「ふくらはぎ」のむくみやだるさに効果的なストレッチの方法を教えます

ぽっこりとしたふくらはぎに悩んでいませんか?

ふくらはぎは脚の太さを強調してしまいますよね。これは、

  • ふくらはぎのむくみ
  • ふくらはぎの筋肉の硬さ
  • ふくらはぎの筋肉の使い方が偏っていること

などが原因として考えられます。

ふくらはぎに効果的なストレッチがあるので、正しい方法で、ふくらはぎをスッキリさせていきましょう。

ふくらはぎがパンパンなのはなぜ?

脚のだるさやむくみにお悩みの女性は多いですよね。以前は、私もそんな悩みを抱えていました。

特に、夕方になると「ふくらはぎ」がパンパンになり、脚がだるくて仕方ない!

  • 細身のパンツを履こうとしても、ふくらはぎで詰まって入らない
  • 膝下が見える服装は脚の太さを強調してしまうからはけない

服装においても、ふくらはぎの不調は大きく影響しますよね。

ふくらはぎがむくむ・だるくなる・パンパンに張ってしまう原因はなんなのでしょうか?

1番の原因は、血行不良です。

デスクワークで、長時間座りっぱなしの人は、ずっと同じ姿勢でいるので、筋肉が凝り固まって全身の血液循環が悪くなってしまうんです。

これによって、心臓から1番遠い脚先に向かって、水分や老廃物が蓄積し、むくみやだるさを引き起こしてしまうのです。

また、血行不良によって全身の酸素の巡りが悪なるので、脂肪燃焼効果も低下し、冷えやすい体に。脂肪がつきやすくなって、下半身太りの原因にもなります!

特に、女性は男性よりも筋肉量が少ないので、脚の太さの変化を感じやすいでしょう。

また、筋肉の柔軟性が低下することで、動きが鈍ったり、怪我をしやすくなるというリスクも高まります。

血行不良によって、ふくらはぎの不調や、さまざまな体のリスクを高めることになるので、放っておかずに対策しなければなりませんね!

ふくらはぎのストレッチの効果☆

そんな、ふくらはぎの不調を改善するためには、ふくらはぎストレッチが効果的です☆

血行不良の問題をどうにかするには、長時間の座り姿勢に、ちょっとした工夫を加えて、凝り固まった筋肉をほぐしてあげることがとても大切なんです。

ふくらはぎのストレッチによって、効果的に凝り固まった筋肉をほぐすことができるので、全身の血行が促進されて

  • むくみやだるさの解消
  • 冷えの改善
  • 代謝アップ
  • 怪我予防
  • 脚太りの予防

など、様々な効果を得ることができますよ。

また、ふくらはぎは、脚の形にも大きく影響しています。

ふくらはぎの筋肉が凝り固まっていると、関節が歪んで偏った筋肉の使い方をしてしまうので、O脚やX脚の原因になったり、筋肉のつき方が偏って脚太りの原因になってしまうんです。

ふくらはぎの筋肉がほぐれて柔軟性が高まれば、へんてこな脚の形や偏った筋肉のつき方を防げるので、むくみやだるさのない、柔らかくてスッキリとしたふくらはぎに近づいていくはずです(^^)

効果的なふくらはぎストレッチの方法☆5選!

では、実際にふくらはぎのストレッチをしていきましょう!

私自身、長時間の座り姿勢が多いので普段から取り入れています。

ストレッチは、間違った方法で行うと、筋肉を痛める原因となるので、正しい方法で取り入れていきましょう♪

ふくらはぎのストレッチ①

座り姿勢が続いたら、ちょっと立ち上がって取り入れられる、簡単ふくらはぎストレッチです。

まず、姿勢を正して立ちます。

つま先立ちをして、数秒キープ。ゆっくりと、かかとを床におろします。

ふくらはぎの裏がしっかり伸びますよ♪

私は、歯磨きをしながら、数分間繰り返してます。

ふくらはぎのストレッチ②

壁があればできるストレッチです。

両手を肩幅に開き、手のひらを広げて壁につきます。片足を前に出し、もう片方の足は後ろに引きます。

壁に向かって体重をかけながら、痛きもちいところでキープ。

後ろ足のふくらはぎの筋肉を伸ばしていきましょう。

後ろ足のかかとは、床にピッタリつかなくてもOKです。

反対足も同じように行いましょう。

ふくらはぎのストレッチ③

座布団の上、大きめの椅子の上、ベッドの上など、座った状態で取り入れられるストレッチです。

まずは、正座をします。

片足を立てて、かかとを床から離さないように前屈します。

痛きもちいところでキープ。反対側もやりましょう。

ふくらはぎのストレッチ④

むくみやだるさで眠れないこともありますよね。

夜、眠る前にヨガポールを使ってふくらはぎを集中的にほぐすのもおすすめです。

むくみやだるさを翌日に持ち込んでしまうと、いつまでもスッキリせず、脚太りの原因になります。

ポールの上にふくらはぎをのせたら、体重をかけてふくらはぎをつぶし、左右に揺らしてほぐしましょう。

刺激を加えるなら、両腕を床につき、お尻を少し上げた状態でふくらはぎをほぐしてみてください。

また、ついでにスネもほぐしましょう。ポールの上に正座をして体重をかけ、上下に動かします。

最初はかなり痛いのですが、慣れると気持ち良いです。

ふくらはぎのストレッチ⑤

ふくらはぎのマッサージも取り入れてみましょう。

両手の親指をふくらはぎの裏、残りの4本指をスネに当てて、ふくらはぎを挟みます。

親指に圧をかけ、位置をずらしながらふくらはぎ全体をほぐしていきましょう。

★私は、仕事の合間や、人の目が気になるときは、休憩中にトイレでストレッチしたりしてます(^^)

自宅でテレビを見ながら、眠る前にベッドの上でもできることばかりなので、脚がむくんでだるいな〜と感じている方は、是非取り入れてみてください♪

まとめ

いかがでしたか?今回は、ふくらはぎの不調の原因や、効果的なふくらはぎのストレッチの方法をご紹介しました。

ふくらはぎは、脚の美しさの決め手になる重要なパーツですよね。

女性であれば、綺麗な脚をキープしたいものです。

ふくらはぎのストレッチを取り入れることで、凝り固まった筋肉をほぐして血行不良を解消し、むくみやだるさのない、スッキリとした綺麗な脚を手に入れましょう♪

こちらの記事もご覧ください→◯◯しながら簡単にできる♪椅子を使った下半身ストレッチ☆6選