エステ員が美顔マッサージやリフトアップマッサージの方法を教えます☆

年齢を重ねるにつれて、目元、口元、ほうれい線、フェイスラインのシワやたるみは気になるもの。

そんな気になるエイジングトラブルにはマッサージが効果的です。

エステ員の経験から、今日から簡単に取り入れられる「美顔効果のあるマッサージ」や、「リフトアップマッサージ」の方法をお伝えします。

お手入れにマッサージを取り入れないと損します!

みなさんは、普段のお手入れにマッサージを取り入れていますか?

マッサージは、顔の皮膚に適度な刺激を与えることで、筋肉や凝りをほぐしたり、血流やリンパの流れを促進させるはたらきがあります。

これは、美肌になるためには本当に大事で、マッサージをすることで、お肌の土台となるターンオーバーを整えることができます。

ターンオーバーが促進されると、栄養や酸素の循環が良くなり、潤いのある元気な細胞がつくられ、お肌に不要な老廃物もスムーズに排出されるので、肌荒れしにくくなります。

マッサージ後は、肌本来の肌力を取り戻し、化粧品の浸透力も高まるため、肌の保湿力もグーンとアップします!

これは、シワやたるみの予防・改善にも効果的なんです。

シワやたるみは、お肌の保湿成分の減少や筋肉の緊張や衰えが関係しています。

保湿成分の減少は、化粧品で補う必要がありますが、ターンオーバーが乱れていると、せっかくの化粧品の成分がお肌にしっかり届きません。

また、筋肉が緊張して硬い状態だと、化粧品の浸透力も悪くなります。

これでは化粧品の効果を発揮できず、シワやたるみは更に進行してしまいます。

マッサージをすれば、揉みほぐしや血行促進効果で筋肉の緊張をリセットして、内部の流れを促進できるので、肌力を高めて、スキンケアの底上げができるのです。

そのため、シワやたるみなどのエイジング予防や改善にも効果が期待できるんですよ(^^)

私は、エステ員の経験から、自分の顔のお手入れにもマッサージを定期的に取り入れています。

正直なところ、マッサージの美顔効果はそこまで期待していなかったのですが、マッサージを継続することで、ずっと悩んでいた肌の赤みがすっかり消えたり、肌の調子がどんどん良くなったんです!

お客様の中でも、「マッサージをするようになってからお肌の調子が良くなった!」と言う方が本当に多いです。

私は、エステ員の経験から、マッサージをお手入れに取り入れている人と、取り入れていない人では、数年後・数十年後のお肌状態に差が出てくると思っています。

私は、最近はエイジング予防を兼ねてリフトアップマッサージを取り入れています。

たるみの原因となる保湿成分の減少、特にコラーゲンの減少は早く、なんと20歳をピークに、その後は減少する一方なんだそうです。

早め早めの対策で、美肌力を高めていきましょう!私が取り入れている、美顔効果のあるマッサージを今回は惜しみなくご紹介していきます(^^)

シワやたるみに効く!【パーツ別】美顔マッサージ&リフトアップマッサージの方法★

年齢を重ねるにつれて、筋肉の緊張や衰え、保湿力の低下によって起こるシワやたるみといったエイジングトラブル。

これらを予防・改善するために、パーツ別の美顔マッサージやリフトアップマッサージの方法をご紹介します。

フェイスライン

フェイスラインのリフトアップは、顔全体のたるみ対策に繋がります。まずは、絶大な効果があると言われているベロ回しエクササイズを行いましょう。

口を閉じた状態で、舌を唇と歯茎の間に入れてグルリと一周まわします。3週まわしたら、今度は逆回しも行いましょう。

続いて、中指と薬指でフェイスラインを挟み、耳へ向かって引き上げます。3セット行いましょう。

さらに、親指を顎の裏に引っ掛け、人差し指を折り曲げます。親指と人差し指の第二関節で顎をはさみ、ほぐしながら耳まで移動していきます。3セット行いましょう。

実は、頭皮マッサージもたるみ対策に効果的です。頭の側面がこっている方は、特にたるみやすいんです。

手の付け根を側頭部に当て、軽く押しながら後ろ回りにグルグル回します。

グルグル押し回しながら、頭頂部にある百会(画像の点の部分)のツボまで移動させてほぐしていきましょう。

1日数回、まめに揉みほぐしてあげると効果的です。私はバスタイムに行なっています。

デコルテ

デコルテとは、首〜胸元までの部分を表します。デコルテのケアは、顔に比べると忘れがちですよね。

しかし、首もとは皮膚が薄く、とてもデリケートなパーツなので年齢が出やすいのです。

お手入れを怠ると首のシワやくすみ、ハリ不足の原因となります。

また、首もとは顔と繋がっているので、デコルテのケアは美顔効果も期待できるんですよ。

「女の顔はデコルテまで!」と言われるほど重要なパーツなので、顔のついでに首元までケアしましょう。

マッサージをするときは、指をゴミポケット(リンパ節)まで動かし、軽く圧をかけると効果的です。

フェイスラインの骨の裏側に、親指を入れ込んで、耳の下(リンパ節)まで指を滑らせます。

続いて、首の横の筋に沿ってなでおろします。

 

