傷んだ髪でも艶は蘇る!綺麗な艶髪に導くトリートメントとは?

憧れの「艶髪」。最近では、ベースメイクでも艶肌が流行っていますが、艶感は、世界共通で、大人の女性の髪を若々しく、イキイキと見せてくれる要素です。

しかし、残念ながら年齢を重ねるにつれて、艶感はどんどん失われてしまいます。

今回は、日々のトリートメントで、髪に艶を引き出すコツをご紹介します。

艶のある髪はトリートメントで手に入る?

誰しも、艶のある髪に憧れますよね。艶のある髪は、潤いがあり、髪の表面のキューティクルが整っていて、光が綺麗に反射している状態です。

キューティクルは、髪の毛を保護する、お肌でいう皮脂膜のようなものです。

キューティクルが髪表面を保護することで、髪の中の潤いや栄養分が出て行かないようにバリアをしたり、外的な刺激から髪を守ります。

キューティクルは、開いたり閉じたりするのですが、傷んだ髪は、キューティクルが開きっぱなしで潤いや栄養がダダ漏れなんです。

キューティクルをキレイに閉じて、髪の成分を保護することができれば、見た目にも艶が生まれてきます。

傷みの少ない髪の毛ほど、艶があります。子供の髪がサラツヤなのは、傷みが少ないからです。

例えば、みなさんは、こんな髪のトラブルに悩んでいませんか?

  • 髪が乾燥してがパサパサする
  • ゴワゴワする
  • 切れ毛や枝毛が目立つ

このような髪は、キューティクルが乱れているので、残念ながら艶感がありません。

私たちの髪は、カラーリングやパーマ、紫外線や乾燥、間違った髪の扱い方などによって、日々ダメージが蓄積されています。

髪の毛は、私たちが思っている以上に、ダメージを受けているので、毎日のヘアケアで髪を労っていくことがとっても重要です。

特に、傷んだ髪を補修したり、綺麗に見せるためには、2種類のトリートメントを使いこなしましょう!

本来、髪の艶はどなたにも備わっています。

たとえ今、髪の毛が傷んでいても、トリートメントのやり方次第で、艶を引き出すことは可能ですよ!

ダメージ補修にはインバストリートメント☆

髪の毛の艶を引き出すために、効果的なトリートメントのやり方をご紹介します。

まずは、インバストリートメントといって、お風呂の中で使う、洗い流すトリートメントを使いましょう。

トリートメントは、髪に潤いや栄養を浸透させ、ダメージの進行を防ぎ、はがれかけたキューティクルを補正するはたらきがあります。

髪の毛は、濡れた状態でキューティクルが開くので、開いたキューティクルに狙って、トリートメントで栄養や保湿成分を浸透させ、髪の毛のダメージを補正するのです。

実は、髪の毛は死んだ細胞の集まりなので、自己修復力がなく、一度傷んでしまった髪は、基本的に元に戻りません。

しかし、新しい髪が伸びてくるのはまだまだ先のこと。

傷んでいても、今ある髪に頑張ってもらうしかありません。

髪は毎日ダメージを受け続けていますから、トリートメントを使ってこれ以上傷まないようにケアをしていく必要があります。

私は髪が傷んでいるからもういいや…と諦めて、トリートメントのケアをしないと、髪はどんどん傷んで、艶髪から程遠くなってしまうので、必ずインバスケアを取り入れましょう!

トリートメントを馴染ませる時のポイント☆

トリートメントの正しい使い方を確認しておきましょう。

【トリートメントの正しい使い方】

  1. シャンプー後軽く水気を切ります
  2. ダメージが蓄積する髪の毛先に、まんべんなくトリートメントを馴染ませます(揉み込むようなイメージで)
  3. 続いて中間部分にも馴染ませます
  4. 最後に、トリートメントが地肌につかないように、髪の上の部分にも軽く馴染ませます(地肌に残るとフケやかゆみの原因になるから)
  5. 少し時間をおいて、髪に栄養を浸透させます
  6. ぬるつきが残らない程度に、根元から洗い流します

トリートメントは、内側から髪の毛を元気にしてくれるので、週に数回〜毎日取り入れましょう。

トリートメントは、栄養が浸透しないまま洗い流してしまっては勿体ないので、よく浸透してから洗い流しましょう。

余裕がある人は、シャワーキャップやホットタオルで髪を包み込むと、トリートメントの浸透力が高まるのでオススメです!

