化粧水がしみる方必見!肌の乾燥やヒリヒリとした痛みを改善する方法

みなさんは、化粧水がしみてお肌がヒリヒリと痛くなってしまった経験はありませんか?

これはお肌が乾燥して敏感になっているサインです。お肌はとってもデリケートなので、普通に生活しているだけでもさまざまなダメージを受けているんですよ。

今回はお肌が乾燥して敏感になったり、化粧水がしみてヒリヒリと痛い時の対策方法をお伝えします。

化粧水がヒリヒリとしみて痛い…原因は?

突然化粧水がしみるようになったり、お肌がヒリヒリして痛くなったら、お肌が敏感に傾き、乾燥や肌荒れしているサインです。

お肌が敏感になる原因は色々と考えられます。

  • 季節の変わり目や乾燥した空気、エアコンなどの空調の影響
  • 紫外線によるダメージ
  • 肌に合わないスキンケア
  • ストレスや睡眠不足、食生活の乱れ

これらによって、お肌の土台であるターンオーバーが乱れ、お肌を守るバリア機能が弱ってしまい、お肌状態が揺らいでしまうので、乾燥や肌荒れを引き起こしてしまうんです。

化粧水をつけた時にヒリヒリと痛みを感じる場合は、乾燥や肌荒れが進行している可能性が高いです。

わたしも一時期肌荒れを繰り返していた時期があり、化粧水がしみてヒリヒリと痛みを感じながら過ごす時期が続いていました。

私の場合は、ヒリヒリに加え、かゆみや赤みも出ており、お肌に触るのも痛くて辛かったです。

色々な対策をとってなんとか回復しましたが、その頃の生活を振り返って、乾燥や肌荒れを悪化させてしまった原因や、改善方法として効果的だったものを学んだので、体験談を含めてここでお伝えしたいと思います。

化粧水がしみるのは肌が敏感になっているから

先程もお伝えしましたが、お肌はとてもデリケートなので、様々な原因から敏感で揺らぎやすくなっています。

健康なお肌を保つためには、ターンオーバーを整えることと、バリア機能の強化が必要です。

しかし、これらの肌機能は、空気の乾燥や紫外線、生活習慣の乱れなどによって乱れやすいのです。

ターンオーバーは、お肌の細胞の生まれ変わりのことで、新しい細胞をつくり、古い細胞を排出しています。

正常なお肌は、潤いのある細胞が隙間なく敷き詰められていますが、ターンオーバーが乱れると、栄養や酸素がスムーズに運ばれなくなるため、潤い不足の未熟な細胞でお肌がスカスカの状態で構成されることになります。

正常なお肌は、外的刺激から肌を守るバリア機能も整っていますが、スカスカのお肌は紫外線のダメージをダイレクトに受けてしまうのです。

また、未熟な細胞は、潤いを抱え込む容量も少なく、外へ逃げやすくもあるので、乾燥した空気に潤いを奪われて、どんどんお肌は弱っていってしまうのです。

このように、ターンオーバーの乱れやバリア機能の低下によって、お肌は敏感に傾き、乾燥や肌荒れを引き起こしてしまうんですね。

乾燥の悪循環に陥ると、わたしのようにヒリヒリとした痛みやかゆみ、赤みを伴う肌荒れを繰り返すことになります。

わたしの場合はスキンケアをしたくても、しみるのでやたらなことができなくなり、悪化状態から抜け出すのがすっごく大変でした(^^;;

みなさんも、あまりひどくならないうちに対策しましょう。特に、乾燥は様々なお肌トラブルの引き金にもなるので、早急に対処したいですね!

肌のヒリヒリや痛みを改善する方法

お肌のヒリヒリや痛みはとても気になりますし、不快ですよね。肌荒れの経験から、わたしが実際に取り入れていた改善方法をお伝えします。

保湿ケアをシンプルに

肌が敏感な時、お手入れのしすぎは刺激を与えてしまうので逆効果です。

私は美容液などあれこれ使いたいタイプですが、

過剰なスキンケアによって皮膚が薄く、敏感になる、ビニール肌の危険性も考えてシンプルケアに切り替えました。

乾燥やヒリヒリが気になる間は、私はオールインワンアイテムをメインに使っていました。

オールインワンアイテムは、手抜きスキンケアのイメージがあるかもしれませんが、スキンケアの摩擦を軽減できるので、お肌にとって優しいんです。

オールインワンは、セラミドやヒアルロン酸、コラーゲンなどの保湿成分配合のものがおすすめです。

わたしは、超乾燥肌なので、オールインワンだけだと乾いてしまうため、保湿クリームをプラスして使っていました。それでも2ステップでおさまりました。

お肌を休ませてあげることも大事なスキンケアです!

