エアコンで顔の乾燥が進行する!美容部員が教える、乾かない秘訣とは?

夏場は冷房、冬場は暖房…エアコンは、気温の変化に対応するためにはなくてはならないものですが、エアコンを使うことで気になるのは顔の乾燥です。

特に、出先のエアコン事情は、自分ではどうにもできないことも多いですよね。

今回は、エアコンによる顔の乾燥を対策する方法や、エアコンとうまく付き合う方法をお伝えします。

エアコンが顔の乾燥を悪化させる原因は?

エアコンを使うと、体がだるくなったり、顔の乾燥を悪化させる原因になります。

エアコンは冷たい風や、暖かい風によって部屋を暖めたり冷やしたりするものです。

空気中の乾燥によって、お肌の水分が奪われ、お肌はカサカサ、パリパリになってしまいますよね。

私たちのお肌が潤い、快適に過ごすためには、空気中の湿度が関係しています。

湿度は40〜60%が快適に過ごせる数値です。しかし、エアコンを使っている部屋の湿度は20%前後にまで下がります。

そのため、エアコンの効いた部屋で長時間過ごす時期は、血行不良でお肌が乾燥しやすく、ターンオーバーも乱れてバリア機能のはたらきも低下します。

ターンオーバーは水分と油分のバランスを整え、バリア機能は外部の刺激からお肌を守るはたらきがあります。

新陳代謝やバリア機能を高めることは、美肌になるために必要不可欠です。

エアコンとうまく付き合いながら、乾燥に負けないお肌づくりをしていく必要がありますね。

エアコンの乾燥に負けないお肌をつくるスキンケアとは?

エアコンは、自宅だけではなく、職場や電車、スーパー、デパートなど、様々なところで使われています。

場所によってもエアコンの効き具合は異なりますし、外との温度差によってお肌状態も左右されやすいです。

エアコンの効いた部屋に長時間いる場合は、顔の乾燥と、化粧崩れが気になりますよね。私の職場は1年を通してエアコンが効いているので、乾燥しないお肌づくりと、メイクしたてのしっとり感を持続する方法を常に模索しています^ ^

まずは、エアコンの乾燥に負けないお肌づくりをするための、スキンケアやメイクの秘訣をお伝えします。

メイク前の保湿

日中、顔の乾燥を感じないためには、メイク前のスキンケアはとても重要です。

私は、色々なスキンケアを試してきましたが、朝のお手入れで意識していることはとてもシンプルです。

  • 洗顔はぬるま湯で行う(洗顔料の有無は、その日のお肌状態に合わせる)
  • 過剰なスキンケアはしない
  • 手持ちのアイテムで保湿力が最も高いアイテムを使う
  • スキンケアが肌に馴染んでからメイクに入る

顔の乾燥を防ぐためには、お手入れのやりすぎは禁物です。私は、朝はなるべくシンプルなケアを意識しています。

私は、手持ちのアイテムの中で最も保湿力が高く、これがあれば安心!というものを積極的に朝のお手入れに使っています。

日中のお肌は過酷な環境にありますし、日中が最も顔の乾燥が進行します。そのため、朝のスキンケアで、1日のお肌状態とメイク崩れを決めてしまうくらい重要なのです。

メイクで保湿

最近のメイク品の中には、保湿力の高いものがたくさんあります。私は美容部員の経験がありますが、ポイントメイクよりも、断然ベースメイクに時間とお金をかけるべきです。

私は、スキンケア効果や美容成分が配合されたメイク品を積極的に愛用しています。

  • UVカットと保湿力効果のある下地
  • リキッドやクリームファンデーション
  • 保湿力の高いスキンケアパウダー
  • 保湿力の高いアイカラー
  • リキッドやクリームチーク
  • リップベース

特に欠かせないものは、保湿力の高い下地とリキッドやクリームファンデーションです。

下地は、1番下の土台になるので、上に重ねるものを綺麗に崩れにくく保つために必要不可欠です。

顔の乾燥やメイク崩れが気になる方は、粉状のものは、少し控えてみてください。フェイスパウダーはリキッドやクリームファンデーションの持ちを良くするために必要ですが、量を少なめにして調節しましょう。

アイカラーやチークも、しっとりした質感のクリームタイプならツヤ感も出ます。

日中のメイク直し

私は人前に出る仕事をしているので、メイク直しはかかせません。顔の乾燥によってメイクが崩れやすいパーツは、目元・口元・鼻・マリオネットラインなどです。

  • 美容液スプレー(化粧水ミストは×)
  • 少量のリキッドファンデーションをスポンジでポンポンとなじませる
  • 口元は保湿クリームで保湿してからメイク直しを

