「飲む日焼け止め」と「塗る日焼け止め」はどっちが効果的でお得なの?

お肌の強敵、紫外線!紫外線の強い季節は日焼け止めが必須ですよね。

今までは「塗る日焼け止め」が主流でしたが、最近では新しいUVケアのスタイルとして「飲む日焼け止め」も話題になっています。

飲む日焼け止めって一体どんなもの?」「安全なの?」「塗る日焼け止めとどっちが効果あるの?」「価格はどうなの?」…などなど、気になる点がたくさんありますよね!

今回は、「飲む日焼け止め」と「塗る日焼け止め」を比較しながら様々な項目を解説していきます。

飲む日焼け止めの仕組みや効果感は?

1日にたった数粒飲むだけで全身のUVケアができる「飲む日焼け止めサプリメント」。

塗る日焼け止め世代の私たちにとっては、サプリが日焼け止めになるなんて、なんだか不思議な気がしますよね。

まずは、飲む日焼け止めの仕組みや効果感について知っておきましょう!

飲む日焼け止めは、「高い抗酸化成分」がカギとなっています。

抗酸化成分は、紫外線を浴びることで体内に発生する”活性酸素”から肌を守り、紫外線ダメージを軽減するはたらきがあります。

活性酸素は、日常生活の中で発生するものですが、特に紫外線を浴びることで過剰に発生してしまいます。

活性酸素は肌をサビつかせるので、シミやシワ、たるみなどのエイジングサインを引き起こす原因となってしまうんです。

飲む日焼け止めは、活性酸素から肌を守ることで、肌老化の進行を食い止めることができるので、日々の紫外線ケアの心強い味方となってくれます(^^)

また、飲む日焼け止めは、日焼けによる赤みや皮向けなどの皮膚の炎症を抑えるはたらき、皮膚がんのリスクを減らす効果もあるんですよ。

塗る日焼け止めは、「皮膚に塗ることで紫外線の侵入を跳ね返し、防御するもの」ですが、飲む日焼け止めは、「サプリを飲むことで、内側から肌にダメージを与える活性酸素のはたらきを抑える仕組み」になっています。

どちらも、紫外線から肌を守るものであることには変わりませんが、根本的に仕組みが異なるんですよね。

飲む日焼け止めは塗る日焼け止めのデメリットをカバーできる!

飲む日焼け止めは、嬉しいことに塗る日焼け止めのデメリットを補ってくれます。

日焼け止めは、毎年夏になると特に欠かせませんが、塗る日焼け止めには、毎年こんな不満を感じていませんか?

  • ムラがでたり白く浮いてしまう
  • 塗り残ししやすく結局日焼けてしまう
  • 何度も塗り直すのが面倒
  • 汗で落ちやすい
  • ウォータープルーフでも海やプールで落ちてしまう
  • 日焼け止め独特のキシキシ感やべたつきが不快
  • 肌が弱く、日焼け止めを塗ると肌荒れしてしまう
  • 塗ったところしか効かないので、塗り忘れるとアウト

誰しも、1つや2つ当てはまる点があったかと思います。

しかし、飲む日焼け止めなら、これらのお悩みは解決です(^^)

なぜなら、飲む日焼け止めサプリは、たった数粒飲むだけで、手間や不快感もなく、全身のUVケアができるからです。

  • 日焼け止めを塗る手間がかからない
  • 全身のUVケアができる
  • 汗で日焼け止めが流れ落ちることもない
  • 塗りムラもないので化粧に影響がない
  • 刺激で肌荒れしない
  • 肌への摩擦がかからない
  • ベタつきや不快感もなし

飲む日焼け止めサプリメントには、このようなメリットがあり、塗る日焼け止めの非効率的な部分を解消してくれるので、非常に便利で手軽に日焼け対策ができるのです。

実際のところ、塗る日焼け止めはだけではUVケアを完璧にすることはできません。

なぜなら、紫外線は目や頭皮など、日焼け止めを塗らないところからも侵入してくるからです。

この点、飲む日焼け止めサプリは、どこから入ってくる紫外線でも、全てに有効ですから、UVケアをより完璧に近づけることができるんですよ☆

塗る日焼け止めにもメリットはある!

