美容部員が教える、顔の乾燥を改善するオイルの使い方

美容や健康に良いということで、世間はオイルブームですよね。スキンケアのアイテムとして、オイルは根強い人気があります。

秋冬になると、顔の乾燥が特に気になりますよね。

また、秋冬のお肌は、夏の疲れを引きづり、乾燥の悪化につながるので、オイルをうまく活用して、顔の乾燥を乗り切りましょう。

今回は、オイルの活用方法やおすすめのオイルをご紹介します。

顔の乾燥の原因は?

お肌の乾燥を感じる方は、水分と油分のバランスがくずれているサインです。

お肌はターンオーバーによって死んだ角質細胞を排出し、新しい細胞をつくりだしています。

その過程で潤い成分もつくられています。しかし、このターンオーバーは環境や生活習慣、間違ったスキンケアによって乱れやすいものです。

そのため、潤いの少ない未熟で不完全な細胞がつくられてしまったり、お肌を守るための皮脂の分泌量が少なくなってしまうこともあります

そうすると、顔の乾燥は進行し、いつまで経っても乾燥が治らない…という悪循環に陥りやすいのです。

乾燥しているお肌は、お肌を守るバリア機能も低下しているため、冬の冷たい空気や風、真夏の強い紫外線、花粉やホコリなどが刺激としてお肌にダイレクトに伝わってしまいます。

顔の乾燥の改善には、オイルを使うと良い?

そんな敏感なお肌や、繰り返す乾燥には「オイル」がおすすめです。

オイルは、環境に左右されて硬くなったお肌をやわらかくしたり、お肌を守るバリアとなってくれたり、水分蒸発を防ぐはたらきがあります。

最近では、良質なオイルを食事やスキンケアに取り入れることは当たり前のようになってきました。

ホホバオイル・アルガンオイル・マカダミアナッツオイル・オリーブオイル・ココナッツオイルなど…オイルの種類も様々です。

そんな顔の乾燥を改善するスキンケアアイテムとして愛用している人も多い、オイルの特徴をまとめてみました。

  • 環境の影響で、縮こまってかたまったお肌をやわらかくする
  • 水分よりも肌になじみやすい
  • 化粧水の浸透を高めるブースター効果が期待できる
  • お肌を守る油分の膜となり、バリア機能を高め、水分蒸発を防ぐ
  • 界面活性剤不使用なのでお肌に優しい
  • 少量で潤うため、長持ちする(コスパも良い)

私のお肌は、1年を通して環境に左右されやすいため、お肌をやわらかくしてスキンケアの浸透を高めるために、オイルを積極的に取り入れています。

お肌にとって、油分の膜は外的刺激から守るためにも、水分蒸発を防ぐためにも必要不可欠です。

しかし、年齢とともに皮脂の分泌量は減少するため、スキンケアで油分を補う必要があります。そんな時にもオイルは役立つのです。

また、乳液やクリームがつくられる時には乳化という工程があり、通常はその時に界面活性剤が使われます。

顔が乾燥して敏感傾向にあると、界面活性剤が刺激物としてお肌に悪影響を与え、肌荒れを悪化させることがあります。

オイルには界面活性剤が使われていないので、その点で安心して使うことができます^ ^(乳液やクリームの中にも、界面活性剤不使用のものもあります。)

顔の乾燥を改善する、オイルの使い方

オイル美容液には様々な良いはたらきがあることがわかりましたね。では、私も実践しているオイル美容液のおすすめの使い方をご紹介します^ ^

スキンケアの導入として

個人的に、オイルは夜のスキンケアの1番最初に使うことが最もおすすめです。

私たちはすっぴんでいる時間よりも、化粧をしている時間の方が長いですよね。

一日中お化粧をしていたお肌は、夜になると疲れ切っており、かたまっているため、スキンケアがうまく浸透しない状態になっています。

そのため、夜のスキンケアは、オイルでお肌をほぐしてから行うと良いです!

また、オイルは出しすぎてしまうとベタベタしてしまいますよね。私はいつも朝は忙しく、バタバタとしているので、勢いでオイルをたくさん出してしまうことがあります。

そうするとお肌がテカテカになり、お化粧がうまくならない…ということになります。私はそんな失敗を何度も繰り返しています(笑)

オイルは量を間違えると悲惨な結果になるので、朝に余裕がない方は、夜用のスキンケア用に使う方が良いでしょう。

使用量が少ない場合は長期保存ができるものがおすすめです。ホホバオイルは、保存期間が1年と長めなのでおすすめです^ ^

マッサージとして

エステでも、全身のオイルマッサージってありますよね。オイルは血行促進もできてマッサージには最適です。

最近のオイルは進化していて、ベタつきの少ないサラッとしたものも本当に多いので、全身のマッサージにおすすめです。

顔のオイルマッサージは贅沢に感じますが、オイルは少量で伸びるので、実はコストパフォーマンスも良いです。

顔用のマッサージクリームを使うことも1つの方法ですが、オイルの方が様々な面で使えるので万能ですよ!1つ持っていて損はないです^ ^

クレンジング〜入浴までの間に

特に顔の乾燥がひどい時、私は家に帰るとすぐにお化粧を落としたくなります。お肌の負担を考えると、お化粧をしている時間は短い方が絶対に良いです。

そのため、家に帰るとすぐにクレンジングをするのですが、入浴は眠る前にしたいため、クレンジングをしてから入浴まで、数時間空くことになります。

その間、乾燥するのでスキンケアをしないわけにはいきませんが、その手間が結構面倒くさいですよね(^^;;

