美肌づくりに、皮膚科通いはもはや当たり前?皮膚科でつるつる美肌になろう

潤いがあって毛穴の目立たない、つるつるの卵肌。つるつるの美肌をキープしている方々の多くは、皮膚科に通っているって知っていましたか?

皮膚科=治療のイメージが強いですが、今やモデルや女優、キャスターの方など、お肌のメンテナンスで皮膚科に行かれる方も多いんです。

今回は、皮膚科を活用した、つるつる美肌をつくる方法をお伝えします(^^)

皮膚科へ行く前にチェック!肌トラの原因は普段のスキンケアにあるかも…?

皮膚科は、乾燥や肌荒れ、ニキビ、湿疹などの皮膚のトラブルを治療してくれます。

「乾燥くらいで皮膚科に行ってもいいの?」と思う方もいるかと思いますが、もちろんOKです。

乾燥は悪化すると様々なお肌トラブルを引き起こしますし、治るまでに時間がかかるので、早めの対策が肝心です。私も通院していますが、きっかけは乾燥とニキビでした。

また、お肌の調子が悪かったり、肌荒れが気になる方は、皮膚科に行く前に普段のスキンケアのチェックをしましょう。

なぜなら、お肌の不調は、日々のスキンケアに問題がある可能性もあるからです。以下はチェック項目です。

  • スキンケアは保湿クリームまでしっかりつかっている?
  • 洗顔するときはゴシゴシこすっていない?
  • 化粧を落とさず眠っていない?
  • すっぴん(スキンケアをしていない状態)で長時間過ごしていない?
  • 角質ケアは週に2回以上していない?

1つでも✖️がついた方は、スキンケアによってお肌に負担がかかり、お肌の不調を招いている可能性があるので要注意です!

普段のスキンケアを見直すだけでも、つるつるのお肌に一歩近づきますよ(^^)

皮膚科は保険適用なので安く治療ができますが、手間やコストをかけたくないという方は、まずはご自身のお手入れの見直しをされると良いでしょう(^^)

正しい洗顔→洗顔でお肌を変えた美容部員が教える、ツルツル美肌になれる洗顔方法

正しいスキンケア→いつものスキンケアをランクアップ★つるつる美肌の作り方

皮膚科で肌荒れを改善!つるつる美肌になれる保湿剤を活用しよう!

皮膚科に通う利点は、自分ではどうにもできない乾燥やお肌荒れなどをいち早く直せるところにあります。

お肌の調子が悪いときは、色々なスキンケアを試したり、お肌に良さそうなものを手当たり次第使う方も多いですが、なかなか良くならないことも。

しかし、本当に早く治したいのであれば、皮膚科へ行って薬をもらうのが1番です。

例えば、皮膚科で処方されるヒルロイドローションや軟膏はスキンケアに代用できる保湿剤です。

つるつるの美肌は、潤いや透明感、滑らかさがあります。乾燥やお肌の不調を感じている状態から脱出しなければなりません。

ヒルロイドはお肌が元々もっている再生機能を高めてくれるもので、お肌の土台を整えてくれる保湿剤です。

乾燥やお肌の炎症を抑えるはたらきがあり、ニキビ治療やアンチエイジング効果もあると話題になっています。

私の経験上、多少の乾燥はスキンケアの見直しや、念入りなケアを行うことでお肌を立て直すことができます。

しかし、お肌がヒリヒリして赤くなったり、一日中つっぱりを感じたり…とお肌状態が悪化してしまうと、今までの対処法では立て直せず、回復するまでに相当の時間がかかります。

私は、お肌荒れを立て直すために高価なスキンケアをあれこれ使って、「あれもダメ」、「これもダメ」と躍起になっていたのですが、諦めかけていたときに皮膚科へ行き、ヒルロイドを使ったらあっという間にお肌が回復しました。

もっと早く皮膚科へ行けばよかった〜と思いました(^^;)お肌は一度立て直すことができれば、普段のスキンケアに戻っても調子よくキープできます。

ヒルロイドは薬なので、継続して使うのではなく、お肌の炎症が落ち着くまでの一定期間に使うのがおすすめです。

スキンケア感覚で使い続けると、効果を感じにくくなり、感作が起こる可能性もあります。

肌荒れした時は、オタスケマンとして皮膚科の保湿剤を活用してみてくださいね(^^)

