蒸しタオルで顔の乾燥の改善をサポート!美肌になれる蒸しタオルの使い方

スキンケアやメイクの前、洗顔の変わりなど、蒸しタオルを使った美容法は自宅でも簡単に取り入れられます。

蒸しタオルは、エステの施術にも使われたりもする、立派な美容法なんです。

そんな蒸しタオルを使った美容法は、顔の乾燥にも効果が期待できそうです。詳しくみていきましょう。

蒸しタオルの役割

まずは、蒸しタオルの役割を知りましょう。蒸しタオルは、蒸気の力で、凝り固まった硬いお肌を和らげるはたらきがあります。

そうすると、お肌の血行が促進されるので、潤い成分の生成を促し、土台であるターンオーバーを正常に保つ手助けをすることができます。

また、蒸気がバリア機能をゆるめるので、水分を角層に浸透しやすくします。これは顔の乾燥を改善するためにはとても重要なポイントです。

実は、角層の水分保持力は、顔の乾燥を改善する決め手になるんですよ。

私たちのお肌は、もともと外部からの水分が浸透しにくいような構造になっています。そのため、蒸しタオルを使うことで、化粧水などの水分を受け入れやすい体制を整えることができます。

例えば、プールのお水よりも、お風呂の湯船に浸かる方がお肌がふやけやすいことからもわかるように、冷たい水よりも、あたたかいお湯や蒸気の方が、お肌は受け入れやすいのです。

顔の乾燥の改善をサポートする、蒸しタオルの正しい使い方

蒸しタオルには、お肌を柔らかくして、スキンケアの浸透を高めたり、血行促進によってターンオーバーを整えるはたらきがあるとわかりました。

蒸しタオルは、お肌にのせておくだけで良いので、お肌にとって負担が少ない点も魅力的です。

これらのことから、蒸しタオルは、顔の乾燥を改善する1つのお手入れ方法といえるでしょう。

では蒸しタオルを使う際、効果感を感じやすいタイミングや正しい使い方をお伝えします。

朝のスキンケアの前

時間に余裕があれば、朝のスキンケアの前に蒸しタオルを使うと、スキンケアとお化粧のノリがグーンとアップします。

実は、朝のスキンケアは、急いでいると適当になりがちですが、とても重要なんです。日中は顔の乾燥を1番感じやすく、お肌にとって最も負担がかかります。

その積み重ねから、顔の乾燥の悪化や、化粧崩れ、エイジングの進行に繋がってしまいます。

そのため、日中はお肌が快適に過ごせる状態をつくってあげる必要があります。まずは朝のスキンケアで土台を整えることが何よりも大切なんです。

その手助けとして、蒸しタオルを活用し、朝のスキンケアの浸透を高めてあげましょう!

角質ケアの前

角質ケアは、毛穴の奥に詰まった汚れや皮脂、角栓を取り除くお手入れです。

特に、毛穴の黒ずみは酸化して黒く硬くなっているので、取り出しにくくなっています。

しかし、無理やり取り除こうとするとお肌を傷つけてしまいますし、赤みや色素沈着として跡が残ってしまいます。

そのため、角質ケアの前には蒸しタオルをしてお肌を柔らかくしてあげましょう。毛穴が開くので角質ケアの効果を高めるお手伝いができます。

角質ケアは、週に1回程度行うことで、お肌をリセットさせることができます。角質溜まりは、脂性肌の方に多い症状に思われますが、乾燥肌の人でも角質は溜まりますし、黒ずみもできます。

原因は、顔の乾燥から、お肌を守ろうとして過剰に皮脂を分泌してしまうからです。そのため、乾燥肌の方でも部分的な皮脂詰まりや黒ずみ、ごわつきを感じる方は多いです。

顔の乾燥がひどく、赤みやかゆみ、ヒリヒリとした痛みを伴う場合は角質ケアは控えていただきたいのですが、そういった症状がなければ定期的な角質ケアは美肌に導いてくれます。

角質ケアには色々と種類があるので、お肌質に合わせて選んでみてください(^^)

お肌のザラザラはスクラブ洗顔で改善できる!美容部員の角質ケア事情

→お肌のザラザラを改善!正しいピーリングのやり方とは?

