馬油で顔の乾燥を改善しよう!馬油の特徴やおすすめの使い方は?

顔の乾燥が気になるときは、お肌のお手入れ方法を見直すきっかけになりますよね。

特に、保湿力を高めるために、スキンケアに取り入れる代表的なものとしては、クリームやオイルがあがると思います。

オイルにはたくさんの種類がありますが、その中でも、「馬油」は保湿力が高く、皮膚科の医師もおすすめする程の実力があるそうです。

馬油の特徴は?

馬油は、名前の通り馬から抽出した油脂です。顔の乾燥を防ぐためには、皮脂が必要ですが、馬油は人間の皮脂と近い成分でつくられいるため、相性が良く、お肌馴染みが非常に良いことが特徴です。

また、様々なオイルの役割と共通しますが、水分蒸発を防いで、お肌の潤いを保つはたらきがあります。

馬油の質感はベタッとしていますが、少量でも伸びが良くて浸透力が高いため、塗るとすぐにサラサラになります。

お肌の表面に油膜を張ることで、紫外線やホコリなどの外部からの刺激を遮断し、さらに内側の空気も追い出してくれるので、細菌の侵入と酸化を防ぐことができます。

乾燥しているお肌は敏感で、外的な刺激を受けやすいので、馬油を使うことで刺激を軽減することができるのです。

また、馬油は美容面で注目されていますが、昔から火傷や肌荒れ、あかぎれなどの民間治療薬としても使われています。馬油は、薬局で入手できるので、手軽に購入できるのもポイントです!

低刺激で炎症を抑えてくれるので、顔の乾燥がひどい方でも安心して使うことができますよ(^^)

馬油を使っても効果なし?間違った使い方とは?

馬油は、万能なオイルですが、口コミを見ると「馬油を使っても乾燥が改善しない」、「馬油を使ったら乾燥が悪化した」というマイナスな評価が意外と多いです。

その多くは、馬油の使い方が間違っていることが原因です。馬油に限らず、オイル全般に言えることですが、馬油のみのスキンケアでは保湿不足で乾燥を悪化させてしまう可能性があります。

馬油は肌馴染みが良く、浸透力が高いため、細胞間の隙間に浸透して角層内の潤いを保つはたらきがありますが、「馬油だけで100%保湿することは難しい」ということを覚えておきましょう。

馬油を使った、顔の乾燥を改善する基本のスキンケア

保湿力が高く、殺菌や抗酸化効果のある馬油を使わない手はないですよね。ここでは、乾燥を改善するための、馬油を使った基本のお手入れ方法をお伝えします。

馬油はスキンケアの1番最初に使おう

馬油を使うときの順番としては、馬油→化粧水→乳液→クリームといった手順がおすすめです。

馬油を1番最初に使うことで、お肌を柔らかくし、後に塗ったものの浸透力を高める効果が期待できます。

馬油を使っても、最後の保湿クリームは使おう

私が美容部員の経験を通して学んだことですが、オイルを最初に使う場合は、お肌を柔らかくして浸透を高めることが目的です。

そのため、水分蒸発を防ぐための、1番最後に油分の膜を張るクリームは必要だと考えています。一時的に潤っても、水分が蒸発してしまうと、時間が経った時に乾燥してしまうからです。

しかし、ベタつきを感じやすいため、クリームは少量使いで薄づきで良いと思います。私は、お手入れにオイルを使う時でもクリームを欠かさずつけるようにしていますよ^ ^

化粧水→乳液→馬油という手順も1つの方法ですが、馬油には、後に塗ったものの効果を引き出すはたらきがあるので、やはり1番最初に使用することをおすすめします^ ^

顔の乾燥がひどい時の馬油の使い方

お肌が乾燥してヒリヒリしたり、赤みやかゆみが出て調子が悪いときは、他のものを使っても染みてしまいますよね。

そんな時は、馬油のみのスキンケアも一時的にはありです。その場合は、通常よりも少し多めに塗りましょう。

馬油の保湿力の高さは、ワセリンよりも優れていると話す、皮膚科医もいるそうです。乾燥による炎症を抑える効果もあります。

また、あまりにも顔の乾燥がひどく、調子が悪い場合は一度皮膚科を受診することをおすすめします。保湿剤を使うことで、お肌を正常な状態に戻してくれます。

乾燥を改善する皮膚科の保湿剤についてはこちらをご覧ください→顔の乾燥やヒリヒリとした痛みは、皮膚科の薬(保湿剤)で治せる!

