くすみの原因は夏場の紫外線?季節別「くすみ対策」一覧☆

春頃から強くなり始める紫外線。皆さんご存知の通り、紫外線はお肌の大敵です。特に夏は最も紫外線の強い季節!

肌のくすみは、紫外線が大きく関係しているんです。

今回は、美容部員の経験から、夏に肌がくすむ原因や紫外線との関係、くすみの対策方法をお伝えします。

紫外線は肌のくすみの原因に!

みなさんは、紫外線対策をしていますか?紫外線はシミやソバカス、色素沈着などのくすみの原因になります。

また、紫外線はくすみだけでなく、乾燥や肌荒れも悪化させてしまうんです…!

紫外線を浴びると、ターンオーバーの乱れやメラニンの発生によって、肌のくすみを引き起こします。

ターンオーバーの乱れ

紫外線のダメージは、肌の生まれ変わりのリズムを乱す原因になります。

ターンオーバーが乱れると、本来排出されるべき古い角質がお肌に居残ってしまうので、角質肥厚によってお肌の明るさや透明感が失われてしまうんです。

また、ターンオーバーの乱れで肌の潤いが不足していると、肌を外的刺激から守るバリア機能が低下するので、非常に揺らぎやすい状態になり、紫外線のダメージをさらに受けやすくなってしまいます。

紫外線の影響をダイレクトに受けてしまうと、乾燥や肌荒れも起こしやすく、くすみをより悪化させる原因にもなります。

私自身も、紫外線ダメージをダイレクトに受けてしまい、ターンオーバーが乱れて、くすみだけでなく、乾燥や肌荒れまで悪化してしまった経験があります。

様々なトラブルが同時にやってきたので、お肌状態を戻すのが大変でした。

ターンオーバーを正常に保つことは、全ての肌トラブルを起こりにくくして、美肌力を高める最善の策になってきます!

ターンオーバーを整える方法については、以下の記事を参考にしてみてくださいね☆

美肌の基本、ターンオーバーを促進させるスキンケアの基礎と化粧品選びのポイント

美肌を手にする、ターンオーバーを促進させる食べ物と飲み物☆

美肌と健康に必須☆ターンオーバーを促進させる運動

過剰に発生したメラニン

紫外線を浴びることでつくられるメラニン色素も、肌のくすみと大きく関係しています。

メラニンは、本来はお肌を守ってくれるものです。夏場に日焼けをして肌が黒くなるのも、メラニンがお肌を守ろうとしている防衛反応なんです。

日焼けをしても、ある程度の期間が経つと肌が元に戻るのは、メラニンを含む細胞がどんどん外に排出されるからです。

しかし、強い紫外線を浴びて、メラニンが過剰に発生してしまった場合、排出しきれずにお肌に居残ってしまうと、シミやソバカスとして肌に残ってしまうので、くすみの原因となってしまうんです。

ターンオーバーの乱れも加わると、さらにメラニンがお肌に留まりやすくなります。

日差しを浴びる機会が多い方はリスクも高まるので、対策していく必要がありますね!

シミを予防・改善!お肌のターンオーバーを正常に保つ方法★

紫外線は夏だけじゃない!季節ごとに適切な紫外線対策を!

紫外線が肌のターンオーバーを乱したり、過剰にメラニンを発生させて、肌をくすませる原因となることがわかりましたね。

私は、美容部員として紫外線対策には力を入れていますが、紫外線からお肌を守るためには、季節ごとに適切な対策方法をとることが重要だと考えています。

私がくすみ肌から抜け出すために取り入れている対策方法を、これからご紹介しますね。

多くの方は、紫外線対策=夏のイメージが強いでしょうか?

もしこういったイメージをもたれている方は、「紫外線対策は一年中必要!夏場はさらに強化するもの!」というふうに切り替えましょう。

実は、紫外線は一年中降り注いでいます。しかも、晴れの日だけでなく、曇りの日も、雨の日もです。部屋の中にいてもダメージを受けます。

一年中肌のくすみや、シミ、ソバカスが起こる可能性は十分にあり得ます!