クレンジングはミルクかクリームタイプ

クレンジングは、種類によってお肌への刺激が異なります。

特にお肌に優しいのは、ミルクやクリームタイプのクレンジング料です。

わたしは、ミルクやクリームタイプのクレンジング料の中でも、W洗顔不要のものを使っています。

これは、落とすときの肌負担を軽減するために始めました。洗浄力の強いものだと逆に肌の負担となってしまうので、配合成分もお肌への優しさにはこだわって選んでいます。

紫外線対策の強化

紫外線対策は必須です。わたしは、夏場に日差しを浴びる機会が多かったのですが、紫外線対策が甘かったようで、一気に乾燥&肌荒れし、お肌がヒリヒリと痛くなってしまいました。

しかも、残念ながらソバカスも増えてしまいました…。

それからは、紫外線対策はかなり気をつけています。わたしは、1年中UV効果のある下地類を使っており、シーンよって使いわけています。

家で過ごすときや少し外出するときは、肌負担を考えて、敏感肌用の石鹸で落ちる下地やBBクリームなどを使っています。SPFは20〜30くらいです。

外出時間が長いときは、紫外線と乾燥どちらもお肌の強敵なので、スキンケア効果の高い美容液下地やファンデーションを使うようにしています。SPFはずっと外にいるならSPF50が安心です。

また、飲む日焼け止めサプリメントもおすすめです。日焼け止めは塗っていても、正しく塗れている人は少なく、塗ったつもりになっていて日焼けやシミ、乾燥や肌荒れしている人が多いです。

私のおすすめはホワイトヴェールです(^^)小粒で飲みやすく、顔だけでなく、髪の毛も体も含め、紫外線から全身守ってくれます。

最初は塗る日焼け止めとの併用使いが理想ですが、飲み続けることで日焼けしにくくなるので、サプリメントだけで紫外線対策ができるようになります。

今から飲んでいれば、夏場の日焼け対策や、肌荒れ対策の強い味方になりますよ(^^)

ご興味のある方はこちらの記事もご覧ください→ホワイトヴェールの口コミ・評判☆日差しに負けないお肌をつくろう

お風呂の入り方を工夫

別の記事でもよくお伝えしているのがお風呂での保湿です。これはなかなか効果を実感しています。

乾燥や肌荒れでお肌がヒリヒリする時は、熱いお湯は強敵です。髪を洗うたびに熱いシャワーを浴びて、濡れたり→乾いたりを繰り返していると、お肌はどんどん乾燥してしまいます。

また、シャワーを直接浴びると、水圧でお肌に負担がかかります。

お風呂に入る時は、クレンジングは済ませて、安いオールインワンなどで肌を整えてから入りましょう。そしてなるべく顔にお湯がかからないように髪を洗ったりすすぎをしましょう。

エアコンなど、空調の乾燥対策

肌の乾燥やヒリヒリは、空気の乾燥具合も大きく影響します。

特に冬場は、季節柄空気が乾燥していたり、季節の変わり目は温度変化によって、おも乾燥しやすくなります。また、冷暖房も要注意です。乾燥した空気はお肌の潤いを奪ってしまうんです。

自宅で過ごす時は加湿器を使ったり、エアコンの風が直接当たる場所を避けるといった工夫をしましょう。

また、日中はメイクの上からできる保湿の美容液ミストスプレーなどを活用して、マメに保湿ケアをするのもおすすめです!

役立ちそうな記事があるので、こちらも参考にしてみてください

顔の乾燥には即効性のある美容液ミストスプレーがおすすめ!化粧直しも簡単!

エアコンで顔の乾燥が進行する!美容部員が教える、乾かない秘訣とは?

生活習慣の改善

睡眠不足や栄養不足、過剰なストレスなども、お肌のターンオーバーを乱す原因になるので、乾燥や肌荒れによってお肌をヒリヒリさせます。

忙しい中ではなかなか難しいことではありますが、十分に睡眠をとること、ストレスを溜めないように、自分なりの発散方法をみつけておきましょう!

また、毎日取り込む食べ物によってお肌は作られているので、食生活も重要です。

私は、特に肌荒れしてしまうときは食べすぎてしまっている時が多いです。例えば糖質の過剰摂取など…私は食事が甘いものや炭水化物に偏りやすいので、そうなると肌も調子が悪くなりやすいです。

そのため、糖質制限も改善方法の1つとして取り入れていました。

糖化対策でツルツル美肌に!糖質制限で感じたお肌変化とは?