さらに、湯船に浸かると、スチーム効果も高まって、トリートメントをじっくり浸透させることができます♪

トリートメントを継続していくことで、キューティクルが整った、艶のある髪が蘇ってきますよ。

トリートメントをする場合は、コンディショナーは使わなくてOKです。

髪の状態に合わせてトリートメントを選ぼう♪

トリートメントを選ぶときは、髪の状態に合わせて選びましょう。

頭皮がベタついたり、ボリュームが出ない方は、油分が髪をへたらせている可能性があるので、リッチなタイプは選ばないようにしましょう。

また、毛先を中心に馴染ませてください。

一方で、髪が乾燥したり、広がりやすい方は、キューティクルか開いて、髪の潤いが足りていない状態なので、しっとり系のトリートメントを、地肌につかないように、根元付近からしっかり馴染ませると、広がりが落ち着きやすくなります。

こちらの記事で、オススメのトリートメントについてまとめています。是非参考にしてみてください♪

美髪効果大!市販でオススメのトリートメント☆10選!(インバス・アウトバス)

美容院のトリートメントも効果大!

ひどく髪が傷んでいる場合や、艶髪をいち早く取り戻したい方は、自宅のトリートメントだけでなく、1〜2ヶ月に1回、美容院のトリートメントをするのもオススメです♪

定期的に美容院でトリートメントをしてもらうと、髪の艶感や扱いやすさが格段に変わってきます!

カットやカラーのタイミングで、トリートメントをする習慣をつけると良いと思います。

サロントリートメントの効果については、こちらの記事もご覧ください。

美容院のトリートメントで髪の調子がグっと良くなる?効果を長持ちさせるコツ☆

また、傷み切った毛先は思い切ってカットするのもオススメです。カットすることで、全体のツヤが蘇ることもあります(^^)

外的ダメージから守る、アウトバストリートメント☆

髪の艶出しには、アウトバストリートメント(洗い流さないトリートメント)も有効です。

洗い流さないトリートメントは、お風呂から出た後に使うことで、髪の毛をコーティングして、ドライヤーの熱風からキューティクルを守ってくれます。

また、日中の紫外線から髪を守ったり、静電気も抑えてくれます。

そして、馴染ませるだけで簡単に髪にツヤが生まれるので、傷んだ髪をキレイに見せてくれます。

洗い流す手間もなく、髪に馴染ませるだけなので、お手入れも楽チンです♪

アウトバストリートメントは、多量につけすぎると髪の毛がペタっとしたり、重くなってしまうのでNGです。

根元にはつけず、髪の中間〜毛先を中心に、馴染ませましょう。

アウトバストリートメントには、大きく分けてオイル・ミルク・クリームの3種類があるので、髪質に合わせて選びましょう♪

以下の記事を参考にしてみてください。

ヘアオイルとヘアクリームの違いは?ヘアケアにオススメなのはどっち?

