「塩素でお肌がつるつるになる」は間違い!塩素がお肌に与える影響とは?

殺菌効果のある塩素。塩素は、水道水や洗濯機に使う漂白剤、プールの水の消毒にも使われています。

日常生活の中で身近に存在する塩素ですが、お肌状態に影響を与えると言われています。

特に水道水は毎日お肌に触れるものですから、誰もが憧れるつるつる美肌をつくる上では、どんな影響があるのか一度確認する必要がありそうですね。

塩素とは?

塩素は、私たちが安全に暮らすためには欠かせない消毒剤です。

最も身近なものだと、水道水の殺菌や消毒に使われています。昔は塩素による消毒が行われていなかったため、飲み水からウイルスが発生し、病気になる人もいましたが、今では塩素のおかげで安心して水道水を使えています。

そんな私たちの暮らしを快適にしてくれている塩素ですが、お肌や髪などの美容への影響が話題になっています。

例えば、「塩素風呂でお肌がつるつるになった!」、「プールに入ると、お肌がつるつるになるのは塩素のおかげ!」といった声を最近よく聞きます。

賛否両論の意見がありますが、残念ながら「塩素に美肌効果はありません。」つるつるの美肌になりたい方は、塩素によって逆にお肌が荒れてしまう可能性があります。

塩素がお肌に与える影響とは?

私たちが塩素の影響を最も受けるのは水道水です。水道水は、顔を洗う、料理をする、お風呂にはいる、手を洗う、口をゆすぐ、飲み水にする…といったように、様々なところで毎日活用しています。

塩素は、水道水を特に飲用や料理用に使えるように、雑菌を殺して安全な状態にするために投与されています。そのおかげで、私たちはお腹をこわすことなく水道水を利用できています。

しかし、安全性を考えると、その基準を満たすために、多少強力な濃度で殺菌しているので、お肌や髪にも悪影響が少なからずあります。

例えば、顔の乾燥や髪のパサつきなどです。皆さんも心当たりはありませんか?

塩素は、体内へ取り込むと活性酸素を生成し、サビさせる作用があります。活性酸素はエイジングトラブルを進行させるので、スキンケアの効果も妨げてしまいます。

さらに、塩素は25度で気化するので、シャワーやお風呂の温度を考えると、肌から吸収したり、呼吸からガス化した塩素も取り込んでいることになります。

また、残留塩素はお肌や髪から水分を奪う性質があり、水分が奪われるとお肌は乾燥状態になり、お肌を外的刺激から守るバリア機能がこわれてしまいます。

バリア機能がこわれたお肌はとても弱くて敏感です。バイ菌やウイルスがお肌に侵入しやすくなるので、その刺激をダイレクトに受けてしまうのです。憧れのつるつる美肌からは随分と遠のいてしまいます。

普段、「お肌トラブルの原因が水道水の塩素にあるかも…?」という発想にはなかなかなりませんが、スキンケアをいくらやっても、生活習慣をいくら改善してもお肌の調子がよくならない…という方は、もしかしたら水道水の塩素の影響を受けているのかもしれません。

毎日必ず使うものが、つるつるの美肌づくりを阻害する可能性があるとなると、気がきじゃないですよね。

では、水道水の塩素による刺激を軽減する方法についてみていきましょう!

つるつる美肌に近づく!塩素の刺激からお肌を守る方法!

塩素による刺激が少なからずあるということはお分りいただけたと思います。では、毎日使う水道水の塩素の刺激を軽減する方法をお伝えします。

  • 台所の蛇口は浄水機能が備えているものを使う
  • 浄水機能を備えたシャワーヘッドにする
  • 塩素を除去する入浴剤を使う
  • ミネラルウォーターを飲む
  • ウォーターサーバーを使う

塩素からお肌を守るためには、コストがかかりますが、水質を変えることや、ミネラルウォーターを活用するといった方法があります。

塩素の強度は地域によっても異なりますし、塩素に対するお肌の反応も個人差があります。

お肌トラブルの原因が全て塩素であるとも限りません。しかし、塩素は乾燥を招き、敏感で弱ったお肌にとっては刺激になります。

私の家には浄水設備がないので塩素対策がなかなかできないのですが、常にミネラルウォーターは家に常備しています。

ミネラルウォーターは、飲み水として使っていますが、最近では、お肌の調子が悪い時だけ、悪化しないように、ミネラルウォーターを使って洗顔をしています。

ミネラルウォーターを全身に使うとコストもかかるので、顔のみの使用ですが、非常に乾燥しやすい肌質なので、少しでも対策できればと思い、行なっています。

ミネラルウォーターの使用量を抑えるのであれば、ミネラルウォーターを含ませた温冷タオルなどもおすすめです(^^)

私は今後、レンタルのできるウォーターサーバーを検討しています(^^)

是非、つるつるの美肌づくりの一つの方法として、活用してみてください(^^)

プールでお肌がつるつるになる?塩素との関係は?

「プールに入るとお肌がつるつるになる!」という話を耳にします。中では塩素のおかげでお肌がキレイになったという話もあります。確かに水泳選手は肌がきれいな方が多いですよね。

塩素は殺菌や消毒効果があるので、特にニキビが治ったというような話が多く出ています。

しかし、プールの塩素によって、お肌がつるつるになるということはありません。

お肌がつるつるになる理由としては、プールで泳ぐことが良い運動になり、代謝が上がるからです。美肌づくりには、適度な運動は効果的です。

プールで泳ぐことは全身運動になりますから、代謝がアップしてお肌のターンオーバーを促進させます。また、水圧や水流でお肌がマッサージされ、代謝が高まります。

運動が美肌に効果的な理由についてはこちらをご覧ください→美肌と健康に必須、ターンオーバーを促進させる運動

プールで泳いでいると、身体が濡れているのでよくわからないかもしれませんが、運動によって汗が出ています。汗ととも老廃物を排出しているので、お肌をキレイに保つことができるのです。

そのため、プールの塩素でお肌がつるつるになるというのは間違った情報と言えます。もし、塩素がつるつるの美肌に導いてくれるとしたら、水道水でもお肌がキレイになっていないとおかしいですよね?

塩素は、私たちが安全で快適に暮らすためには必要不可欠ですが、お肌にとっては刺激になり、乾燥の原因にもなります。間違った情報に振り回されないようにしましょう!

まとめ

いかがでしたか?塩素は水道水やプールの水の消毒剤として使われ、私たちが快適に水を使うためには、なくてはならないものだとわかりました。

また、塩素はおを錆びさせたり、乾燥の原因にもなるので、塩素の刺激からお肌を守る必要があります。

特に毎日使う水道水は当たり前になりすぎていて、肌荒れの原因としては見落としがちですが、水道水からお肌が受ける影響は意外と大きいのです。

塩素の濃度や、塩素が受けるお肌の反応には個人差がありますが、是非、つるつるのお肌になる一つの方法として、浄水器やウォーターサーバー、ミネラルウォーターなどを活用してみてください(^^)

こちらの記事もご覧ください→岩盤浴でお肌がツルツルに?美人は老廃物を溜め込まない