鎖骨を人差し指と中指で挟むようにして、圧をかけながら指を左右に動かして滑らせます。この時顔も左右に振ると老廃物の流れがスムーズになります。

デコルテマッサージで老廃物を排出し、顔のむくみやくすみ感が和らぎますよ(^^)

目元

目元は「皮膚が薄い・乾燥しやすい・トラブルが出やすい」パーツで、シワやたるみによって年齢も出やすいのです。

また、目元はただでさえデリケートなパーツなのに、毎日のアイメイクによる負担や、瞬きによって動きも多いので、日々エイジングが進行していきます。

さらに、現代人は、PCやスマホで目を酷使している方も多いです。

目周りをほぐし、血行を促進させて目元の疲れをとったり、エイジングの進行を食い止めましょう。

目元のエイジングトラブルは、額や口元にも影響が及ぶのでマッサージやツボ押しによってお手入れを強化しましょう!

 

眉と目の間のくぼみに親指を入れ、軽く押します。眉頭からそのまま眉骨に沿って外側に向かって動かしながら、数カ所じっくり押していきます。

こめかみの凹んでいるところに指を当て、前方向に向かってグルグルと押し回します。5回程行いましょう。

目元全体に手のひらを密着させ、外側へ向かって優しく滑らせます。指先がこめかみまできたら、こめかみを軽く押します。5回ほど行いましょう

目の下で、3本の指を軽くはずませませます。目頭→こめかみに向かって3往復程行いましょう。

アイクリームをもっていれば、アイクリームを馴染ませる時に行うとより効果的です☆

あまり知られていませんが、実は鼻はたるみで大きくなるんです!

鼻周辺の筋肉のたるみや、ゆがみによって引っ張られると、横に大きく広がってしまうんですよ。そうなる前に予防しましょう!

鼻の穴の内側にある軟骨部分をつまみ、下に引き下げます。もう片方の手で、小鼻をつまみます。この状態で鼻の穴を膨らませましょう。10セット行うと簡単な鼻のエクササイズになります。

ほうれい線

ほうれい線はシワとたるみのミックスです。トラブルが出てしまったものをなくすのは難しいので、早め早めの対策を行いましょう。

人差し指の側面をほうれい線に当てます。そのまま斜め上方向に引き上げましょう。

このまま皮膚を持ち上げてこめかみで3秒ほどキープします。落ちてきた筋肉を元の場所に戻すイメージです。

また、頬を細かくほぐすこともほうれい線に効果的なマッサージになります。小鼻の横に指をフィットさせたら、左右にスライドして筋肉をほぐします。どんどん場所をずらしていって、小鼻のの横〜目の上まで行いましょう。

小鼻の横の筋肉を指で押さえ、上唇を上げながら「え」、鼻の下を伸ばしながら「お」と言いながら行いましょう。

また、ほうれい線の始点と延長線上のツボ押しも効果的です。

小鼻の横にある、ほうれい線の始まり部分をしっかりめに押します。

顎の裏側にある、ほうれい線の延長線部分に親指を入れ、こちらもぐーっと深めに押します。各5セットずつ行いましょう。

肩こりや姿勢の悪さも、たるみの原因に!

顔のたるみの原因は、加齢やお手入れ不足によるものだけではありません。

皮膚は全身繋がっているので、顔のたるみは、首や肩周りの筋肉に引っ張られることでも生じます。

そのため、姿勢がとても重要になります!正しい姿勢は、胸を張り、骨盤を立ててお尻とお腹を引き締め、首を上に伸ばすイメージです。

また、肩こりも、顔のシワやたるみと大いに関係しています。

簡単にできる肩周りをほぐす方法を取り入れましょう。

背中で両手のひらを合わせる合掌のポーズがおすすめです。肩こり解消や血行促進効果が期待できます。

このポーズが難しい場合は、ハンガーを頭の後ろでつかんで、上に持ち上げるストレッチがおすすめです。

リフトアップ効果のある、スキンケア化粧品の塗布手順

スキンケアをする時、化粧品を馴染ませる際にリフトアップを意識して塗布をするのも美顔効果を高める1つの方法です(^^)

まずは、美容液や乳液、ジェルなどを両手のひらに軽く広げ、顔全体に塗布します。

リフトアップを意識して馴染ませをするときは、伸びの良い美容液や乳液、ジェルなどが適しています。

頬と額は、上方向に向かって、場所をずらしながら引き上げを行い、馴染ませましょう。

顎先から両手を使って、こめかみに向かってフェイスラインをゆっくりと引き上げます。こめかみは圧をかけて押しながら、手はフェイスラインに沿わせて徐々に上に抜けていきます。

リフトアップ効果のある化粧品を使って行うと、さらに美顔効果が高まります(^^)

まとめ

いかがでしたか?今回は、エステ員の経験から、美顔効果の高いマッサージやリフトアップマッサージの方法をご紹介しました。

マッサージが美肌づくりに良いものであるとわかっていても、やり方がよくわからないという人も多いと思うので、是非参考にしてみてくださいね(^^)

また、リフトアップには美顔ローラーを活用するのも1つの方法です☆

こちらの記事も参考にしてみてください(^^)→本当にコロコロするだけ?美顔ローラーの肌効果やリアルな口コミ☆