ただ、もちろん、塗る日焼け止めにもメリットはあります。

まず、塗る日焼け止めは、「誰でも使えて、どこでも買える」ところが大きなメリットです。

その点、飲む日焼け止めはどこでも売っているものではなく、クリニックやネット通販で購入する形になります。

また、妊娠中や授乳中の方には、万が一のことを考えると服用をおすすめできません。

飲む日焼け止めは早くて4歳〜服用可能ですが、塗る日焼け止めは赤ちゃん用もあります。乳幼児のデリケートなお肌を紫外線から守りってくれますよ(^^)赤ちゃん用なら、小さい子供にも安心して使えますね。

また、化粧下地やファンデーションに日焼け止め効果が含まれているものや、スプレータイプのものなど、種類も様々にあるので、自分の使いやすいものを選べば、塗る日焼け止めも十分に活用し甲斐があります。

SPF値・PA値の高いものと低いものがあるので、レジャー用と日常使い用で使い分けをするのもオススメです。

最近ではつけ心地の良いものや、スキンケア効果の高いもの、肌負担を考えられているものも多いので、塗る日焼け止めもどんどん進化しています。

塗る日焼け止めは、塗ったところにしか効かないとはいえ、紫外線を跳ね返してしっかりブロックしてくれるので、飲む日焼け止めと併用使いをするとより効果的です☆

飲む日焼け止めは安全?

口に入れるものって、安全性が気になりますよね。新しいものは、いくら効果があるとはいっても、体に害はないのか…と心配になります。

飲む日焼け止めサプリは、最近開発されたものかと思いきや、実は一番古いものだと25年の歴史があります。その中で、副作用の報告はありません。

むしろ、安全性が高く、アトピー性皮膚炎の治療に使われていたり、医薬品としてクリニックで取り扱いもあるほどです。

アメリカで有名な飲む日焼け止めサプリは、4歳〜服用可能で、幼いお子さんからお年寄りまで、幅広い世代の方が紫外線ケアに活用しているんです。

日焼け止め効果の認められた主成分には、「フェーンブロック」と「ニュートロックスサン」の2種類がありますが、これらの成分は大学の研究機関などで実験を繰り返して、効果感も認められているので、安全性や信頼性の高い成分と言えるでしょう(^^)

体に害のある成分は入っていないので、安心して服用できますよ(^^)

ただ、ちょっと心配なのはアレルギーです。飲む日焼け止めの主成分である「フェーンブロック」は、アレルギー性の高いシダ植物が原料なので、アレルギー体質の方は注意が必要です。

アレルギーが心配な方は、こちらの記事も一読しておいてください飲む日焼け止めでアレルギー反応が起こる可能性はある?

飲む日焼け止めの効果はいつから?

飲む日焼け止めは、服用してから30分後〜に日焼け止めとしての効果が得られます。

お出かけの30分前に飲むと良いですね☆持続力は2・3時間のものもあれば、1日中続くものもあります。

また、単発で飲むタイプもあれば、長期的に飲み続けることで日焼け止め効果を日に日に高めるタイプもあります。

詳しくは、こちらの記事も参考にしてみてください→飲む日焼け止めはいつから飲むと効果的?UV効果の持続力や継続期間は?

飲む日焼け止めと塗る日焼け止めはどっちが効果が高い?一緒に使うと良いの?

塗る日焼け止めと飲む日焼け止めは、互いに紫外線へのアプローチの仕方が異なるため、「どちらが紫外線防御力が高いか?」というのは一概にはいえません。

ただ、飲む日焼け止めは、どこから入ってくる紫外線にも対応できるので、その点は強いですね。

個人的には、飲む日焼け止めを日常的にとりいれながら、日差しの強い時期や外にいる時間が長い時は、塗る日焼け止めも一緒に使うのが1番オススメの使い方です

紫外線は弱い時期もありますが、1年中様々な角度から降り注いでいます。

紫外線が弱い時期の、日常の紫外線なら、飲む日焼け止めだけで対応できても、さすがに真夏の強い日差しは、飲む日焼け止め単体だけでは対応しきれません。

紫外線の弱い時期から飲む日焼け止めを飲むことで、夏に向けて紫外線防御力を高めることができるので、長期的に飲むのは非常に効果が期待できます。

また、塗る日焼け止めと飲む日焼け止めは、仕組みが違うからこそ、併用使いをすることで、互いの良い面を生かして、紫外線防御力をより完璧に近づけることができるんですよ(^^)

飲む日焼け止めと塗る日焼け止めはどっちが安い?

飲む日焼け止めを継続的に飲むことや、塗る日焼け止めとの併用使いは高い効果が期待できますが、そうは言っても「コストがかなりかかりそう…」と、お金の面が気になりますよね。