是非、蒸しタオルをうまく活用して角質ケアの効率をあげましょう!

クレンジングの前

クレンジングをするとき、なかなかクレンジング料がお肌に馴染まないことってありますよね。

顔が乾燥している方は、お肌が硬く、血行不良から冷たくなっている場合が多いです。

また、特に冬場はクレンジング料自体が硬く冷たくなっているんです。

そうすると、お肌にクレンジング料とメイクが馴染むまでに時間と摩擦がかかりますよね。それを軽減するために、クレンジングの前に蒸しタオルを使うと、クレンジングとメイクが馴染みやすくなります。

この場合、ファンデーションがタオルについてしまうので、そこが気になる方はお風呂の湯船や、熱いお湯を洗面器に入れ、その蒸気を浴びながらクレンジングをしてみてください。

蒸しタオルは顔の乾燥を悪化させる危険性も

蒸しタオルは、活用の仕方次第で、顔の乾燥の改善をサポートしてくれる美容法の1つです。

しかし、やり方を間違うと顔の乾燥を悪化させる原因にもなります。ここでは、蒸しタオルを使うときの注意点をいくつかお伝えします。

  • 蒸しタオルは週に2・3回までにする
  • 熱すぎる蒸しタオルを顔にのせない
  • 蒸しタオルでゴシゴシ顔をふかない
  • 蒸しタオルを顔に長時間のせない
  • 蒸しタオル後、お肌を放置しない

蒸しタオルは、トラブル改善の手助けをしてくれますが、間違ったやり方をすると、お肌の負担になります。

蒸しタオルは、水に浸したタオルを絞り、500wのレンジで30秒〜1分ほど温めたものを使用しましょう。

軽く冷まして、顔にのせて気持ち良いと感じる温度がベストです。顔にのせるだけで、十分効果を得られるので、ふいたり、こすったりしないようしましょう。

蒸しタオルの使用後は、なるべく早くスキンケアをして、お肌を放置しないようにしてください。蒸しタオルの後は、バリア機能が緩んでいるので、放置すると水洗いの後よりも、危険性が高いです。

蒸しタオルは、お肌トラブルの改善だけでなく、リラックス効果も得られます。私はエステ員の経験がありますが、施術の際、お客様のデコルテまで蒸しタオルを使っていました。

タオルにアロマの香り付けもしていたのでリラックス効果は特に高かったと思います。蒸しタオルは自宅で簡単にできる、プチ贅沢な美容法ですね(^^)是非うまく活用してみてください。

蒸しタオルだけでは顔の乾燥を改善できない

顔の乾燥の改善を手助けしてくれる蒸しタオルですが、残念ながらそれだけでは顔の乾燥は改善できません。

しかし、蒸しタオルを使うことで、スキンケアをワンラックグレードアップさせることはできます。

お肌の潤いを高めるためには、化粧水→乳液→クリームの3ステップによる保湿と、正しいクレンジングと洗顔が必須です。

是非、改めて正しいお手入れ方法を確認してみてください。

クレンジング・洗顔→美容部員が教える、顔の乾燥を改善する洗顔の秘訣とは?

保湿→顔の乾燥を改善する、保湿のお手入れ完全版!

蒸しタオルは、顔の乾燥の改善をサポートする美容法の1つとして捉えておきましょう。

まとめ

いかがでしたか?蒸しタオルは、うまく活用することで、顔の乾燥の改善に役立つことがわかりましたね。

自宅でも、コストがかからずに簡単に取り入れられますし、スキンケアの効果もワンラックアップさせることができるので、是非活用してみてください(^^)

コストがかからずに全身保湿ができるものは他にもあります!気になる方はこちらをご覧くださいね(^^)→顔の乾燥を改善する「食べ物・食べ方・整え方」徹底ガイド!