の3種類の中で、自分はどれに近いのか、知る必要があります。以下が肌色別に似合う色とアクセサリーです。

  • 黄色みの強い方…暖色系の温かみのある色・ゴールドのアクセサリー
  • 赤みの強い方…寒色系の涼しい色・シルバーのアクセサリー
  • どちらでもない方…絵の具からそのまま出したような自然な色・パールのアクセサリー

また、よく使う色の代表として、「黒」は3つのタイプすべてに共通して似合う色になります。黒は万能なカラーです。

一方で白は少し注意の必要なカラーです。例えば、黄色みの強い方は、クリーム色に近い白、赤みの強い方は、シルバー寄りの白が似合います。どちらでもない方は偏りのない普通の白がお似合いです。

この似合う色は、特にお顔の周りにくるトップスや帽子、スカーフなどで取り入れてください。あとは、ヘアカラーの色も重要ですよ。

透明感がない方は、色を意識してファッションやコスメを選ぶことで、簡単にお肌を明るく見せることができますよ。

まとめ

透明感がない原因は様々ですが、血行不良の改善が大きく関わっていることがわかりましたね。私の体験談ですが、改善策として、顔のマッサージや炭酸パック、体の揉みほぐしは効果的でした。

くすみやお肌のトーンダウンの原因となる、紫外線対策も確実に行いましょう!

また、透明感を出すには、スキンケアや生活習慣の改善だけではなく、「色」が与える影響も大きいとわかりました。おを明るく綺麗に見せてくれるファッションやコスメも取り入れて、どんどん綺麗になっちゃいましょう!

こちらの記事もご覧ください→お肌に透明感を与える化粧品!くすみを改善した美容部員の体験記