肌荒れの原因は場所ごとに違う?対処法をパーツ別に解説☆

ニキビや肌荒れに悩んでいませんか?

肌の調子が悪いと気分が下がったり、見た目にも影響が出るので、メイクアップにも気を使ったり…と女性はなにかと大変です。

肌荒れの原因は様々に考えられますが、場所によって肌荒れの原因や治し方が異なります。

原因が特定できれば、ニキビの治りも早くなりますよ☆

大人ニキビは頑固!肌荒れで共通する原因は?

ニキビや肌荒れを何度も繰り返していませんか?

思春期の頃のニキビは一定時期が過ぎれば治りますが、20代〜の大人ニキビや肌荒れは、治りにくくて頑固で根強く肌に居残りやすいのです。

私も頑固な肌荒れをした経験がありますが、年齢を重ねるにつれて、肌が敏感になっているなぁと感じています。

これは、年齢とともに、肌の生まれ変わりの周期が長くなっていることが、まず1つ考えられます。

歳を重ねると傷の治りが遅くなるように、肌の不調を改善するまでに時間が必要になってくるのです。

また、忙しい毎日の中には、睡眠不足や食生活の乱れ、ストレス、生理によるホルモンバランスの乱れなど、大人には、肌が敏感になりやすい要因が詰まっています。

このような様々な原因が複雑に絡み合って、肌環境がゆらぎやすくなっているんですね。

肌に合わないスキンケアや、間違ったお手入れによっても、肌荒れは起こりやすいので、これらは、共通して見直していきたいポイントです。

肌荒れの原因は場所で違う?特定のケアでいち早く治そう!

みなさんが、肌荒れを繰り返すのは、いつも同じ場所ではありませんか?

私の場合は大体いつも決まっています。

これは、特定の原因が関係している可能性が大きいので、場所によって肌荒れしやすい理由を突き止めて、それに特化したケアをしてみましょう!

特に、ニキビのできやすい、口周り・顎・額・頬・フェイスライン・背中などの肌荒れの原因と対策方法をご紹介します。

【口周り】の肌荒れの原因と対策方法

口周りのニキビは、体調不良の時にできやすいです。

疲労やストレス、冷え、暴飲暴食で胃腸が荒れている時、便秘の時、風邪を引いて抵抗力が落ちているときは注意!

腸内環境を整える

腸内環境の乱れを整えることは、口周りのニキビを改善する近道です。

腸内環境が悪化すると、老廃物が体内に溜まって毒素が発生してしまいます。

体内に溜まった老廃物が、便秘によって排出されにくい場合、毛穴から排出しようとするので、これがニキビの元となるのです。

また、毒素が血液によって全身に回ってしまうと、肌荒れだけでなく、様々な体調不良を引き起こす原因にもなります。

腸内を整えるには、食物繊維や発酵食品、ビタミン類を積極的に摂取しましょう。

キムチ納豆や、バナナヨーグルトはおすすめです(^^)

口周りのニキビや肌荒れ中は、野菜中心の食生活を心がけましょう!

口周りを清潔に保つ

口周りは、食事によって汚れやすいので、毎食後、汚れを放置せずに、しっかりふき取るようにしましょう。

私は、毎回食後は、口周りを優しくティッシュでおさえたり、水ですすいで汚れをオフしています。

その後、UV乳液や携帯用クリームを馴染ませて保湿しています。

汚れを拭き取った後は、そのままにせずに、保湿ケアも忘れずに。

口周りのメイクのお直しは、BBクリームやクッションファンデなどを軽く馴染ませましょう。

ティッシュでゴシゴシと拭き取るのは、口周りの皮膚を刺激してしまうのでNGです。優しく馴染ませるようにしましょう。

口周りのケアについては、こちらの記事も参考にしてみてください口の周りの乾燥や赤みが気になる!原因と対策方法は?

