美肌の男はモテる!簡単な習慣で男の肌を綺麗にする方法★

お肌が綺麗になりたいのは、女性だけではありません。男性も美肌を目指している人は多いです。

最近では男性の美意識が向上しており、男性用の化粧品も続々と出ています。

また、綺麗なお肌はモテる要素にもなります。ボロボロのお肌よりも、おが綺麗な方が清潔感がアップしますからね。

今回は、男性のお肌を綺麗にする方法をお伝えします(^^)

お肌の綺麗な男性はモテる!日々の簡単な習慣で綺麗になろう

「男性だってお肌が綺麗になりたい!」、「綺麗になってモテたい!」という人が増えています。

私は美容部員の経験がありますが、最近では有名な化粧品メーカーからも男性用のスキンケアのラインが出たり、男性のお客様も増えているように感じます。

先にお伝えしておくと、男性と女性では、お肌の厚みや皮脂の分泌量といった、肌質が異なります。しかし、基本のケアは男女ともに大きく変わりません。

お肌は、基本的には正しい習慣を身につける

ことができれば、綺麗になります。

男性は、美意識の高い女性の姿を見ていると思うので、お肌を綺麗にするためには、かなりの時間とお金と労力がかかるイメージがあるかもしれません。

しかし、正しい基本のケアは、難しいものはなく、お金もあまりかけずに単純にできるものが多いです。

習慣化するまでは大変ですが、一度身につけてしまえば、今まで美容に携わったことのない男性でも簡単にできることばかりです。

清潔で綺麗なお肌は、女性に好印象を与えるのでモテにも繋がります(^^)仕事をする上でも、身だしなみとして役立つことばかりなので、是非この機会に美容の知識をつけていきましょう!

男性のお肌の特徴は?お肌を綺麗にする2つの方法

まずは、男性のお肌の特徴を確認しておきましょう。男性は、一般的に女性よりも皮膚が厚く、皮脂分泌の量も女性の2.5倍と言われています。

また、水分量は女性の半分程しかなく、実は乾燥しやすいのです。ただ、皮脂の量が多いため、顔全体は潤っているようにみえます。

皮膚が薄いとキメが細かくて見た目も綺麗なのでダメージを受けやすいですが、皮膚に厚みがあるとキメが荒くて硬い分、ダメージにも強いです。

そのため、男性のお肌は紫外線などの外的刺激や洗顔による摩擦にも強く、保湿のお手入れをしなくても綺麗な状態を保てる方も多いです。また、お肌の綺麗さは遺伝的な要因もあります。

しかし、一方では若い頃から肌荒れに悩まされている方もいます。

特に思春期は過剰な皮脂分泌による大量のニキビに悩まされたり、紫外線に無防備になっていたり、ゴシゴシと摩擦のかけた洗顔や、髭剃りで毎日角質層を削りとることによる蓄積などが原因で、お肌はボロボロになってしまいます。

こういったお肌状態は、スキンケアによる外面的なケアで予防と改善をしていきます。

また、多くの人が見落としがちな内側のケアもお肌状態を大きく左右します。

内面的なケアは、食事や睡眠などの生活習慣によるものです。お肌は食べ物や睡眠によってつくられているので、綺麗なお肌をつくるためにはこちらも欠かせないのです。

これを後押ししてくれる運動もあわせて取り入れられるとさらに良いです。

綺麗なお肌をつくるために、外面的なケアと内面的なケアの両方を行う必要があります。

今回は、特に美容や健康面を意識するのは初めてという男性でも、抵抗なく取り入れられるものをお伝えしていきます。

綺麗なお肌をつくる方法★スキンケア編

まずは、外面的なスキンケアからお伝えしていきます。主に、意識していくのは洗顔・保湿・紫外線対策です。

洗顔

洗顔は、性のお肌の特徴である、過剰な皮脂分泌による毛穴汚れやニキビの改善に役立ちます。

毎日の洗顔で、1日の皮脂汚れを綺麗に取り除くことができれば、毛穴が炎症を起こすこともありません。

多くの人が、間違った洗顔によって汚れが落ち切っていません。NGな洗顔の例をいくつかあげます。

  • ゴシゴシとこするように洗う
  • 水洗顔のみ
  • 1日3回以上洗顔をしている
  • 洗顔料は泡立てない
  • 1分以内に洗顔が終了してしまう
  • タオルでゴシゴシ拭き取る

これらの洗顔方法では、毛穴汚れは綺麗に落ちません。皮脂汚れは、キメの細かい泡が毛穴汚れを吸着して取り除いてくれます。

そのため、洗顔料の泡立てはとても重要です。面倒な方は、既に泡立ててある泡タイプの洗顔料を使うか、泡だてネットを使って簡単に泡だててしまいましょう!

