お肌のザラザラとブツブツが気になる!原因は乾燥やアレルギー?

お肌を触った時にザラザラすると気になりますよね。さらに、ザラザラに加えてブツブツすると尚更です。これらは放っておくと、年齢を重ねた時にシワやたるみ、くすみなどの原因になります。

美肌になるためには、潤いがあり、滑らかで透明感があることが必要です。

お肌のザラザラやブツブツの原因は、ターンオーバの乱れ、乾燥やアレルギーなどがあります。

お肌のザラザラ、ブツブツの原因は潤い不足やアレルギー?

お肌がザラザラ、ブツブツすると、お肌がゴワついたり、お化粧ののりも悪くなりますよね。原因はいくつかあります。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーは、お肌の生まれ変わりを表しています。不要な細胞を排出し、新しい細胞を生み出すはたらきがあり、正常な状態であれば28日くらいの周期でお肌が循環します。

お肌のザラザラやブツブツは、ターンオーバーが早くなったり、遅くなったりすることが原因で、バランスが崩れて起こります。

ターンオーバーが乱れると、通常だと外へ排出されるべき不要な角質がお肌に残っているので、ザラザラしたり、ゴワつきを感じてしまうのです。

乾燥

乾燥によってお肌の潤いが減り、バリア機能が低下すると、ザラザラやブツブツの原因になります。

乾燥しているお肌は、潤いを保つ力が弱く、お肌を守ろうとして油分を過剰に出します。その結果、過剰に出た油分によってお肌が炎症を起こし、ブツブツの原因になります。

バリア機能が低下すると、お肌を紫外線やホコリ、花粉といった外的刺激から守る力が衰えてしまいます。

季節によっても環境はコロコロと変わるので、バリア機能が低下している状態だと、お肌はそういった変化に振り回され、ザラザラやブツブツといったトラブルが起きやすくなります。

アレルギーによるもの

ザラザラやブツブツは、アレルギーによるものも原因の1つです。お肌の機能が弱まり、炎症を起こしている証拠です。アレルギー体質の人が、ハウスダストやダニ、カビなどに反応して、湿疹や赤いブツブツ、ザラザラを引き起こします。

アレルギー体質の方は、バリア機能が低下しているので外的な刺激にとても弱く、実は乾燥もアレルギーによるものが大きいです。

夏場は、過剰に出た皮脂が毛穴にたまることが原因で「あせも」として表れることもあります。

また、ストレスが原因で湿疹につながることもあります。私はアレルギー体質なのですが、ストレスがピークの時に発症しやすいです。

化粧品もお肌に負担になることがあるので、お肌のしくみに合わせたシンプルなお手入れが向いています。

お肌のザラザラ、ブツブツを改善するスキンケアは?

ザラザラやブツブツは、お肌のしくみに合わせたスキンケアをすれば、改善する見込みは十分あります。

そのためには、ターンオーバーを正常に保てるお手入れをしましょう。ターンオーバーはお肌の土台なので、正常に保つことができれば、乾燥の改善にもつながります。私も実践しているものです(^^)

保湿には、基本の3ステップを取り入れて!

保湿をすることでお肌の角層の潤いが保たれるので、ザラザラしない滑らかなおづくりができます。そのためには、化粧水→乳液→クリームといった3ステップのお手入れを基礎にしましょう。

私は美容部員の経験がありますが、お客様から「乳液とクリームはどっちも使わないとだめなの?」という質問を受けることが多いです。

保湿には、「潤い成分を与えること」と、「潤いを逃さないよう留めておくこと」といった2つのお手入れが必要です。

お化粧水の水分だけでは、時間が経つと蒸発して逃げていってしまうので、クリームの油分で最後に蓋をすることが基本です。

乳液は、化粧水の水分と、クリームの油分が馴染みやすくする繋ぎの役割をしており、お肌を柔らかくしてくれます。

意外と知られていませんが、乳液は、潤いを留めておく力がクリームよりも弱いので、クリームはお手入れの最後に使う習慣をつけた方がいいです。

「ベタベタするのが苦手!」という方は、乳液をコットンでつけるのがおすすめです^ ^そうすれば、重ね付けの重みが感じにくくなりますよ。

しかし、「油分を与えたら、ブツブツが悪化するんじゃないの?」と思いますよね?

