顔の乾燥に効く、おすすめの市販のクリームと選び方の秘訣は?

顔の乾燥は、女性の多くが経験するお肌悩みですよね。乾燥を改善するためには、保湿がとても重要です。特にクリームは欠かせません。

しかし、乾燥に良いとされる市販の保湿のクリームは、種類はたくさんあり、何を基準に選ぶべきか迷われることもあると思います。

本日は、美容部員の経験から、クリームの役割や選び方のポイントをお伝えします。

なぜ、顔の乾燥にはクリームが良いの?

顔の乾燥対策には、保湿クリームが必要不可欠とお伝えしましたが、お肌のメカニズムを元にその理由をお伝えしますね。

お肌は正常な状態であれば、細胞が隙間なくピシっと並んでいる状態です。この細胞たちは、お肌の新陳代謝によってどんどん上へ押し上げられ、古いものは垢となって剥がれ落ち、新しい細胞がどんどんつくられる仕組みになっています。

このお肌の新陳代謝のサイクルは、実は環境や生活習慣の乱れ、間違ったお手入れ方法によってとても乱れやすいものです。

顔の乾燥を感じるときは、何らかの影響でターンオーバーが乱れていると考えて良いです。ターンオーバーが乱れると、古い細胞が外へ排出できなかったり、潤いの少ない未熟な細胞がつくられてしまったりするので、乾燥します。

お肌の表面の角質がめくれていたり、細胞の陳列が乱れて隙間ができていたりすると、水分の蒸発もしやすくなります。

また、バリア機能という、お肌を守る機能も弱くなるので、紫外線やエアコンの風などの影響を直接受けやすく、お肌はどんどん敏感傾向になります。これもまた水分蒸発につながってしまうんですね。

クリームは、そんな水分蒸発がしやすく、外的刺激に弱くなったお肌を守るはたらきがあります。

クリームは油分なので、お肌の表面に膜を張ることで、潤いを逃さず、外から守ることができるのです。化粧水や乳液を使った後に、クリームで仕上げのお手入れをすることでお肌を乾燥から守ることができるのです。

美容部員が教える、顔の乾燥を防ぐクリームの選び方

では、顔の乾燥を防ぐために、クリームの選び方のポイントをお伝えしますね。何と言っても情報量が多すぎて1つに絞ることがとても難しいですよね。選ぶ基準も揺らいでしまいます。

私は美容部員の経験があり、今まで市販の1つ1コインで買えるクリームから、最高級の1つ10万円のクリームまで幅広く使った経験があります。

正直、私の肌に合うものがみなさんに合うとは限りません。それぞれ肌質が異なりますからね。

なので、おすすめのクリームもご紹介しますが、クリームを選ぶポイントの方を重点的にお伝えしますね。

保湿成分

私は、保湿成分はこだわって選ぶようにしています。保湿成分には、セラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸などがあります。

私のおすすめは、セラミド配合のものです。特にヒト型セラミドが配合しているものは保湿力が高いです。

セラミドは、もともとお肌にある保湿成分で、ヒト型セラミドは、そのの中でも最もお肌に近い成分と言われています。

セラミドには、バリア機能を修復したり、肌がもともともっている水分保持力を高めるはたらきがあるので、乾燥しやすく敏感な方は、肌機能を高めてくれるセラミドが1番おすすめです。

使い心地

クリームは「夏は使わない」、「朝は使わない」という人が多いです。理由はベタベタしたり、化粧が崩れるからです。

しかし、夏場はクリームを使わないお手入れによって保湿不足になりやすく、冬の乾燥を助長します。また、実は朝にクリームをしっかり使った方が、日中の化粧が崩れにくくなるのです。

顔が乾燥することで、お肌は油分を過剰に出してしまい、それがメイク崩れの原因になっています。

そのため、朝も夜も使い心地の良いテクスチャーのクリームを選ぶことは鉄則です。気に入ったものでなければ、使い続けることは難しいですからね。

私は、必ずテクスチャーは試してから購入するようにしています。私はいろんなものを使ったことがあるので、「クリームによってこんなに肌馴染みや使い心地が違うんだな…」と、ひしひしと感じています(^^;;

私が使いやすいと感じるクリームのポイントをお伝えしますね!

  • クリームが柔らかい
  • 少量でよく伸びる
  • 重たくない
  • 好きな香り
  • 日中乾かない
  • ベースメイクとの相性が良い

クリームの柔らかさは重要です。硬いと顔に塗るときに圧がかかりやすくなるからです。少量でよく伸びるものは、コスパも良いですし、ベタつきも感じにくいです。

毎日使うものですし、スキンケアはリラックスも兼ねて、香りは好きなものの方が継続しやすいです。

また、サンプルを自宅で試せるようであれば、朝のスキンケアに使い、手持ちのベースメイクとの相性や、日中の乾燥具合を確認することも必要です。

手間はかかりますが、日中に乾燥を感じることは不快なので、一日中潤いの持続するものを探した方良いです!

