マスクや化粧でニキビをカバー!お肌に負担をかけないニキビの隠し方

ニキビは、10代のイメージが強いニキビですが、20代を超えてからも女性を悩ませます。

ニキビができると、隠さずにはいられないですよね。ニキビの隠す方法としては、化粧やマスクなどがあります。

間違った隠し方をしてしまうと、ニキビを悪化させる可能性があるので、化粧やマスクで正しくニキビを隠す方法をお伝えします。

大人ニキビの原因は?

20代以上の方が繰り返しできやすい大人ニキビ。

皮脂分泌が多く、ティーゾーンなどにできやすい、10代の思春期ニキビとは違い、大人ニキビは頬やフェイスラインなどにできやすく、ニキビ跡も残りやすいことが特徴です。

大人ニキビの原因は様々ですが、

  • 間違ったスキンケア
  • 生活習慣の乱れ(食生活・睡眠など)
  • ストレス
  • ホルモンバランスの乱れ

などが影響して、できやすくなります。特に、大人ニキビに多いのは、口周りのニキビです。口周りは皮膚が薄く、デリケートなパーツですが、動きが多いので負担がかかりやすく、肌荒れしやすいのです。また、口元のニキビは胃腸の疲れも表します。

フェイスラインは、スキンケアをする時に忘れがちなパーツです。洗顔のすすぎ残しや、保湿ケアが疎かになりやすいので、ニキビにも繋がります。

また、フェイスラインは、髪の毛が触れやすいので、髪の毛が敏感傾向にあるお肌に刺激を与えることもあります。

頬にできるニキビは、お肌の乾燥も大きく影響しています。お肌は、油分によって守られているので、お肌が乾燥すると、皮脂不足によってお肌が危険を感じ、過剰に皮脂を分泌する傾向にあります。

そのため、本来皮脂分泌の少ない頬にもニキビができてしまうのです。

ニキビの悪化に注意!ニキビの正しい隠し方を身につけよう

そんな口周りやフェイスライン、頬などにできやすい大人ニキビですが、赤くポチッと膨らんでいたり、たくさんできてしまうと、目立つので気になって仕方ないですよね。

できてしまったニキビは、早く治すことが1番ですが、すぐに治るわけではないので、ニキビの隠し方も知っておキマショウ。

ニキビを隠す方法としては、「マスクで隠す方法」と「化粧で隠す方法」があります。

どちらも正しいやり方で行えば、お肌を守り、ニキビを悪化させずに隠すことができますが、間違ったやり方で行うと、ニキビの増殖させ、悪化させるので注意して行いましょう。

マスクでニキビを隠す時の注意点

マスクを使うことで、大人ニキビができやすい頬や口元、フェイスラインなど、ニキビの大半を覆って隠すことができます。

マスクを使ってニキビを隠す場合、どんな点に注意すれば良いのでしょうか?

マスクをする際に気をつけたいのは、お肌への摩擦や湿気です。

顔のサイズに比べてきつめのマスクは、お肌とマスクが擦れてニキビを刺激したり、肌荒れを招きやすいです。

清潔なマスクを使う

みなさんは、どれくらいの頻度でマスクを取り替えますか?1日使ったマスクには、目に見えない細菌がたくさん付着しています。

マスクに繁殖した菌が、ニキビの原因となる可能性もあるので、綺麗に見えたとしても、必ず毎日取り替えるようにしましょう。

ガーゼタイプは洗って交換し、面倒で使い捨てタイプを使いましょう。

少し大きめサイズのマスクを使う

マスクは、ぴったりしたものよりも、少し余裕のあるものの方が、ニキビを隠すには効果的です。

小さいマスクを長時間つけ続けていると、マスクの縫い目がかさってかゆみが出たり、ニキビに刺激を与えてしまいます。

なるべく、顔とマスクが接触する面積が少ないものを選びましょう。

マスクをして蒸れたら、まめに外して換気をする

マスクは、長時間つけていたり、暑い部屋にいると、こもって蒸れますよね。

マスクを外すとこもった蒸気が蒸発します。その時に、お肌の潤いも一緒に蒸発してしまうんです。

マスクは、長時間使用すると、こもる→蒸れるを繰り返して、乾燥やニキビの原因になってしまいます。

マスクは適度に外して通気性をよくしたり、顔まわりを保湿をしながら使いしましょう。

マスクはスッピンでつけない

化粧はお肌に負担をかけるイメージがあるかもしれませんが、化粧をしていないスッピンのお肌も負担はかかります。

特に、スッピンのお肌は外的刺激に弱いです。化粧をしていれば、ファンデーションがある程度の外的刺激からお肌を守ってくれますが、スッピンだと、マスクの生地や紐の刺激をダイレクトに受けて、ニキビや肌荒れの原因になります。

