肌のくすみの原因は乾燥?美容部員が教える、乾燥ぐすみの対策方法☆

多くの女性を悩ませる「肌の乾燥」。乾燥すると、潤いやツヤがなくなってお肌がカサカサしたり、小ジワやほうれい線が目立ったり、化粧のノリやモチも悪くなってしまいますよね。

そんな様々なトラブルに繋がる肌の乾燥は、「くすみ」の原因にもなります。

今回は、乾燥による肌の「くすみ」を対策する方法をご紹介します(^^)

肌が乾燥する原因は?乾燥は様々な肌トラブルの引き金に…!

多くの女性を悩ませる「肌の乾燥」。乾燥は、常にお肌トラブルの上位に挙がります。

肌の乾燥は、水分と油分のバランスが崩れ、潤いが失われているサインです。

肌を乾燥させる原因は様々にあります。例えば

  • 紫外線
  • 季節の変わり目による環境の変化
  • 保湿ケア不足
  • 潤いを奪う間違ったスキンケア
  • 栄養バランスの乱れ
  • 睡眠不足
  • ストレス
  • もともとの肌質

などが影響しています。ご自身に当てはまるものはありますか?

肌の乾燥を感じている方の中には、「乾燥の原因はコレだ!」と特定できる方もいらっしゃると思いますが、多くの方は、様々な原因が複雑に絡み合って乾燥肌を引き起こしている可能性が高いです。

また、肌の乾燥は、放っておくと慢性化しやすく、小ジワやたるみ、大人ニキビ、肌荒れなどのトラブルを引き起こす原因にもなります。

さらに、悪化するとトラブルが治りにくく、治ったとしても、再びトラブルを繰り返し起こしやすい「不安定で揺らぎやすい」肌になってしまうんです。

私自身、とても乾燥肌で、乾燥が一番の肌悩みでもあります。

私の場合、乾燥の原因はもともとの肌質に加え、季節の変わり目や生活習慣の乱れなども影響していると感じています。

私は乾燥が慢性化し、カサカサやヒリヒリ、赤みなどの肌不調を繰り返していたこともありました。

この負のループから抜け出すまでに時間もかかって大変な時期もありました(^^;;

ただ、乾燥の原因を全て改善するのは難しいですし、頑張りすぎるのも逆にストレスになってしまいます。

そのため、私は日々「ほどほど」に対策していますが、完璧に対策をしなくても、「今現在はある程度の乾燥は改善されて肌も綺麗な状態を保てています。」

知っておいてほしいのは、「乾燥は様々な肌トラブルの原因になるので、放っておいてはいけないということ」。そして、少しずつでも対策をしていけば、「ちゃんとお肌は応えてくれる」ということです(^^)

肌の乾燥と「くすみ」の関係

肌の乾燥は、様々なトラブルの原因となることがわかりましたね。

私は以前、肌の乾燥が原因で特に感じていたトラブルがありました。それは肌の「くすみ」です。

乾燥によるくすみは、カサカサとしていてツヤがなく、肌に暗い印象を与えてしまいます。

くすんだお肌は、「肌に色むらがあり、均一ではない肌」や「明るさがなく、透明感のない肌」を表します。

乾燥による肌のくすみは、「ターンオーバーの乱れ」・「血行不良」・「紫外線」が大きく影響しています。

ターンオーバーの乱れ

ターンオーバーは、肌の生まれ変わりのサイクルなので、新しい細胞を生み出したり、古い細胞を排出するはたらきがあります。

肌がくすむ原因としては、このサイクルが乱れ、古い細胞(角質)が肌に溜まっている状態が考えられます。

例として、透明なサランラップを思い浮かべてみてください。サランラップは、1枚なら透明ですが、何枚も重なるとくすんで見えますよね。

角質は、必要以上に溜まってしまうと、重ねたラップのように肌をくすませる原因となってしまうんです。

また、溜まった角質は、化粧品の潤いの浸透も妨げるため、肌をどんどん乾燥させる原因にもなってしまうんです。

血行不良

乾燥によるくすみは、血行不良も関係しています。肌がくすんでいる方は、血色感が足りず、顔色が悪く見え、肌をくすませる原因になるんです。

また、血行不良によって、肌に必要な酸素や栄養素が運ばれないと、丈夫で潤いのある細胞がつくられません。

すると、潤い不足の未熟な細胞によって肌がつくられることになるので、肌は常に不安定で乾燥しやすくなります。

これはターンオーバーの乱れにも繋がるので、多方面から乾燥を進行させて、くすみを悪化させてしまうんですよね。

紫外線

もう一つ、肌を乾燥させて、くすませる大きな原因となるのが「紫外線」です。

紫外線がシミやソバカスの原因になるのは多くの人が知っている情報かと思いますが、実は肌を乾燥させる原因にもなるんです!