私は、そんな時にオイルを活用しています。オイルは肌馴染みが良くてしっとりするので、入浴までの数時間であればオイルのみの保湿でも十分です。

お肌の負担を軽減できますし、手間もかからないので、かなりおすすめの使い方です!

オイルを使う時の注意点

オイルには良いところがたくさんありますが、使う上で注意すべきところもあります。

クレンジングオイル

クレンジングといえばオイルでしょ!という方も多いと思います。クレンジングオイルの特徴は、お化粧がスルスル馴染む洗浄力の強さと、洗い上がりのサッパリ感です。

しかし、洗い上がりがつっぱるような感覚もありますよね。実は、オイルクレンジングはお肌に必要な油分を奪ってしまうため、顔の乾燥を悪化させる原因になります。

オイルは全てお肌に良いわけではないんですね。顔の乾燥を改善するためには、クレンジングには、ミルクやクリームタイプがおすすめです。

是非、美肌になるための正しいクレンジングのやり方もご確認ください^ ^お肌のターンオーバーが早い原因は?正常化させる方法

オイルのみの保湿

「オイルを使ったら顔が乾燥する」というお話をよく耳にします。そういう方は、オイルのみで保湿しようとしている場合が多いです。

オイルを使うことで油分のお手入れはできますが、乾燥による水分不足は解決しません。

そのため、オイルを使う場合は、化粧水や乳液・クリームと組み合わせて使うことをおすすめします。特に水分保持力を高めるために、セラミド入りの化粧品とセットで使うと、オイルの効果を引き出せます。

セラミドや保湿の基本についてはこちらに詳しくまとめていますお肌のザラザラの原因は乾燥にあり!対策方法は?

オイルのみでは、「完璧な保湿はできない」ということを意識しておきましょう。

保湿したつもりになる

オイルは肌馴染みが良くて、なによりしっとりするので、保湿したつもりになりがちです。

オイルをしっかり使っていれば、他のお手入れはサボっても平気!ということはありません。

オイルは、お手入れの基本である化粧水・乳液・クリームという3つのステップのどこにも分類されまさん。

オイルは導入液や美容液の部類になりますね。オイルを使うとお肌が潤って感じるので、乾燥に気づかない危険性があり、それが最も心配な点です。

そのため、オイルに頼りきったお手入れをしている方は、使い方を見直した方が今後のお肌のために良いでしょう。

乾燥は知らぬ間に進行し、悪化すると治りにくくなってしまうので、スキンケアは正しいステップで行いましょう。

私は美容部員やエステ員の経験があるのですが、そこで学んだ正しいスキンケアの方法をこちらにまとめているので、是非参考にしてみてください^ ^→ 美容部員が教える、お肌に透明感を与えるおすすめのスキンケア

顔の乾燥ケアにおすすめのオイル☆

数ある美容オイルの中でも「メルヴィータのビオオイルアルガンオイル」は、おすすめアイテムです♪

メルヴィータのオイルはエコサート認証を受けた100%オーガニックオイルなんですよ。

メルヴィータは、完熟するまで育った実だけをひとつひとつ手で収穫し、低温圧搾の一番搾りだけを使用しており、心地よい使用感を保つために二度濾過しています。

品質検査も欠かさず行い、非常に手間暇かけて作られた、安全性の高い高品質オイルです。

私も愛用していますが、少量でもたっぷり潤う保湿力とコスパの良さには驚きました!

サイズ感も50mlでちょうど良いサイズ感で、手の届きやすい3500円という価格帯も魅力的です☆

持ち歩きもしやすいサイズ感で、泊まりの時もこの1本さえあれば、肌の保湿からヘアケアまで任せられます(^^)

ご興味のある方はこちらの記事もご覧ください『メルヴィータ ビオオイル アルガンオイル』の口コミ・評判まとめ◎

まとめ

美容や健康に人気のオイルですが、乾燥の改善にも効果が期待できるとわかりましたね。

オイルは、顔の乾燥によって硬くなったお肌を柔らかくしたり、バリア機能や水分保持力を高めるはたらきがあります。

オイルを使う上では注意点もありますが、是非うまく活用して美肌を目指していきましょう!

こちらの記事もご覧ください馬油で顔の乾燥を改善しよう!馬油の特徴やおすすめの使い方は?