迷ったら皮膚科へ!お肌の透明感を取り戻すための一番の方法

みなさんは、お肌トラブルを放置した結果、悪化してしまった経験はありますか?

「お肌のカサカサが治らない」「ニキビが大きくなった」など、自分なりにお手入れをしていても良くならないことってありますよね。

また、それがお肌の透明感を失う原因になっていることをご存知ですか?お肌トラブルに困った時の一番の対策方法は皮膚科へ行くことです。

お肌の透明感を取り戻すには?皮膚科へ行くメリットとポイント

お肌トラブルは、時間が経つと悪化し、治りにくくなり、赤みやくすみがお肌に出やすくなります。

すると、どんどんお肌の透明感が失われますよね。困った時は皮膚科へ行きましょう。皮膚科に行くことのメリットはいくつかあります。

お肌トラブルが悪化するのを防ぐことができる

そのまま放って置いたり、自己流のお手入れをしていては、悪化してしまう可能性があります。皮膚科では、状態に応じて薬が処方されるので、治りが早くなることは確実です。

面倒くさいかもしれませんが、一度病院に行く価値は十分にあります。お肌は、どんなトラブルでも透明感を失うことに間違いありません。是非、早めの対策をしましょう。

お肌トラブルの原因を知ることができる

なぜそういったトラブルが起きてしまったのか、原因を知ることができます。原因を知ることができれば、今後同じトラブルを回避できるかもしれないですよね。

私たちのお肌や体はとても敏感なので、しっかりとお手入れをしていても、お肌が荒れてしまう可能性は誰にでもあるります。

また、毎年同じトラブルを繰り返していたり、肌荒れが続くようであれば、そういった相談もされるといいと思います。

自宅で十分な治療をするためのポイント

来院の際、すぐに皮膚科に行けない時の応急処置の方法も訪ねてみてください。普段平日にお仕事をしている会社員の方であれば、平日の夜や土日は病院が閉まっていることも多いでしょう。

それから、医師によっては、またすぐに来院することを前提に、少量の薬しか処方してくれない場合もあります。

もちろん医師としては、症状の様子を経過観察しながら薬を出す必要があるので、無理なお願いはできませんが、私はせっかく回復に向かっていたところで薬が切れてしまって治りが遅くなった経験があります。その時は忙しくて病院に行けませんでした。

そのため、あらかじめいつでも病院に行ける状況ではないことを伝え、可能であれば少し多めに薬を出してもらえるようにすると、自宅で十分な治療をすることができるはずです。

お肌が不調である原因を知ること、専門医の力を借りて、早く確実な対策をすることが透明感のあるお肌を保つ1番の方法です。

お肌トラブルには、美容皮膚科が一番!

みなさんは、美容皮膚科をご存知ですか?普通の皮膚科とはちょっと違います。

皮膚科はお肌荒れを治療する場所ですが、美容皮膚科はお肌荒れの治療だけでなく、お肌が荒れていなくても、より美しく綺麗になるための治療を受けられる場所です。

例えば、お肌に透明感を与えるために角質を取り除くピーリングをしたり、効果の高い医療脱毛、多汗症の方へのボトックス注射などができます。

医師も看護師さんも女性が多く、女性の気分が高まるような綺麗なクリニックが多いです。私は、肌荒れやスキンケアにも悩まれている場合は、一度美容皮膚科へ行くことをすすめします。

美容皮膚科でニキビが治った体験談

私は3年くらい前に美容皮膚科に通っていた時期がありました。その頃は、人生で1番お肌が荒れていました。

ある日、吹き出物ができたと思ったら、その日から顔のいろいろなところに吹き出物ができてしまい、一箇所治るとまた別ところにできて…の繰り返し。

自分なりにお手入れも頑張っていましたが、「これがいつまで続くのか…」と途方にくれていました。私のおは白い方なので、赤い吹き出物は目立ちました。

わかりにくいのですが、その当時のお肌の写真がこちらです。

お肌全体に、ポチっとした赤みがあるのがお分かりでしょうか?当時は毎日鏡で自分の顔を見る時が1番憂鬱でしたね。そんな時に美容皮膚科に足を運びました。自分流のお手入れでは限界を感じていたからです。治療としては、以下のようなものでした。