飲む日焼け止めは、ものにもよりますが、1ヶ月5000円前後かかってきます。

継続的に飲み続けることを考えると、塗る日焼け止めよりも、何倍もコストがかかるイメージがありますよね…。

しかし、意外にも、飲む日焼け止めと塗る日焼け止めを比較すると、価格的に大きな差はないように感じます。

例えば、塗る日焼け止めは、顔に一回、適量塗った場合、クリームタイプは37日、乳液タイプは75日で使い切る計算になるそうです。

※これは、日焼け止めクリームの平均を30g、乳液タイプを60~80g程度とした場合の計算です

みなさん、こんな早く使い切りますか?実はほとんどの人が日焼け止めを適量使えていません。つまり、効果感も十分に得られていないということです。

そして、塗る日焼け止めは顔だけでなく、首やボディに使ったり、塗り直しをする場合は使用量も増えますから、もっと早く使い切る計算になりますよね。

もちろん、顔用と体用で使い分けている方も多いと思います。

顔用の日焼け止めは、少し良いものを使いたいと考えられる方も多いので、多少コストがかかっている方も多いでしょう。

体に日焼け止めを塗る場合は、毎日ではなくても、夏場は使用頻度は多くなりますよね。

そして日焼け止めは、塗り直しをしないと効果が持続しないので、使用量は1日一回分では済まなくなります。

このようなことを考えると「塗る日焼け止め」も、効果を発揮するために適量塗ると、クリームタイプは1ヶ月以内に、乳液タイプは2ヶ月以内には使い切ってしまうはずです。

例えば、顔用:2000円〜3000円+体用:1000円を1ヶ月以内に使い切ると考えると、飲む日焼け止めとそこまで大きな価格の差はありませんよね。

多くの人が、長持ちしてコストを抑えられているけど、適量を使えていないため、効果を発揮できずに、塗る手間や、塗った後の不快感を感じている……

と考えると、飲む日焼け止めは、手間もかからず、不快感もなく、たった数粒飲むだけで全身のUVケアができるので、お値段以上の価値を実感できると思うんです(^^)

今お使いの日焼け止めを適量使い、価格や手間、使い心地なども考えてみると、飲む日焼け止めの方がお得かも?

是非、自分に最適な日焼け止めはどちらか、検討してみてください♪

はじめての飲む日焼け止めなら「ホワイトヴェール」がオススメ☆

飲む日焼け止めは、手軽に紫外線ケアができる最適なアイテムなので、私も日々愛飲しています。

特に、数ある飲む日焼け止めサプリメントの中でも、私のオススメは国産の「ホワイトヴェール」です。

ホワイトヴェールは、UV効果美肌効果を兼ね備えたサプリメントです。

抗酸化成分には「ニュートロックスサン」を主成分としており、他の日焼け止めサプリと比べて高配合となっているため、高いUV効果が期待できます。

ニュートロックスサンは、シトラスとローズマリーから抽出した天然ポリフェノールで、アレルギー性も低い成分です。

1日2粒〜4粒を、毎日継続的に飲むことで、強い抗酸化効果を発揮し、日焼けや、シミ・シワ・たるみなどの、エイジングトラブルから肌を守ってくれます(^^)

また、日焼けを抑える即効成分である、クロセチンや、ビタミンE、ルテインなどを始め、その他にも女性に不足しがちなビタミン・ミネラル・鉄分などをバランスよく配合しています。

そのため、肌荒れ改善や美肌効果も期待できるのです。

実際のところ、私自身もホワイトヴェールを飲み始めてから、お肌が揺らぎにくくなったな〜と感じています(^^)

また、紫外線を浴びた後の、肌の赤みも以前より目立たなくなりました。

私は、去年の夏は少し日焼けもして、ソバカスも増えてしまったので、「今年は絶対に焼かないぞ!」と意気込んで飲みはじめたんです(^^)

今の段階でも効果を感じ始めていますが、この夏はかなり期待しています。

朝飲んだら、1日中UV効果が持続するので、その点も魅力的です(^^)

私は初めての飲む日焼け止めサプリが「ホワイトヴェール」だったのですが、90日間の全額返金保証がついていたので、安心して始められました(^^)

そして、普通は、飲む日焼け止めは1ヶ月5000円前後かかりますが、ホワイトヴェールの公式サイトでは、始めての方限定で、一袋60粒入り・980円で購入できます(^^)

ご興味のある方は是非チェックしてみてください♪

<<<ホイトヴェールはこちらから購入できます>>>


【飲む日焼け止めサプリの関連記事】

飲む日焼け止めサプリメントの効果感を比較☆おすすめ品はどれ?

トマトジュースのUⅤ効果がすごい!リコピン配合の飲む日焼け止めとは?

飲む日焼け止めは中学生・高校生にも大活躍!オススメの理由とは?

まとめ

いかがしたか?飲む日焼け止めの仕組みや効果感、安全性、コスト面など、塗る日焼け止めと比較しながらお伝えしました。

「飲む日焼け止めはどんなものか?」なんとなくイメージできましたか?(^^)

飲む日焼け止めを継続しながら、状況に合わせて塗る日焼け止めを併用して使うのがオススメです♪

この夏のUVケアに、是非役立ててみてくださいね♪

こちらの記事もご覧くださいホワイトヴェールの口コミ・評判☆日差しに負けないお肌をつくろう