美髪効果大!市販でオススメのトリートメント☆10選!(インバス・アウトバス)

みなさんは、髪の毛のケアに「トリートメント」を使っていますか?

髪のケアは、肌と比べて、つい後回しにしてしまいがちです。

トリートメントには、髪に栄養を与え、ダメージを補正してくれるはたらきがあります。

髪の毛は様々な原因で傷みやすいので、綺麗な髪を維持するためには、トリートメントを使いましょう♪

ヘアケアをしている人としていない人とでは、髪質に大きな差がでてきます!

枝毛、切れ毛、パサつき、広がりやすい…などのお悩みなど、自分の状態に合ったトリートメントを使うと効果的ですよ☆

今回は、トリートメントを選ぶポイントや正しい使い方の手順、市販でオススメのインバストリートメント・アウトバストリートメントをご紹介します。

トリートメントにはどんな効果があるの?

トリートメントって、に良いイメージがありますが、実際どんな効果があるのでしょうか?

トリートメントは、痛んだ髪を補正ながら、髪本来の健康な状態に導くアイテムです。

ちなみに、コンディショナーは「髪の表面を整える」役割がありますが、トリートメントには、栄養を髪の深部まで浸透させて、ダメージを補正するはたらきがあります。

また、髪の表面をコーティングすることで、キューティクルを整え、傷んでキシキシ、パサついた髪の毛を、ツヤと潤いのある滑らかな髪に整えてくれるのです。

このように、トリートメントにはコンディショナーよりも、髪の状態をより良い状態に整える効果が期待できます。

パーマやカラーリング、日々のスタイリングやドライヤーの熱、乾燥、紫外線、摩擦など、様々な原因で傷みやすくなっています。

また、トリートメントは、癖毛や髪の広がりなど、もともとの髪質のお悩みにも効果的です。

トリートメントを使っている人と、使っていない人とでは、髪のダメージや見た目にも大きな差が開くので、しっかりケアしていきましょう!

トリートメントは価格や種類も様々!自分にピッタリのトリートメントを選ぶコツ☆

トリートメントは、種類も価格も様々です。

トリートメントは、コンディショナーの代わりに使うインバストリートメントもあれば、洗い流さないタイプのアウトバストリートメントもあります。

髪に栄養を浸透させてダメージケアをするにはインバスタイプ、髪を保護して表面のツヤを出すにはアウトバスタイプが向いています。

それぞれに、得意分野が異なるので、ダブルで使うとより効果的です☆

また、決して、価格が高いから髪に良いというわけではないので、自分の髪質や髪のお悩み、使い心地などに合わせて選ぶことが重要です。特に、

  • 髪の傷み具合
  • どんな髪になりたいか
  • 使い勝手

などをポイントに選びましょう!

化粧品でも〇〇肌タイプなどがあるのと同じで、トリートメントも、髪質によって向き不向きがあります。

ダメージ具合や、どんな髪になりたいかによっても、選ぶアイテムは変わってきます。

とはいえ、髪質やダメージ具合は、自分ではよくわからないと思うので、美容院に行った時に、美容師さんに髪質や今のダメージ具合について教えてもらいましょう。

傷みがひどいようであれば、ハイダメージケアができるものを選んだり、特に気になるお悩みがあれば、それに特化したもの、全体的に予防できて、幅広いお悩みに効くもの…など、

髪の状態に合ったトリートメントを選べると、より効果も実感しやすいでしょう。

使い心地も良ければ尚良いですね(^^)

市販でオススメの【インバストリートメント】☆5選!

まずは、洗い流すタイプのインバストリートメントの中からオススメ品をご紹介します。

髪の内部補正がメインになってきます。成分をうまく吸収するには、同メーカーのシャンプーと組み合わせるとより効果的です☆

フィーノ プレミアムタッチ浸透美容液ヘアマスク 1058円

傷みきった毛先まで、根元と同じくらいなめらかに整える、資生堂 フィーノのヘアマスクです 。

7つの美容液成分(ローヤルゼリーEX、トレハロース、PCA、フィトステリル誘導体、リピジュアEX、スクワラン、グルタミン酸)が髪の毛1本1本に馴染み、トリートメント効果はバッチリ☆

