オイルにはどんな種類がある?髪のケアにおすすめのオイルとは?☆

髪のケアに人気のヘアオイル。

オイルは、様々なダメージから髪を守ってくれたり、見た目をキレイにみせてくれる効果が期待できます。

オイルは、インナーケアや、顔・体のケアにも幅広く活用できて、美容や健康面では欠かせない存在となっていますよね。

しかし、オイルはたくさんの種類があるので、いったいどれを使ったらいいの?と悩む方も多いと思います。

今回は、髪のケアにおすすめのオイルの種類や特徴についてお伝えします♪

オイルのヘアケア効果がすごい!

みなさんは、髪のケアにオイルを使っていますか?

オイルには、ドライヤーやアイロンの熱・紫外線・ブラッシングの摩擦・空気の乾燥など、髪のダメージから守るはたらきがあります。

また、髪に馴染ませるだけで、一瞬で触り心地がよくなり、ツヤ感アップにも繋がります。

オイルは、手軽に髪のダメージケアができる優れものなんです(^^)

オイルにはどんな種類がある?

ヘアオイルに使われているオイルは、大きく分けると、植物性・動物性・鉱物性の3種類あります。

それぞれの特徴について、詳しくみていきましょう!

植物性オイル

植物の実から採れるオイルです。植物オイルは、美容効果に優れており、髪の内部まで浸透してダメージ補修・髪の表面をを保護して外的刺激から守る効果が期待できます。

植物性のオイルには色々な種類がありますが、サラっとしていて、オイル特有のベタつきを感じさせないものも多いです。

天然成分なので髪や頭皮にも優しく、全身に使えるものも多いです。

動物性オイル

動物性のオイルは、昔ながらのものが多く、馬油(馬の皮下脂肪を低温で溶かしたもの)や、スクワラン(深海産のサメの肝油)などが有名です。

人間の皮脂に近く、優れた保湿効果が期待できるので、しっとりツヤのある髪に導いてくれます。

頭皮のマッサージや顔や体の保湿ケアなど、幅広く活用できます。

植物性のオイルと比べると、質感は重ためです。

鉱物性オイル

そして工業製品などから生まれる鉱物性のオイルは、非常に酸化しにくく安価で、香りも選べ

鉱物油は、石油を精製して不純物を取り除いた純度の高い油を表します。

医療目的でワセリンやベビーオイルなどにも用いられており、安価で安全性も高いものとなっています。

鉱物油は、髪の毛や肌の表面を保護するはたらきがあるので、外的刺激から髪を守り、指通りツヤ出し効果にも長けています。

髪のケアにおすすめのオイルが知りたい!

せっかくヘアオイルを使うなら、髪にとって最も効果的なオイルを選びたいですよね。

オイルには色々な種類がありますが、保湿・ダメージケア効果や、髪・頭皮への優しさ・使い心地などを総合的に考えると、植物性のヘアオイルが最もおすすめです。

植物性のオイルの中でも、実は様々な種類があるんですよ。

特におすすめのオイルと、その特徴についてみていきましょう。

アルガンオイル

アルガンオイルは、砂漠地帯に生えるアルガンツリーから取れる貴重なオイルです。

アルガンツリーは、生命力と貯水力に富んでおり、なんと数年雨が降らなくても枯れないと言われています!

アルガンオイルは、優れた浸透力で、抜群の保湿効果があるため、しっとりまとまりのある髪に導いてくれます。

ビタミンEはオリーブオイルの2・3倍、オレイン酸なども豊富なので、アンチエイジング効果も期待出来ます。

アルガンオイルは、若々しい肌づくりにももってこいのオイルなので、個人的には顔と髪のケアにダブルで使うのがおすすめですよ♪

特に、メルヴィータのアルガンオイルは優秀です♪私は、顔と髪のケアに毎日愛用しています(^^)

ご興味のある方はこちらの記事をご覧ください『メルヴィータ ビオオイル アルガンオイル』の口コミ・評判まとめ◎

椿油

ヘアオイルとして使われることの多い椿油。椿油は、オレイン酸を主成分としており、肌に馴染みやすく、優れた保湿力でしっとりツヤのある髪に導きます。

サラっとしているので、髪に自然に馴染みます。少量で潤うので、数滴で十分ですよ♪

椿油は、日本の歴史も古く、女性の髪をキレイに保つために使われてきた、実力のあるオイルです。

アーモンドオイル

アーモンドオイルは、オレイン酸やビタミンEを豊富に含み、髪の保湿やアンチエイジング効果が期待できます。

アーモンドオイルは、オイルの中でも低刺激で、アレルギー性も低いので、敏感肌の方でも安心して使えます。

サラッと軽くてマイルドな使用感なのに、しっかり潤うので、髪のケアには最適ですよ(^^)

アボカドオイル

アボカドオイルは、オレイン酸やビタミン・ミネラルをバランスよく含んでおり、髪質を良くしたり、毛根を強くする効果があるので、育毛効果も期待できます。

濃厚な質感のオイルなので、パサつきやすい秋冬のヘアケアに人気です。

特に、乾燥する時期はヘアパックをしたり、洗い流すトリートメントに混ぜて使うのも、おすすめですよ!

ホホバオイル

ホホバオイルは、ワックスエステルを主成分としています。

ワックスエステルは、人の肌にも含まれる、肌馴染みの良い成分なので安全です☆

ホホバオイルは、ビタミンE・ビタミンA・ビタミンB群・アミノ酸なども含まれているので、傷んだ髪の栄養補給に効果が期待出来ます。

特に、ホホバオイルは、頭皮を柔らかくして、毛穴の汚れを取り除いてくれるので、頭皮マッサージに使うのがおすすめですよ☆

顔や体の保湿にも幅広く使えます☆

酸化しにくく、長期保存ができるところもポイントです♪

★植物オイルは、美容成分が頭皮や髪に浸透して、補修・保護してくれるので、頭皮トラブルや髪のダメージでお悩みの方には、特に効果感が期待出来ます♪

まとめ

いかがでしたか?ヘアオイルには色々な種類があるとわかりましたね。

私は、色々なオイルを使ったことがありますが、植物性のオイルは髪の表面を保護するだけでなく、美容成分の効果で髪の内部まで補修してくれるので、髪質が改善されて、触り心地も見た目にも満足感が高いので、ダメージケアには非常におすすめです(^^)

オイルの種類で、髪質や見た目の印象は変わるので、是非、毎日のお手入れに活用してみてください♪

こちらの記事もご覧ください目指せ美髪!おすすめの洗い流さないトリートメントオイルと活用術