肌のくすみの原因は糖化?糖化を対策してくすみ肌から抜け出そう!

「最近肌がくすんでいるような気がする…」と感じていませんか?

肌は年齢とともに老化していきますが、くすみの原因は、肌の「糖化」が大きく関係しています。

今回は、肌のくすみの原因となる糖化について、対策方法も詳しくお伝えしていきます。

お肌の「くすみ」の原因とは?

お肌悩みの1つにあげられる「くすみ」。

くすんだお肌は、顔色が悪くみえたり、暗い印象を与えてしまいます。例えば、

  • 肌に明るさがなく、暗く感じる
  • 色むらがある
  • 肌色が黄色っぽい

と感じている方は、肌がくすんでいるサインと言えるでしょう。

このような「くすみ肌」は、肌の老化が関係しています。

肌老化の3大原因は、「加齢・酸化・糖化」と言われており、加齢によるシワ・シミ・たるみ、酸化による肌の錆び、糖化によって肌がコゲることで、肌は衰えてしまうのです。

特に、「糖化」は肌をくすませる大きな原因となり、美肌の条件である「透明感」を失い、肌の均一さや明るさもなくなってしまうんです。

「糖化」するとお肌はどうなる?

糖化は老化現象の1つで、肌に悪影響を与える「美肌の大敵」です!

糖化は、「肌がコゲること」とお伝えしましたが、糖化は「砂糖を火にかけると茶色く焦げる現象と同じ」です。

お肌の糖とタンパク質が結びつき、血糖値が上昇して体温によって熱を与えることで、肌のタンパク質が焦げて茶色くなるんです。

肌のタンパク質というのは、具体的に言うと、お肌の保湿やハリ弾力を保つために必要な「コラーゲン」や「エラスチン」です。

糖化によって肌内部のコラーゲンやエラスチンが劣化し、潤いやハリ弾力が失われ、くすみや乾燥・シワ・たるみといったエイジングトラブルに繋がっていきます。

また、糖化は肌内部だけでなく、肌表面でも起こります。

美肌づくりに必要な肌の成分が、糖化によって劣化し、黄色や茶色に変化するので、そのままお肌の「くすみ」として肌表面に表れてしまうのです。

また、糖化によってターンオーバーの乱れやバリア機能も低下しやすくなるので、その他にも様々な肌トラブルが起こりやすくなってしまうんですよ。

糖化したお肌を放っておくと…

糖化が原因で、美肌に欠かせないタンパク質(コラーゲンやエラスチン)が焦げ付くことで、肌が「くすむ」ことがわかりましたね。

その他にも、糖化による肌への悪影響は様々にありました。

「肌のくすみを感じている方」、「そろそろエイジングトラブルが気になる」という方は、「糖化」を放っておくと、どんどんその症状が悪化して、取り返しのつかないことになってしまう可能性があります。

なぜなら、コラーゲンやエラスチンなどの保湿成分は、年齢とともにどんどん減少していくからです。

美肌を保つ成分が少なくなる上に、糖化も加わって劣化したら、当たり前ですが肌老化のスピードはどんどん加速していきます。

肌のくすみは、40代以降のエイジング世代に見られる傾向にありますが、最近では20代や30代の女性でも、くすみに悩む人が増えてきています。

若くてもお肌が黄ぐすんで疲れて見える方もいれば、年齢を重ねた方でも明るくて透明感がある方もいますよね。この差は、糖化が大きく関係しています。

老化は加齢によるものだけではないということを覚えておきましょう!「まだ若いから大丈夫!」と思っていると危険です。

糖化によるくすみや肌老化は、対策次第で予防することができるので、実年齢よりも若々しくあり続けるために、日々の生活の中で工夫をしていきましょう!

糖化の2大要因を予防とは?

