顔の乾燥の改善には水分補給を!正しく水を飲むと美肌になれる!

「水を飲むと美肌になれる」という話を聞いたことはありませんか?私たちの体は60%以上が水分でできているため、美肌や健康を維持するために、水分補給は欠かせません。

しかし、正しい水の飲み方を実践している人は少ないように感じます。今回は、顔の乾燥を改善するために、正しい水の飲み方を身につけましょう(^^)

美肌になるために、水分補給が欠かせない理由

私たちは、顔の乾燥を改善するために、化粧水や美容液といった化粧品には興味を示しますが、内側からのケアは疎かになりがちです。

化粧品は、お肌の表面の角層の潤い補給にダイレクトにはたらきかけますが、顔の乾燥を改善するためには、表面のケアだけでは不十分です。

私たちの体は、60%以上が水分でできているため、お肌の内側からも水分補給をすることで、保湿力を高めることができます。

そこで、とても手軽に水分補給できるものが「水」です。

私たちは、寝ている間にコップ一杯分の汗をかくといわれています。また、生活をしていると排尿や呼吸によって水分は奪われますし、何もしなくても汗は出ているので、水分が不足しがちな状態になります。

水分が不足すると代謝が落ちるため、血行が悪くなり、栄養素がうまく行き届かなくなります。また、老廃物の排泄がうまくいかず、便秘や乾燥、肌荒れの原因となります。

お肌の土台であるターンオーバーのサイクルも乱れるため、乾燥を感じやすくなります。

水分補給をすることで体の機能を高めることができるので、顔の乾燥対策だけでなく、健康維持にも効果的です(^^)

水を飲む時に控えたい習慣は?

まずは、間違った水分補給や水の飲み方の例をお伝えします。

  • 水を一度にたくさん飲む
  • 水を一気飲みをする
  • いつも冷たい水を飲む
  • 水は全く飲まない(水分補給は主にお茶やコーヒーなど)

ご自身に当てはまる項目はありましたか?水は、大量に飲んでも排出されるだけなので、一度にたくさん飲んだり、一気に飲んでも保湿力を高めることはできません。

また、冷たい水は体内を冷やすため、結構不良や冷えを招き、体の循環が悪くなります。

普段から水を飲む人でも、こういった習慣がある方は、水の飲み方を改める必要があります。

また、全く水を飲まない人は、これから生活の中に少しずつ水を飲む習慣を取り入れていきましょう。

特に、お茶やコーヒーなどで水分補給をしている方は、カフェインの過剰摂取が心配です。お茶やコーヒーは、利尿作用があるため、体に水分が不足している状態でも排尿を促してしまいます。

カフェインを含む飲み物は、夜眠る前に飲むと眠気を妨げる原因になりますし、途中でトイレに行きたくなって目が覚めてしまうので睡眠妨害にもなります。

顔の乾燥を改善する、水の正しい飲み方

では、顔の乾燥を改善し、美肌になるための正しい水の飲み方をお伝えします。

私は、以前は水が嫌いでお茶ばかり飲んでいたのですが、今では毎日の水分補給にお水は欠かせなくなっています。

水を飲む量

私たちの体は、わずか2%の水分が不足しただけでも脱水状態になります。水を飲む量は1日に1.5L〜2Lが理想です。

結構な量がありますよね。私は、無理なく続けられるように、1日に最低1Lは水を飲むと決めています。

朝起きた時と、お風呂から出た時、運動をした時(軽いストレッチやウォーキング)は、必ずお水を飲むと決めています。

また、外出時は、500ml〜750mlサイズの水筒に必ず水を入れて持ち歩いています。もちろんコンビニで買えるペットボトルの水でもOKです。

それらを合わせると、だいたい1Lは毎日飲めます(^^)食事の時に、毎食お水を飲めば1.5Lはクリアできると思います(^^)

水を飲むタイミング

水を飲むタイミングは重要です。1日の中で、だいたい6回のタイミングがあります。

  • 起床後
  • 毎食時(3回)
  • 入浴後
  • 就寝前

水を飲む時は、これらのタイミングを意識してみてください。

起床後

特に、起床後は寝ている間にコップ一杯の汗をかいており、何時間も水分補給をしていない状態なので、必ず水分補給をしましょう。

朝にコップ一杯の水を飲むと、胃腸に刺激が与えられ、体や脳を目覚めさせます。常温か、温めたものを少しずつ飲むことがポイントです。

起床後に水を飲むことは、是非習慣にしてみてくださいね(^^)

