顔の乾燥からブツブツができる?ブツブツの種類と改善方法

乾燥というと、カサカサするイメージが強いと思いますが、顔の乾燥からブツブツができてしまうこともあります。

ふとした時にできる吹き出物や、かゆみを伴うブツブツは、生活習慣とスキンケアによって改善することができます。

今回は、経験談を交えながら、顔の乾燥からくるブツブツの対策方法をお伝えします。

顔の乾燥とブツブツの関係は?

お肌にブツブツができてしまうと、ものすごく気分が下がりますよね。こういったトラブルが起こる原因は、顔の乾燥にあると言われています。

私たちのお肌には、角層という、潤いを保持する機能があります。角層を含む表皮の細胞は、日々生まれ変わっており、潤い成分を生成したり、新しい細胞をつくって古い細胞を外へ排出するはたらきがあります。

これをお肌のターンオーバーと言い、お肌の健康を維持する土台となっています。しかし、このターンオーバーは非常に乱れやすいものです。

水分と油分のバランスが崩れてしまうと、お肌は敏感になってしまうので、お肌を守るバリア機能も崩れ、顔の乾燥を引き起こします。

さらに、バリア機能が崩れると、外的な刺激を受けやすくなります。このような弱ったお肌は、紫外線やホコリ、乾燥した空気などの刺激をダイレクトに受けてしまうため、顔の乾燥を悪化させてしまうのです。

乾燥したお肌は、水分と油分のバランスが崩れている状態です。水分が不足していると、お肌は油分を過剰に出す傾向にあるため、過剰に分泌した油分が毛穴に詰まって、ブツブツとした吹き出物ができる原因になります。

一方で皮脂が少ない状態は、ただただ敏感になってお肌のバリア機能が低下し、水分蒸発を防ぐ機能が弱くなります。

敏感傾向にあると、外的な刺激の影響を受けやすいため、その刺激がかゆみにもつながり、湿疹のようなブツブツができてしまうのです。

ブツブツを改善するスキンケアの秘訣

吹き出物によるブツブツは、皮脂の過剰分泌によるもので、かゆみのあるブツブツは、バリア機能が弱った状態が続き、敏感になっていることが原因であるとわかりましたね。

では、それぞれの改善方法を、まずはスキンケアに絞ってお伝えします(^^)

吹き出物によるブツブツ

吹き出物によるブツブツは、皮脂が過剰に分泌している状態なので、余分な皮脂を取り除くことが重要です。

クレンジングや洗顔

クレンジングや洗顔をする時は、吹き出物に刺激が加わらないように、優しい圧で行うようにしましょう。

また、吹き出物ができている間は、殺菌作用のある洗顔料で、洗い上がりもサッパリとしたものがおすすめです。

クレンジングや洗顔は、自己流の間違った方法で行なっている人が多いので、正しいやり方を一度確認しておいてください(^^)→美容部員が教える、顔の乾燥を改善する洗顔の秘訣とは?

皮膚科で吹き出物の根っこを取り除く

私は、顔の乾燥による皮脂分泌によって、皮脂がつまりやすいため、美容皮膚科で吹き出物の根っこを取り除いています。

この処置をするようになってから、吹き出物ができにくくなりました。保険適用なので安価で済みます。私は、処置がスムーズに進むように、角質を柔らかくするクリームを塗っています。

また、吹き出物が炎症を起こしている間は、炎症を抑える軟膏と、ビタミン剤も服用しています。

美容皮膚科の処置については体験談をこちらにまとめているので、是非参考にしてみてください(^^)→迷ったら皮膚科へ!お肌の透明感を取り戻すための一番の方法

保湿クリームを使う

皮脂が過剰に分泌しているのに、保湿クリームを使うのは逆効果のように感じるかもしれませんが、皮脂の過剰分泌は、お肌の油分不足も原因の1つです。

お肌は、水分不足だけでなく、油分が少なくなると、お肌を守るために、皮脂を分泌するのです。

そのため、保湿クリームを塗ることで、皮脂の分泌を抑えることができます。保湿クリームには、乾燥を改善する潤い成分も含まれており、お肌の保護にもなるので、バリア機能の修復にも役立ちます。

吹き出物ができている間も、油分を嫌わずに保湿クリームを活用してあげましょう!

クリームは使い心地が決め手になります。良いものに出会えると、スキンケアが楽しくなるので、クリームの選び方のコツについてもご参考にしてみてください→顔の乾燥に効く、おすすめの市販のクリームと選び方の秘訣は?

かゆみのあるブツブツ

かゆみのあるブツブツは、非常に敏感になっているサインです。

まずは、かゆみを抑えることが1番重要です。かゆみは、かけばかくほど悪化し、ヒリヒリとした痛みも伴います。

掻きこわした跡は色素沈着として残ってしまうので、顔であれば余計に避けたいですよね。

そのため、まずはかゆみを抑えて、刺激からお肌を守りましょう。

かゆみを抑える保湿剤を使う

かゆみが強い場合は、かゆみを抑えて保湿もしてくれる軟膏を塗りましょう。

市販のものだと、メンソレータムがおすすめです。こちらの記事にまとめているので、参考にしてみてください(^^)→メンソレータムで顔の乾燥やかゆみを改善できるって本当?