それから、ビタミンやミネラル不足も考えられます。これらは現代人に不足しやすい栄養素です。ビタミンやミネラルは健康なお肌をつくる様々な機能を支えています。

ビタミンは、不足すると潤い成分の生成や皮脂量のコントロールに支障がでてくるので、肌荒れしやすい傾向にもあります。

健康で揺らぎにくいお肌をつくるためには、積極的に取り入れたい栄養素です!

役立ちそうな記事があるので、こちらも参考にしてみてください

ビタミン不足が肌荒れの原因?ビタミンを含む食べ物やその効果とは?

コンビニ食でも手軽にビタミン摂取!肌荒れに効くコンビニ食★

また、ビタミンやミネラルは、食べ物だけではバランスよく摂取するのがなかなか難しいと思うので、効率的に摂取するならサプリメントがおすすめですよ!

肌荒れに効く、おすすめのビタミンサプリと正しい服用方法★

化粧水が肌に合っていない可能性も!

化粧水がお肌にしみてヒリヒリするのは、ターンオーバーの乱れやバリア機能の低下によって、お肌が敏感になっていること以外に、別の原因も考えられます。

化粧水の成分がお肌に合わず、お肌の刺激となっている可能性もあり得ます。

最近、化粧水、もしくはその他の化粧品を変えた方はこちらも疑ってください。

まずは、ヒリヒリの原因として考えられる化粧品をとりあえずやめましょう。

私も肌に合わない化粧品を使っていた経験がありますが、最初は原因がわからず、使い続けていたんです。

その間、肌のヒリヒリは続き、原因はコレかも?と疑うようになってからは、一旦やめてみたり、また使ってみたり…と繰り返していました。

その後、数日お休みして、肌のヒリヒリがなくなったので、その化粧品が肌に合わなかったんだな〜とわかりました。

別のものを使うとお肌の調子が良くなったのも明らかでした。一旦やめてお肌の様子をみるのはとても大事です。

色々なものを使っていたり、他にも新しいものを使い始めたタイミングと重なっていたりすると、何が原因かわからなくなってしまうかもしれませんが、肌の不調を感じたら、「自分が使っている化粧品との相性」も原因の1つとして考えるようにしましょう!

私が肌の乾燥やヒリヒリを改善した化粧水☆

私は、様々な原因が重なり、お肌がヒリヒリと痛みを感じてしまっていた時、化粧水もしみてしまうのでスキンケアにとても困っていた時期がありました。

その時期は普段なら問題なく使えていた化粧品も効果なし!という感じで…。

そんな時に出会ったのがロート製薬の「ヘパソフト 顔の乾燥改善ローション」でした。

これは、他に何を使ってもどうにもならなかった時に、私のお肌を助けてくれました。

ヘパソフトは、皮膚科の保湿剤(ヒルロイドなど)に含まれている、お肌を修復する「ヘパリン類似物質」を配合した市販の保湿剤です。

化粧水がしみたり、乾燥してヒリヒリと痛みを感じている時は、保湿だけではなく、お肌の「修復」も必要になってきます。

乾燥や肌荒れによってヒリヒリとしたお肌は、潤いをキープできない状態になっているので、こちらのローションで皮膚構造の乱れを整えて、水分保持力を高めてあげると、早い改善が見込めます。

実際、私は何をやっても乾燥やヒリヒリが治らない…という辛い状態から、1、2週間でかなり回復しました(^^)

今まで使っていた化粧水もしみなくなりましたし、これを使うと肌荒れもしにくくなりました!

今でも、ちょっと調子が悪いなぁと感じると、悪化する前に食い止めよう!と思って使っています(^^)

ワセリンベースの乳液状のローションで、多少ベタつきはありますが、そこまで気にならないので、おすすめです(^^)

何を使ってもヒリヒリや乾燥が治らない…という方は是非使ってみてください♪

まとめ

いかがでしたか?化粧水がしみて、ヒリヒリ痛いのは、肌内部が乾燥して、肌荒れしている状態であるとわかりましたね。

私自身の肌荒れの経験から、肌のヒリヒリを改善する方法をお伝えしました。

色々な改善方法があるので、取り入れられそうなものから始めてみてください♪

お肌は様々な原因によって敏感に傾きやすいので、肌荒れに負けない、健康で丈夫なお肌をつくりましょう(^^)

こちらの記事もご覧ください→お肌の乾燥や肌荒れから抜け出そう!おすすめの保湿化粧水8選