水洗顔で肌が変わる☆「はたけ」やリバウンド期間を乗り切るコツとは?

みなさんは、「水洗顔」の肌効果をご存知ですか?

水洗顔は、洗顔フォームや石鹸を使わずに顔を洗い、その後は保湿のスキンケアもしないという「肌断食」のようなスタイルです。

肌の自然治癒力を高めるために、取り入れている方が多くみられます。

ただ、水洗顔をしている期間は、肌荒れしたり、毛穴から白い角栓がニョキニョキでる「はたけ」という状態になりやすいのです。

「水洗顔はどれくらいの期間続けると効果が期待できるのか?」、「水洗顔による、肌荒れやはたけの状態をどう乗り切るか?」についてお伝えしますね。

水洗顔で肌が生まれ変わるって本当?

毎日のスキンケアに欠かせない「洗顔」。多くの方が、石鹸や洗顔フォームを使って顔を洗っていますよね。

今回お伝えする「水洗顔」は、石鹸や洗顔フォームは全く使わずに、水(ぬるま湯)洗いだけで肌をキレイにしよう!という方法です。

しかも、水洗顔のルールは、洗顔後に化粧水や乳液などの保湿アイテムは一切使わないという、まるで肌断食のようなスタイルなんです。

私なんかは超がつくほどの乾燥肌なので、洗顔後の一瞬だって肌が乾いて気になるのに、「保湿ケアをしないなんてちょっと考えられないな〜」と思っていたのですが、水洗顔の仕組みを考えると、やってみる価値がありそうで納得しました。

私は美容部員の経験があり、キレイになるためには、適切な化粧品を使ったスキンケアが不可欠だと考えていましたが、そもそもお肌には元々備わっている自然治癒力があるんですよね。

例えば、赤ちゃんや小さいお子さんは、スキンケアをしなくてもモチモチでキレイなお肌を保っていますよね。

誰しも、お肌の潤いを保つ力が元々備わっているのです。

ただ、多くの方が、洗いすぎや過剰なスキンケアによって、お肌の自然治癒力はどんどん衰え、お肌はそれなしには良い状態を保てなくなっています。私がまさにこの状態です^^;

水洗顔は、その鈍った自然治癒力を立て直してくれるんです!

水洗顔を一定期間取り入れることで、肌の土台が安定し、化粧水や乳液などでスキンケアをしなくても、お肌の潤いを保てるようになります(^^)また、余分な角栓もとれて、毛穴も引き締まります。

そうしたら、今後は保湿や毛穴ケアに必要な化粧品代も浮いて、お手入れの手間もかからなくなりますね(^^)

試してみる価値は十分に考えられそうですよ♪

水洗顔のやり方

水洗顔のやり方はとっても簡単です。手順としては、

  1. 手を石鹸で洗って清潔な状態にする
  2. ぬるま湯で洗う
  3. 清潔なタオルで水気を拭き取る

というだけ!この時、ちょこっと意識したいポイントをお伝えしますね。

水洗顔とはいえ、冷え切った水ではなく、「ぬるま湯」で洗うのがポイントです。

ぬるま湯は最も肌に負担がなく、水よりも汚れを落としやすいからです。

洗顔料を使わない分、20回〜40回くらいパシャパシャと洗うのがオススメですよ(^^)

※メイクをしている場合はクレンジングをした後に水洗顔をしてくださいね

水洗顔の効果が出始める期間は?

「水洗顔はどれくらいの期間続けたら効果があるの?」と気になりますよね。

水洗顔は、肌の土台を立て直すことが目的なので、1日や2日では効果はありません。

お肌の自然治癒力を高めるためには、ターンオーバーという、肌の生まれ変わりの周期を整え、外的刺激から守るバリア機能を高める必要があります。

これには、だいたい1〜2ヶ月の期間が必要になってきます。

お肌の生まれ変わりの周期は、年齢によっても異なりますが、28日〜となっています。

1〜2ヶ月の水洗顔を通して肌の土台がつくられると、自然に天然の皮脂膜ができて、乾燥や肌荒れもしにくくなります。

水洗顔は「はたけ」に注意!

そんな魅力溢れる水洗顔ですが、1〜2ヶ月続けている間に、ギブアップしてしまう人が非常に多い…!!

原因は、水洗顔による副作用です。水洗顔の副作用は「リバウンド」と言います。

今まで、スキンケアに頼りきりだった人は、特に始めは慣れないこともあって、乾燥・ヒリつき・赤み・毛穴目立ち・かゆみなど、肌荒れしてしまう人が多いのです。

中でも、初めての方がびっくりするのは「はたけ」という症状です。

「はたけ」は、毛穴に詰まった白い角栓がニョキニョキと出てくる状態です。

想像すると、ちょっと気持ち悪いですよね。

しかし、「はたけ」は決して悪いものではありません。

「はたけ」は皮脂なので、肌に油分を補給しようとして出ているのです。

これは、自らの皮脂で肌を守ろうとしているサインなので、自然治癒力を高めようと頑張っているところなんです。

「はたけ」の見た目はよろしくないので、拭き取っていただいてOKですが、肌に必要な油分なので取りすぎないようにしてください。

肌が良くなろうとしている途中であることには間違い無いので、ここは様子を見ながら乗り切りたいところですね!!

