顔がザラザラする…お肌のザラザラの原因と改善方法は?

顔のお手入れをするときに、お肌がザラザラするとがっかりしますよね。みなさんは、お肌のザラザラが気になることはありますか?

顔のザラザラは、お化粧水が浸透していないような気がしたり、メイクののりが悪かったり、見た目にも顕著に表れるので、原因を知って1つ1つ改善していきましょう。

顔がザラザラする原因は?

顔を触るとお肌がザラザラする…。小鼻・顎の下・顔周り・頬…など、ザラザラする箇所は人によって様々です。原因は、いったい何なのでしょうか?

毛穴に詰まった角栓によるザラザラ

おそらく、ザラザラ=角栓というイメージをもたれている方は多いのではないでしょうか?鼻や唇の下のくぼみなどに多いです。

角栓は、お肌の表面にある、角質(死んだ細胞)と、お肌から出る皮脂が混ざり合ってできたものです。

これは、時間が経って酸化すると、育ってニキビにもつながります。酸化して硬くなった角栓が原因で、顔を触った時におがザラザラするのです。

乾燥によるザラザラ

お肌がザラザラするのは、乾燥も大きな原因になります。乾燥していると、お肌の表面に滑らかさがありません。

滑らかなお肌は、潤いがあって、細胞がお肌に隙間なく詰まっている状態ですが、乾燥しているお肌は、所々に隙間があって、スカスカ状態です。

また、お肌の表面にある角質が、もろく、剥がれかけていたり、めくれ上がっていてることも原因で、顔を触るとザラザラを感じてしまいます。

ターンオーバーの乱れによるザラザラ

ターンオーバーはお肌の新陳代謝を表します。新しい細胞をつくり、古い細胞を外へ排出するのがターンオーバーのはたらきです。

ターンオーバーは、全てのお肌の機能の土台となっています。しかし、このターンオーバーは日々の生活習慣や、環境の影響が原因で乱れやすいものです。

その時の状況で早くなったり、遅くなったりするので、お肌の負担がかかって様々なお肌トラブル原因になります。

特に、ターンオーバーが遅くなることで、古い角質が外へ排出されず、お肌に残った角質がザラザラの原因になるのです。

体の不調も、不安定な状態が続くと治りにくくなりますよね。ターンオーバーも同じで、乱れている状態が続くと、お肌トラブルが治りにくくなり、お肌への負荷が蓄積されて、もともとお肌に備わっている機能が低下してしまいます。

これらの原因が1つ、もしくは2つ・3つ重なって、お肌がザラザラしてしまうと予想できます。

お肌のザラザラを改善する方法は?

では、改善方法をみていきましょう。私の顔のザラザラは、鼻や唇の下は角栓の詰まり、全体的には、乾燥やターンオーバーの乱れによるものです。改善するために気をつけていることをお伝えしますね。

1日2回の洗顔で、汚れを確実に落とす

汚れを取り除くお手入れをしましょう。とはいっても、ザラザラの原因である、硬くなった角栓を綺麗に取り除くのは、一苦労です。

そのため、無理に取り除くことはしなくて大丈夫です。返ってお肌を傷めてしまいますからね。

必ずやってほしいお手入れは、「毎日の洗顔でその日の汚れは確実に落とすこと」です!

結局、角栓の原因は毎日の汚れが溜まったものですから、これ以上溜まらないように、1日の汚れを確実に取り除くことが何より大切なんです。

朝と夜、1日2回洗顔をしましょう。洗顔のしすぎは逆効果なので、2回以上はしないようにしてください。

正しい洗顔については、こちらに詳しくまとめているので参考にしてみてください♪

洗顔で変わる!お肌の毛穴の黒ずみを解消する正しい洗顔とは?

また、今ある古い角栓きれいに取り除いて改善したい方は、自己処理でお肌を傷めないように、皮膚科やエステもうまく利用してみてください^ ^

肌の毛穴の黒ずみはエステや皮膚科で改善できる?おすすめの薬は?

保湿を徹底する

もしかしたら、間違ったお手入れがお肌がザラザラする原因かもしれません。保湿のお手入れを見直して、顔のザラザラを改善しましょう。

化粧水よりも、クリームを!

私がいつもお伝えしたいるのは、「最後に必ずクリームで蓋をすること」です。お肌に化粧水を頑張ってたくさん入れ込むよりも、少量でもいいのでクリームを全顔に使うことが大切です。

塗りこぼしがないように、丁寧に!

