繰り返すニキビを改善!ニキビに効く、市販のおすすめ洗顔料☆7選!

「ふと鏡を見たら、ニキビができていた…」という経験はありませんか?

ニキビはたった1つできるだけでも、気になって仕方ないですよね。

ニキビケアには、様々な方法がありますが、その中でも「洗顔」はとっても重要なスキンケアです。

しかし、気をつけたいのは洗顔料選び!

もしかしたら、ニキビができやすいのは、肌に合わない洗顔料が原因かもしれません。

洗顔料次第で、肌状態は全然変わってきますよ。

今回は、ニキビケアに効果的な洗顔料選びのポイントや、市販でおすすめの洗顔料をご紹介します。

ニキビができやすいのは、肌に合わない洗顔料が原因かも?

常に肌トラブルの上位に上がるニキビ。ニキビのタイプや、できやすいパーツは人それぞれ異なりますよね。

ニキビが繰り返しできやすい方は、お肌が敏感に傾いているサインです。

なぜ、肌が敏感になっているのか?

原因は様々に考えられますが、「洗顔」による肌負担が大きく影響している可能性が高いです。

洗顔は、毛穴の皮脂汚れを取り除いてくれるので、ニキビ予防には非常に効果的なスキンケアですが、洗顔料によっては肌への刺激が大きかったり、洗浄力が強すぎて、お肌の潤いを奪い過ぎてしまう危険性もあります。

また、ゴシゴシと強い摩擦をかけて洗うことで肌が傷ついたり、泡立ちの悪い洗顔料は、毛穴汚れを落とし切らずにニキビのできやすい肌環境をつくってしまいます。

このような肌に負担を与える洗顔を続けていると、どんどん肌は敏感になってニキビができやすく、治りにくくなってしまいます。

さらに、トラブルをカバーするためにベースメイクがどんどん厚塗りになり、それを落とすための洗浄力の強いクレンジングや洗顔料も必要になってきます。

これを繰り返していては、肌はいつまでたってもきれいになりません。

ニキビケアには、「ニキビができにくい肌環境に整えること」「ニキビに効果的な成分を与えること」ができる洗顔料を取り入れていきましょう!

ニキビに効く!洗顔料選びのポイント5つ☆

ニキビに効く成分を配合したものや、肌を敏感にさせないつくりになっている洗顔料を選ぶときの、具体的なポイントをご紹介します。

殺菌作用

炎症ニキビは、毛穴に詰まった皮脂や角質汚れに繁殖したアクネ菌が原因です。

今あるニキビを改善するためには、アクネ菌の繁殖を抑えることが重要です。

それには、殺菌作用のある洗顔料が効果的ですよ。

サリチル酸、イオウ、エタノールなどの殺菌成分や、グリチルリチン酸などの抗炎症成分配合のものがオススメです。

保湿力が高い

洗顔をした後に、肌がつっぱる方は、洗顔料の洗浄力が強すぎたり、保湿成分の配合量が少ない可能性が高いです。

肌に必要な潤いまで奪われてしまうと、お肌は乾燥してしまいます。

潤いが不足すると、肌は防衛反応で、皮脂を過剰に分泌してしまうので、余計にニキビができやすい肌環境になってしまうのです。

肌に合った保湿力の洗顔料を選ぶことができれば、肌の潤いバランスを保ちながら、汚れだけをオフすることができますよ。

セラミド、コラーゲン、ヒアルロン酸、リピジュア、アミノ酸、グリセリンなどの保湿成分が配合されているものがオススメです。

低刺激

合成界面活性剤や防腐剤、香料、着色料などは、お肌にとって自然なものではないので、肌が敏感に反応してニキビを悪化させる原因になります。

界面活性剤の中では、ラウリルグルコシド・コカミドDEA・ココイルグルタミン酸TEAなどは、比較的低刺激ですよ。

肌が敏感で弱い方は、特に無添加の石鹸がオススメです。

濃密な弾力泡

洗顔料は泡立ちもとっても重要です!すぐに消えてしまう、ヘタってしまう泡では、毛穴汚れはしっかり落ちません。

洗顔は、手ではなく泡で洗います。きめ細かいモコモコの泡は、毛穴に入り込んで汚れをスッキリ取り除いてくれるので、ニキビ予防に効果的です。

また、弾力泡は、顔と手の間のクッションにもなるのでニキビを傷つけずに洗顔ができますよ(^^)

そのため、泡立ちの良い洗顔料を選びましょう!泡だてが面倒に感じてしまう方は、泡で出てくる洗顔料を選びましょう(^^)

角質ケア効果

ニキビは、毛穴に皮脂や角質汚れが溜まり、そこにアクネ菌が繁殖して発生します。

皮脂や古い角質汚れが毛穴に蓄積すると、炎症を起こしやすいので、定期的に古い角質除去をすると、新しいニキビを防ぐことができます。

ニキビにはいくつか種類がありますが、角質ケアは、赤く炎症を起こす前の白ニキビや黒ニキビにも効果的なので、炎症を起こす一歩手前で手を打つことができますよ(^^)

