顔の乾燥は病気のサイン?乾燥の症状が出る病気とは?

乾燥肌がなかなか治らない…お手入れをしても、ひどい乾燥状態が改善されないこともありますよね。

顔の乾燥は、環境や生活習慣、スキンケアが原因で起こることが多いですが、もしかしたらただの乾燥ではなく、病気の症状の1つかもしれません。

今回は、乾燥が症状の一つとして起こる、病気についてお伝えします。

顔の乾燥の原因を探ろう!

顔の乾燥の原因は、多くの人は環境や生活習慣、間違ったスキンケアによって起こるパターンが多いです。

私たちのお肌は、古い細胞を排出し、新しい細胞を生み出す、ターンオーバーによってつくられています。

顔の乾燥は、ターンオーバーの乱れによって水分と油分のバランスが崩れ、お肌を外的刺激から守る、バリア機能が低下している状態です。

このターンオーバーは、様々な原因によって乱れやすいため、私たちはいつ顔の乾燥を感じてもおかしくない環境にいます。

顔の乾燥は、病気の可能性も1つとして考えられますが、まずはご自身のスキンケアや生活習慣に、乾燥を招く原因がないかみてみましょう。乾燥の原因には以下のようなものがあります。

  • 偏った食生活
  • 睡眠不足
  • 運動不足
  • 過剰なストレス
  • 間違ったスキンケア

これらの改善に役立ちそうな記事があるのでご確認ください(^^)

食生活→顔の乾燥を改善する「食べ物・食べ方・整え方」徹底ガイド!

ストレス→顔の乾燥はストレスで悪化する?ストレスの対策や発散する秘訣とは?

特にスキンケアは、毎日行うものですが、自己流で行なっている方も多いと思うので、正しい方法を一度確認しておいてください。

正しい保湿→顔の乾燥を改善する、保湿のお手入れ完全版!

正しい洗顔→美容部員が教える、顔の乾燥を改善する洗顔の秘訣とは?

また、乾燥は季節的な原因もありますから、以下の点もチェックしてみてください。

  • 春の花粉
  • 夏の強い紫外線や冷房
  • 秋の花粉
  • 冬の乾燥した空気や暖房

エアコンで顔の乾燥が進行する!美容部員が教える、乾かない秘訣とは?

顔の乾燥は予防できる!冬の乾燥からお肌を守る方法

乾燥が症状の1つとしてみられる病気

症状の改善が見られない場合は、病気の可能性もあります。乾燥が症状の1つとしてみられる病気についてお伝えします。

皮脂欠乏性湿疹

お肌の表面の油分が少なく、水分蒸発もしやすく、乾燥してガサガサしてしまいます。赤みやひび割れ、強いかゆみが出ます。

シェーグレン症候群

肌の乾燥に加えて、唾液や涙の量が減少します。口が乾きやすくなったり、目も乾きやすくなります。

自覚症状が出やすいので、ご自身でも気づきやすいはずです。原因は不明です。

脂漏性皮膚炎

カビが原因で、カサカサしたり、かゆみや炎症が出てしまいます。Tゾーンや小鼻に症状が出やすいです。

甲状腺機能低下症

甲状腺ホルモンの分泌量が減少して起こります。様々な症状が起きます。

  • 肌がカサカサする
  • かゆみが出る
  • 代謝の低下
  • 精神機能の低下
  • 眠気
  • 体温の低下
  • むくみ
  • まぶたが腫れる

自覚症状が出やすいので、「おかしいな」と思ったら病院へ行きましょう。

乾癬

乾癬は、慢性的な皮膚の病気です。皮膚が赤く盛り上がり、表面が白い垢となってボロボロ剥がれ落ちます。半数の人がかゆみを伴います。

原因は解明されておらず、体質やストレスや環境問、食生活などが関係していると言われています。

内臓疾患による乾燥

乾燥が症状の1つとして出る病気の中には、内臓疾患によるものもあります。

デルマドローム

肌は内臓を映す鏡とも言われているので、内臓のトラブルがお肌に現れることも多いのです。

デルマドロームは、皮膚が黒ずんで分厚くなったり、イボがたくさんできたりします。

また、上瞼が赤紫に腫れたり、筋力が低下するといった症状もあります。

ホルモンバランスが乱れ、内分泌異常や代謝異常が起こります。お肌の保湿成分が生成されなくなります。

悪性腫瘍が存在する時に現れる皮膚の症状のことも言います。つまり、ガンのサインです。

まとめ

いかがでしたか?顔の乾燥の原因は様々ですが、病気による症状の1つということもあります。

この場合は放っておくと症状が悪化する可能性がありますから、速やかに病院を受診するようにしましょう。

こちらの記事もご覧ください→顔の乾燥や痛みにはヒルロイドがおすすめ!皮膚科の薬を活用しよう