お肌に感謝する日★ご褒美美容をはじめよう

ナチュラルコスメ
スポンサーリンク

お久しぶりです✴︎美容家のなつみです😊

10月になり、すっかり秋らしくなりましたね。朝晩は本当に涼しく、昼間はカラッとした秋晴れに心躍ります。

私は移りゆく季節の変化を楽しみながら過ごしていますよ〜😉みなさんはいかがお過ごしですか?

さて、今回はご褒美美容のお話をしたいと思います。

スポンサーリンク

ご褒美美容に最適な満月の日★お肌に感謝しよう

10月のはじまり(10月2日)は早速満月でしたね🌕
10月の満月は華の金曜日ということもあり、1ヶ月(1週間)頑張った自分へご褒美をあげるには最適な日でした〜😊

満月の日は吸収のパワー高まるので、保湿ケアなど、与えるケアの効果感を実感しやすいんです。

私は満月の日は普段頑張っている自分に「ありがとう」を伝える日にしてます。なかなか、自分のお肌に感謝する機会ってないけど、満月の日はそんな当たり前のことを思い出して感謝する日にしているんです。

私も含め、きっとみなさんのお肌、すごく頑張ってくれています。マスクの摩擦や蒸れ、長時間のメイク、季節の変わり目による寒暖差、紫外線…かなり過酷なお肌環境だけど、本当によく耐えてくれている。

今回の満月も、そんな自分のお肌に感謝の気持ちを込めて、ご褒美感満載のお手入れをしましたよ。
私の場合は週末にお仕事がありましたが、週末頑張るためにも必要なケアですね。

ご褒美美容といえば、イチオシのブランドさんがあります。

[ad#co-2]

ご褒美美容にぴったりなFEMMUE(ファミュ )の化粧品

今回は、せっかくなので、ご褒美美容にぴったりの化粧品を紹介したいと思います★

私がご褒美美容として愛用しているスキンケアシリーズといえば…FEMMUE(ファミュ)です!

FEMMUEは韓国のオーガニックコスメブランドです。FEMMUEといえば、カメリアオイル。韓国のチェジュ島のオーガニックのカメリアからとれたオイルは抗酸化作用が高く、アンチエイジング世代の私たちに響くアイテムばかりです。

さらに、うっとりするようなお花の香りと、香水瓶のようなパッケージにも乙女心をくすぐられます。

なにか1つ、FEMMUEのアイテムをもっていると、たちまち女子力が上がったような自信に満ち溢れるから不思議。

それにしても、FEMMUEというブランドはブランド背景もとても素敵なんです。
創設者のケリーさんは、コスメが大好きな30代の女性の方。心を病んでしまったときに、お花に救われたというところからFEMMUEというブランドが生まれました。

ケリーさんがどんな思いでFEMMUEを創設されたのか、ブランド背景も知ってもらえたら、もっとFEMMUEの魅力が伝わるかな。

私はブランド背景を知っているからこそ、FEMMUEのアイテムを使ってスキンケアをしている時は、いつもより自分のお肌を特別に感じられるし、自分を労われる気がするんです。
だから、私にとってFEMMUEは特別。

気になる方は、こちらの動画でFEMMUEのブランド背景やおすすめのアイテムについて語っているので、ぜひご覧くださいね。

【FEMMUE】の魅力やこだわり*おすすめアイテムまとめ

特にFEMMUEのお気に入りアイテムは、ビューティークレンジングバームと、シートマスクです♡

クレンジングバームは簡単にスパ感覚のマッサージができて、ご褒美クレンジングにぴったり。シートマスクをした翌朝は、お肌に潤い・ハリ感・透明感が蘇ります。

Instagramに使用中の動画ものせてます★

Login • Instagram
Welcome back to Instagram. Sign in to check out what your friends, family & interests have been capturing & sharing around the world.

[ad#co-3]

ご褒美美容をはじめよう

FEMMUEのお話がメインとなりましたが、お伝えしたかったことは、自分のお肌を労る日をつくってあげようね〜ということ。

お肌を大切に労る特別な日は、とっておきの化粧品を使うことで、さらに素敵な日になるはずです。

ご褒美の日は、もちろん満月でなくてもいいのだけど、せっかく特別なお手入れをするなら、効果感を実感しやすい日に取り入れましょう。(満月・新月・生理の後半〜もおすすめ!)

自分のことって後回しにしがちだけど、ぜひお肌を親友みたいに大切に扱ってみて。あなたの優しさに、お肌は答えてくれるはずですっ

一緒にナチュラルビューティー・セルフケアを楽しみましょう♡

ではでは今回はこのへんで。またね。

Instagram @sakuraruby0524

【YouTube】赤澤奈津実

コメント