価格

使い続けるために価格は重要ですよね。私は色々と使った結果、クリームは3000円以上のものを使うようにしています。

もっと安く済ませようとして、1000円代のものを使っていたこともありましたが、顔の乾燥が悪化してしまいました。

全てが価格で決まるわけではありませんが、価格が高いものを使うと、保湿力も使い心地も満足度が高い傾向にあります。

顔の乾燥は、クリームを使うことで改善は見込めますが、どんなクリームでも対応できるかというと、そうではないと感じます。

乳化技術

お肌が敏感になっている方は、乳化技術にも着目すると良いです。クリームを作るときに、水と油を混ぜ合わせる「乳化」という工程があります。

乳化には界面活性剤を使いますが、この界面活性剤がお肌のバリア機能を刺激したり、乾燥を悪化させる原因となることがあります。

そのため、界面活性剤不使用のものや、天然の成分を使われているものを選ぶのもおすすめです。

配合成分や、乳化にこだわっているクリームは、その分価格も高めになりますが、お肌に負担をかけずに保湿力を高めてくれるので、使う価値は十分あります。

おすすめの市販のクリーム5選☆

私が使ってよかったと思う、おすすめの市販のクリームをご紹介します。

キュレル 潤浸保湿フェイスクリーム 2300円

キュレルはボディーローションを愛用しており、保湿力とコストパフォーマンスの良さが気に入って、保湿クリームも使い始めました。

セラミドやユーカリエキスで角層にじっくりと浸透し、潤いのあるお肌に導いてくれます。

低刺激処方なので、私は乾燥してヒリヒリしたり、赤みのある時でも問題なく使えました(^^)ふわっと軽いクリームなので、冬場は重ね付けをするのがおすすめです☆

無印良品 オーガニック保湿クリーム 1800円

無印良品は、色々な種類を使いましたが、オーガニックシリーズは保湿力も満足していました。香りもきつくないので使いやすいです。

硬めのこっくりとしたクリームで、乾燥肌の方や冬場のケアにおすすめです。コストパフォーマンスも良いですよ☆

トリロジー バイタル モイスチュアライジングクリーム 5700円

トリロジーはオイルやクレンジングなども愛用しており、使い心地が気に入っていました。

クリームは滑らかで柔らかく、少量でも伸びが良いです。たっぷり使ってもお肌にスッと馴染んで重みやベタつきがないので、メイク前の保湿に重宝していました。

ノエビア  99プラス クリーム (リッチ) 7000円

99プラスは基本の保湿ケアができるシリーズです。滑らかで肌馴染みがとても良いです。初めて使ったとき、クリームってこんなに軽いんだ!と感動したことを覚えています。香りも癖がなくて使いやすいです。

リッチとアクアの2種類ありますが、ノエビアは乳化技術にもこだわって作られているので、コクのあるリッチでも重たくなく、肌馴染みが良くてなめらかなお肌に仕上がります。

クリニーク モイスチャーサージEX

今までジェルクリームのタイプは、乾燥してしまってなかなか使えませんでした。しかし、こちらは日中の乾燥を感じずに1日過ごせました。ベタつく夏場や、朝のスキンケアにもおすすめです^ ^

サイズによってお値段が変わります。(29g・4,500円 / 49g・6,000円)

顔の乾燥を改善する、正しいクリームの塗り方

顔の乾燥を感じやすいのは、もしかしたらクリームの塗り方や量が間違っているからかもしれません。クリームを塗るときのポイントです。

  • 額・額・左頬・右頬・顎の5点にクリームを置く
  • 円を描くようになじませる
  • 内側から外側へ向かってなじませる

クリームの適量は、肌質やものによって異なひますが、だいたい小指の爪くらいの大きさを目安にしてみてください^ ^

これをだいたい5当分にしましょう。頬にのせるクリームの量は気持ち多めになるように配分しましょう。鼻は少なめで大丈夫です。

目元や口元は、顔の中でも乾燥しやすいので重ね付けをするとさらに良いです。

まとめ

いかがでしたか?顔の乾燥には、クリームが必要であるとわかりましたね。美容部員の経験から、クリームを選ぶポイントもお伝えしました。

顔の乾燥はクリームを使うことで改善が見込めますが、クリームならどんなものでも良いというわけではないので、自分の肌質に合ったものを選べるようにしましょう^ ^

市販のおすすめのクリームも参考にしてみてくださいね。

こちらの記事もご覧ください→お肌の保湿にはニベアクリームが効く?その他の美肌効果はあるのか?