お肌の「くすみ」や「シミ」は予防が大切!原因と対策方法☆

お肌の「くすみ」や「シミ」に悩んでいませんか?お肌トラブルの中でも、くすみやシミは年齢を感じさせますよね。

美肌づくりには、おのトーンアップは欠かせません。

お肌の「くすみ」や「シミ」を改善して、若々しい、透明感のある均一なお肌を目指していきましょう!

「くすみ」や「シミ」はお肌を老けてみせる?

なんとなく肌色がパッとせず、疲れて見えたり、メイクノリが悪いことってありませんか?

もしかしたら、それはお肌の「くすみ」が原因かもしれません。

くすみとは、肌色にムラがあったり、全体的に肌トーンが暗い状態を示します。

様々な原因によって、健康的な、お肌がもともと持っている明るさや透明感が失われている状態です。

シミは、皮膚内で作られる、メラニン色素が肌の一部に沈着したものです。

シミのある部分だけが、濃く目立ってしまうので、化粧で部分的に隠す方も多いです。

そんなお肌のくすみやシミは、お肌を老けてみせてしまいます。

お肌悩みは人それぞれですが、年齢を重ねても若々しいお肌を保つために、「くすみ」や「シミ」の原因を見極めて、確実な対策を今からしていきましょう!

お肌が「くすみ」や「シミ」の原因

では、お肌のくすみやシミの原因について詳しくみていきましょう。

くすみの原因

くすみの原因はいくつか考えられます。例えば、

  • 血行不良
  • 乾燥
  • 毛穴汚れ
  • 老化

によるものです。

血行不良

顔色が悪く見えたり、疲れて見えるのは、血行不良が大きく関係しています。

血流が悪くなる原因は、睡眠不足・運動不足・ストレス・冷えなど、様々です。

血流が悪くなると、血色感が失われてお肌が暗く見えます。

また、お肌に必要な酸素や栄養素がうまく運ばれなくなるため、ターンオーバーが乱れて古い角質が溜まりやすくなり、くすみに繋がります。

肌の乾燥

お肌の潤いが不足すると、ツヤが失われてお肌がすくんで見えてしまいます。また、柔軟性が失われて、お肌ももろくなります。

もろくなったお肌は、表面の角質が剥がれやすくなり、めくれ上がった角質が影をつくってお肌をくすんでみせてしまうのです。

毛穴汚れ

クレンジングや洗顔がよくできていないと、毛穴に詰まった汚れによってお肌がくすんで見えてしまいます。

皮脂や汗、角質やメイク汚れの蓄積によって、毛穴に角栓ができ、時間とともに酸化して黒ずみとなると、くすみをさらに目立たせてしまいます。

紫外線

紫外線を浴びるとメラニン色素によって、肌の色が黒くなり、くすみます。ある程度の時間が経てば元に戻りますが、日焼けしやすい人は注意が必要です。

老化

生きていれば、お肌の老化は避けられません。年齢とともにターンオーバーが正常に行われなくなると、栄養が不足したり、角質が溜まりやすくなるのでお肌をくすませます。

シミの原因

シミは、本来ターンオーバーによって排出されるべきメラニン色素が肌に居残り、地肌の色よりも濃く見える部分を示します。

紫外線

紫外線を浴びると、メラニンが大量につくられるので、シミになりやすいです。

特に頬骨やこめかみは、紫外線が当たりやすいのでシミになりやすいパーツになります。

色素沈着

ニキビや外傷によって炎症を起こすと、お肌ダメージによる刺激がメラニンを発生させ、お肌に色素沈着してしまいます。

ソバカス

目の下や鼻周辺に広がってできるのが特徴です。遺伝要素が強いと言われています。

肝斑

目の下や両頬に左右対称にできたシミです。女性ホルモンやストレス、乾燥など、様々な原因が関係しています。

お肌の「くすみ」や「シミ」を改善方法☆

血行促進ケア

血行が促進されれば、お肌に必要な栄養や酸素がうまく運ばれ、ターンオーバーの乱れや角質溜まりも解消され、くすみの改善につながります。

湯船に浸かったり、軽いストレッチをしたり、十分な睡眠をとるようにしましょう。

また、血行促進には、マッサージや炭酸パックもおすすめです。

マッサージは、凝り固まったお肌をほぐして、スキンケアアイテムの浸透を高め、血色をよくします。

私はマッサージによって血行が促進され、透明感のあるお肌作りに成功した経験があります♪

私が取り入れているマッサージのやり方はこちらの記事でご確認ください→本当にお肌が変わった、つるつる・もちもちの赤ちゃん肌になる方法

炭酸パックは、二酸化炭素の効果で血流が良くなり、くすみが取れてお肌がワントーン明るくなるのでおすすめです(^^)

