美容部員が教える、顔の乾燥やつっぱりが一日中続く原因と改善方法

一日中お肌がつっぱる感覚がある方は、顔の乾燥が進行しているサインです。お手入れをしっかりしていても、顔の乾燥やつっぱりを感じる方は、お手入れのやり方や生活習慣の中に、改善のヒントが隠されているかもしれません。

今回は、美容部員の経験から、一日中つっぱりを感じるようなひどい顔の乾燥を改善する方法をお伝えします。

一日中、顔の乾燥やつっぱりが続くのはなぜ?

お肌がつっぱるような感覚がある人は、既に顔の乾燥が始まっています。みなさんは、どんな時につっぱりを感じますか?

顔の乾燥やつっぱりを感じやすい時期やタイミングには個人差がありますが、洗顔後や入浴後・日中〜夕方・汗をかいた時などに感じる方が多いと思います。

一日中、顔の乾燥やつっぱりを感じる方は、乾燥のスパイラルに陥っている状態なので、早急に対処しなければなりません。乾燥はシワやたるみにも発展しますからね。

私たちのお肌は、お肌の表面にある角層で潤いを保っています。健康な角層には、15〜20%の水分が含まれていますが、私たちのお肌は様々な影響によって水分油分のバランスが崩れやすく、乾燥しやすくなっています。

特に夏の紫外線や秋冬の冷たい空気、冷暖房などは、顔の乾燥を進行させます。

角層の水分量は10%以下になると、外的刺激からお肌を守るバリア機能も低下するため、ますます乾燥しやすくなり、負のスパイラルに陥ってしまうのです。

そのため、一日中つっぱりや顔の乾燥を感じる方は、水分保持力とバリア機能を高めるお手入れが必要です。

顔の乾燥やつっぱりを悪化させる原因は?

では、顔の乾燥やつっぱりを悪化させる習慣をお伝えします。しっかりお手入れをしている人は、お手入れをしたつもりになっていないか、ここで確認してみてください。

新しいお手入れを取り入れることも大切ですが、普段のお手入れ方法を見直す方が早く改善することもあります。以下の項目に当てはまる方は、これからお伝えする改善方法を隈なくチェックしてみてください。

  • 一日中エアコンの効いた部屋で過ごす
  • クレンジングはオイル派
  • クリームはベタつきが苦手で使わない
  • 日中は、乾燥やつっぱりを感じても放っておく
  • 朝のスキンケアは適当になりがち
  • 熱いお湯で洗顔をする
  • 角質ケアの頻度が多い
  • 肌に触れるとき、肌が動くくらい強い圧で触っている
  • 家から出ない日は洗顔しない
  • 高価なスキンケアアイテムをちょびちょび使っている
  • 夜は化粧をしたまま眠ってしまうことが多い

たくさんの項目がありますが、どれか当てはまるものはありましたか?顔の乾燥やつっぱりを悪化させる行為は身近なところにたくさん潜んでいます。では、改善方法をみていきましょう。

顔の乾燥やつっぱりを改善する方法

顔の乾燥やつっぱりを一日中感じている方は、水分保持力やバリア機能を高めるために、日々の習慣を改めましょう。そして負のスパイラルから脱出しましょうね(^^)

エアコンとうまく付き合う

エアコンは、乾燥した空気が顔の乾燥やつっぱりを悪化させます。しかし、一年中エアコンの効いた部屋で仕事をしている人は多いのではないでしょうか?

真夏の暑さや、真冬の寒さをしのぐためには、なくてはならないものですし、職場の空調は自分にはどうにもできない部分もあるので、うまく付き合っていく必要があります。

なるべく乾きにくいスキンケアやメイクで対策していきましょう。エアコン対策については、こちらの記事にまとめているので、是非参考にしてみてください。→エアコンで顔の乾燥が進行する!美容部員が教える、乾かない秘訣とは?

ミルクかクリームタイプのクレンジングがおすすめ

洗顔後に顔の乾燥やつっぱりを感じる人は多いです。オイルクレンジングを使っている人は、お肌に必要な油分まで取り除いてしまっているのでつっぱりを感じやすいです。

お肌に優しいミルクやクリームタイプのクレンジングがおすすめです。正しいクレンジングや洗顔の方法もご確認ください(o^^o)→美容部員が教える、顔の乾燥を改善する洗顔の秘訣とは?

保湿クリームは必ず使う

保湿クリームは、水分保持力を高めるために絶対に必要です。化粧水や乳液だけでは油分ケアが不十分です。

水分蒸発を防ぎ、バリア機能を高めるためには蓋のお手入れを必ずしましょう。クリームは肌馴染みが良く、ベタつきが少ないものもたくさんあります。

お肌に合ったクリームに出会うとお手入れが楽しくなりますよ。クリーム選びのポイントや、おすすめのクリームについては、こちらをご覧ください→顔の乾燥に効く、おすすめの市販のクリームと選び方の秘訣は?

クリームは初めてという方や、安価なものをたっぷり使いたいという方は、長年愛され続けている、ニベアクリームからお手入れを始めても良いですね→美容部員が、顔の乾燥にニベアクリームを使ってみた!