化粧でニキビを隠す方法

ニキビは、化粧で隠すという人は多いと思います。ファンデーションやコンシーラーなどの化粧品をつかって、赤く目立つニキビを肌色にカバーします。

化膿していないニキビであれば、ある程度隠すことができるでしょう。

しかし、化粧でニキビを隠す場合も、ニキビを悪化させないために注意が必要です。

リキッドやクリームファンデーションは、油分を多く含んでいるので、化粧品の油分がアクネ菌の餌となってニキビを悪化させたり、毛穴を詰まらせて新しいニキビを発生させる可能性があります。

炎症を起こしたお肌の皮膚呼吸を妨げる原因にもなるので、ニキビを治すまでに時間がかかることも考えられます。

また、ファンデーションを塗るときの摩擦が、ニキビを刺激してしまうので、力加減もニキビの状態を左右する要因となります。

そのため、お肌の負担を軽減するために、化粧でニキビを隠す時は、以下のような点を意識しましょう。

ファンデーションは負担の少ないものを使う

ファンデーションは、炎症ニキビのある人でも使える、低刺激なものを選ぶようにしましょう。ミネラルファンデーションなどがおすすめです。

ただ、ミネラルファンデーションはカバー力足りないものが多いので、コンシーラーと併用すると、より綺麗に仕上がるでしょう。

他にも、油分の少ないものや、石鹸で落とせるもの、UVカット効果のあるファンデーションはニキビがある人でも負担が少なく使いやすいのでおすすめです!

スティックタイプや練りタイプのコンシーラーを使う

コンシーラーはカバー力が高いので、目立ってなかなか隠れないニキビを隠すには最適です。

ニキビを隠すには、スティックタイプや練り状タイプのコンシーラーがおすすめです。

水分の多い液状やクリームタイプのコンシーラーは、ニキビを隠すために、何度も重ね付けが必要になる可能性があります。

赤みを消すために、何度もニキビに触れると刺激を与えてしまうので、少ない回数でカバーできるものが理想です。

ニキビやニキビ跡には、黄色系のコンシーラーと相性が良いです。

塗り方のコツは、コンシーラーをニキビにのせ、コンシーラーを塗った境目を軽く指でぼかすようになじませると綺麗に仕上がります。

優しくなじませる

顔を擦るようにファンデーションやコンシーラーをつけるのは、摩擦によるお肌の負担が大きいので、自分のお肌を卵だと思って触れるようにしましょう。

清潔な柔らかいスポンジを使う

ファンデーションを塗る時は、ニキビが潰れないように、柔らかいスポンジを使って軽くポンポンとなじませると、刺激を与えずに、ムラをづきも防げるのでおすすめです。

ファンデーションのスポンジは、使い捨てのものでない限り、何度も繰り返し使うと思うので、気が付いたら何ヶ月も洗っていない?なんてことも。

お肌を清潔に保つことは、ニキビケアには必須の条件です。そのため、3日に1回、もしくは一週間に1回はスポンジを洗う習慣をつけましょう。

スポンジだけではなく、ブラシやパフなども同様に、化粧道具を洗う日を決めておくと良いですね。

 ニキビを「隠す」だけではなく、「治す」努力もしよう

今回は、ニキビの隠し方についてお伝えしてきましたが、ニキビを隠すことは、一時的なもので、ニキビを治せるわけではありません。

マスクやファンデーションでニキビを隠すことは、リスクがあることも、おわかりいただけたと思います。

とはいえ、目立ったニキビはしっかり隠したいもの。ニキビは、隠しながら、同時に治す努力もしていきましょう。

ニキビを治すためには、正しい洗顔や保湿ケア、バランスの良い食事、質の良い睡眠などを心がけると早い改善が期待できます。

詳しくは、こちらの記事を参考にしてみてください→経験者が語る、ニキビや毛穴トラブルを改善して綺麗なお肌を作る方法

また、スキンケアや生活習慣を改善しても、ニキビが治らない場合は、皮膚科を受診しましょう。

ニキビは、時間が経てば経つほど、炎症の引いた後にニキビ跡として根強くお肌に居残りやすいです。

ニキビができたら、ニキビを刺激しないように上手に隠しながら、スキンケアや生活習慣の改善・治らない時は病院の治療など、幅広い選択肢から改善していきましょう(^^)

まとめ

いかがでしたか?今回は、気になるニキビの隠し方についてお伝えしました。

マスクや化粧、それぞれにメリットやデメリットがあるので、ご自身に向いているやり方でニキビをカバーしてみてください。

また、ニキビを隠すことは一時的なものなので、ニキビを「治すこと」や「できにくくすること」も意識してスキンケアや生活習慣なども改めてみましょう!

こちらの記事もご覧ください→肌の赤みやニキビを改善した私が使っていた市販のプチプラ化粧水はコレ!