ハイダメージの方にオススメです。

パンテーン エクストラダメージケア デイリー補修トリートメント ※オープン価格 900円前後

ダメージ部分のわずか1000分の1以下という、超微細の粒子が、ダメージを補修します。

ミクロレベルのダメージ部分にも、隅々まで浸透し、補修してくれます。

切れ毛、枝毛等などのダメージが気になる方におすすめです。

ツバキ プレミアムリペアマスク 1180円

補修力や保湿効果の優れた、濃密な美容成分を独自の革新浸透テクノロジーで、瞬時に髪にたっぷり浸透させます。

瞬間ダメージケアができるので、すぐに洗い流せます。

お手入れに時間がかけられなくても、サロン帰りのような髪の毛に導いてくれます。

忙しい方のダメージケアにもオススメです♪

ロレッタ うるうるしたい日のトリートメント

保湿成分のシアバターや、トゥルトゥルのツヤ髪に整えるインカインチオイル、ルーピンオイル、ダマスクローズオイルを配合しています。

毛先まで、しっとりと潤い、まとまりのある髪に仕上げます。

毛先のダメージが目立つ方、パサついて広がる方にオススメです。

240g・2400円 / 400g・3000円 / 500g・4000円

ロレアル パリ エルセーヴ ダメージケアPROEX ディープリペアヘアパック  ※オープン価格 700円〜800円前後

ダメージで失われたセラミドを埋めるように補修する、ロレアル独自有用成分のセメントセラミドを配合しています。

枝毛・切れ毛、ごわつき、パサつき、指通りの悪いひどく傷んだ髪も集中補修し、毛先までしっとりサラサラの、なめらかでまとまりやすい髪に整えます。

さまざまな髪のお悩みに対応できるトリートメントです。

市販でオススメの【アウトバストリートメント】☆5選!

続いて、洗い流し不要なアウトバストリートメントの中からオススメ品をご紹介します。

髪の毛の保護がメインになるので、ダメージの予防にも最適です。

モロッカンオイル/モロッカンオイル トリートメント

保湿成分のアルガンオイル、脂肪酸、オメガ3オイル、補修成分のプロテイン、ビタミン系の美容成分を豊富に配合し、髪のコンディションを整えます。

今や美肌や美髪ケアには欠かせないアルガンオイルは、まさにモロッカンオイルから流行り始めたといっても過言ではありません。

素早く馴染み、使えば使うほど髪が潤い、まとまりやすく、指通りも良くなります。

幅広い髪質の方に使いやすく、トリートメント以外にも、スタイリング剤としても使えます。

 25ml・1600円 / 100ml・4300円

マンダム ルシードエル オイルトリートメント #EXヘアオイル  1200円

超高圧処理済みのアルガンオイル配合のヘアオイルです。

髪1本1本を潤いコーティングすることで、軽くサラサラな指通りが叶うため、オイルとは思えないほどの軽い着け心地が特徴的です。

オイルは間違うと、つけた時にギラついてしまいますが、こちらは程よいツヤ感のある髪に整えてくれます。

ヒートプロテクト処方とUVカット処方で、ブローと紫外線からも髪を守ります。

ロレアル パリ エクストラオーディナリー オイル エクラアンペリアル 艶髪オイル

しっとりだけどベタつかない、トリートメントとしてもスタイリング剤としても使えるヘアオイルです。

シャインミラーテクノロジーで、髪の毛1本1本の表面を整えて光を反射し、どの角度からでも輝くツヤ髪へ導きます。

フレンチローズの香りは可愛いパッケージも人気の秘密です。

30ml・900円 / 100ml・1900円

ミルボン ディーセス エルジューダ エマルジョン+ 2600円

「忙しくても女性らしく!」を叶える、ミルボンの洗い流さないトリートメントです。

「グレイスブレンド処方」によって、伸び・保湿・密着する3種のオイルをブレンドし、乾かすだけで柔らかい髪に整えます。

CMADK(カルボキシメチルジスルフィドケラチン)が、髪の毛のダメージを補修し、髪を強くしてくれます。

髪の大部分は、ケラチンタンパク質によって構成されていますが、ケラチンは、日々のシャンプーで落ちてしまいます。

CMADKは、髪の内部まで浸透し、ダメージを補正する効果と、髪に留まりやすい性質があるので、使い続けるにつれて、根元から毛先まで健康で美しい状態に導いてくれるのです。

