お手入れをしていなくてもお肌が綺麗な人は遺伝?それ、ずっとは続きません!

お肌が綺麗な人って憧れますよね。何か特別なお手入れをしているのか?と思うと、「何もしていない」なんてことも。

お手入れをしっかりしている人よりも、していない人の方がお肌が綺麗なのはなぜなのか?

実は、お肌の美しさには遺伝が大きく影響すると言われています。ただ、綺麗な状態はずっと続くものではないのです。

お肌が綺麗な人は遺伝によるもの?

私たちのお肌は、ある程度は生まれつき遺伝によって決まっていると言われています。

例えば秋田県民はお肌が綺麗な人が多く、「秋田美人」なんて言われていますよね。色白でキメ細やかで、つるんとしていて非常に羨ましいです。

秋田県民のお肌の美しさは、メラニン色素を多くもたない遺伝子を持つ人が多いことと、秋田が日本で1番日照時間が短いという、環境的な要因が大きく影響しています。

遺伝は以下のようなお肌質に影響します。

  • 皮膚の薄さ
  • キメの細かさ
  • 毛穴の大きさ
  • シミのできやすさ
  • 目の下のクマのできやすさ
  • ニキビのできやすさ

特に、お肌のキメの細かさは遺伝によるものが大きいです。

キメの細かい方はお肌がなめらかで見た目が美しいです。しかし、水分が抜けやすく乾燥傾向にあります。バリア機能も弱くなるので刺激に弱いというデメリットがあります。

キメが粗い方は、生まれつき男性ホルモンの感受性が高く、皮脂分泌の量が多い傾向にあります。皮脂はお肌を守るために必要なものですが、毛穴が目立ったりニキビができやすくなるので悪目立ちしてしまう傾向にあります。

しかし、遺伝によって生まれ持ったお肌質を変えることはできませんが、お手入れ次第でお肌状態をコントロールしていくことはできます(^^)

遺伝によってお肌が綺麗な人は、若い頃はお肌が丈夫で水分保持力も高く保てますが、私たちは年齢を重ねていくうちに、お肌の生まれ変わりのリズムが崩れて、水分保持力も低下していきます。

そのため、どんなに綺麗な人でも、エイジングトラブルが目立つ40代以降は、遺伝によるものだけでは綺麗を保てなくなります。

そのため、環境や生活習慣、スキンケアを見直しながら、お肌を綺麗に保っていきましょう♪

綺麗なお肌の条件とは?

遺伝によって与えられるお肌質は様々ですが、まずは、綺麗なお肌の条件を確認しておきましょう。

綺麗なお肌の条件

  • 滑らかで潤いのあるお肌
  • くすみがなく均一で透明感のあるお肌
  • 毛穴が目立たないお肌
  • 凸凹やざらつきのないお肌
  • ニキビやニキビ跡のないお肌

これらを兼ね備えたお肌は、美肌といえます(^^)綺麗なお肌になるためには、基本のスキンケアや規則正しい生活リズムを意識していきましょう。

綺麗なお肌をつくるスキンケア

まずは、基本のスキンケアを確認しましょう(^^)潤いのある、滑らかなお肌をつくるためにはクレンジングや洗顔・保湿・UV対策が肝心です。

クレンジング・洗顔

毎日のクレンジングと洗顔で、メイク汚れや皮脂汚れを確実に取り除くことが大切です。

クレンジングを忘れて、そのまま眠ってしまう習慣がある方は、まずはその習慣を改めましょう。クレンジングをしないで眠るのは、汚れた雑巾を顔にのせて眠るのと同じです!

クレンジングと洗顔で意識したいのは、「汚れは確実に取り除き、お肌に必要な潤いは残すこと」です。そのために、以下を意識して取り入れてみてください(^^)

  • クレンジングはお肌に優しいミルクやクリームを使う
  • 洗顔フォームはしっかり泡立てる
  • ゴシゴシこするように洗わない
  • ぬるま湯ですすぐ
  • すすぎは30回以上

丁寧でお肌に負担をかけない洗顔は、確実に美肌に一歩近づけます!皮脂分泌の多い方の毛穴の状態も清潔に保つことができますよ(^^)

汚れがお肌に残っていては保湿をしても効果が発揮できないので、汚れを取り除くのは最も重要なスキンケアです★

クレンジングや洗顔について、さらに詳しくはこちらをご覧ください→美容部員が教える、顔の乾燥を改善する洗顔の秘訣とは?