私は、乾燥肌なので、保湿のお手入れには抜かりなし!と思っていたのですが、急いでいる朝と、疲れている夜のスキンケアは結構塗りこぼしがあることに気づきました。

お肌のザラザラの改善は、あれこれ色々なアイテムを試すよりも、シンプルなケアを丁寧にすることです。

食生活の改善

食生活の改善も大切です。バランスの良い食事を心がけましょう。私はダイエットをしていた時に、バランスを考えずに「とにかく野菜しか食べない」とか、「とにかく炭水化物は食べない」といった食生活をしていたことがありました。

タンパク質で丈夫なお肌づくり

また、私はお肌をつくる元であるタンパク質(肉や魚)をあまり食べない時期があり、その頃は顔に皮膚にふっくら感がなく、うすっぺらくて触るとザラザラしていました。

普段ザラザラする部分も、さらにざらつきを感じでいました。ここ2.3年はタンパク質(特に肉を食べています)を積極的に摂取していて、お肌も以前より丈夫になったように感じています。

超簡単!不足しがちなビタミンCとミネラルの取り方

他には、ビタミンCやミネラルも不足しがちな栄養素なので積極的に摂取したいですね!

私は面倒臭がりなので、とっても簡単な料理(?)でビタミンCやミネラルを摂取しています。

  • ビタミンC…冷凍のブロッコリーを塩茹で・トマトをただ切るだけ・肉を炒める時はピーマンも一緒に。
  • ミネラル…茹でたほうれん草にポン酢をかける・毎日ルイボスティーを飲む

簡単すぎて料理とは言えませんが(笑)簡単でないと続かないので、私にはちょうど良いです^^;

お肌のザラザラの原因の1つである、ターンオーバーの乱れにも効果が期待できるので、是非試してみてくださいね。

食生活については、是非こちらの記事もご覧ください。

美肌を手にする、ターンオーバーを促進させる食べ物とのみもの

また、必要な栄養素を摂取するためには、食事だけではなく、サプリメントを活用するのも1つの改善策です!

食生活の改善はなかなか難しいという方は、サプリメントも上手く活用してみてくださいね。詳しくはこちらをご覧ください。

お肌のお助けアイテム、ターンオーバーを促進させるサプリメント

お肌のザラザラは下地選びで変わる?

私は美容部員の経験があり、お化粧で使う化粧下地マニアなのですが、お肌に合う下地を使うかどうかで、お肌のザラザラが全然違うと感じています。

顔がザラザラすると、お化粧のノリにも影響がありますよね。お化粧をしている時間は、すっぴんでいる時間よりも長いです。そうすると、お化粧をしている時間に、いかにお肌に負担をかけないかというのが大切なんです。

お肌にかかる負担が大きければ大きいほど、乾燥しますし、毛穴が開いて汚れがたまりやすくなります。その結果、顔のザラザラは悪化してしまうのです。

私は紫外線対策を優先しすぎたことが原因で、ひどく乾燥が進行し、毛穴が開いてザラザラした状態が続いたことがありました。

そこで学んだのは、「ウォータープルーフのものを使うと、お肌が悲鳴をあげる」ということです。美白をしたかったはずが、結果としては乾燥してザラザラして、くすみました。

しかも、一度トラブルを起こしたので、改善するまでに時間がかかりました。

もちろん個人差がありますが、私はウォータープルーフタイプの下地はおすすめしません。

色々使ってみましたが、長時間お肌に触れるものなので、「SPF値が低くてお湯で落ちる低刺激なもの」を使って、お肌の機能の改善に貢献した方が良いです^ ^

また、ちょっとしたオススメの下地があります^ ^ノエビアさんのクリアスムーサーです。

鼻や顎など、部分用下地なのですが、塗るとサラサラとしていて、毛穴をぼかしたり、シワを埋めてくれるパウダーが配合されている下地です。

比較画像(画像2枚目)も載せてみました。左が使用前、右は使用後です。わかりにくいですが、よくみると、右の方がぼかし効果があり、滑らかさがあります。

これは、愛用してから手放せない下地の1つです…!特に鼻はザラザラしますし、ファンデーションの厚塗りが凸凹して見えてしまうので、鼻はこれだけしか使いません。

肌色でほんのり色もつくのと、とにかくサラサラしているので、お化粧のあと、顔にザラザラを感じにくいです!気になる方は是非試してみてくださいね^ ^

まとめ

いかがでしたか?お肌のザラザラの原因は、乾燥や角栓、ターンオーバーの乱れによるものが大きいとわかりましたね。

環境や、お手入れ方法、生活習慣でお肌状態はガラリと変わります。改善方法は様々ですが、お肌は食べ物によってつくられているので、バランスよく摂取して滑らかなお肌を目指しましょう。

また、お肌の成長を高めるためにはスキンケアも重要です。間違ったお手入れを続けていると、顔のトラブルを悪化させ、改善するまでに時間がかかることもあります。

私の経験談ですが、化粧下地を変えることでザラザラが改善された例もあるので、是非試してみてくださいね^ ^

こちらの記事もご覧ください→美容部員が教える、お肌に透明感を与えるおすすめのスキンケア