顔がカサカサする…お肌の乾燥の原因と多方面から改善する方法★

スキンケアをする度に、毎日触れる自分のお肌。顔がカサカサしていると触れたときに残念な気持ちになりますよね。

お肌のカサカサは乾燥が原因です。顔の乾燥は多くのお肌トラブルを引き起こす要因になるので、悪化する前に改善したいものです。

今回は、お肌がカサカサして乾燥する原因や、乾燥から抜け出す方法をお伝えします。

顔がカサカサする…お肌が乾燥する原因は?

お肌が綺麗な方って、滑らかで潤いがあってモチモチとしていますよね。

一方で、乾燥しているお肌は、触るとカサカサして、硬くてカラカラしています。

顔がカサカサするのは、水分と油分のバランスが崩れて乾燥しているサインです。

お肌は、古い細胞を排出し、新しい細胞を作り出すシステム(ターンオーバー)によって日々生まれ変わっています。

ターンオーバーが乱れてしまうとお肌に必要な潤い成分や皮脂が十分につくられなくなってしまうので、お肌の水分保持力を低下させてしまうのです。また、バリア機能も低下します。

通常、健康なお肌は、均一な大きさの細胞や潤い成分が隙間なく敷き詰められており、皮脂の膜もしっかりはられています。

しかし、潤いの少ないお肌は、細胞の形も歪でスカスカの状態。皮脂膜も不安定です。

不安定なお肌は紫外線などの外的な刺激をダイレクトに受けてしまうので、乾燥は悪化し、負のループに陥ることも少なくありません。

そんな放っておくと怖い、カサカサの乾燥肌ですが、乾燥を引き起こす原因を知り、しっかり対策をとれば改善が見込めます。

乾燥を引き起こす原因には以下のようなものがあります。

  • 間違ったスキンケア
  • 環境
  • 生活習慣
  • 加齢
  • もともとの肌質

顔の乾燥対策というと、スキンケアで解決するイメージが強いかもしれませんが、乾燥を引き起こす原因は、様々なところに潜んでいます。

幅広くこれらの対策をとることができると、お肌が正常にはたらくので、カサカサの乾燥肌から脱出できます。

では、それぞれの対策方法をみていきましょう!

間違ったスキンケアでお肌がカサカサに?乾燥を改善するスキンケア

私は美容部員の経験があり、お客様の日々のスキンケアのやり方を実際に見させていただき、指導をさせていただいていたことがあります。

その時感じたのは、スキンケアのやり方はまさに十人十色。本当に様々でした。その中で気になったのは、「お肌に負担をかける」間違ったスキンケアをされている方が多いということでした。

洗顔

特に負担をかけてしまうのが洗顔です。以下のような洗顔をされている方は、カサカサの乾燥肌を改善するためにお手入れの見直しをする必要があります。

  • クレンジングはオイルタイプを使っている
  • ゴシゴシこするように洗っている
  • 熱いお湯ですすいでいる

クレンジングオイルは洗浄力が強く、力強く洗うと摩擦をかけてお肌に負担をかけます。熱いお湯は、お肌に必要な潤いまで取り除いてしまうので、お肌のカサカサを悪化させてしまいます。

正しい洗顔方法としては、お肌に優しいミルクやクリームタイプのクレンジングや洗顔料を選び、摩擦をかけないように優しく洗って、ぬるま湯ですすぐことです。

詳しくは、こちらも一読しておいてください→洗顔でお肌を変えた美容部員が教える、ツルツル美肌になれる洗顔方法

保湿

水分や油分のケアは、基礎化粧品を使って補いますよね。カサカサの乾燥を引き起こす原因として、「保湿不足」があげられます。

自分のお肌に合う保湿力の基礎化粧品を使えていなかったり、正しく使いこなせていないと、保湿をしたつもりになっている、「保湿不足」の状況が続いてしまいます。

基本的には、化粧水を使ってお肌に潤いを与えたら、保湿クリームでお肌にしっかり蓋をしましょう。そして、それぞれハンドプレスをしてお肌の奥まで浸透させてください。

有効成分は保湿力の高い(ヒト型)セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・プラセンタなどが配合されているものがおすすめです。

そして、効果を引き出すために、ケチケチと使わずに必ず適量使うことが重要ですよ(^^)

保湿についても、詳しくは別の記事にまとめているので参考にしてみてください→顔の乾燥を改善する、保湿のお手入れ完全版!