紫外線を浴びると、肌にダメージを与えて細胞を劣化させてしまうので、肌の潤いが逃げやすくなったり、潤いを保てなくなってしまうので乾燥しやすくなります。

さらに、乾燥して敏感になっている肌は、ダメージをダイレクトに受けてしまうので、乾燥が慢性化しやすいのです。

紫外線を浴びるとメラニンが発生しますが、メラニンが過剰に発生すると、肌に居残ってシミにも繋がるので、こちらもくすみを引き起こす原因になってしまうんです。

紫外線は、ターンオーバーの乱れにも繋がるので、血行不良と合わせて、乾燥によるくすみと深い関係にあるんですよ。

くすみを改善すれば「すっぴん美人」に近づける!

私は以前、目の下のくまや、目元の色素沈着、ソバカスなどによって、肌のくすみを感じていました。

顔色が悪く感じるので、コントロールカラーやコンシーラーが欠かせませんでしたし、すっぴんで人前に出るのは恥ずかしくて無理でした(^^;;

その頃は肌も乾燥しやすく、揺らぎやすかったので、より肌のくすみを目立たせてしまったのだと思います。

しかし、今では下地のみで外に出ても恥ずかしくないですし、肌の明るさや透明感も以前より出ているなぁと感じています!

私は、乾燥を改善して、くすみ対策をすることで「すっぴん美人」に近づけると思っています(^^)

肌の乾燥による「くすみ」を対策する方法☆

では、くすみを改善した私自身の体験談も含めて、肌の乾燥による「くすみ」を改善する方法をお伝えします(^^)

正しいクレンジングや洗顔

洗顔は、知らず知らずのうちに、乾燥やくすみを悪化させています。

私は美容部員やエステ員の経験があり、色々なお客様の洗顔のやり方を見てきましたが、力強くゴシゴシしている方が多い印象でした。

洗顔の摩擦は、乾燥やくすみを引き起こします。間違った洗顔は、今すぐ改めましょう!

【正しいクレンジング・洗顔のポイント】

  • 目元のクレンジングは専用のリムーバーを使う
  • クレンジングは肌に優しいミルクやクリームタイプを使う
  • 洗顔料はモコモコに泡立てる
  • 指先だけでなく、手のひら全体を使って滑らせるように優しくなじませる
  • ぬるま湯で30回以上すすぐ
  • 清潔なタオルで顔を抑えて水気を吸い取る

特に、目元のクマや色素沈着などのくすみが気になる方は、目元専用のクレンジングでメイクオフしてあげると、かなり変わりますよ!

私はポイントメイクオフをするようになってから3年ほど経ちますが、クマが気にならなくなったのもクレンジングや洗顔を意識し始めてからです。

自分の顔は、「無意識のうちに自分で刺激している」と知るだけでも、肌の扱い方が変わると思いますよ(^^)

こちらの記事も参考にしてみてください→お肌のくすみを改善したい!正しい洗顔方法とおすすめの洗顔料10選★

保湿ケア

「1に保湿!2に保湿!」と言うくらい、保湿ケアは、美肌づくりには欠かせません。

私は、様々な保湿ケアを試しましたが、自分の肌に必要な保湿ケアができていたこともあり、目に見えてわかる、乾燥やくすみの改善がありました!

私の場合、化粧水・乳液・クリームで水分ケアと油分ケアを欠かさず行っていました。

水分はいくら与えても時間が経つと蒸発してしまうので、私は潤いが逃げないように、油分のフタのケアを必ずしています。

また、乾燥を感じ、くすみが目立っていた時期は、ブースターアイテムを使っていました!

