椅子に座ってできる!ふくらはぎのストレッチ&マッサージ☆

夕方になると、ふくらはぎがむくんでパンパンになってしまう…。

そんなお悩みをかかえている女性は多いですよね。

長時間座り姿勢でお仕事をしている女性は、仕事の合間に椅子に座った状態で、ふくらはぎのストレッチやマッサージを取り入れていきましょう。

ストレッチでふくらはぎの不調を解消しよう!

ふくらはぎがむくんだり、だるくなる原因は、血行不良が大きく関係しています。

長時間椅子に座った状態が続くと、血流が滞って、下半身の巡りが悪くなってしまうんです。

心臓から1番遠い脚に老廃物や水分がが溜まってしまうので、むくみやだるさを引き起こしてしまうんですね。

また、血行不良は冷えや下半身太りにも繋がるので、特に女性はしっかり対策したいところです。

そんな血行不良を改善するには、ふくらはぎのストレッチが効果的ですよ。

仕事上、座っている時間が長いことは仕方ないので、椅子に座っている間にふくらはぎをなるべくまめに揉みほぐしをしてあげることが大切です。

座っている状態でも、ふくらはぎのストレッチやマッサージは簡単に取り入れることができますよ(^^)

椅子に座ってできる!ふくらはぎのストレッチ☆5選

私が普段取り入れている、ふくらはぎのストレッチをご紹介します。

ふくらはぎのストレッチ①

まずは、椅子に座った状態で足をまっすぐ伸ばしましょう。伸ばした脚は、出来るだけ床と平行になるように伸ばしてください。

つま先まで一直線にグーっと伸ばして数秒キープ。そのあとは、つま先を天井に向けて、かかとを前へ前へ押し出すイメージで、ふくらはぎの筋を伸ばしたいきます。

デスクでも簡単に取り入れられますよ。

ふくらはぎのストレッチ②

まずは足を床から浮かせましょう。

足を浮かせた状態で、ふくらはぎの力を抜いて、上下左右にブルブルと揺らします。

足首や太ももにも効くのでおすすめです。

ふくらはぎのストレッチ③

片足を立て、腕で抱えてかかとをグッと体に近づけます。

その状態で、お尻が浮かないように、出来るところまで前屈しましょう。

スカートを履いている方は、デスクでは難しいので、職場のトイレとかでやっても良いかもしれませんね。

ふくらはぎのストレッチ④

足を前後に開いて、前方に出した足の太もも・お尻を椅子に預けるように腰を落とします。

椅子に体重を預けることで、負担をかけずに大きなポーズが取れるので、ふくらはぎの筋肉をしっかり伸ばすことができますよ♪

こちらは、大きく足を開いて場所を取るので、お家でやるのが無難ですね。

私は歯を磨きながら・テレビを見ながら取り入れていますよ。

下半身スッキリ!椅子に座ってできる、ふくらはぎのマッサージ

椅子に座った状態で、ふくらはぎのマッサージを取り入れていきましょう。

せっかくなので、椅子に座った状態で下半身全体をほぐしていきましょう。

まず、椅子に座った状態で、片足を膝で折り曲げ、もう片方の足にのせます。

親指をふくらはぎの後ろ側に、残りの4本指をスネに添えてふくらはぎを挟みましょう。

親指に力を加えて少しグリグリと動かし、ほぐしていきます。

指の位置をずらして、足首〜ふくらはぎ〜膝の裏くらいまでほぐしていきましょう。

ついでに太ももの付け根も圧力を加えてほぐしていきましょう。

続いては、ふくらはぎ〜太ももは軽く拳で叩いていきましょう。気持ち良いのでおすすめです。

また、スネのこのあたりも痛きもちいので、ついでにほぐしてみてください。

足の裏をマッサージもしていきます。全体的にツボを押した時に痛きもちいところを重点的に押していきましょう。

この体勢のまま、前屈をすれば、お尻にも効いてくれますよ。

これで、椅子に座った状態でも、下半身がスッキリするはずです

余裕のある方は、上半身のストレッチも同時に取り入れてみてください☆

寝ながらでもできる!無理せず続けられる背中の簡単ストレッチ☆

まとめ

いかがでしたか?今回は、椅子に座った状態でもできる、ふくらはぎのストレッチをご紹介しました。

長時間の座り姿勢は、ふくらはぎがむくんだり、だるくなりますよね。

これを放っておくと、冷えや下半身太りを引き起こしてしまいまうので、小まめにストレッチやマッサージでふくらはぎの筋肉をほぐすことが大切です☆

私も非常にむくみやすいですが、ストレッチの効果で随分とふくらはぎがスッキリしました☆

是非、取り入れてみてください♪

こちらの記事もご覧ください→「ふくらはぎ」のむくみやだるさに効果的なストレッチの方法を教えます