ただ、特に夏場は日差しが強いので、くすみや日焼けが気になる方も多いですし、対策は強化したいところになってきます。

私は夏場の紫外線で肌荒れして、ソバカスも増えてしまったので…みなさんにも気をつけてほしいところをお伝えしていきますね!

季節別☆くすみ肌を改善する方法

くすみが気になる方は、1年中紫外線対策が必要!とお伝えしましたが、紫外線の強さや量は季節によって異なります。

1年中同じケアをするのではなく、メリハリをつけて、季節ごとに適切な紫外線対策をすることで、くすみ肌を予防・改善していきましょう。

紫外線ケアの始め時となるのが春です。夏場になると一気に美白アイテムも出回りますが、紫外線が強くなり始めるのは3月頃なので、この時期から、夏に向けてお手入れを強化していくのが理想的です。私は、

  • 保湿下地(SPF30前後)
  • 帽子・日傘
  • 飲む日焼け止めサプリメント

などで対策しています。この時期は、思っている以上に紫外線が肌に与える影響が大きいので、30分以上外に出るときは帽子や日傘を活用しています。

春はまだ日傘をさしている人が少ないので、恥ずかしかったら帽子がおすすめです(^^;;

春はまだ汗をかくことも少ないと思うので、普通に過ごすだけなら、塗り直ししなくても、日焼け止め効果を保てる時期です。

ただ、春は季節の変わり目で気温差も激しく、とても揺らぎやすいので、紫外線ダメージを受けやすくもあります。

そのため、UVケア効果と保湿効果を兼ね備えた下地を使うようにしましょう!

また、飲む日焼け止めサプリメントもおすすめです!1日に数粒飲むだけで、内側から全身の紫外線対策ができます。

夏の紫外線対策を強化するなら、春頃から飲み始めると耐性がつくので、夏場に効果を発揮しやすくなります。

私のおすすめは「ホワイトヴェール」です。日焼け止めを塗り忘れても、内側から全身の日焼け対策をします。天然のオーガニック成分で、美白や保湿効果も期待できますよ(^^)

ご興味のある方はこちらの記事もご覧ください→ホワイトヴェールの口コミ・評判☆日差しに負けないお肌をつくろう

場は、さらに容赦ない日差しが、強いお肌ダメージを与えます。夏の紫外線が原因でシミやソバカス、くすみを起こす人も多いです。

夏場は、1年で1番肌ダメージの大きい季節なので、特にお手入れの強化には力を入れたい季節です。私は、

  • 保湿の美容液下地(SPF50)
  • 美白化粧品
  • UV効果のあるお直し用のパウダー
  • 飲む日焼け止めサプリメント
  • 日傘・帽子

などで対策しています。夏場は紫外線が強く、量も多いので、ちょっと日差しを浴びるだけでも肌ダメージは大きいです。

私は、夏場はスキンケアで美白ケアも取り入れています。

基本的に乾燥肌なので保湿ケア重視ですが、美白アイテムを使うことで、メラニンの生成量を抑制したり、日中のダメージを緩和することができます。

また、下地類は防御力の高いSPF50のものがおススメです。

SPF50って肌に刺激が強そう!なイメージがありますが、肌への刺激はそれよりも、添加物などが影響していることが多いです。

SPF50でも、肌に優しいものはたくさんあります(^^)

それに、紫外線で肌のダメージを受けてしまう方がよっぽどお肌にとっては良くないので、夏場はSPF50でしっかり対策をしましょう。

また、私は夏場の下地類は美容液効果やスキンケア効果の高いものを使っています。

夏場はエアコンの影響もあり、実はとっても乾燥しやすいんです。くすみは乾燥によっても起こるので、ターンオーバーを正常に保つためにも保湿ケアは重要です!

夏場のダメージは、紫外線+乾燥のダブルパンチなので、肌の老化もどんどん進む時期なんですよ。くすみケアにはどちらの対策も外せません!