最近はプチプラアイテムでも優秀なものが多いので、是非参考にしてみてください→コスパ抜群!美肌になれる、プチプラの炭酸パックを教えます★

洗顔の見直し

洗顔によって、毛穴に溜まった汚れを取り除くことは、毛穴汚れや黒ずみ、乾燥によるくすみの改善につながります。

美肌づくりは「汚れを落とす作業から始まる」と言われるほど大切なスキンケアです。

汚れの溜まったお肌が綺麗であることはまずあり得ませんから、くすみケアをきっかけに、是非、洗顔の見直しもしてみてください(^^)

お肌のくすみを改善したい!正しい洗顔方法とおすすめの洗顔料10選★

保湿ケア

乾燥によるくすみは、保湿をする事で改善されます。お肌に潤いを与えれば、角質めくれも改善され、丈夫な角質ができます。

丈夫な角質は、紫外線によるダメージからもお肌を守ってくれるのです(^^)

硬くてもろかったお肌も、柔軟になるので、スキンケアアイテムを受け入れやすく、浸透力も高まります。

保湿の基本のケアは、化粧水や美容液で水分を与え、乳液やクリームで油分の蓋をすることです。

水分を与えるだけでは蒸発してしまうので、油分ケアも忘れずに行いましょう。

紫外線対策

紫外線は、お肌の大敵です。シミやくすみの大きな原因となります。

紫外線対策は1年中必要です。3月〜10月くらいの間は、夏と同じくらい警戒してケアをしましょう。

曇りの日でも晴れの日の7割、雨の日でも4割の紫外線が出ています。また、室内で過ごしている時も、お肌は紫外線の影響を受けます。

日焼け止めやUV効果のある下地やファンデーション、日傘、サングラス、帽子などを活用して紫外線対策をしましょう。

また、日焼け止めは塗り直しが大切です。しかし、なかなかできないこともありますよね。

そんな時はメイクの上からできる日焼け止めスプレーや、日焼け止め効果のあるサプリメントもおすすめです。

日焼け止め効果のあるサプリメントは、全身の日焼け対策ができるので、塗り忘れがあっても安心です(^^)

食生活の改善

お肌は体内に取り込む食べ物によってつくられているので、食事も重要です。

シミやくすみの改善には、お肌を酸化から守ったり、メラニン色素の生成を抑制したり、メラニン色素を効率よくお肌の外へ排出する、新陳代謝を高める栄養素を含む食べ物を摂取すると効果的です。以下を参考にしてみてください。

  • ビタミンC(キウイ・柿・パプリカ・ブロッコリーなど)
  • リコピン(トマト・ピンクグレープフルーツ・柿・人参など)
  • βカロテン(にんじん・ほうれん草・かぼちゃ・ニラなど)
  • ビタミンE(アボカド・ほうれん草・かぼちゃ・ナッツなど)

是非、日々の食事に取り入れてみてくださいね(^^)

シミやくすみは予防が大切!

シミやくすみは、年齢を重ねていくうちに起こりやすくなります。

年齢を重ねると、お肌の修復力や栄養の供給力が衰えるので、お肌トラブルを改善するまでに時間がかかります。

特にシミは、できてしまったものを治すとなると、なかなか治らないがためにレーザー治療を受ける人もいるほどです。

レーザー治療も、1回では終わらないので、根気のいる治療です。

シミは、治すのにお金も時間も精神的負担もかかるので、どうせなら、できないように予防した方が断然良いですよね?

面倒に感じることもあるかもしれませんが、シミやくすみに悩まなくて済むように、日々のケアで予防をしっかりしていきましょう!

まとめ

いかがでしたか?今回は、お肌のくすみやシミの原因と改善方法についてお伝えしました。

お肌がくすんでいたり、シミがあると、お肌のトーンだけでなく、気分も暗くなってしまいますよね。

特に、シミやくすみは年齢を重ねると起こりやすい肌トラブルなので、できてしまったものを治すには時間がかかります。

そのため、予防が大切です。そして、できてしまったものは放置せずに、なるべく早めに対策をとりましょう!

日々のケアで、透明感のある、明るいお肌を目指していきましょうね(^^)

こちらの記事もご覧ください→お肌の「くすみ」をなんとかしたい!おすすめサプリメント9選☆