肌の赤みやニキビを改善した私が使っていた市販のプチプラ化粧水はコレ!

何をしても治らない、赤ら顔やニキビ跡…。お肌の赤みは、鏡を見るたびに気になってしまいますよね。

私自身も、頬や鼻の赤みやニキビ・ニキビ跡に悩んでいた時期がありました。

スキンケアに欠かせない化粧水で赤みは治るのか?プチプラの市販の化粧水は赤みに効くのか?私の経験談をもとにお伝えします(^^)

お肌の赤みの原因は?赤みはスキンケアで治る?

まず、私の経験上、お肌の赤みは治せますよ〜というお話を少ししたいと思います(^^)その前に赤みの原因についても知っておきましょう。

赤みには、皮膚の薄さや、炎症によるものがあります。皮膚の薄い人は、毛細血管が拡張して、透けて赤く見えやすいです。

また、潤いの決め手となる角層が薄く、水分を保持するキャパシティーが狭いので、乾燥しやすく、敏感です。

敏感なお肌は外的刺激をダイレクトに受けてしまうので、炎症を起こし、赤みに繋がります。

皮膚はもともと薄い方もいますが、洗顔のしすぎや角質ケアによる刺激で、自ら皮膚を薄くしてしまっている可能性もあります。

また、ニキビやニキビ跡による赤みは、乾燥やホルモンバランスの乱れ、食生活の乱れなども原因です。

乾燥やホルモンバランスの乱れによって、皮脂が過剰分泌し、毛穴に詰まって炎症を起こし、ニキビに繋がります。

ニキビにはいくつか段階があり、白ニキビや黒ニキビが成長して、赤ニキビになってしまうと、治ってもニキビ跡としてお肌に残ってしまいます。

私は皮膚の薄さや乾燥による頬の赤み・赤ニキビ・ニキビ跡によって、3年程前に一時期肌荒れをしていました。画像はその当時のものです。

ニキビは何度も繰り返して、赤みが引くまでには時間がかかりましたが、今ではここまでお肌が回復しました!

今回は1番症状がひどかった時のスキンケアのお話をしたいと思います。お肌の赤みで悩んでいる方に少しでもお役に立てれば幸いです。

ニキビ用の化粧水は使わない!保湿で肌の回復が優先!

スキンケアの中でも、最も使っている人が多い化粧水。特に、おトラブルのある人は、お悩みに効く化粧水を探しますよね。

当時、私はお肌の赤みを改善するために、いろいろな化粧水を使っていました。そこで学んだのは、「ニキビ用の化粧水は使わなくて良い」ということでした。

赤ニキビや、ニキビ跡の赤みが気になるのにニキビ用のものを使わないの?と思われる方も多いと思います。

ニキビ用の化粧水は抗炎症成分やビタミンC誘導体などの美白成分が入っているものが多いのですが、「保湿力が物足りないんです」。

皮膚の薄さは水分保持力が低く、乾燥を招きますし、ニキビは乾燥による過剰な皮脂分泌が原因でできます。

ニキビ用の化粧水は、今あるニキビやニキビ跡を治すことに特化したものなので、保湿力はイマイチなものが多いです。

実際、私は乾燥が悪化してしまいました。保湿不足でさらなる乾燥を招き、新しいニキビがまた繰り返しできてしまいました。

お肌が潤っていて丈夫であれば良いのですが、乾燥していて、皮膚が薄くて敏感な肌質の方には、ニキビ用の化粧水はおすすめしません。

まずは、保湿力の高い化粧水を使ってお肌に潤いを与え、お肌を回復させることを優先する方が結果的に早く赤みもニキビも治ります(^^)

赤みの改善に活躍!保湿力の高い、市販のプチプラ化粧水

薄い皮膚を厚くすることはできませんが、保湿をすることで、水分を保持する角層を丈夫に育てることや、ニキビの炎症を沈めてお肌を回復させることはできます。

当時、私が赤み対策に使っていた市販のプチプラ化粧水をご紹介します。

「 ナリス クリアスキンローション 250ml 2160円」

拭き取り用の化粧水です。非常に穏やかに古い角質を取り除くことができるので、化粧水をつける前に使うとスキンケアの浸透力がアップします。

拭き取りの際は赤ニキビを潰さないように気をつけましょう。お肌全体の赤みが強く、乾燥でヒリヒリしている場合は控えた方が良いですが、重度の乾燥でなければ週1程度で行うと角層の潤いが高まります。

「ナリス エッセンス ローション 250ml 2160円」

サッパリでもなければ、とろみがあるわけでもない、ベタつきを感じさせずに保湿ができるので大変使いやすくて気に入っていました。

お肌が敏感なときは、アルコールが刺激になることもあるので、アルコールフリーなのも嬉しいポイントです。低刺激で、最もお肌が荒れていた時期でもヒリヒリせずに使えました。

「琥珀肌 しっとりタイプN 220ml 818円」

当時使っていた中で最もプチプラだった化粧水ですが、しっとりとしていて保湿力にはかなり満足していました。

琥珀エキスにはお肌の土台となるターンオーバーを整えるはたらきがあるので、トラブルの起きやすいお肌の立て直しに最適です。ヒアルロン酸やコラーゲン、プラセンタを配合しているので保湿力も高いです。

クリーム使って化粧水の潤いとじこめて◎

化粧水でお肌に潤いを与えたら、今度はその潤いが逃げないように、保湿クリームで油分の蓋をしましょう!

残念ながら、化粧水だけでは一時的に潤いを与えることができても、時間が経つと蒸発してしまうのです。

私は、ジェル乳液やジェルクリームを使っていたこともありましたが、保湿不足で乾燥を悪化させてしまったので、普通の乳液やクリームを使う方がお肌の回復は早いですし、快適に過ごせました。

ちなみに、オールインワンの保湿バームを使っていたときは油分が多すぎてニキビを悪化させてしまったので、保湿力の高い化粧水・乳液・クリームの3ステップのお手入れが1番おすすめです。

私のように、頬の赤みと赤ニキビがある方はお手入れに何を優先したら良いかわからなくなりますよね(^^;)

私もあれこれ悩んでニキビ用のものと保湿用のものをミックスさせたり…色々と試行錯誤していました。

私の経験上、スキンケアは保湿優先でお肌を回復させることが、何よりお肌の赤みやニキビ対策になることがわかりました。

毎回、ニキビ用に美白アイテムに手を出すたびに失敗していたので、保湿を確実に行うことを第一に考えてお手入れをしてみてください(^^)

また、お肌の赤みやニキビを改善するためには、化粧水だけでなく、その他にも対策方法は色々とあるので、こちらの記事も参考にしてみてくださいね(^^)→美容部員が教える、ニキビや毛穴トラブルを改善して、赤みを治す方法

まとめ

いかがでしたか?頬の赤みや赤ニキビなど、赤みを伴うお肌トラブルには、とにかく保湿を優先して、お肌を回復させることが重要であるとわかりましたね。

特に化粧水は多くの人が使っているスキンケアアイテムですが、お肌の奥まで潤いを浸透させることが大切なので、保湿力の高いものを選びましょう。

市販のプチプラ化粧水でも優秀なものはたくさんあるので、スキンケアの正しいやり方も身につけて効果を発揮させましょう(^^)

こちらの記事もご覧ください→本当にお肌が変わった、つるつる・もちもちの赤ちゃん肌になる方法