私は、美白化粧品や美容液下地は、お値段はちょっと張っても、未来の投資だと思って取り入れています。シミやソバカスを消したり、シワやたるみ肌を元に戻す方がよっぽどお金がかかりますからね…

目の下は、顔で1番紫外線が当たりやすく、くすみやすいので、重ね付けも忘れずに!

また、夏場は汗で化粧が落ちてしまうこともありますよね。私は、夏場になると、UV効果のあるお直しパウダーを使っています。

化粧を1からやり直すのは難しいので、上から重ねて紫外線対策ができるものがオススメです!

夏場のケアで役立ちそうな記事があるので、是非参考にしてみてください

「顔の乾燥がひどい…」原因は夏のお手入れ不足にあり!改善方法は?

エアコンで顔の乾燥が進行する!美容部員が教える、乾かない秘訣とは?

秋は、10月くらいまでは、まだまだ紫外線の影響が大きいです。

そして夏場のダメージを引きずったまま、秋を迎えます。本格的な冬に入って悪化する前に肌状態も整えなければなりません。

秋の紫外線対策は、ターンオーバーを整えるためにも保湿ケアも引き続き力を入れましょう。

私は、10月くらいまではSPF50、11月以降で紫外線が落ち着いてからは、SPF30前後に落ち着きます。

飲む日焼け止めサプリメントも、10月くらいまでで一旦お休みするのもアリですね。

紫外線対策は下地類にお任せして、スキンケアはターンオーバーを整えるために保湿ケアを強化し、揺らぎにくい肌をつくっていきましょう。

また、夏のダメージをリセットする意味でも、エステを受けたり、日常のケアでも角質ケアや炭酸パックなど、スペシャルケアを取り入れるのもオススメです(^^)

夏場は紫外線によってターンオーバーが乱れやすいので、血行が悪くなったり、角質が溜まって肌もくすみやすくなります。肌をリセットするのも大事なケアですよ(^^)

スペシャルケアについてはこちらの記事も参考にしてみてください(^^)

顔の乾燥対策にはエステを活用しよう!揺らがないお肌をつくる方法

炭酸パックの効果は絶大!毎日やると良い?効果的な頻度や使い方は?

お肌のザラザラはスクラブ洗顔で改善できる!美容部員の角質ケア事情

冬場は本格的に乾燥の季節です。ただ、紫外線も出ているので安心はできませんよ?

冬場は、紫外線が弱くても、空気がかなり乾燥しているので、乾燥ぐすみのリスクが高まります。

私は、冬場はSPF30前後の日焼け止めを塗って過ごしています。目の下の重ね付けは1年を通して行なっていますが、それ以外は保湿重視です。

冬場のくすみは乾燥によるものが大きいので、美容オイルや、乳液やクリームで油分ケアを強化しています。

また、日中は乾燥してカラカラになるので、保湿の美容液ミストスプレーを活用しています。

日中の乾燥対策は、ターンオーバーの乱れを整えるには非常に効果的です!

こちらの記事もご覧ください→顔の乾燥には即効性のある美容液ミストスプレーがおすすめ!化粧直しも簡単!

潤いのあるお肌を保てれば、紫外線ダメージの影響も軽減できるので、冬場は保湿ケアに特化したスキンケアで乗り切りましょう!

こちらの記事も参考にしてみてください(^^)→顔の乾燥は予防できる!冬の乾燥からお肌を守る方法

まとめ

いかがでしたか?紫外線は、肌のくすみの原因となることがわかりましたね。

1年を通して紫外線対策は必須ですが、特に夏場はお手入れを強化する必要があります!

また、くすみ対策には、季節ごとに重視したいお手入れも少しずつ異なるので、美肌を手に入れるために、「自分に必要なケアは何なのか?」、お手入れを改めるきっかけにしてみてくださいね(^^)

メリハリをつけて、季節ごとに適切な紫外線対策をすることで、くすみ肌を予防・改善していきましょう!

こちらの記事もご覧ください→肌のくすみの原因は糖化?糖化を対策してくすみ肌から抜け出そう!