皮膚科のピーリングで透明感アップ★

つるつる美肌の条件に欠かせない透明感。年齢を重ねると、くまやくすみ、シミ、ニキビあとなどが気になり、おのトーンは均一ではなくなります。

そんな方におすすめなのは、皮膚科でできるピーリングです。ピーリングには、薬剤を使ったケミカルピーリングや、光を使ったレーザーピーリングなど、いくつか種類がありますが、お肌に不必要な角質を取り除いてターンオーバーを促進させます。

古い角質が取り除かれると、お肌本来の明るさを取り戻すので、お肌全体に透明感が生まれます。

ニキビ跡やシミなども、どんどん上に押し上げられて外へ排出しやすくなるので、回数を重ねるごとに薄くなる実感もわいてきます(^^)

市販のピーリング剤よりも強力なので、高額ですが十分な効果が得られます。

さらに、医師監修の元で行なうので安心です。ピーリングは、お肌状態によってはしない方が良い場合もあるので、自己判断で行うことで、返ってお肌を傷つけてしまう可能性もあります。

興味のある方は、一度皮膚科で相談してみてください(^^)

つるつる美肌になるには、皮膚科でメンテナンス?

つるつる美肌をキープしている方は、特にお肌の不調を感じていなくても、メンテナンスとして皮膚科に通われている方が多いです。

つるつる美肌の条件は、潤いや透明感、滑らかさのお肌ですよね。

気になるのは、やはり見た目です。特に毛穴の黒ずみや、急にできてしまった吹き出物はなんとかしたいですよね。

そんな方には皮膚科でのメンテナンスが非常におすすめです。

私は渋谷にある、渋谷スキンクリニック通院していますが、ここでお肌のメンテナンスをしています。

メンテナンスの内容としては、毛穴トラブルの予防を行なっています。毛穴のつまりや黒ずみの原因となっている、皮脂や角栓などの汚れを取り出します。また、炎症を起こす前のニキビの芽を摘み取ります。

結構痛いのですが(特に鼻と口の下)キレイに取り除いてもらえるので、下手に自分で角質ケアをするよりもお肌の負担は少ないです。

ちなみに、1回の処置で取り除いたものがこちらです。なかなか市販の角質ケアではここまで取れません。

処置前(上)と処置後(下)の鼻の比較画像もご覧ください。

処置後は少し赤みが出ていますが、毛穴の黒ずみが目立ちにくくなっています。

黒ずみは皮脂や汚れが酸化して硬く、黒くなっているため、なかなか取り出しにくいのですが、角栓を取り出しやすくする軟膏を塗ると、この処置がさらにスムーズに行えるようになります。

私は、処置をスムーズに行なうために、こちらの薬を塗っています。

ディフェリン(左)は保険適用ですが、乾燥するので私は途中でディーアールエックス AZAクリア(右)に切り替えました。

保険適用外ですが使いやすくて、おすすめです。毎日夜に鼻や吹き出物のできやすいパーツに塗っています。

このメンテナンスを行なうだけで、ニキビや毛穴トラブルがほとんどなくなりました!しかも保険が効くので、かなりお安くできます。

通い続けていると、お肌状態もかなり安定してくるので、最初は2週間に1回のペースでしたが、1ヶ月に1回、3ヶ月に1回…とペースダウンしてもお肌が良い状態を保てるようになりました(^^)

皮膚科で毛穴とラブルを解消して、つるつるの美肌を目指しましょう(^^)

まとめ

いかがでしたか?皮膚科は、つるつるのキレイなお肌づくりに大いに役立つことがわかりましたね。

お肌の不調を感じたら、まずはご自身のスキンケアを見直していただき、改善しない場合は皮膚科へ行きましょう!

皮膚科は炎症を抑える保湿剤でお肌を立て直すことができますし、ピーリングでお肌の透明感をワンランクアップさせることもできます。

また、保険適用の定期的なメンテナンスで毛穴トラブルを予防することができるので、つるつるの美肌づくりの一つの方法として活用してみてはいかがでしょうか?(^^)

こちらの記事もご覧ください→美容部員が教える、お肌に透明感を与えるおすすめのスキンケア