水洗顔は、簡単そうに見えて、実はなかなか大変な道のりです。

しかし、副作用も一時的なものなので、これを超えてしまえば、保湿ケアをしなくても安定した肌を手に入れることができますよ。

リバウンド期間を乗り越えるには…

リバウンドは一時的なものとはいえ、これを乗り越えるのは想像以上に大変なものです。

辛い時期を乗り越えるコツをお伝えします!

夜だけ洗顔料を使おう!

洗顔のしすぎは、ターンオーバーを乱す原因になるので、水洗顔を取り入れることは洗顔を見直す良いきっかけになります。

ただ、突然、毎日水洗顔に切り替えて、保湿ケアもやめてしまうのは抵抗がありますよね。

そんな方は、夜だけ洗顔料を使うのがオススメです!

水洗顔を取り入れている人の中でも、時々洗顔料で洗顔をすることで、辛いリバウンドを乗り越えられた!という方も多いです。

洗わなすぎもよくないと言われているので、夜だけ洗顔料を使って洗顔をしてみてください(^^)

石鹸で落ちるコスメでメイクの負担を軽減!

リバウンド中の肌荒れが気になっても、その間も仕事に行ったり、人と関わりますよね。

水洗顔を実践している間は、なるべく化粧をしないのがベストですが、なかなかそうはいきません。

でも、化粧水や乳液を使わないのに化粧をするってかなり抵抗がありますよね。

水洗顔を取り入れている方は、石鹸で落とせるメイク用品を使いましょう。下地類はしっとりタイプを選べばスキンケアをしていなくても肌に馴染みやすいです。

最近では、石鹸でオフできるコスメがたくさん増えているので、下地やファンデーション、コンシーラー、アイカラー、チークなど、全てのアイテムが揃いますよ!

これなら、リバウンド中の肌負担も抑えながらメイクができます。

紫外線ケアは欠かさず取り入れて!

水洗顔を取り入れている期間は、肌を立て直している最中なので、肌荒れを悪化させるような要因は出来るだけ避けたいですよね。

紫外線はお肌にとって強敵です。肌のターンオーバーを乱し、バリア機能を破壊してしまうので、肌荒れを引き起こす原因となります。

そのため、UVケアは毎日欠かさず取り入れましょう。

最近では、UV効果が高くて肌負担が少なく、お湯や石鹸で落ちるものもあります。

赤ちゃんでも使える日焼け止め乳液がオススメです!

また、紫外線ケアには「飲む日焼け止めサプリ」も非常に役立ちますよ(^^)

飲む日焼け止めは、毎日たった数粒飲むだけで全身のUVケアができる優れものです。

私も愛飲していますが、飲む日焼け止めは、高い抗酸化成分を主成分としており、体内の活性酸素によるダメージを軽減してくれます。

飲む日焼け止めは、塗る日焼け止めとは違って、目や頭皮から侵入した紫外線からもお肌を守ってくれますし、塗り忘れの心配や塗り直しの手間、塗った後のベタつきもありません。

特に肌への負担が大きいリバウンドの時期は、肌負担を考えると、飲む日焼け止めサプリは、かなり使い勝手が良いでしょう♪

ご興味のある方はこちらの記事も参考にしてみてくださいね♪→「飲む日焼け止め」と「塗る日焼け止め」はどっちが効果的でお得なの?

まずは「朝だけ水洗顔」を始めるのもアリ!

水洗顔はなかなかハードルが高い…と感じている方は、まずは「朝だけ水洗い」をするところから始めても良いと思います。

そのあとは、保湿ケアも普通にしてOKです!

先ほどもお伝えしたように、洗いすぎが原因でターンオーバーが乱れ、肌荒れを起こしてしまう可能性があります。

毎日、朝夜、洗顔料を使って洗顔をすることや、落ちにくいメイクを洗浄力の強いクレンジングで落とす行為が肌にとって大きな負担となっている可能性は高いんですよ。

そのため、「朝だけ水洗いにする」だけでも、肌状態が良くなる可能性は十分に考えられます。

今の洗顔方法が自分の肌にとって本当に合っているかどうか、一度考えるきっかけにしてみてくださいね。

まとめ

いかがでしたか?水洗顔をすることで、肌本来のもつ肌力を高め、お肌を立て直すことができます。

スキンケアに頼りきりのお肌は、水洗顔によって、一度は超えなければならないリバウンド期間があります。

特に、初めての方は角栓がニョキニョキ出てくる「はたけ」の症状に驚かれると思いますが、これは肌の自然治癒力が回復しているサインです。

途中のリバウンドは辛いものですが、1〜2ヶ月の水洗顔を続けられたら、肌にとって安定した未来が見えてくるはずです(^^)

また、朝だけ水洗顔を取り入れることも、十分に効果が見込めます。

「突然、洗顔料も保湿化粧品も手放すのは不安…」という方は、まずは朝の洗顔から見直してみてくださいね(^^)

こちらの記事もご覧ください→炭酸洗顔の基本のやり方・効果的な使い方や頻度を教えます!