保湿

保湿の基礎は化粧水・乳液・クリームの3ステップです。まずはこの基礎のステップでお手入れをしましょう。

特にクリームは省いてしまう方が多いですが、潤いを保つためには、油分のケアが必要不可欠です。

クリームは、美容成分を取り込みやすく、油分ケアが確実にできるので、綺麗なお肌を手に入れるためには欠かせないアイテムです。

是非、クリームの選び方のポイントなども参考にしてみてください→顔の乾燥に効く、おすすめの市販のクリームと選び方の秘訣は?

基礎のお手入れをしても乾燥を感じる方は、シートマスクや導入美容液、クリームの保湿力が高いものに変えるのも1つの方法です。

全く改善しない場合はお肌が炎症を起こして乾燥の負のループにはまっている可能性もあります。その場合は皮膚科の保湿剤を活用しましょう。

炎症を沈めてくれる保湿剤についてはこちらをご確認ください→顔の乾燥や痛みにはヒルロイドがおすすめ!皮膚科の薬を活用しよう

保湿をすることで、お肌の土台を丈夫に保つことができるので、遺伝的に皮膚の薄い方や、乾燥しやすい方でも十分改善が見込めますよ!

UV対策

年齢を重ねていくにつれて、紫外線の蓄積は老化の大きな原因になります。そのため、UV効果のある下地を必ず毎日塗るようにしましょう。

日焼け止めよりも、下地の方が美容成分が配合されているので保湿力が高いです。日中は特に乾燥しやすいので下地は保湿成分にもこだわって選ぶとさらに良いです。

家にいる時でも紫外線は出ていますし、曇りの日は晴れている日の7割、雨の日は4割の紫外線が出ています。

色白で透明感のあるおになるためには、紫外線対策は重要です★

最近では飲む日焼け止めサプリメントや、メイクの上からできるUVスプレーなど、幅広くUVケアができるので是非ご自身に合ったものを取り入れてみてください。

綺麗なお肌をつくる生活習慣

スキンケアをいくら頑張ってもお肌がキレイにならないという方は、生活習慣に問題がある可能性もあります。

私たちのお肌状態は、遺伝的なものだけでなく、食べ物や睡眠、運動なども大きく影響しています。

生活習慣を改めることで、お肌が綺麗になったという人は本当に多いです!これらは、遺伝的なものよりもお肌状態を大きく左右します。

そのため、お肌トラブルに悩んでいる方も、「私のお肌は遺伝でどうにもならない…」と諦めないでほしいのです!

私も生活習慣の改善で、お肌を立て直した経験があるので、その時の体験談も含めて改善策をお伝えしていきますね。

食生活

現代人は忙しく、食生活が偏って栄養不足の人が多いので、食べ物次第ではお肌状態が悪化してしまうこともあります。

私は、以下のようなことを食生活で気をつけたら、お肌も体の調子も良くなりました。

  • タンパク質や良質な油をとる
  • ビタミンやミネラルをとる
  • 体に優しい和食を食べる
  • 糖質を取りすぎない
  • 体に悪いものをなるべく食べない

まず、お肌を保湿するためには、タンパク質や良質な油が必要です。肉・魚・大豆製品・卵を積極的に食べるようにしましょう。

油はマヨネーズやサラダ油よりも、オリーブオイル・えごま油などを取り入れましょう。

ビタミンやミネラルは、現代人にとって不足しやすい栄養素です。緑黄色野菜や海藻類を積極的に取りましょう。私は生野菜だと飽きてしまうので、味噌汁やスープで野菜を食べていました(^^)