ブースターアイテムは、化粧品の潤いをお肌の奥まで届けやすくしてくれるので、1つもっているとスキンケアの底上げができてオススメですよ!

ブースターアイテムは色々と種類があり、拭き取り用の角質ケア化粧水や、導入美容液、導入オイルなどがおすすめです!

拭き取り用の化粧水は、やりすぎると摩擦がくすみを招くので、心配な方は美容液やオイルがおすすめです^_^

お肌の正しい保湿ケアと、簡単に保湿力を高める方法★

オイル美容で保湿強化!お肌の保湿力を高める正しいオイルの使い方

マッサージ

私は、マッサージを取り入れることで「肌の色むらが改善されている!」と実感できるようになりました。

マッサージをすると血行が促進されるので、顔色が悪い人も明るくなったり、栄養がお肌に届きやすくなってターンオーバーの正常化にも繋がります。

また、化粧品の潤いの浸透力も高まるので、乾燥を改善して美肌効果が期待できるんです!

マッサージは、スキンケアの底上げができる、コストのかからないスペシャルケアなので、是非みなさんにも取り入れていただきたいです(^^)

マッサージをしているうちに肌がじんわりと温かくなるので、それも気持ちよくてリラックスにも最適ですよ〜!

私はマッサージを週2〜3回、3ヶ月くらい継続していたら、気になっていた赤みがスーっと引き、肌に透明感を感じるようになりました!

周りからも「お肌が綺麗になったね!」と言われるようになって嬉しかったです(^^)

肌のくすみは見た目に直結してしまうので、私は化粧でカバーすることに躍起になっていましたが、マッサージでお肌に変化を感じるようになってからは、ずっと気になってカバーしていた目の下のクマや赤みを気にせずメイクをできるようになりました(^^)

今はメイクがすっごく楽です!

マッサージのやり方は様々にありますが、私がとりいれているものは以下の2つの記事に画像付きで解説しております。是非参考にしてみてください(^^)

本当にお肌が変わった、つるつる・もちもちの赤ちゃん肌になる方法

エステ員が美顔マッサージやリフトアップマッサージの方法を教えます☆

また、マッサージをするのは面倒で続かなそう…という方には、美顔器もおすすめ!

正しい使い方をすれば、手軽に血行促進ケアやターンオーバーの促進ができます(^^)

本当にコロコロするだけ?美顔ローラーの肌効果やリアルな口コミ☆

角質ケア

古い角質が溜まっていることで、肌はくすん見えてしまいます。

私は、時々角質ケア入りの洗顔料やパックを使っています。角質ケアは賛否両論ありますが、私はスペシャルケアとして週1回〜月1回くらいは必要だと思っています。

使用後は余分な角質が取れるので、肌が明るくなったり、透明感が出ます。すると、化粧品の潤いが浸透しやすくなるのでお肌の保湿力がアップ!その後の化粧のノリもよくなるので、朝のケアにもオススメです(^^)

特に、私は炭酸効果のある角質ケア洗顔料などがおすすめです!

スクラブやピーリングのやり方や肌効果についても参考にしてみてください

お肌のザラザラはスクラブ洗顔で改善できる!美容部員の角質ケア事情

お肌のザラザラを改善!正しいピーリングのやり方とは?

紫外線対策

紫外線は、お肌の大敵です!ターンオーバーを乱し、乾燥やくすみを引き起こす原因となります。

紫外線ケアは「夏だけ」とか、「日差しの強い日だけ」といった方も多いかもしれませんが、紫外線対策は、必ず一年中行ってください。

紫外線のダメージは蓄積されて数年先まで及びます。慢性化した乾燥やくすみは、数年前から日々積み重なった紫外線の影響もありますよ!

私は、ソバカスが多いということもあり、美白ケアには敏感なのですが、「数年先のなりたいお肌状態」をイメージしてUVケアは一年中行なっています。

私が日々行なっている対策方法は、日焼け止めや帽子、日傘などです。いたってシンプルなものばかりですが、念入りにケアをしているので、「夏でも真っ白だね!」と言われます笑

日傘は春頃から秋にかけてさしています。一瞬でも、日差しを浴びるときは癖でさしてしまいますね。

ウォーキングや外に長く出るときは欠かさず帽子を被ります。

日焼け止めは、「家にいる時も、曇りの日も雨の日も」必ず塗る!