保湿は念入りに

口周りは、保湿ケアが手薄になりやすいパーツなので、朝夜のスキンケアの際は、意識して保湿ケアをするようにしましょう。

保湿ケアは、ニキビを悪化させるイメージがあるかもしれませんが、潤い不足でバリア機能が弱ったお肌は、余計にニキビができやすい環境にあります。

化粧水でたっぷりの潤いを与え、乳液やクリームで、お肌の表面にしっかり蓋をして、潤いを閉じ込めましょう。

【顎・フェイスライン】の肌荒れの原因と対策

大人ニキビの代表とも言える顎やフェイスラインのニキビ。

赤く腫れやすく、他のニキビよりも治りにくいのが特徴です。

顎は皮脂量が少なく、デリケートなパーツなので、ターンオーバーも遅いため、ニキビ跡も残りやすいのです。

男性ホルモンの影響も受けやすい場所なので、ホルモンバランスのケアを中心に対策しましょう。

また、顎ニキビは原因が体の中にあることが多く、複雑に絡み合っている可能性が高いので、食事のバランスや睡眠、ストレスケアも意識して取り入れるようにしましょう。

ホルモンバランスを整える

ストレスや睡眠不足によって、ホルモンバランスが乱れると、皮脂分泌を活発化させる男性ホルモンが優位になるので、ニキビができやすくなります。

また、生理前は女性ホルモンのプロゲステロンが活発にはたらことで皮脂が過剰に分泌されやすいです。

睡眠をしっかりとり、ストレスも適度に発散しましょう。

生理前は、プロゲステロンが増える一方で、美肌づくりに欠かせないエストロゲンが不足します。

不足したエストロゲンを補ったり、エストロゲンの分泌を促す働きのある栄養素、皮脂を抑える働きのある食べ物・飲み物・サプリメントなどを取り入れるのがおすすめです!

特に、イソフラボン・ビタミンB6・ビタミンEなどを積極的に取り入れましょう♪

生理前の肌荒れ対策については、こちらの記事もご覧ください→生理の肌荒れがひどい…経験者が教える、とっておきの対策方法とは?

皮脂を活発化させる食べ物を控える

顎は皮脂量が少なく、デリケートなパーツなので、偏った食事で皮脂の分泌が活発化しするとニキビができやすくなります。

甘いもの脂っこいもの、添加物の多い食べ物は控えるようにしましょう。

スキンケアでしっかり触れる

顎は汗をそれほどかかない場所なので、毛穴が発達しておらず、ちょっとした皮脂でも毛穴を詰まらせ、ニキビができやすくなってしまいます。

顎やフェイスラインは、スキンケアが手薄になりがちなので、洗顔・保湿ケアと供に、顎先・顎裏を意識して触るようにしましょう。

跡が残らないように薬を使う

顎ニキビは、原因が複雑なので、治すまでに根気が必要です。

ニキビや肌荒れは、炎症状態が長引くと跡に残りやすくなるので、塗り薬を使って炎症を抑えるケアをした方が良いでしょう。

他のパーツでも、赤ニキビが目立つ場合は、薬を役立てて炎症を鎮めましょう。

こちらの記事も参考にしてみてください→赤みのあるニキビやニキビ跡を治したい!ニキビに効く市販の薬13選★

【頬】の肌荒れの原因と対策

頬は、顔の中でも最も面積の広いパーツなので、ニキビや肌荒れが広範囲に及ぶと、かなり目立ってしまいます。

頬のニキビは、睡眠不足・便秘・ストレス・食生活・ホルモンバランス・スキンケアなど…様々な原因が関係しています。

目立ちやすい場所なので、なるべく悪化する前に対処したいところです。

バランスの良い食事

私たちのお肌は、食事によってつくられているので、食事の栄養バランスはとっても重要です。

肉や魚などのタンパク質、野菜や海藻類などのビタミン、腸内を整える食物繊維や発酵食品を積極的に食べるようにしましょう。

そして、皮脂を誘発するような、脂っこい食べ物や甘いもの、菓子類、ジャンクフードは控えましょう。

紫外線ケアの強化

強い紫外線も浴びると、肌は敏感になり、ニキビや肌荒れしやすくなってしまいます。

UVケアが不十分であることが原因で、頬の広範囲にわたって肌荒れしやすい人も多いです。

顔は、体のように服で覆うことができないので、紫外線の影響をとっても受けやすいのです。

塗る日焼け止めは、しっかり塗っているつもりでも、使用量が足りなかったり、塗りこぼしがあったり、途中で効果が切れてしまったりするので、飲む日焼け止めサプリを活用するのも1つの方法です。

塗る日焼け止めは、ものによっては肌への刺激が強く、ニキビを悪化させてしまう可能性もありますが、飲む日焼け止めなら、そういった心配もなく、UVケアを強化することができるのでオススメです!

こちらの記事もご覧ください→飲む日焼け止めの仕組みとは?内側からUVケアを強化しよう☆

角質ケアで、白黒ニキビのうちに予防を

ニキビは初期の状態で対策すれば、炎症やニキビ跡を高確率で回避できます。

初期の白黒ニキビは、スキンケアでも十分に対策が可能です。

頬を触った時に、プツっとしたり、ザラつきを感じたら、こらは毛穴づまりのサインなので、アクネ菌が繁殖する前に取り除いてしまった方が良いです◎

週に1〜2回、角質ケア化粧品を使うと、定期的に毛穴の詰まりをオフすることができるのでオススメです。

私も取り入れていますが、肌に負担の少ないアイテムを使えば、心地よくニキビ予防ができます。

角質ケア洗顔料や拭き取りローション、塗って剥がすパックなど、様々な種類があるので、自分の肌に合った角質ケアアイテムを見つけましょう!

