顔の乾燥や粉吹きが気になる…オロナインで改善できる?

顔がカサカサして、粉吹き状態になることってありますよね。粉吹きの原因は乾燥と言われています。

女性はカサカサや白い粉によってメイクのりも悪くなりますから、見た目も気になってしまいますよね。

そんな乾燥による粉吹きには、オロナインが効くのでは?と話題になっています。

オロナインってどんなもの?

オロナインは市販の万能治療薬として、一家に1つ置いてあるご家庭も多いのではないでしょうか。

オロナインは、正式名称がオロナインH軟膏と言い、大塚製薬から出ている外的治療薬です。

1953年に発売されたから、60年以上も愛され、皆に使われ続けています。

オロナインは、ひび、あかぎれ、水虫、湿疹、切り傷、皮膚炎、擦り傷…などの様々な炎症を鎮めるはたらきがあります。

癖のある匂いがしますが、安価で使い勝手が良いので私も長年愛用しています(^^)

そんなオロナインですが、こんなに万能ならお肌の粉吹きも改善できそうですよね。オロナインに配合されている成分を確認してみましょう!

オロナインの配合成分

オロナインに粉吹きを改善するはたらきがあるかを調べるために、オロナインの配合成分のはたらきをみていきましょう。

有効成分

オロナインの有効成分はクロルヘキシジングルコン酸塩液(20%)です。

殺菌効果があり、消毒薬として使われ、ほとんどの菌に有効です。

保湿成分

グリセリン

グリセリンはアルコールの一種で、保湿効果の高い、水性の成分です。水分を引き寄せて保湿するはたらきがあり、化粧品の原料としてもポピュラーです。

手作りの化粧品をつくる時もグリセリンは使われ、化粧水によく配合されます。

ステアリルアルコール

ステアリルアルコールは、化粧品にも配合されている保湿成分で、皮膚を保護するはたらきがあります。

感触を良くしたり、色を白っぽくする作用があるので、乳液やクリームによく配合されます。オロナインの肌触りの調整にも使われています。

オリブ油

オリブ油は、オリーブの実から精製してつくられています。オリブ油は食用のオリーブオイルよりも高純度に精製されており、医薬品に分類されています。

オリブ油には、お肌の表面を保護はたらきがありますが、オリーブオイルに期待されるビタミンEなどは精製されてしまうので、アンチエイジングなどの美容効果はオリブ油には期待できません。

ワセリン

ワセリンは、石油を精製し、不純物を精製してつくられた保湿剤です。ワセリンは、オロナインのように単体で薬局などで購入できます。

目的は皮膚を保護することで、完全な油です。お肌には浸透しないので、低刺激でしみることもありません。お肌の表面を覆って水分蒸発を防ぐはたらきがあります。

原料が石油と聞くと、悪いイメージを持たれるかもしれませんが、安全性はとても高いです。

自然由来の鉱物油は炭素と水素のみで構成されていて、反応性をもたない、とてもシンプルなつくりになっています。

オロナインで顔の乾燥や粉吹きを改善できるのか?

オロナインの配合成分についてみてきましたが、菌を殺菌する成分や、保湿成分が配合されていることがわかりました。

オロナインに配合されているこれらの成分は、乾燥して皮膚の表面に亀裂の入った、ひびやあかぎれによって炎症を起こした皮膚を保護するはたらきがあります。

オロナインの保湿成分によって、お肌の表面をコーティングして水分蒸発を防ぐことができるからです。

顔の粉吹きも乾燥から角質がもろくなって起こる皮膚のトラブルなので、オロナインを塗ることで、おの表面を保護して、一時的に粉吹きを落ち着かせる効果は期待できます。

しかし、顔の乾燥や粉吹きの、そもそもの原因はオロナインでは解決できません。

顔の乾燥は、お肌のターンオーバーの乱れによって、潤いの少ない未熟な細胞でお肌がつくられ、お肌状態が不安定になっていることが原因です。

不安定な状態や、乾燥から守るために、お肌は活発にターンオーバーを行うため、角質がどんどん厚くなります。厚く、もろい角質が剥がれかけて、粉吹きを招きます。

さらに、弱って揺らぎやすいお肌には紫外線などの外的な刺激をダイレクトに受けてしまうので、お肌状態は悪化しやすくなります。

乾燥や粉吹きが起きているお肌は、お肌の機能が正常にはたらいていない証拠です。

つまり、オロナインには、一時的にお肌を保護するはたらきはありますが、「ターンオーバーを正常化し、お肌の水分と油分のバランスを保つ」という、乾燥や粉吹きを根本的に改善させるはたらきはないということです。

私自身も、ひどい乾燥や粉吹き対策にはオロナインを活用したことはありますが、ヒリヒリが少し落ち着いたように感じたものの、一時的なものでした。

また、たくさん塗るとべたつくので、私は口の周りの粉吹きなど、狭い範囲の応急処置に使っています。

オロナインは薬ですから、継続的に使うのではなく、肌荒れの時だけ使用するようにしましょう。

基本のスキンケアや生活習慣の見直したら、乾燥や粉吹き対策をして、根本改善を目指していきましょう。

こちらの記事もご覧ください→顔の乾燥はお肌の大敵!つるつる美肌になるために多方面からアプローチ!

まとめ

いかがでしたか?オロナインは万能な治療薬として皮膚のトラブルを改善する効果があります。

殺菌効果や保湿成分も配合しているので、一時的には顔の乾燥や粉吹きにも効果が期待できます。

しかし、オロナインは、お肌を一時的に保護をするはたらきはありますが、根本的な乾燥や粉吹きの原因を改善することはできません。

そのため、オロナインを応急処置として活用しながら、スキンケアや生活習慣を見直して、お肌の機能を整えていきましょう(^^)

こちらの記事もご覧ください→口の周りの白い粉の正体は?乾燥は日々の習慣で改善できる!