糖質とタンパク質が結びつくことで糖化が起こりますが、糖質そのものにはなんら問題はありません。糖質はエネルギー源として大切な役割があります。

問題なのは、糖質を取りすぎてしまうことです。体の中に糖質が多い状態が続けば続くほど、糖化の危険性は高まってくるのです。

糖化を対策するために意識したいのは「血糖値の上昇を防ぐこと」と、「AGEs(劣化したタンパク質)」を増やさないことです。

血糖値

血糖値とは、血液中に含まれるブドウ糖の量のことです。

「血糖値が上がる=体内に糖質が多すぎる状態」になるので、糖化の危険度が高まります。

血糖値を上げすぎないこと、上げた状態が長引かないことが大事です。

血糖値を上げない方法は様々にあるので、ご紹介していきますね。

AGEs

糖化によって劣化したタンパク質をAGEsと言います。これは体のあちこちに溜まってなかなか排出されません。

AGEsは血管を老化させるので、肌に必要な栄養素を届けられず、肌のくすみやエイジングトラブルがなかなか治らない原因にもなってしまうんです。

肌のくすみやトラブルの進行を食い止めるためにも、AGEsを増やさないように対策をしていかなければなりませんね!

ちょっとした工夫で変わる!糖化を対策する方法☆

くすみやエイジングトラブルを進行させないために、日々の生活の中で、糖化を予防する方法をご紹介します。

食事は野菜から食べる

食べ順は、血糖値の上昇にも大きく関わっています。ベジタブルファーストと言って、野菜から食べることで、血糖値の上昇を緩やかに保つことができるんですよ。

血糖値の高い時間を少なくすることで、糖化を予防します。

これくらいなら、毎食ちょっと意識するだけで続けられそうですよね(^^)

糖の摂りすぎを控える

糖の取り過ぎを控えれば、体内に余分な糖の量が減るので、糖化の予防になります。

  • 炭水化物メインの食事が多い方
  • 甘い食べ物や飲み物をよく摂り入れる方
  • スナック菓子などの間食が多い方
  • 飴やガムなど、常に口に何か入れている方

などは、無理のない範囲で糖質制限をするのもおすすめです!→糖化対策でツルツル美肌に!糖質制限で感じたお肌変化とは?

GI値の高い食品を控え、GI値の低い食品を食べる

GI値の低い食べ物は、血糖値を上げにくい性質があります。

GI値の高い食べ物…白米、食パン、うどん、もち、じゃがいも、人参、チョコレート、ドーナツ、アイスクリーム、ショートケーキ

GI値の低い食べ物…玄米、お粥、そば、中華麺、きのこ類、小松菜、ほうれん草、キャベツ、ブロッコリー、レタス、ネギ、肉や魚類全般、豆腐、納豆、ココア、コーヒー、プリン、ゼリー

こういったデータは気にし過ぎてもよくありませんが、私は、1日1食はGI値の低い食べ物を意識して摂るように意識しています。

わたしは、毎日食べる炭水化物のGI値が高いものばかりなので、摂りすぎないようにしたり、雑炊や、豆腐で置き換えたりもしていますよ。

抗糖化効果のある食べ物を摂り入れる

AGEsをこれ以上溜め込まないように、抗糖化作用のある食べ物を摂り入れるのも効果的です。

  • 鶏のささみ
  • 大豆製品
  • ルイボス
  • ブルーベリー
  • お酢
  • 柑橘類

これらの食べ物は、AGEsを除去するはたらきがあります。

AGEsの多い食品を控え、AGEsの少ない食品を摂り入れる

AGEsは体内でつくられるだけでなく、食べ物にも含まれているんです!

糖質を控えるだけではなく、AGEsが多く含まれる食べ物を控えることも、糖化対策には大切なんですよ。

AGEsを多く含む食べ物…ベーコン・肉・魚・マヨネーズ・チーズ

一方で、AGEsの少ない食べ物もあります。

AGEsの含有量が少ない食べ物…卵・大豆製品・野菜・果物・牛乳

これらの食べ物は、是非積極的に摂り入れたいですね(^^)

調理方法でAGEsの量は抑えられる

AGEsは、加熱をする事で増えてしまいます。「煮る・焼く・揚げる」といった3つの調理方法を比較すると、AGEsが少なくて済むのが「煮る調理」、AGEsが最も多く増えるのが「揚げる調理」です。

