キャラクターもののアイシングクッキーの作り方のコツを教えます☆

こんにちは!管理人のなつみです。

今回もアイシングクッキーの記事をお届けします。

今回のテーマは、アイシングクッキーで人気のキャラクターもののクッキーの作り方です☆

「キャラクターもののアイシングって難しそう…」というイメージがありますが、コツをつかめば、絵心がなくても簡単にキャラクターを描くことができます♪

初心者さんでも、キャラクターもののアイシングクッキーで失敗しないコツ☆

今回は、サンリオキャラクターのマイメロディーちゃんのアイシングクッキーを作ってみました(^^)

実は、キャラクターもののクッキーは今まで作る機会がなく、初挑戦でした^^;思いのほかうまくできた気がします。

実際に作ってみて、キャラクターのアイシングクッキーを作るときに、初心者さんでも失敗しないコツが色々とわかりました。

複雑すぎるデザインは選ばない

デザインを選ぶときは、細かくて複雑なデザインのものはなるべく避けました。

完成品を見ていただくと、茶色のアイシングクリームで縁取りをしているのですが、これは塗りつぶし作業が終わって乾いた後、最後の仕上げで行っています。

縁取りはかなり目立つので、クッキーの完成度を大きく左右するんですよね。

細かいパーツが多いと、縁取りが大変なので、失敗も目立ちやすくなります。

初心者さんなら、例えばキティーちゃんやスヌーピーなど、簡単に描けそうなキャラクターから始めてみるのがオススメです♪

慣れてきたら、ちょっと複雑なデザインにも挑戦してみましょう!

クッキーは大きめに型抜きする

多くの方が、キャラクターを描こうと思うと、普段のアイシングクッキー用の型の大きさでは、小さすぎて描きにくいと感じるはずです。

クッキー型は自分で作ることができるので、型をとるときは、大きめのクッキーを用意し、大きく描くようにしましょう。

ちなみに、私は縦7.5cm・横6cmくらいの大きさのクッキーを使いました。

色をできるだけ本物に近づける

キャラクターの色をできるだけ正確に再現することで、本物感が増します。

色づくりはなかなか難しいのですが、キャラの色にできるだけ近い色を出せるよう試行錯誤しましょう。

ちなみに、マイメロディーちゃんは、ピンクをメインに赤を少し混ぜています。

単色だけではその色が出ないことも多いので、少しずつ色を足しながら組み合わせて、本物の色に近づけていきましょう。

縁取りの練習をしておく

キャラクターもののクッキーを作るときは、先ほどもお伝えしたように、縁を綺麗に引けるかどうかが、完成度に大きく影響してきます。

普段は、アウトラインがガタついても、筆で修正できますし、塗りつぶし用のクリームが上から重なるので、そこまで目立ちません。

しかし、縁取りは乾いたアイシングの上から重ねて引くので、失敗をしたときに筆で修正しにくいんです。

うっかり、塗りつぶした部分に穴をあけてしまう可能性もあります。

そのため、アウトラインをガタつかずに引く練習をしておくと、完成度がグッと高まって良いです(^^)

本番前に、作りたいキャラクターを描いた紙をクリアファイルに入れて、上からアイシングでなぞって練習をしてみてみてください♪失敗しても、濡れたタオルで拭き取れば、何度も練習できます。

キャラクターもののアイシングクッキーの作り方☆

では、早速キャラクターもののアイシングクッキーの作り方の手順をお伝えします。

クッキーの切り抜き

まずは、キャラクターを描く、土台のクッキーを切り抜きをます。

アイシングクッキーを作るときは、キャラクターの形に合わせて型抜きをしても良いですし、私のように、キャラクターの形にはこだわらずに、四角や丸型に型抜きをしても良いですね。

私は、こういったプラスチックナイフでクッキー生地に跡をつけて切り抜いています。

キャラクターの形のクッキー型を使いたい方は、透明のファイルをキャラクターの形に切り抜き、クッキー生地にあてて、その形をナイフで型取っていきましょう。

切り抜きをするときは、クッキー生地はちょっと硬めが理想です☆

キャラクターのデザインを転写する

クッキー生地が焼けたら、キャラクターのデザインを転写していきます。

実は私、絵を描くのは大の苦手なのですが…転写をしていくので、アイシングクッキーに画力の有無は関係ないのです♪

絵心がなくても簡単にキャラクターが描ける理由は、転写にあるんですよ〜(^^)

私は、スマホでマイメロディーちゃんの画像を検索し、スマホ画面にセロファンを当てて、油性ペンで縁取りをしました。

縁取りしたものがこちらです。これを裏返した面に、アウトライン用のアイシングで縁取りをします。

そして、素早くクッキーに貼り付けましょう。

この作業は素早くやらないと、アイシングがすぐに固まってしまうので、クッキーにきれいに転写しません。

ちなみに失敗するとこんなかんじに…

かわいいマイメロディーちゃんがホラーになってしまいました笑

これでも、だいたいの形はわかりますが、正確な形に写すには、転写用に、少し柔らかいアウトライン用のアイシングクリームを作っても良いかもしれませんね。

クッキーに写った跡をなぞって塗りつぶす

セロファンについたアイシングクリームがクッキーに映ったら、それぞれのパーツをなぞって塗りつぶしをしていきましょう。

転写したあとは、いつものアイシングの手順と変わりません。

パーツごとに、塗りたい色に合わせてアウトラインを引いて、塗りつぶしてください。

縁取りをする

乾いたら、最後に縁取りを行います。縁取りには、茶色や黒を使うと、キャラクターがより引き立ちます。

茶色や黒の着色料は、あまり使う機会がなさそうに見えますが、キャラクターものを作るときは、かなりの頻度で使うので、重宝しますよ。

ちなみに、私はこの色出しにブラックココアパウダーや純ココアパウダーを使いましたが、パウダーの量が多すぎて粉っぽくなったり、縁取りの途中でコルネが詰まってしまったので、着色料を使う方がきれいに描けて良いなと学びました。

仕上げに、背景を塗りつぶし、マイメロディーちゃんのお鼻の黄色と、耳飾りはアラザンでアレンジしたら完成です☆

かわいくできました(^^)

まとめ

いかがでしたか?キャラクターもののアイシングクッキーの作り方の手順や、初めてでも失敗しないコツをご紹介しました☆

キャラもののアイシングクッキーは、より正確さが求められるので、作るのに時間がかかりましたが、出来上がったときはこの上ない達成感がありました(^^)

是非、キャラもののアイシングクッキーでお友達をあっ!と驚かせちゃいましょう♪

※アイシングクッキーの基礎(アイシングクリームやコルネの作り方など)については今回は省略していいるので、こちらの記事をご覧くださいね。

初心者さん必見!アイシングクッキーの作り方の基礎まとめ☆

【*アイシングクッキー作り体験レッスンのお知らせ*】

東京都世田谷区のアイシングクッキーサロン『sakuraruby(サクラルビー)』では、アイシングクッキー作りの体験レッスンを行なっております*

『自分でかわいいアイシングクッキーを作ってみたい♪』という方は、詳細をご覧ください。

アイシングクッキーサロン『サクラルビー』の体験レッスンのお知らせ★

Instagramにもアイシングクッキーの作品を掲載しているので、是非ご覧ください。

Instagram

こちらの記事も是非ご覧ください→アイシングクッキー認定講師が教える『キルティングのコツ*』