日中だけでなく、眠っている間にも汗や皮脂は分泌されるので、朝と夜の2回、洗顔料を使って洗顔をしましょう。

洗顔の回数は、3回以上は皮脂を取りすぎてしまうので、逆に皮脂分泌を促してしまいます。洗顔は回数が多ければ多い程良いというわけではありませんから、朝と夜の2回の洗顔を丁寧に行うようにしましょう。

洗顔は1〜3分くらいで、すすぎはぬるま湯で30回以上するのが理想です

ゴシゴシこするように洗うのは、摩擦がかかってお肌に負担をかけるので優しく馴染ませるようにしましょう。

余裕のある方は、洗顔料にもなる炭酸パックがおすすめです。炭酸は血行促進の効果があり、お肌質を選ばずに、お肌の機能を整えてくれるので、過剰な皮脂分泌も抑えてくれます。

バラエティー番組の「アメトーク」では、「美容ファースト芸人」という企画で、スピードワゴンの井戸田潤さんが炭酸美容についてお話しされていました。→アメトークで井戸田がおすすめした、炭酸パック美容スプレーとは?

炭酸美容は、男性にも浸透しています。個人的には、泡タイプで洗顔料にもなる炭酸パックは、綺麗なお肌づくりには即効性もあっておすすめです(^^)

保湿

男性は皮脂が顔を覆っているので、乾燥を感じにくいです。そのため、スキンケアは洗顔のみ!という男性は多いと思います。

しかし、男性のお肌の水分量は女性の半分程しかないので、綺麗なお肌に導くためには保湿は欠かせません。

保湿は、化粧水と乳液で行いましょう。化粧水だけでは水分が蒸発してしまうので、油分の含んだ乳液まで行いましょう。

男性用のスキンケアアイテムは、特に皮脂分泌を抑えてお肌を清潔に保ってくれます。

今まで保湿をしていなかった方は、化粧水や乳液を使うことで、潤いがチャージされ、お肌が滑らかで柔らかくなるはずです(^^)

高価なものを使う必要はないので、ドラッグストアなどに売っている、プチプラ化粧品からまずは試してみてください(^^)

また、少し余裕のある方は、スキンケアの前に蒸しタオルを使うのもおススメです。蒸しタオルを使うことでお肌が柔らかくなって、スキンケアアイテムの浸透を高めることができます。

蒸しタオルの作り方はこちら→蒸しタオルで顔の乾燥の改善をサポート!美肌になれる蒸しタオルの使い方

紫外線対策

男性が無防備になりがちなのが紫外線です。男性の場合は、朝は女性のように化粧をする習慣がないと思うので、日焼け止めを塗る習慣もない人が多いと思います。

紫外線は、お肌を酸化させたり、ニキビの炎症を悪化させます。

そのため、男性でも日焼け止めを塗る習慣をつけましょう。できれば1年を通して塗るのが理想です。

日焼け止めはクレンジングが必要になるので、石鹸でも落ちるタイプのものを使うと便利です。

日焼け止めは手間がかかって続かないという方は、日焼け止めよりもコストがかかりますが、飲む日焼け止めサプリメントもおすすめです。

そして、直射日光に当たるのを避けて、さらに予防をしたい方は、夏場は帽子やサングラスをかけて対策をしてみてください。

日焼け対策をすることで、お肌の老化を予防して綺麗なお肌に導いてくれますよ(^^)