特に目の下は、日差しも1番当たる場所なので重ね塗りをしています。

さらに、「保湿効果」も重視しています。UVケアができても、カラカラに乾いてしまっては意味がありません。

私は、それが原因で逆に乾燥を悪化させてしまったことがあるので、美容液成分やスキンケア効果のある日焼け止めや下地類を選ぶようにしています。

保湿下地はくすみの改善にも役立ちますよ^_^さらに、くすみもカバーしてくれる下地なら尚更良いです(^^)

おすすめの下地類があるので、こちらの記事も参考にしてみてください

潤いキープ力&カバー力で崩れない!優秀なプチプラ化粧下地15選★

また、飲む日焼け止めサプリメントもおすすめです!海外セレブの間ではもう当たり前になっていますが、最近は日本でも飲む日焼け止めサプリメントが流行っています。

効果としては、1日数粒飲むだけで内側から全身の日焼け対策ができます。うっかり日焼け止めを塗り忘れてしまった箇所があっても大丈夫ですね。

飲むだけなら、日焼け止めを塗る時の摩擦もかからず、擦れて肌を傷めなくて済むので、乾燥やくすみケアにも効果が期待できます。

特に、私のおすすめは「ホワイトヴェール」です^_^

ホワイトヴェールは、美白成分のニュートロックスサンが紫外線からお肌を守ってくれます。また、嬉しいことにその他のオーガニック成分も配合していて肌に優しく、潤いも与えます。

紫外線ケアは、日焼け止めを塗るのが面倒くさくてなかなか続かない…という方におすすめですよ^_^

ご興味のある方はこちらの記事もご覧ください→ホワイトヴェールの口コミ・評判☆日差しに負けないお肌をつくろう

栄養バランス

栄養バランスのとれた食べ物は、丈夫で健康な美肌づくりに欠かせません。

ターンオーバーの整ったお肌は、乾燥やくすみなどのトラブルは起こりません!

ターンオーバーが乱れないように、バランス良く栄養をとっていきましょう!

特に意識して食べてほしいものは、タンパク質・ビタミン・食物繊維・発酵食品などです!

  • 皮膚や粘膜をつくり、肌の土台となる「タンパク質」
  • 潤いの生成やダメージの修復などの肌機能を調整する「ビタミン」
  • 腸内環境を整える「食物繊維や発酵食品」

これらは、ターンオーバーを整えるために積極的に摂取したい栄養素です。

詳しくはこちらの記事も参考にしてみてください→毎日取り入れたい!美肌効果や即効性のある食べ物☆

睡眠

睡眠が不足すると、翌日肌の調子が悪くなりませんか?私たちのお肌は、眠っている間にターンオーバーが行われています。

日々睡眠が不足していると、ターンオーバーが乱れたり、肌の修復も不十分になり、乾燥やくすみなどのトラブルを起こしやすい肌になってしまいます。

今日はすごく乾燥したな…とか、調子が悪いな…と感じたら、たっぷり保湿してよく眠りましょう。

私のお肌も睡眠不足や疲れが肌に表れやすいので、眠る前はスマホやテレビを見ないようにしたり、電気を間接照明にしてリラックスモードにしたり、眠る環境を整えて睡眠の質を高めるようにしています。

また、胃腸の不調でお腹がギュルギュルして眠れないこともあるので、腸内環境を整える食生活を意識しています!

体内とお肌は色々と関連し合っています。私は、多方面からのケアを少しずつ取り入れるようになってから、乾燥やくすみが気にならなくなりました!

まとめ

いかがでしたか?肌の乾燥がくすみの原因となるとわかりました。

様々なトラブルが絡み合って起こる肌の乾燥やくすみ。今回は、くすみを対策する方法を多方面からお伝えしました。

私は、完璧な「くすみケア」はできていませんが、ある程度の対策で、「肌に明るさや透明感を取り戻せた」と感じています(^^)

日々少しずつ、無理なく摂り入れられる方法を見つけてみてくださいね(^^)

こちらの記事もご覧ください→お肌の「くすみ」をなんとかしたい!おすすめサプリメント9選☆