こちらの記事も参考にしてみてください→肌不調の原因は角質肥厚?顔の角質ケアでトラブルなしの美肌を手に入れよう☆

【額】の肌荒れの原因と対策

思春期の頃は、皮脂の過剰分泌が大きく影響しますが、額のニキビの原因は、外的な要因がほとんどです。

前髪による刺激を回避

前髪がかさって刺激となり、ニキビができることがあります。

また、前髪は目立つニキビを隠すには最適ですが、一方で、ニキビが治りにくくなるデメリットも。

私は、ニキビができないように、なるべく家では前髪を上げて額を出すようにしています。

額を出すと、明るい印象になるので、自分に似合う前髪上げスタイルを見つけられるとより良いですね(^^)

シャンプー・リンスのすすぎを丁寧に

髪の毛の生え際や額は、シャンプーやコンディショナーのすすぎ残しが大きく関係しています。

また、すすぎの時に、これらの混ざったお湯が、額に付着したまま気付かずに放置してしまうと、これもまたニキビの原因に!

すすぎの時は、前かがみではなく、後ろに向かってすすぐと、額や生え際のすすぎ残しが防げるのでオススメです。

スキンケアは髪の毛の生え際まで

額はスキンケアはが手薄になりがちです。これもニキビの原因になります。

クレンジングや洗顔、保湿ケアをする時は、髪の毛の生え際ギリギリまで行いましょう。

額は平らではないので、中心だけでなく、側面も意識してお手入れしてみてください。

【背中】の肌荒れの原因と対策

手の届きにくい背中ニキビ。背中は皮脂や汗の分泌が多い上に、服で蒸れやすい場所なので、ニキビができやすく、悪化して跡も残りがちです。

ジャンキーな食事を控える

皮脂分泌を活発化させる、ジャンクフードや、脂肪や糖分の多い食べ物、香辛料の効いた食べ物、アルコールなどは、背中ニキビの原因になります。

肌荒れに効く食べ物を積極的に取り入れることも大事ですが、ニキビを防ぐためには、皮脂を誘発する食べ物を控えることもとっても大事です。

暴飲暴食も肌荒れの原因になるので、食事は腹八分目を意識しましょう。

もし、食べすぎてしまったら、翌日はなるべく体に優しい食事で調整しましょう。

お風呂で髪の毛を洗ってから体を洗う

シャンプーやリンスをすすいだ時に、背中に流れてくるので、しっかりすすぎをしないと、ニキビの原因になります。

この場合、髪の毛を洗った後に体を洗うようにすれば、背中ニキビを回避できますよ(^^)

肌触りや通気性の良い下着を着る

背中は、衣服によって蒸れやすいため、通気性や肌触りの良い下着を着るようにしましょう。

汗をかいたら、まめに拭き取ったり、着替えをするのも効果的です。

【肌荒れ改善に役立つ記事一覧】

意外と活用し甲斐がある!肌荒れ改善に役立つコンビニの食べ物

ビタミン不足が肌荒れの原因?ビタミンを含む食べ物やその効果とは?

大人ニキビの対策には、肌を敏感にさせない洗顔を取り入れよう☆

保湿をしたら逆効果でニキビが悪化?正しい保湿ケアを確認しよう★

まとめ

いかがでしたか?ニキビや肌荒れの原因は様々に考えられますが、場所によって肌荒れの原因が異なるので、パーツ別に原因を特定して対策をすると効果的です。

特に、女性は肌荒れ中は、メイクの仕上がりや崩れ具合にも大きく影響してくるので厄介ですよね。

根本的な原因を改善しないと、ニキビや肌荒れをいつまでも繰り返して、慢性化してしまいます。

長引くと跡にも残りやすく、肌もどんどん敏感になっていくので、「自分の肌荒れの原因は何か?」、じっくり考えるきっかけにしてみてください(^^)

私も頑固な肌荒れを経験したことがありますが、それも乗り越えることができたので、

以下の記事に、肌荒れを治すまでの体験談を載せているので、是非、こちらも参考にしてみてくださいね

大人の吹き出物は治りにくい!経験者が原因と対策方法を伝授します★