お肌が快適に過ごせる環境を整える

お肌のカサカサを改善するためには、残念ながらスキンケアだけでは改善が難しいです。

例えば、冬は空気が乾燥しています。そのため、お肌の水分が奪われてしまうんですね。冬に乾燥やカサカサを感じやすいのは季節的な環境の変化が大きいです。

また、真夏や真冬は、冷暖房を一日中使いますよね。これも空気を乾燥させてお肌をカラカラにしてしまいます。

そんな弱ったお肌に、夏場は特に強い紫外線のダメージが加わりますから、お肌の負担はピークに。

そうすると、普段通りのお手入れをしていても一向に改善しないのです。

そのため、おが少しでも快適に過ごせるように、環境対策をする必要があります。

冷暖房対策

室内の冷暖房対策は、職場の環境によっては自分だけではコントロールできないものもあると思うので、無理のない範囲で行ってみてください。

  • コップに水を入れて置いておく
  • 携帯用の加湿器を使う
  • 濡れたタオルを干しておく(洗濯物を室内に干すのも良い)
  • 水拭きをする

また、みなさんのご自宅や職場には湿度計はございますか?ない方は是非活用してみてください。

お肌を快適に保てる湿度は60〜65%と言われています。湿度が50%を下回ると、お肌がじわじわと乾燥しはじめます。

人が快適に眠ることのできる室内の湿度は夏と冬どちらも50%~70%くらいまでです。

室内で乾燥を悪化させないためには、是非湿度を意識してみてください(^^)

エアコンに負けない、乾かないお肌づくりの秘訣についてはこちら→エアコンで顔の乾燥が進行する!美容部員が教える、乾かない秘訣とは?

紫外線対策

紫外線に無防備になっていると、お肌のカサカサは悪化していく一方です。紫外線は特に夏が強いですが、実は1年中油断できません。

紫外線は、3月頃から徐々に強くなり始め、10月くらいまでは日焼けもします。

また、油断しがちな曇りの日や雨の日も紫外線は出ています。曇りの日は晴れの日の7割、雨の日は4割の紫外線が出ています。

そして家の中にも紫外線は入ってきますから、安心できません!泣

こういったことから、紫外線対策はとても重要なんです。具体的な対策としては、「日焼け止めを1年中塗る」ことが得策です。

  • お化粧をするときに、日焼け止めか、日焼け止め入りの下地を塗る
  • お休みで家にいるときでも朝はスキンケアをして日焼け止めは塗る
  • スッピンで過ごす日も日焼け止めだけは塗る

私は家にいるときに使う日焼け止めは、クレンジングの負担や手間を省きたいので石鹸で落ちるタイプにしています。

また、最近では飲む日焼け止めサプリメントもあるので、塗る手間を省きたい方や、全身の紫外線対策をしたい方におすすめです。

日々の生活習慣を改める

食事や睡眠への意識次第で、お肌状態は随分と変わります。何気なく行っている生活習慣がお肌の乾燥を進行させている可能性は高いです。

生活習慣の改善は意外とみんなしていない、乾燥改善の盲点になっています。

食生活

食事次第で全身の保湿ができるってご存知でしたか?バランスの良い食生活は、綺麗なお肌を保つために必要不可欠です。

スキンケアでカサカサや乾燥が改善しない方は、あわせて食生活の改善もしてみましょう!

食生活では、以下のようなことに気をつけましょう。

炭水化物や甘いものを食べすぎない不足しがちなビタミンやミネラルをとるタンパク質や良質な油をとる

現代人は糖質は取りすぎの傾向にあり、ビタミンやミネラルなどの野菜や海藻類は不足しがちです。

糖質を制限しつつ、お肌の土台をつくって保湿力を高めるタンパク質(肉・魚・卵・大豆製品など)や良質な油(えごま油・亜麻仁油など)を積極的に摂取していくと、乾燥に負けない、揺らぎにくいお肌をつくることができます。

睡眠

お肌の生まれ変わりや修復、成長ホルモンの分泌は眠っている間に行われます。

そのため、まとまった、質の良い睡眠を取れていないとお肌の土台やリズムが崩れてしまいます。

最近では、眠りに当てると良いと言われている22時〜2時のゴールデンタイムよりも、眠り始めの3時間が重要とされています。質の良い睡眠は、お肌の不調を改善するために必要不可欠です。