ヘアケアは、オイルとミルクを両方使うと効果アップ?使い分けや組み合わせのコツ☆

トリートメント効果のあるスタイリング剤で簡単艶髪に♪

毎日のヘアセットに使うスタイリング材。

最近では、スタリングをしながらトリートメントもできるタイプが増えているので、艶を引き出す大きな味方となってくれます。

トリートメント効果のあるスタイリング剤は、朝のブローやアイロンをする前、アレンジをする時、日中のお直しなど、さまざまな場面で役立ちます☆

もちろん、いつでも艶のある髪をキープしたいですが、特に、日中の人目につく時間帯は、より艶感を保ちたいですよね。

是非、トリートメント効果のあるスタイリング剤を活用して、1日中艶髪をキープしましょう♪

自分に合う1本を見つけると、ヘアセットが楽になりますよ♪

オススメ品をいくつかご紹介しますね。

【THREE ヘアケア&スタイリングクリーム 3000円】

手ぐしでヘアセットができる、スタイリングクリームです。

ワックスのようなホールド力がありながらも、重くないテクスチャーで、髪を自由自在に操ります。

天然由来成分86%で、髪にも優しく、のびがよくてべたつきません。

【プロダクト ヘアワックス 1980円】

自然由来の成分だけでつくったオーガニックヘアワックスです。

唇や爪、肌の保湿もできる万能アイテム!コスメキッチン限定の、ラベンダーの香りもオススメです。

【ルベル モイ オイル レディアブソリュート 2600円】

マルラ・アボカド・バオバブの3種のオイルで保湿力に優れたオイルです。

自然由来100%で、ボディケアにも使えます。

香りも癒し効果抜群で、髪の香り付けにもオススメ。

【ロレッタ ムルムルバター 2300円】

天然成分100%の洗い流さないトリートメントです。

ルムルムバターとバオバブオイルの保湿効果で、自然な艶髪に。

【フジコ ポンポンパウダー 1650円】

新感覚のスタイリング剤として注目されているパウダータイプ。

ベタつきを一瞬でサラサラにしてくれて、空気のように軽い仕上がりになるのが特徴的です。

こちらは、セラミド配合で艶出しと保湿効果もあります。

ヘアアイロンで手っ取り早く艶髪がつくれる?

ヘアアイロンを使うと、熱によって髪が傷むイメージがありますが、実は、ヘアアイロンは手っ取り早く艶髪をつくれて、スタイリングまでできてしまう優れものなんです。

アイロンは、熱によって髪の毛のキューティクルを整えて閉じてくれるので、温度と当てる場所を間違わなければ、光をキレイに反射して、艶を生み出すことができます。

アイロンは、「高くても150度までの温度で、同じ場所に当てるのは3秒まで」というルールを守って使えば、傷みを最小限に抑えて、艶のある髪にスタイリングすることができます。

傷んでいる毛先からではなく、中央部分にアイロンをはさみ、アイロンに毛先を巻きつけるようにして巻くと、ダメージを抑えて、3秒で効率的に巻き髪を作れます。

アイロンを使うときは、濡れた髪に使ったり、低温で何度も同じ場所に熱を当てるのはNGです!

アイロンを使う前は、トリートメント効果のあるスタイリング剤や、アウトバストリートメントを馴染ませておきましょう。

熱ダメージからも髪を守り、艶出しもできます(^^)

また、セット力を高めるなら、艶出しもできるスプレーを使うのもオススメです。

なるべく遠くから、髪全体に大きくスプレーをすると、髪全体に均一に艶をまとうことができます。

まとめ

いかがでしたか?艶髪を手に入れるためには、日々のケアにトリートメントを取り入れることが重要だとわかりましたね。

インバストリートメント開いたキューティクルに栄養や潤いを与えたり、アウトバストリートメントで、髪の毛の表面をコーティングすることで、髪の毛の艶を引き出すことができます。

また、日中も艶感をキープするためには、トリートメント効果のあるスタイリング剤を活用したり、ヘアアイロンでヘアセットをしてみてください(^^)

髪の艶は、全ての人に備わっているものなので、トリートメントを継続していけば、徐々に髪のツヤは蘇ってきます♪

傷んでいても、今ある髪の毛を美しく見せるために、是非トリートメントのケアを日々の習慣にしてみてください(^^)

こちらの記事もご覧ください→美髪の条件!髪のツヤ感・質感アップに効果的なシャンプー☆4選!