綺麗なお肌をつくる方法★生活習慣編

続いて、内側のケアにも目を向けみましょう。気をつけたいのは、食事と睡眠、運動です。

食事

現代人の食生活は、栄養が偏った傾向にあります。特に一人暮らしや外食の多い方は、塩分の多いおつまみやお酒、ラーメン、丼、コンビニ弁当…などが多くなりますよね。

糖質や脂質の多い食事が多く、運動量に比べて食べすぎな傾向にもあるので、内臓や血管に負担がかかり、消化器系も追い詰められています。

皮脂の過剰分泌も、偏った栄養素の過剰摂取からもきています。

食べたものの栄養によってお肌がつくられますから、どんなにスキンケアを頑張っていても、食べるものによってスキンケアの効果は半減してしまいます。

綺麗なお肌をつくるためには、過剰に取りすぎている栄養素を控え、不足しがちな栄養素をきちんと取りましょう。

特に、炭水化物や甘いもの、脂っこいものは控えるようにしましょう。摂取量が減るだけで、消化器系の負担も軽減されます。

また、私たちの食生活では、ビタミンやミネラルが不足しがちなので、緑黄色野菜や海藻類、ナッツ類などを積極的に摂取しましょう。

食べ過ぎや、栄養が偏っているかどうかは、排便の状況で判断できます。「腸はお肌をうつす鏡」と言われているほどです。

便秘傾向にあれば、SOSだと思って、食生活を少し意識してみてください。

腸内をスッキリさせて、お肌も綺麗に導いてくれるものの中で、簡単に取り入れられるものだと、大豆製品や具沢山味噌汁、バナナなどがおすすめです!

また、不足した栄養素は、サプリメントでも簡単に補えます。特に、ビタミンやミネラルは、不足しやすいので「マルチビタミン・マルチミネラル」のサプリメントで取り入れるのもおすすめです(^^)

睡眠

眠っている間にお肌がつくられているのをご存知ですか?傷ついたお肌の修復や再生は眠っている間に行われます。

仕事をしていたり、忙しくしていると睡眠不足になりがちですが、睡眠の質が高い方は、皆さんお肌が綺麗なことは間違いありません。

眠っている間の成長ホルモンの分泌も、眠り始めの3時間で決まると言われているので、寝つきはとても重要です。

寝つきをよくするためには、眠る前に、以下のようなことを意識して取り入れてみてください。

  • 眠る前はスマートフォン・TV・PCをなるべく見ない
  • 部屋の明かりを暗くする
  • アロマでリラックスをする
  • 軽くストレッチをする
  • カフェインの入った飲み物は飲まない

眠る前の飲み物は、白湯やルイボスティーがおすすめです。カフェインの入ったものは利尿作用もあるので、眠っている間にトイレに行きたくなってしまうと睡眠妨害になります。

部屋の明るさやTVなどのライトも、目が冴えてしまうので眠る前はなるべく避けましょう。

また、毎日決まった時間に寝起きすると睡眠のリズムが整うので、寝付きやすくなります(^^)

運動

運動は意識しないと、なかなか時間も確保できないですよね。そのため、通勤を活用しましょう。

早歩きをしたり、一駅分歩いたり、階段の上り下りをするだけでも変わってきます。

運動は、綺麗なお肌づくりの後押しになるので、少しでも取り入れたいものです。

自宅でもできるおすすめの運動はラジオ体操です。第1・第2体操2つ合わせても5分ちょっとです(^^)

また、ヨガもおすすめです。最近では、ヨガ教室で男性向けの朝ヨガのコースもよく見かけます。

普段使わない筋肉をほぐして血行を促進させたり、インナーマッスルを鍛えることができます。精神統一も同時にできるので、お肌にとっても良い効果を得られます。

激しい運動をする必要はないので、お休みの日は軽いウォーキングなどもできると良いですね。

まとめ

いかがでしたか?男性も、女性と同じようにお肌を綺麗にする方法はたくさんあります(^^)

美容は初めて!という方にとっては、はじめは慣れないと思いますが、どれも簡単なので、習慣化させてしまえば綺麗なお肌に導くことができます。

お肌は日々生まれ変わっているので、ご自身に取り入れられそうなものを、1〜3ヶ月ほど継続して様子をみてください(^^)

清潔感のある、綺麗なお肌の男性は好印象なのでモテにもつながります!

是非、美肌づくりに役立ててみてください!

こちらの記事もご覧ください→糖化対策でツルツル美肌に!糖質制限で感じたお肌変化とは?