メイクを落とさない限り、上からの保湿しかできないので、高保湿の美容液スプレーは重宝します。

しかし、化粧水ミストはNGです。エアコンによって乾燥している室内では、お肌の水分と一緒に蒸発してしまうため、乾燥を悪化させる原因になります。

口元のスキンケアやメイクは、昼食や歯磨きで取れてしまいます。そのため、マルチに使える保湿クリームをポーチにインしておくと便利です^ ^特におすすめは使い勝手の良いニベアクリーム(青缶)です。

私は1年中会社の制服が半袖なので、肘にも使っています^ ^ニベアクリームについてはこちらをご覧ください→美容部員が、顔の乾燥にニベアクリームを使ってみた!

ツヤを出したい方は、ファンデーションにオイルを混ぜるのもおすすめです!

帰宅後のクレンジング

エアコンで酷使されたお肌を一刻も早く解放するために、帰宅後はすぐにクレンジングをしましょう。

私は、クレンジングをしてから入浴までに数時間があくので、クレンジング後はオイル美容液で保湿をしています。

入浴後の保湿

夜のスキンケアは、朝とは違って、ベタつきがあってもOKということにしています(^^;;

使用量も多く、基本的にたっぷり使いです。夜はパックをすることも多いです。エアコンに当たることで、肌の水分蒸発は甚だしいです。カラカラの状態のお肌には、水分補給をしっかりとしましょう。

私のおすすめは、ブースター効果のある導入美容液の後にシートマスクをすることです。

お肌の奥へグングン潤いを届けてくれるので、顔の乾燥対策におすすめです。その後に、油分のケアも忘れずに。

是非、正しいスキンケアの流れも確認してみてください^ ^→美容部員が教える、お肌に透明感を与えるおすすめのスキンケア

スペシャルケアとしては、顔の中で皮膚が薄くて乾燥しやすい目元のアイクリームをすると完璧ですね^ ^

目元は年齢を感じさせやすいパーツなので、20代のうちからケアをしておくと安心です。

エアコンによる、顔の乾燥を改善する方法

エアコンによる顔の乾燥を防ぐためには、スキンケアだけでは限界があります。是非、スキンケアの効果を高めるためにも、身の回りの環境も整えましょう。

加湿器

最近では携帯用の加湿器も種類が豊富です。ペットボトルやコップに取り付けるタイプや、PCのUSBに差し込んで使えるものなど、使い勝手が良いものも多いです。

オフィスではエアコンの温度調節なども難しいと思うので、自分のデスク周りをうまく活用してみましょう。もちろん自宅でも使えます。

加湿器を使う場合、種類よりも「掃除をして常に清潔に保てるかどうか」が何より重要なのでら掃除は欠かさずしましょう。

マスク

直接エアコンが当たると、顔の乾燥を悪化させる原因になります。特にオフィスでは席によって風の当たり方が全然違いますよね。そんな時はマスクをしてお肌を守りましょう。

また、エアコンをつけて夜眠る時に、マスクをつける人がいますが、顔の乾燥を悪化させる可能性があるので、こちらの記事を一読してから使うようにしてください→マスクが顔の乾燥を悪化させる?正しい使い方とは?

濡れタオル

家でもオフィスでも、濡れタオルを干しておくことで部屋の湿度を上げることができます。

また、私は部屋の都合で、室内に洗濯物を干すことが多いので、洗濯物が濡れタオルの役割を果たしてくれます。部屋干しが気になる方にはおすすめできませんが、使ったばかりのバスタオルや、お風呂マットを干すだけでも良いですよ!

湿度のチェック

意外と家にない湿度計。顔の乾燥が気になるのであれば、家の湿度を確認しておく必要があります。目安は40〜60%です。

また、部屋の湿度は、湿気を吸いにくい自然塩を部屋に置くことで確認することもできます。自然塩は湿気が75%以上で溶け出し、35%で乾燥します。目安になるので、活用してみてください^ ^

まとめ

いかがでしたか?季節によって、体温を調節するために欠かせないエアコンですが、顔の乾燥を悪化させる原因になることがわかりました。

保湿を強化したスキンケアやメイクで、乾きにくいお肌づくりをすることと、身の回りの環境を整えて、エアコン対策をすることが必要です。

エアコンはこれからも使うものですから、うまく付き合っていきましょう!

こちらの記事もご覧ください→顔の乾燥が気になる方必見!崩れないメイクと化粧直しの秘訣