ゆず油 無添加ヘアオイル 1000円

国産のゆず油や、植物原料でつくった100%自然由来の無添加ヘアオイルです。

髪や頭皮の刺激となり得る、シリコン・合成香料・着色料・鉱物油・紫外線吸収剤・パラベンを使用せず、髪に優しい処方になっています。

オイルだけど、サラっと伸びや馴染みの良いオイルとなっており、仕上がりも軽やかなので使いやすいです。

切れ毛や枝毛、髪のパサつきや広がり、頭皮ケアなど、幅広いヘアケアが可能です。

1本でトリートメント・スタイリング・オイルパック・頭皮マッサージの4役が可能なので、1つもっていると大変活用し甲斐があります。

さわやかな柚子の香りが心地よいです◎

トリートメントの正しい使い方の手順☆

トリートメントの正しい付け方を確認しておきましょう。

特に気をつけたいのは、インバストリートメントです。

  1. 髪の毛の水気をよくきる
  2. マッサージをするように優しく揉み込む
  3. 髪の中間〜毛先に馴染ませる
  4. 放置時間は〜10分くらいまでにする
  5. 優しく洗い流す(流しすぎに注意)

髪の毛に水気がたっぷり残っていると、トリートメントの有効成分が内部に浸透しにくくなってしまうので、髪の毛を絞ってからトリートメントを馴染ませましょう。

揉み込むように馴染ませることで、髪の内側までしっかり浸透してくれます。

トリートメントは、基本的に髪の毛の中間〜毛先に使用します。頭皮にベッタリつけてしまうと、毛穴を詰まらせてしまう原因になるので気をつけましょう。

また、インバストリートメントは、洗い流すまでの放置時間も注意です!

あまり長い時間放置すると、髪にとって負担がかかることも。使用するトリートメントの説明書を読んで、放置時間を確認してから使いましょう。

洗い流すときは、有効成分を落としきらないように、すすぎすぎにも注意です!

アウトバストリートメントの場合は、洗い流さないので、つけすぎてテカテカにならないように気をつけてください。

こちらも、傷みやすい毛先を保護するために、中間〜毛先にかけて馴染ませましょう♪

トリートメントは毎日すると良い?

トリートメントは毎日使った方が良いのか?については様々な意見があります。

これは、髪の傷み具合で決めましょう。かなり痛んでいる場合は、トリートメントを毎日使ってダメージケアをした方が良いですが、そこまで気にならないのであれば、週に数回のケアで十分です。

ちなみに、私はインバストリートメントもアウトバストリートメントも両方使っていますが、インバストリートメントは週に数回、アウトバストリートメントは毎日使っています。

インバストリートメントは、スペシャルケアとして、週に数回コンディショナーの代わりに、髪にじっくり浸透させて使っています。

私は、毎日だと時間がかけられないので、毎日のお手入れが適当中途になってしまくらいなら、週に数回じっくりお手入れができる方が、髪にとっても良いと思っています。

また、コンディショナーと比べると、トリートメントは価格がお高めなので、毎日使うのは金銭的に負担がかかります。

トリートメントは、毎日ケチケチ使うくらいなら、時々でもたっぷり使ってお手入れする方が良いですよ!

アウトバストリートメントに関しては、髪の毛を保護してれるので、ドライヤーやスタイリング、紫外線による髪の傷みから守ってくれますし、パサつきも目立たなくなるので、毎日でも使いやすくてオススメです。

髪の毛は、見た目の印象も大事なので、私はツヤ感はかなり重視しています。

私は、毛先の広がりや傷みが目立つのが嫌なので、人の目に触れる日中は、髪の毛の保護をしつつ、見た目の印象も良いアウトバストリートメントを毎日使うようにしています。

アウトバストリートメントは、髪になじませるだけなので、手間もかからず、面倒くさがりやさんにもオススメですよ^_^

まとめ

いかがでしたか?トリートメントは、痛んだ髪の毛に栄養を与え、内側からダメージを補正し、健康な状態に整える効果があります。

カラーリングやパーマ、コテなどのスタイリング、紫外線や乾燥、摩擦などで傷みやすい方は、日々のヘアケアにトリートメントを使うことで、徐々に潤いやツヤを取り戻していきます。

トリートメントの種類や使用頻度は、髪の状態に合わせて変えていきましょう♪

是非、市販でおすすめのトリートメントも参考にしてみてくださいね。

こちらの記事もご覧ください髪が綺麗になる☆市販でオススメのアミノ酸シャンプー5選!