毎食時

水を飲むことで、食物の消化をスムーズになり、体内に吸収しやすくなります。また、塩分の取りすぎも抑制します。

また、ミネラルウォーターは空腹を抑える働きもあるので、食べ過ぎを予防することもできるのです。

私は、食事の時はお水以外のものが恋しくなってしまうので、臨機応変に対応しています。朝は豆乳、昼や夜はお茶を飲むことが多いです。また、休憩したり、一息つく時はコーヒーや紅茶を飲むことも。

便秘が気になる時は、食事のときに積極的に水を飲むようにしています。

入浴後

入浴後は、体温が上がるので、体は汗をかいて冷やそうとします。水分が蒸発するため、その分、水分補給は必要です。

私は、入浴後の水分補給は積極的に行なっています。

就寝前

水は、就寝前に飲んでも眠りの妨げにならないのでおすすめです。また、眠る前はリラックスをして副交感神経が優位にはたらくようにしたいので、温かいものをゆっくり飲むと良いでしょう。

私は、眠る前にカフェインの含まれていないホットルイボスティーを飲むこともあります。

水の温度

既に触れていますが、冷たい水は体内を冷やすため、なるべく常温か温めたものがおすすめです。

私は、真夏の暑い時や、お風呂上がりは無理せずに冷たい水を飲むこともありますが、起床後や就寝前は温かいものと決めています。

また、ミネラルウォーターなどは、常温で放置しておくと、すぐに悪くなってしまうので、冷蔵庫での保管が望ましいです。

少し手間がかかりますが、私は飲むときに、温めてから飲んでいます。

美肌に効くおすすめの飲み物

水を正しく飲んで水分補給をすることは大切ですが、顔の乾燥の改善に効果的な、美肌になれる飲み物は色々とあります。

私のように、水だけでは飽きてしまう方にもおすすめです(^^)

ルイボスティー

ルイボスティーは、美容茶、健康茶、若返りのお茶として有名です。体内では作られないミネラルが豊富で、便秘解消・老化防止など、様々な効果が期待できます。カフェインが入っていないので、就寝前でも安心して飲めます。

さっぱりとした後味なので食事のお供にも取り入れやすいです。

ルイボスティーには、SOD酵素(スーパーオキシドデイスムターゼ)が豊富に含まれており、体内の活性酸素を抑える働きがあります。

ルイボスティーには、このSOD酵素は、緑茶の約50倍、ウーロン茶の約30倍も含まれているんです。

体内の余分な活性酸素はお肌のターンオーバーを遅らせてしまうので、顔の乾燥対策にはもってこいの飲み物ですよ(^^)

豆乳

大豆に含まれるイソフラボンは、女性ホルモンのエストロゲンのはたらきと似ています。

私たちの体は、様々な原因からホルモンバランスやお肌のターンオーバーの乱れやすいため、顔の乾燥の改善には、手軽に取り入れられる大豆製品として、豆乳もおすすめです。

ジュース

私は、甘いものを過剰に摂取する傾向にあるため、顔の乾燥や肌荒れに繋がることが多いです。

それを防ぐために、代わりに果汁100%のフレッシュジュースやスムージー、コールドプレスジュースなどを取り入れています。

満足感も得られますし、美肌ケアもできて一石二鳥です。野菜不足の時もスムージーやフレッシュジュースでビタミンを補給をしています。

内臓が疲れている時は朝ごはんの置き換えにもおすすめです。胃が軽くなって頭もスッキリします(^^)

まとめ

いかがでしたか?美肌になるためには、水分補給は欠かせないものであるとわかりましたね。

その中でも、水を飲むことで、内側からの保湿力を高めることができます。

顔の乾燥を改善するためには、正しい水の飲み方を取り入れましょう(^^)

また、水だけでは飽きてしまうこともあるので、美肌に導く飲み物もうまく活用してみてくださいね(^^)

こちらの記事もご覧ください→サプリメントで美肌サポート!顔の乾燥の改善には内側ケアを強化して!