  • 吹き出物の炎症を抑えるビタミン剤を飲むこと
  • 毛穴の汚れが蓄積されて炎症を起こしているので、毛穴の汚れを出しやすくする薬を全体的に塗ること
  • 成長してしまった吹き出物に炎症を抑える薬を塗ること

だいたい2週間に1回のペースで通い、1.2ヶ月くらいすると新たな吹き出物ができなくなりました。

「次から次へと出来ていたのに、できなくなった!」と感動したのを覚えています。やはり医療の力はすごいです。

もっとすごいのは、次の項目で詳しく書きますが、「それから2年以上吹き出物がほとんどできていないこと」です。これにはちょっとしたポイントがあります。

美容皮膚科でできる、定期的なお肌のメンテナンスとは?

実は、新たな吹き出物ができなくなってからも、定期的に美容皮膚科に通ってお肌のメンテナンスをしています。

ニキビが治っても、メンテナンスに通うことが透明感を取り戻すポイントです。新しい吹き出物ができなくなったとしても気は抜けません。

メンテナンスを行う目的は、「吹き出物の跡の赤みの治療」と、「新たに吹き出物ができないような予防」をすることです。

この「予防」は何よりも一番大事です。透明感のあるお肌はお肌色が均一で、潤いがあることなので、お肌のトラブルを回避することは透明感につながります。

私が主に行っている予防は、毛穴の汚れを排出しやすくする塗り薬を自宅で毎日塗り、2週間に1度クリニックでニキビの元となる芽を取り除いてもらうというものです。

これは、ちょっと痛みがありますが、ピンセットのようなもので、看護師さんがニキビの元となる芽を取り除いてくれます。

取り除いたものがこちらです。(汚くてすみません)毛穴の汚れを排出しやすくする薬を毎日塗ることで、芽を取り除く作業がスムーズに行えます。この予防のおかげで、私のお肌は透明感が戻ってきました。

このメンテナンスは、今でも続けていますが、美容皮膚科に通う頻度は、年々少なくて済むようになりました。

最初の1年は2週間に1度、2年目は1〜3ヶ月に1度、3年目は3〜6ヶ月に1度くらいのペースです。

これはお肌の調子がよくなっている証拠です。ニキビ跡も徐々に薄くなってきているので、ますます透明感を感じるようになっています。

もちろん、このメンテナンスだけではなく、スキンケアにも力を入れています。詳しくはこちらをご覧ください→美容部員が教える、お肌に透明感を与えるおすすめのスキンケア

ちなみに、私がお世話になっている美容皮膚科は「渋谷スキンクリニック」です。保険が効くので、ニキビの芽を取り除くメンテナンスはびっくりするくらい低価格です。

初診は多少費用がかかると思いますが、2回目以降はメンテナンスだけで、薬の処方もない場合は、1回の治療費が380円でした…!!!

「美容皮膚科って費用が高いんでしょ?」と思われてる方も多いと思いますが、保険が効くものは低価格で受けられるので安心してくださいね。

最後に、この「渋谷スキンクリニック」でしか手に入らない、ニキビ治療のお薬をご紹介します。

それがこの「アクネクリーム」です。これは、成長しているニキビに塗る薬で、炎症をおさえてくれます。眠っている間に薬がとれないように、専用のテープを貼って固定します。

朝起きると、ニキビがしゅんっとしぼんでいるんですよ。これは今まで使った皮膚科の薬の中で一番即効性があって効果を実感しました。

治るまでに時間がかかると跡になりやすいので、これには何度も助けられました。1つあると絶対便利です。こちらもお安く、500円です!

まとめ

いかがでしたか?お肌トラブルは、時間が経つにつれ悪化し、治りにくくなり、肌へ沈着して跡が残りやすくなります。

その結果、お肌はくすみ、透明感は失われてしまうのです。困った時は、一人で抱え込まずに皮膚科を受診しましょう。

特に女性は、美容皮膚科がおすすめです。定期的なメンテナンスができるところもあります。予防は一番最適な治療法なので、是非一度足を運んでみてくださいね。

こちらの記事もご覧ください→お肌に透明感を与えるサプリメント