例えば、鶏肉であれば、唐揚げを控えて、茹でた蒸し鶏(サラダチキンなど)を食べることで糖化を抑えることができるんです^_^

電子レンジに注意!温め直しでAGEsが増える

電子レンジなどは便利ですが、高温で温めると、一度でもAGEsは増加してしまいます。

また、冷めてしまったものを温めなおすたびに増加するので、注意が必要です。

電子レンジは毎日のように使う方も多いと思うので、日々の積み重ねで糖化の危険度を高めています。

わたしは、作りおきを温め直すことが多いのですが、なるべく休みの日は、その場でつくったものを1度に食べきるように工夫しています。

間食は控える

血糖値は食事をするたびに上がるので、間食が多い方は、血糖値が高い状態をキープしている状態になりやすいです。

おやつは、時間をあけて食べるのではなく、食後のデザートとして食べたり、GI値の低いプリンやゼリーなどを食べるのも効果的です!

砂糖入りのジュースをお茶に切り替える

砂糖入りの飲み物は、無意識に摂取しがち。コーヒーや紅茶に入れる砂糖や、甘いジュースも、頻繁に飲むようであれば、食事をしていなくても血糖値を上げた状態を保ってしまいます。

飲み物は、お茶やお水をメインに切り替えるだけでも効果があります!

私は、水やお茶をメインに甘い飲み物は1日1〜2杯までにしています。お茶も色々と種類を変えて、飽きないように工夫すると、続けやすいですよ(^^)

食後は軽い運動をする

運動といっても、お皿を洗い場までもっていくとか、食器を洗うとか、ちょっと掃除をするといった家事でも血糖値を下げてくれます。

激しい運動をする必要はないので、毎日続けられる簡単なものでOK!

わたしは、日常の家事やストレッチ、できるときは30分くらいのウォーキングを意識して取り入れています!

また、おすすめはラジオ体操!YouTubeにも動画が上がってます^_^5分程でできます!

くすみ対策にはコラーゲンケアも加えて◎

肌のくすみ対策を強化するなら、糖化対策に加えて、コラーゲンを補うのもおすすめです!

糖化を防ぐためには、食生活や運動による対策がメインになってきますが、ある程度の対策ができたら、不足してしまったコラーゲンを補うことで、肌の保湿力を高めていきましょう!

食生活の改善ができないままコラーゲンを補っても、体内の余分な糖と結びついてしまうので意味がありません。

糖化対策ができていれば、コラーゲンを補うことで肌は潤ってターンオーバーやバリア機能も強化できるので美肌力が高まります!くすみの改善にも効果的です(^^)

コラーゲンを効率的に補う方法としては、サプリメントがおすすめです!

みなさんは、コラーゲンサプリメントの「すっぽん小町」をご存知ですか?

すっぽん小町は、良質なコラーゲンの素となるアミノ酸をバランスよく豊富に含んでおり、美肌効果や疲労回復効果などが期待できます!

化粧品よりも、食べ物よりも、サプリメントで内側から補うことで、全身のコラーゲンケアができます。

すっぽん小町は成分の良質さゆえに、必要なところにしっかり届いて効いてくれるので、くすみやエイジングトラブルの起こりにくい、お肌の土台づくりをサポートしてくれます♪

お肌の不調を感じている方は、糖化対策とあわせて是非、コラーゲンケアも取り入れてみてくださいね(^^)

ご興味のある方はこちらの記事もご覧ください→コラーゲンサプリメント「すっぽん小町」の口コミ・評判を教えます

まとめ

いかがでしたか?今回は、美肌の大敵である糖化についてお伝えしました。糖化は、肌のくすみやエイジングトラブルの原因にもなり、日々蓄積されています。

くすみのあるお肌は、暗い印象や老けた印象を与えてしまうので、日々の食生活や運動などで予防をしていきましょう!

こちらの記事もご覧ください→お肌のくすみに効く、おすすめの化粧下地・美白化粧品11選☆