私は顔も体も、かゆみの伴う乾燥状態になりやすいので、全身に使えるものを必ず1つ常備しています。

日焼け止めを塗る

日焼け止めは毎日欠かさず塗りましょう。敏感傾向にある時は、いつも以上に紫外線の刺激を受けてしまうので、日傘や帽子も活用してみてください。

また、飲む日焼け止めサプリメントもおすすめです。お肌に触れる回数が少なくて済むので摩擦を軽減できます。

メイクとクレンジングの負担をかけない

私は、敏感傾向にある時のベースメイクは、石鹸で落ちる日焼け止め入りの下地+スキンケアパウダーのみです。

アイメイクはしますが、専用のリムーバーで落とし、全顔は洗顔フォームで落としています。

敏感な時は、メイクやクレンジングによる負担をかけないようにしています。

スキンケアをしてお風呂に入る

以前はお風呂場でクレンジングをし、シャワーのお湯を顔に当てて、すすいでいたこともありましたが…顔の乾燥やブツブツができている時は、スキンケアをしてからお風呂に入っています。

入浴中は、何十分も素肌を空気にさらすことになりますし、お湯が顔にかかって乾くことの繰り返しになるので、私はブツブツのかゆみが悪化してしまうんですよね。

それを防ぐために、入浴前に洗顔を済ませ、スキンケアをしてからお風呂に入るようにしています。

入浴後は上乗せで保湿クリームをつけて保湿力を高めています。

食事の後は口周りの保湿

私は、皮脂の分泌の少ない口周りや頬が乾燥しやすかったり、ブツブツができやすいので、まめに保湿をしています。

食事のあとは口周りのスキンケアは取れているのに、放置していたことを反省して、毎食後、保湿クリームを塗るようにしています。

少量でもお肌の保護ができるので、ワセリンやベビーオイルなどの保湿剤もおすすめです。

敏感傾向にある時は、お肌を保護する機能が弱っているので、お肌を守るはたらきに特化した保湿剤を活用してみてください(^^)

ワセリンについて詳しくはこちら→顔の乾燥にはワセリンが効く?油分ケアで美肌になろう!

ベビーオイルについて詳しくはこちら→ベビーオイルで顔の乾燥対策はできる?使い方や注意点は?

顔の乾燥やブツブツは、生活習慣の改善でよくなる?

顔の乾燥やブツブツは、生活習慣の乱れも大きく関わってきます。私がスキンケアと合わせて行なっていた、生活習慣の改善方法についてもお伝えします。

睡眠

私は不眠症や睡眠不足が影響して、顔の乾燥がひどくなり、ブツブツができやすくなった時期がありました。

私は6時間〜7時間睡眠から、最低8時間睡眠に変えました。眠れなくても、部屋を暗くし、スマホやテレビから離れ、ベッドに横になる時間を増やしたら、眠りモードに入れるようになりました。

間接照明になる、アロマディヒューザーも効果的でした(^^)

食事

顔の乾燥やブツブツができてしまう時は、過食と過剰摂取が原因のように感じます。量をたくさん食べることも、1つの栄養をたくさんとりすぎることも、お肌にとってよくありません。

特に、私は脂っこいものや甘いものを食べ過ぎたり、炭水化物ばかりの食生活になると乾燥やブツブツができやすいです。

なかなか難しいことですが、栄養素をバランスよくとるようにしましょう。

顔の乾燥を改善する食生活についても合わせてご覧ください→顔の乾燥を改善する「食べ物・食べ方・整え方」徹底ガイド!

ストレス

ストレスを溜め込むと、ホルモンバランスが乱れたり、活性酸素が発生するので顔の乾燥やブツブツを悪化させる原因になります。

ストレスから胃腸の不調も起きやすいので、便秘もしやすくなります。

私はストレスをすぐに発散できるように心がけています。ストレスを溜めないのは難しいので、発散する方法をたくさんみつけて、内側から健康になりましょう(^^)

こちらも合わせてご覧ください→顔の乾燥はストレスで悪化する?ストレスの対策や発散する秘訣とは?

まとめ

いかがでしたか?お肌のブツブツは、顔の乾燥が原因であることがわかりましたね。

皮脂が過剰に分泌される吹き出物によるブツブツや、バリア機能が低下して非常に敏感になってできた、かゆみを伴うブツブツがありました。

顔の乾燥やブツブツは、生活習慣によるものも大きく影響しているので、スキンケアと合わせて改善してみてください。

お手入れ方法はそれぞれ異なりますが、スキンケアの基本は共通するので、正しい保湿のお手入れ方法も一度確認してみてくださいね(^^)→顔の乾燥を改善する、保湿のお手入れ完全版!