顔の乾燥は放っておくとシワやたるみ、くすみにも繋がるので、気づいたら即行動しましょう!

馬油の効果を最大限に発揮する方法は?

せっかくなら、馬油の効果を最大限に発揮したいものです。馬油は油分ですから、これだけを頑張って使ってもお肌の水分量を増やすことはできません。

馬油+セラミド入り化粧品で保湿力をアップさせよう

お肌の保湿力を高めるためには、お肌の水分保持力を高める必要があります。

そのため、馬油を使った後の化粧水の選び方がとても重要です。できれば、セラミド入りの化粧品を使うようにしましょう。

セラミドは、実はもともとお肌にある潤い成分なのです。細胞間の隙間に入り込むことで、水分を蓄え、外部の刺激からもお肌を守ってくれます。

乾燥したお肌は水分保持力が低下し、お肌を守るバリア機能が弱くなっているので、セラミドは保湿力を高めるためにはうってつけの保湿成分なのです。

健康なお肌状態であれば、お肌の生まれ変わりの中でセラミドはつくられますが、様々な環境のストレスや生活習慣、間違ったスキンケアによっても、お肌のセラミドは減少してしまいます。

そのため、乾燥が気になる方は、馬油に加えてセラミド入り化粧品を積極的に取り入れてみてください。

特に、私のおすすめは「ライスビギンのオールインワンエマルジョンNo,11」です。

こちらは乾燥肌に効果的なオールインワン化粧品で、ライスパワーエキスがセラミドを増やして角層を潤いで満たします。

ライスビギンのオールインワンは、ただ潤いを与えるだけでなく、お肌が潤う力を育るので、細胞が元気になって肌力を高めることができます。

1本で十分な保湿力を得られるオールインワンですが、馬油と合わせて使うことで、弱ったお肌の修復力を高めることができるので、顔の乾燥の改善には最適な組み合わせと言えるでしょう(^^)

手数も少なく保湿ケアが強化できるので、オールインワンは1つもっていると便利でおすすめですよ!

ご興味のある方はこちらの記事もご覧ください(^^)→ライスビギン「オールインワンエマルジョンNo.11」の口コミ・評判を教えます!

馬油とセラミド入り化粧品の組み合わせで保湿力をグンとアップさせましょう!

馬油の選び方とおすすめ品☆

馬油を選ぶ時は、余計な成分が含まれていない、純度100%の馬油を選ぶようにしましょう!

化粧品全般に言えることですが、配合成分がお肌の刺激となることもあるので、顔の乾燥が気になる方や、敏感傾向にある方、肌荒れ中の方は、特に意識してみてください。

私のおすすめは、「ソンバーユ」(薬師堂)です。

ソンバーユは100%馬油でつくられており、お肌に優しいので、赤ちゃんのお肌にも使用できます。香り付きのものもあるので、「ソンバーユ 無香料 75ml (2000円)」を選べば間違い無いでしょう。

他のメーカーからも馬油は出ていますが、馬油を選ぶ時は、ソンバーユを基準に自分の肌質に合うかどうか、使い心地が合うかどうかを確かめてみてください(^^)

馬油はどんなものか試してみたい!という方は、「ソンバーユ ミニ 30ml (1000円)」がお手頃価格でおすすめです(^^)

まとめ

いかがでしたか?馬油をうまく活用することで、顔の乾燥の改善が期待できるとわかりましたね。

馬油は肌馴染みが良く、保湿力が高いことから注目を集めています。是非、乾燥しやすい時期のスキンケアに加えてみてくださいね。使い方もお肌状態に合わせて変えてみましょう。

さらに、セラミド入りの化粧品をプラスすることで、馬油の効果を発揮することができます。

馬油を使って、乾燥知らずの美肌を目指しましょう^ ^

こちらの記事をご覧ください→美容部員が、顔の乾燥にニベアクリームを使ってみた!