また、和食は非常におすすめの食事です。なによりお腹に優しいので、胃腸に負担がかからず、排便がスムーズになります。

私は和食を積極的に取り入れるようになってから、常に抱えていた胃腸の不調が改善され、便秘も解消されました。

お肌も土台が安定していなければ化粧品の効果を発揮できないように、内臓も調子が悪かったり、老廃物が溜まった状態では、食べ物の栄養を上手く取り込めません。

特に野菜や豆腐、ワカメなどの海藻類をいれた具沢山味噌汁は、水分も多いので、毎食取り入れていたら便秘解消に効果的でした。

また、時間がないときは、豆乳を飲んだりしています(^^)大豆に含まれるイソフラボンは、美肌に導く女性ホルモンのエストロゲンに似たはたらきがあるので、綺麗なお肌づくりにはもってこいです★

さらに、炭水化物と甘いものの過剰摂取はお肌の老化の一種である、糖化に関わるので、糖質を抑える食生活も綺麗なお肌に導いてくれます。

忙しいときに便利なインスタント類の加工食品など、体に良くない添加物の多い食品を食べる機会を減らすことも大切です。

私は、夜の炭水化物を抜いたり、甘いものや加工食品を食べる量を少しずつ減らしていきました。

現代は美味しいものが身の回りにたくさんありますから、食事に気を使うのは難しいかもしれませんが、年を重ねても若々しい肌を保つために、まずは1日1食分から気をつけてみてください(^^)

睡眠

私たちのお肌は眠っている間につくられており、成長ホルモンの分泌もこの間に行われています。

ゴールデンタイムと言われる22時〜2時は意識して眠りたい時間ですが、最近の研究では、眠り始めの1時間半で睡眠の質が決まるそうです。

現代人は睡眠負債といって、休日の寝溜めだけでは回復できないくらい睡眠が不足していると言われています。

質の良い睡眠をしっかり取っている人は、眠っている間にお肌が活性化されるので、お肌が活き活きとしていて綺麗な人が多いです。

質の良い睡眠をとるためには、眠る前に以下のような点に気をつけてみてください。

  • スマートフォンの使用を控える
  • カフェインの入った飲み物は飲まない
  • 間接照明などで部屋を暗くする
  • アロマでリラックス

また、起きる時間と寝る時間は、毎日決められた時間に習慣化できると、体が覚えるのでより良いです(^^)

運動

まともな運動は学生時代の体育の授業や部活動が最後…という方も多いのでは?

意識しないと、なかなか運動をする機会はありませんよね。私は毎日ウォーキングとストレッチを習慣にしています。

ウォーキングは、通勤を活かして少し早歩きをしたり、階段を利用したり、帰り道に少し遠回りをするだけでも全然違いますよ!家ではラジオ体操やヨガなどがおすすめです。

ヨガ用のポールなどを使うと、全身の揉みほぐしができるので、血液の滞りを解消して血液循環がよくなります。

血行が良くなると、お肌に必要な栄養素や酸素が行き届きやすくなるので、お肌の土台であるターンオーバーも活性化されます。

ターンオーバーが乱れると、様々なお肌トラブルを引き起こしてしまうので、適度な運動で代謝を高めていきましょう(^^)

まとめ

いかがでしたか?私たちのお肌質は、ある程度は、もともと生まれもった遺伝によるものであるとわかりました。

遺伝によって、何もお手入れをしなくてもお肌が綺麗な人もいるので、非常に羨ましいですが、どんなに綺麗な人でもずーっと綺麗な状態は続きません。

生まれ持ったキメの細かさなどは変えられませんが、スキンケアや生活習慣の改善次第で、潤いのある綺麗なお肌に導くことはできます(^^)

特に、年齢を重ねていくと、その差は大きく出ますから、努力をしてお手入れをしていた方の方が、綺麗なお肌状態をキープできるはずです(^^)

是非、ご自身にできそうなことから取り組んでみてくださいね(^^)

こちらの記事もご覧ください→本当にお肌が変わった、つるつる・もちもちの赤ちゃん肌になる方法