スッと心地の良い眠りに導くためには、眠る前にリラックスできていることが大事です。

眠る前は白湯やハーブティーなどの暖かい飲み物を飲んだり、部屋の電気を暗くしたり、マスマートフォンやテレビを控えて心を落ち着かせてみてください。

お風呂の習慣

お風呂の習慣は意外と乾燥を悪化させるものが多いです。例えば以下のような習慣がある方は乾燥を悪化させている可能性があります。

  • クレンジングをしてから素肌の状態で湯船に長時間浸かっている
  • 入浴中、顔が乾くたびに顔にお湯をかける
  • シャワーのお湯を顔に直接当てている
  • お風呂から出たらスキンケアをするまでに5分以上あいてしまう

お風呂はクレンジングをしてお肌が素の状態になりますよね。

化粧をしていない状態でいることは、お肌にとっても良いことですが、化粧水などを何もつけていない、素肌の状態で過ごしている時間は実は危険もいっぱいです。

まず、クレンジングをしてから湯船に長時間浸かる方や、顔が乾くたびに顔にお湯をかけてしまう方は、入浴中にお肌の潤いがどんどん奪われてしまいます。

お風呂に入っている間は、素肌で無防備な状態でいることはなるべく避けたいです。

そのため、長時間湯船に浸かる方は、十分浸かった後にクレンジングをしたり、湯船に長時間つかる時は保湿パックやオイルなどをのせておくと良いです。

また、シャワーを顔に直接当てると刺激が強すぎます。ただでさえ、カサカサしていて敏感なお肌はダメージを受けやすいですから、顔のすすぎはぬるま湯で行い、シャンプーを洗い流す時は、なるべくお湯が顔にかからないようにしましょう。

また、お風呂から出た直後からお肌の乾燥は始まります。お風呂から出たら、着替える前に、お風呂場で化粧水だけでもつけておきましょう。1分以内にはスキンケアが始められると理想です。

私は、このお風呂場の対策を習慣化させてからお肌の調子が良いです(^^)

あわせてこちもご覧ください→お風呂場やお風呂上がりにできる、顔の乾燥を改善する方法とは?

加齢による潤い不足でお肌がカサカサに…老化対策を取り入れよう

歳を重ねると、お肌の潤いの生成量が減るので、乾燥傾向に傾きます。若い頃は皮脂の分泌量が多い方も、年齢を重ねると随分落ち着きます。

加齢によるお肌変化は、の乾燥によるカサカサだけでなく、シワやタルミなどのエイジングトラブルを招く要因にもなります。

加齢によってお肌の保湿成分が減ることは確実なので、予防も兼ねてエイジング対策をする必要があります。

お悩みに特化したスキンケアをする

25歳頃からお肌の曲がり角と言われており、30歳を超えたらお悩みに特化したケアをするのがおすすめです。

シワやたるみなどのエイジングトラブルは、元をたどればお肌の潤い不足による乾燥が原因です。

エイジングケアには、専用の化粧品も幅広くあります。基本的には保湿力の高い、濃厚なものが多いです。

特に年齢の出やすい目元のシワや頬のたるみ、ほうれい線などは予防も兼ねて集中ケアがおすすめです。

具体的には目元専用や、小ジワ専用、リフトアップ専用の美容液やクリームなどがあります。

特に目元は皮膚が薄くて皮脂分泌が少なく、毎日のようにメイクアップの摩擦もかかっていて負担も大きいので、ケアを優先したいパーツです。

若いうちから予防のケアをされると、歳を重ねても若々しい目元を保つことができます。

専用のものを使わなくても、乾燥が特に気になるパーツは化粧水や保湿クリームの重ね付けで対策をしてみてください。

お肌の酸化対策

お肌の老化の原因の1つに活性酸素があります。活性酸素は、本来はお肌を守ってくれる役割がありますが、過剰に増えてしまうと、体を酸化させ、細胞を傷つけ、肌にダメージを与えてしまいます。

特に、紫外線を浴びると、大量の活性酸素が発生してしまいます。

活性酸素は、日々の生活の中で生まれるものなので、他には食品添加物、排気ガス、喫煙、電磁波、激しい運動、強いストレスなど、私たちの身の回りにあるものによって産み出されます。

生きていく上ではこの害を完全に避けることはできないので、うまく付き合っていく必要があります。

この活性酸素をを抑制するためには、抗酸化力のある食べ物や飲み物を取り入れると効果的です(^^)

体内でも抗酸化酵素は作られますが、加齢とともに減少してしまうので、日々の生活の中で、抗酸化を高めていきましょう!