炭酸洗顔や酵素洗顔、クレイやスクラブ洗顔などを週に1〜2回取り入れると肌状態が整いやすくなります。

ニキビケアに役立つ!市販のおすすめ洗顔料☆7選

では、ニキビケアに効果的な、市販の洗顔料をご紹介しますね。

トランシーノ 薬用クリアウォッシュ 1800円

たっぷりの潤いで肌を乾燥から守り、透明感のある明るい肌へと導く、薬用洗顔料です。

抗炎症成分のグリチルリチン酸ジカリウム配合で、ニキビや肌荒れを防ぎ、洗うたびに肌のコンディションを整えます。

クリーム成分50%配合なので、しっとりとした洗い上がりに♪

乾燥ニキビができやすい方にオススメです。

なめらかでクリーミーな泡が、毛穴の皮脂や角質、黒ずみをしっかりオフします。

低刺激処方になっているので、敏感になっているお肌に優しいです。

ロクシタン イモーテルインテンスクレンジングフォーム 4000円

ワンプッシュで、完成した泡が出てくる泡洗顔料です。

きめ細かい、弾力のある濃密泡が、毛穴のすみずみにまで入り込み、皮脂汚れや古い角質をしっかりと吸着して取り除きます。

抗炎症成分のアラントインを配合しており、ニキビや肌荒れからも守りながらお肌を整えます。

リニューアル後は、保湿成分のグリセリンを従来品の2倍配合しているため、落とすケアだけでなく、潤いを与えるケアも抜かりありません(^^)

アレッポの石鹸 630円

古くからの伝統的な手法で、釜で熱を加えながら、じっくりと練り上げて作られた石鹸です。

素材はオリーブオイルと月桂樹のオイルで、オリーブオイルの保湿力と月桂樹オイルの殺菌作用によって、ニキビ肌もさっぱりと洗い上げてくれます。

オリーブ石鹸には、汚れを落としつつ、潤いを補うはたらきがあります。

グリセリンも含まれているので、不快なつっぱり感もありません。

肌質問わず使いやすい石鹸です。髪や体にも使えます。

レミオジャパン アルガンクレイ石鹸 1600円

モロッコの「アルガンオイル」とミネラル豊富な「ガスール(クレイ)」ですっきり&しっとり洗い上げます。

ガスールの優れた吸着力で、ニキビの元となる毛穴汚れをしっかり取り除きます。

アルガンオイルは、抗酸化効果の高いビタミンEが豊富なので、シミ・シワ・たるみなどのエイジングサインが気になる年齢肌の方にもおすすめです。

毛穴もエイジングも同時にケアできる上に、手の届きやすい価格が嬉しいですね。

どろあわわ 2980円

吸着力の高い、マリンソルトやベントナイトといった泥のパワーで、毛穴の詰まりや黒ずみをオフし、ニキビを防ぎます。

なんといっても、生クリームのような弾力のあるモコモコの泡が特徴的です。

お肌に摩擦をかけずに、汗や余分な皮脂、古い角質を取り除き、毛穴を清潔に保ちます。

また、豆乳発酵液やコラーゲン、ヒアルロン酸といった保湿成分を配合しており、なめらかでキメの整ったお肌に導きます。

肌質問わず、使いやすい洗顔料です(^^)

「どろあわわ」は、薬局では販売しておらず、ロフト、プラザ、東急ハンズなどで購入可能です。

通販になってしまいますが、公式サイトからフリー定期コースを利用すると、半額で購入ができます(^^)

D.U.O ザ・フォーム 3000円

たった1本でリペアマスク、マッサージ、洗顔が可能な炭酸洗顔料です。

炭酸の効果で、軽くマッサージするだけで、肌に負担をかけずに毛穴汚れをオフします。

炭酸泡には、35種類のエイジングケア成分が溶け込んでいるので、大人ニキビや年齢肌のトラブルも同時にケアできます♪

炭酸アイテムは1つもっていると大変便利ですよ。

スイサイ ビューティクリア パウダーウォッシュ 32個入り2000円前後※オープン価格

小分けになった酵素洗顔料です。

酵素は、ニキビの元となるタンパク質汚れを分解するはたらきがあります。

毛穴の古い角栓も分解してくれるので、毛穴の黒ずみやざらつき、ニキビの原因菌もしっかり洗浄してくれますよ(^^)

酵素洗顔後は、化粧水が肌に浸透しやすい状態に整うので、大人の乾燥ニキビに非常に効果的です。

小分けになっていて使用量がわかりやすく、泊まりの時など持ち歩きにも便利ですね。

酵素洗顔は洗浄力が強いので、週に1〜2回程のスペシャルケアとして使うのがオススメです♪

トライアルの15個入りもあり、そちらは1000円前後でお買い求めいただけます(^^)

【ニキビケアに役立つ記事一覧】

顔はストレス反応が出やすい!頬のストレスニキビの原因と改善方法

顎(あご)の吹き出物が治らない原因は?体のSOSに気づけてる?

目指せツルツル美肌!ニキビや毛穴の改善に効果的な食べ物☆

まとめ

いかがでしたか?ニキビケアに効果的な、市販でおすすめの洗顔料をご紹介しました。

洗顔は、ニキビの元となる毛穴汚れを取り除くために必須のスキンケアですが、肌に合わない洗顔料を使っていると、ニキビをより悪化させる原因になります。

ニキビができるということは、肌が敏感になっているサインなので、むやみやたらにニキビ用の洗顔料や、毛穴汚れごっそり取れる系の洗顔料ばかりに走らないことです。

ニキビを予防しながら、肌環境を整えてくれる、自分にぴったりの洗顔料を選びましょう♪

こちらの記事もご覧くださいニキビケアに役立つ正しい泡洗顔のやり方とは?オススメの洗顔料☆5選