ブツブツは、乾燥による過剰な皮脂分泌が原因の1つです。お肌に適度な油分を与えてあげれば、皮脂分泌の量を抑えることができます。

もちろんクリームの塗りすぎはブツブツを悪化させる可能性があるので、量には気をつけてください。目安は、小豆粒1つ分くらいです。

意外と自覚なし!ザラザラ、ブツブツが悪化する洗顔

ザラザラやブツブツは、1日に何度も洗顔をしたり、ゴシゴシと強い刺激を与えて洗顔をしすぎてしまうことで悪化します。

これは無意識のうちに結構やりがちです。また、自分ではゴシゴシと洗顔をしている自覚がない方も多いです!

私も、炎症を起こして痛みのあるブツブツができてしまったときや、アレルギーがひどい時期は敏感になりますが、疲れていたり、急いでいるとうっかり勢いよく洗顔してしまうこともあります。

洗顔をする時にゴシゴシこすってしまうと、お肌に摩擦をかけてしまいますよね。バリア機能の弱まったお肌はいつも以上にダメージを受けやすいのでどんどん乾燥していきます。乾燥は、シワやたるみの原因にもなります。

以下は、正しい洗顔のポイントです^ ^

  • 清潔な手で洗顔をする
  • キメの細かいモコモコの泡をつくる
  • お肌に触れるか触れないかくらいの圧で洗う
  • ぬるま湯で洗う
  • 流す時にシャワーから出る水を直接顔に当てない
  • 水気をふきとる時は、タオルで軽く抑える程度にする

などです。是非できそうなものから取り入れてみてくださいね!

お肌がザラザラして化粧のノリが悪い…ベースメイクを見直そう!

お肌のザラザラやブツブツは、見た目が気になって仕方ないですよね。

ザラザラしたお肌にはファンデーションが滑らかにのびないですし、ブツブツしたお肌はいくらカバーしてもポツっとしていて気になりますよね。

美容部員の経験から、ザラザラやブツブツができたときのベースメイク術をお伝えします。

ザラザラした部分にはファンデーションが綺麗にのらないので、重ね塗りはNGです。

でもカバーしたいところが、あまりカバーできないのは困りますよね。

私のオススメは、肌色のBBクリーム、リキッドファンデーション、水性のコンシーラーなどを使ってベースをつくることです。

肌色のBBクリームは色なしの下地よりカバー力があるので、薄づきでも良いという方は、ファンデーションなしで「BBクリーム」を全顔にのせる+ブツブツしたところに「水性のコンシーラー」をのせるのが良いでしょう。

水性のコンシーラーは、パレットタイプとは違い、お水を多く含んでいてみずみずしい質感なので、肌になじみやすいです。

ファンデーションを塗る場合は、粉っぽく筋になるパウダーファンデーションは避けましょう。リキッドファンデーションは保湿力が高く、スポンジを使うことで綺麗にムラなくのせることができます。

こういったアイテムをうまく活用することで、ザラザラやブツブツをカバーしながらベースを完成させることができます。

まとめ

いかがでしたか?お肌のザラザラやブツブツは、ターンオーバーの乱れや、乾燥、アレルギーが原因であることがわかりましたね。

お肌のサイクルに合わせてお手入れをすることで、ゴワつきや化粧崩れなどの改善も見込めます。

ターンオーバーの乱れは、シワやたるみなどの様々トラブルの原因にもなるので、是非、保湿や洗顔のお手入れを一度見直してみてくださいね(^^)

ベースメイクも厚塗りせずに、薄づきで綺麗に魅せましょう!

こちらの記事もご覧ください→お肌のターンオーバーを整える化粧水