中でも注目を集めているのがSOD酵素です。SOD酵素は活性酸素を除去する効果があり、もともと人間の体内にも存在するものです。

野菜や果物、豆類などの香りや色素などの成分で、高い抗酸化力のあるファイトケミカルには、このSOD酵素が豊富に含まれています。

代表的なものだと、赤ワインやチョコレートに含まれるポリフェノール・トマトのリコピン・緑茶のカテキン・ブルーベリーアントシアニン・大豆のイソフラボン・人参やほうれん草などのBカロテンなど、その数は数千種類もあると言われています。

また、ルイボスティーもSOD酵素を豊富に含んでいます。傷ついた細胞を修復して、肌機能を高め、廊下に負けないお肌をつくりましょう!

お肌の糖化対策

お肌の老化を進行させるものの1つに、糖化があります。

炭水化物や甘い食べ物など、糖を含む食べ物は、必要以上に摂取した場合、エネルギーになれなかった余分な糖が、タンパク質とくっついて細胞を劣化させてしまいます。

糖化によって、細胞が劣化すると、老化のスピードはどんどん早まるので、お肌トラブルとしては、お肌の潤いやハリが失われ、シミや黄ぐすみ、シワやたるみ…などのエイジングトラブルが起こります。

対策としては、タンパク質を劣化させないように、糖質制限をして、余分な糖の摂取を控えることです。詳しくはこちらをご覧ください→糖化対策でツルツル美肌に!糖質制限で感じたお肌変化とは?

老化対策をすることで、お肌の機能を正常に保つことができれば、加齢による乾燥を予防するのとができますよ!

自分の肌質を知り、お肌に合ったケアをしよう

もともと生まれ持った肌質により、トラブルが起きやすい方もいます。例えば、皮膚が薄い方は潤いを溜め込む容量が少ないので、ちょっとしたダメージでお肌が乾燥したりカサカサします。

実は私もこのタイプなのですが、お肌の機能がすぐに乱れてしまうので、悪化するとそこから抜け出すまでに時間もかかってしまいます。

カサカサして乾燥しやすい方は、もともとの肌質が敏感傾向にあるので、ダメージを受けやすい紫外線や洗顔のやり方には特に気をつけてお手入れをしてみてください。

また、何度も乾燥の悪化を繰り返していたり、ひどいカサカサに悩んでいる方、どんなお手入れをしても改善しない方は、一度皮膚科を訪れてみてください。

おそらく、お肌の細胞が傷ついて、スキンケアの効果を発揮できなくています。

皮膚科では、細胞の修復をする保湿剤を処方してもらえるので、セルフケアを続けるよりは、一定期間保湿剤を使って炎症を抑え、お肌を立て直してから、普段のスキンケアを再開される方が良いでしょう。

皮膚科の保湿剤についてはこちらをご確認ください→保湿だけでは治らない!頑固な粉吹きや乾燥は皮膚科の保湿剤で修復しよう

皮膚の薄さや毛穴の大きさなど、もって生まれたお肌質は変えられませんが、お手入れ次第で肌力を高めることは十分可能です(^^)

また、皮膚の薄さやキメの細かさなど、ご自身のお肌質を知るためには、デパートの化粧品カウンターなどで肌診断を受けることをお勧めします。自分の肌を知って最適なお手入れをしましょう!

まとめ

いかがでしたか?顔のカサカサは、お肌の乾燥からくるものでした。また、お肌の乾燥を引き起こす原因は多方面にありましたね。

今まで、お肌トラブルをスキンケアだけで改善しようとしていた方は、是非、様々な角度から対策をしてみてください(^^)

カサカサの乾燥に負けない、強くて丈夫なお肌をつくっていきましょう!

こちらの記事もご覧ください→お肌のカサカサを解決!顔の乾燥を改善する保湿クリームと正しい使い方