日中〜夕方に美容液スプレーで保湿を

一日中顔の乾燥やつっぱりを感じる方は、乾燥が進行しているため、朝と夜のスキンケアだけでは保湿が追いついていません。

そのため、日中〜夕方の仕事の休憩中に、メイクの上からできる保湿の美容液スプレーがおすすめです。

乾燥やつっぱりによる不快感が随分軽減されると思います。詳しくはこちらに記載しております。お役に立てたら幸いです。→顔の乾燥には即効性のある美容液スプレーがおすすめ!化粧直しも簡単!

朝のスキンケアで日中の乾燥具合が決まる

朝はバタバタとしていて、スキンケアが適当になりがちです。しかし、日中の乾燥具合や、化粧の持ちは朝のスキンケアで決まります。

まずは、スキンケアの時間を5分だけ増やしましょう。その5分でやることは、化粧品のなじませです。

1つのステップごとに両手の平でハンドプレスをして化粧品をお肌になじませる時間にします。

化粧水・乳液・クリームを使う場合は3回のハンドプレスを行います。お肌に浸透してから次のステップにいくことが何より重要なんです。

是非トライしてみてくださいね(^^)

角質ケアは週に1回がベスト

角質ケアのやりすぎは、顔の乾燥を悪化させます。また、ものによって規定の頻度が異なりますが、私は週に2・3回使えるものでも週に1回にしています。

私の経験談ですが、週3回していた角質ケアを、週に1回ペースにしてからお肌の乾燥やつっぱりが軽減されたように感じるからです。

私は1年を通して乾燥肌なので、特にお肌が敏感な時期は、お肌のリセットとして時々使うくらいが丁度良い印象です(^^)

お肌には優しく触れて

お肌に触る時に、皮膚が上下左右に大きく動いていたら、それは圧が強いです。また、洗顔をする時にゴシゴシしてしまうのも、顔の乾燥を悪化させる悪い習慣です。

強いシャワーの圧も注意です。絶対に、顔には直接当てないようにしましょう。

急いでいると、ついつい力が入ってしまいますから、時間にゆとりをもってお手入れをしましょう。

また、デパートの化粧品カウンターやエステで、ビューティーアドバイザーの方にお肌を触ってもらうと、どれくらいの圧力が正しいのかわかりますよ(^^

ぬるま湯で洗顔しよう

暑いお湯も、オイルクレンジングと同様にお肌に必要な皮脂を取り除いてしまうので、体温に近いぬるま湯がベストです。

一日中家にいる時でも洗顔と保湿をしよう

一日中家にいる時は、何もお手入れをしないという人がいます。(昔の私もそうでした)

そうすると、前日の夜から当日の夜のスキンケアまで、カラカラのお肌を放置している状態です。これは間違いなく顔の乾燥を悪化させてしまいます。

夜にスキンケアをしていても、夜眠っている間に汗や皮脂も分泌しているので、朝のお肌は汚いんですよ。

朝の洗顔でその汚れをとらなければ、皮脂が酸化して黒ずみになることもあります。是非意識してみてください(^^)

ワンランクグレードの下げたスキンケアをたっぷり使って

高価なスキンケアを使うときのワクワク感や、美意識が高まってドキドキする感覚は女性なら誰しもありますよね。

しかし、高価なものを大事に大事に、ちょこっとずつ使うのでは、残念ながら効果を発揮してくれません。この使い方は顔の乾燥を改善できず、化粧品の効果も実感できないので、最も勿体無い使い方です。

せっかく良いものを使うのなら適量を使いましょう。それが難しい場合は、ワンランクグレードを下げて、適量以上使いましょう(^^)

私は、高価な化粧品をもっているだけで満足してしまうことがあります。また、毎日使うことを考えると、やはり勿体無いという気持ちが先行してしまうんですよね(^^;;

使い続けるにはコスト面も重要なので、私は高価なものは「スペシャルケア」として週に1回使うようにしています。

その時は1週間のご褒美に適量使っています。その方が間違いなくお肌が喜んでくれますよ(^^)

必ず化粧を落としてから眠ろう

たくさんの項目がありましたが、最低限1つだけ改善するように言われたら、私ならこれを選びます。

顔の乾燥やつっぱりの負のループから抜け出すためには、クレンジング不足は絶対にNGです。

夜は眠っている間にお肌がつくられ、生まれ変わり、成長ホルモンが分泌されます。

化粧を落とさずに眠ることは、汚い雑巾を長時間お肌にのせているのと同じです。

どんなに疲れていても、絶対に夜のクレンジグ欠かさずに行いましょう!

まとめ

いかがでしたか?お肌のつっぱりを感じている方は、顔の乾燥が始まっているサインです。

一日中顔の乾燥やお肌のつっぱりを感じている方は、乾燥の負のスパイラルに陥っていることがわかりましたね。

お手入れをしていても顔の乾燥を感じる方は、お手入れをしているつもりになっていることが多いです。

お手入れは習慣化されるものですから、無意識のうちに間違ったやり方で行なっていることもあります。

このブログを通して、ご自身のお肌状態に気づき、顔の乾燥の改善や、お手入れを見直すきっかけになれば幸いです╰(*´︶`*)╯

こちらの記事もご覧ください→顔の乾燥はストレスで悪化する?ストレスの対策や発散する秘訣とは?