黄ぐすみは予防できる!お肌に透明感を与える食べ物

みなさんは「最近お肌が疲れてみえる」と感じたことはありませんか?それは、お肌の透明感が失われかけていることが原因かもしれません。

透明感のないお肌は、疲れて老けて見えてしまいます。「お肌は腸をうつす鏡」とも言われており、食生活を見直すことでお肌トラブルの改善にも繋がります。積極的に透明感を与える食べ物を摂取しましょう。

透明感のないお肌とは?

まず、透明感のないお肌というのはどんな状態なのか見ていきましょう。例えば、潤いのない乾燥したお肌、明るさがなく暗いお肌…こういったお肌は透明感のないお肌です。

一般的にお肌トラブルとしてあげられるものだと、「くすみ」になります。

この、くすみには色々な種類がありますが、食生活の改善が大きく結びつくものが、「黄ぐすみ」と言われるものです。黄ぐすみは、カルボニル化と糖化によって引き起こされます。

カルボニル化

カルボニル化の原因は、脂質の過剰摂取によるものです。脂肪の分解物と、たんぱく質の結びつきにより、お肌がくすみます。

具体的には、紫外線によって皮脂が酸化し、過酸化脂質ができてしまうことで、お肌のたんぱく質(コラーゲンやエラスチンなど)を黄色く、くすませてしまう現象を言います。

カルボニル化したお肌は糖化よりも濃い黄色になる特徴があります。表皮や真皮、どちらにも影響があるので、お肌全体としてカルボニル化が起こります。

カルボニル化によってお肌の水分量の低下や、水分蒸発量が増え、乾燥傾向にもなりがちです。コラーゲンや、エラスチンは黄色く変性し、ハリや弾力のないお肌になってしまいます。

糖化

糖化の原因はブドウ糖などの糖質の過剰摂取によるもので、糖とたんぱく質が結びつくことによって血糖値が上昇します。

もっとわかりやすく説明すると、お肌のハリ弾力を保つコラーゲンやエラスチンなどのたんぱく質と糖分が結びつき、体温によって熱を与えます。

糖化は砂糖を火にかけると茶色く焦げる現象と同じです。お肌のたんぱく質がコゲついて茶色くなる現象を示します。

コラーゲンやエラスチンなどは、お肌の真皮にあるものなので、お肌の糖化は真皮で起こることがわかっています。

しかし、最近ではターンオーバーが行われるお肌の表面の表皮でも糖化が起こるとわかりました。

なので、お肌全体で糖化が起こります。その結果、ターンオーバーの乱れやバリア機能の低下により乾燥したり、透明感のないくすんだ状態になってしまいます。

ターンオーバーの乱れによるお肌トラブルの改善方法についてはこちらも合わせてご覧になってみてください。

お肌のターンオーバーと年齢の関係

シミを改善!予防!お肌のターンオーバーを促進させる方法

その他に、紫外線やストレス、喫煙や加齢によるものものも大きく影響しています。

カルボニル化は質の悪い油を摂り過ぎている人、糖化は糖分の摂りすぎている人ほどリスクが高くなります。

お肌に透明感を与える食べ物

カルボニル化や糖化によってお肌が黄ぐすみ、透明感が失われることがわかりましたが、これらは食生活の改善によって十分予防できるものです。

に透明感を与えるためには、抗酸化作用のある食べ物を積極的に取ると良いです。

抗酸化作用のある食べ物

トマト

トマトには紫外線を浴びた時につくられるメラニンを阻止する力があります。紫外線は、お肌から透明感を奪い、くすみの原因になります。紫外線のダメージは完全に避けることは難しいですよね。

紫外線からお肌を守る力は、年齢とともに弱くなっていくので、紫外線のダメージを軽減してくれるリコピンを積極的にとりましょう。トマトは、調理に手間がかからないところも取り入れやすいポイントです。

バナナ

意外と知られていないのがバナナです。バナナはアミノ酸やビタミン、食物繊維も豊富に含んでいる食べ物です。毎日1本食べましょう。私は毎朝食べています。

そのまま食べても、ヨーグルトに入れても美味しいですよね。飽きてしまったらバナナジュースを作ってもいいです。

キャベツ

キャベツの抗酸化作用は野菜類の中でもダントツで高い食べ物です。特に春キャベツは要チェックです。

アボカド

ビタミンCが豊富に含まれており、強い抗酸化作用のあるビタミンEが含まれています。シミ予防や、ハリ弾力を保つといった老化防止の作用もあり、アンチエイジングには欠かせない食べ物です。

ニンニクやショウガ、ネギなど

このような香味野菜も抗酸化作用が高いと言われています。例えば納豆に毎回ネギを入れる、豆腐を食べる時にショウガのすりおろしを添える…など、毎回の食事に香味野菜を加えてみましょう。

大豆製品

大豆製品は本当に万能な食べ物で、イソフラボンは美容と健康の強い味方です。豆乳を飲む、豆腐を冷奴として食べる、納豆を食べる、味噌汁を飲むなど、色々試せます。

お肌に透明感を与える食べ方習慣

お肌に透明感を与えるためには、糖質や脂質を抑える食べ方を知ることも大切です。私が実践している一例をご紹介します。

食事の前にお茶を飲む

お茶はポリフェノールの一種であるカテキンを含み、抗糖化作用が高い飲み物です。食前に飲むことで、血糖値の上昇を抑えてくれます。

食事の時は必ずお茶を飲むと決めてしまえば簡単に習慣化できるのでおすすめです。私は毎日取り入れています。

サラダから食べる

これは一度は聞いたことがあるかもしれませんが、緑黄色野菜は糖質が少ないので、1番最初に食べることで血糖値の上昇をゆるやかにしてくれます。

サラダがなければ、海藻類から食べましょう。私は、毎食サラダを食べないので、習慣化するまでに少し時間がかかりました。満腹感も出て、食べすぎることもなくなりましたよ。

小腹が空いたらヨーグルトなどの大豆製品を食べる

大豆製品には抗糖化作用のある食べ物です。合わせて抗酸化作用もあるので、万能ですね。特にヨーグルト腸内環境を整えてくれるのでおすすめです。

過剰な糖の摂取を防いでくれるので、食事の前に小腹が空いた時に最適な食べ物です。私はドライフルーツやジャムを刻んだものを入れたり、凍らしてヨーグルトアイスにしたりと楽しんで食べています。

調理の際、良質な油を使う

油にもこだわるとさらに良いです。質の悪い油を過剰摂取することでお肌の透明感が失われてしまいます。

亜麻仁油や、えごま油など、オメガ3の油は体内では作り出せないので、意識して摂取すると良いでしょう。しかし、質の良い油だからといって、摂取しすぎないように気をつけてくださいね。

また、オメガ6も体内では作り出せない油になります。ごま油やサラダ油、マヨネーズなどがありますが、これは現代人は摂取しすぎです。

油はバランスが大事なので、オメガ3の摂取量は増やし、オメガ6の摂取量は減らしてみてください。

まとめ

お肌の透明感が失われると、お肌がくすんでしまうことがわかりましたね。そして、くすみの中でも「黄ぐすみ」は、特に食生活によって予防や改善ができるとわかりました。

黄ぐすみによる酸化や糖化、カルボニル化を防ぐ食べ物や、今日から始められる食べ方の習慣を是非取り入れてみてくださいね。

こちらの記事もご覧ください→美肌を手にする、ターンオーバーを促進させる食べ物とのみもの