肌の乾燥がなかなか治らない…原因は内蔵トラブルにあり?

「お肌の乾燥が気になる…」カサカサしたり、つっぱったり、小ジワが目立ったり。乾燥を感じずに一日中快適に過ごしたいですよね。

お肌が乾燥する原因は様々ですが、なかなか治らない乾燥や肌荒れの原因は、体の内部に隠れているかも?

実は、内蔵トラブルはお肌状態にも大きく関係しているんです。

今回は、内蔵とお肌の関係や、乾燥を改善する体内ケアについてお伝えします。

乾燥は様々なトラブルの原因に!なかなか治らないのはなぜ…?

繰り返すお肌の乾燥に悩んでいませんか?一時的な乾燥ならまだしも、慢性化してしまうとなかなか治るまでに時間がかかりますよね。

  • スキンケアをしてもすぐ乾いてしまう
  • 不快なつっぱり感を感じる
  • カサカサして化粧がうまくのらない
  • 肌にツヤ感がない
  • 白い粉が吹いてしまう
  • 化粧が崩れやすい
  • 小ジワが目立つ

こんな症状が出ている方は、お肌が敏感に傾いて、お肌が乾燥しているサインです。

乾燥がひどい方は、ヒリヒリしたり、赤くなったり、かゆみが出る場合もあります。

お肌の乾燥は、さまざまなトラブルの引き金となります。一見関係がなさそうな大人ニキビや毛穴トラブルも、乾燥によって不足した潤いを補うために、過剰に分泌した皮脂が原因であることが多いです。

また、加齢による、シワやたるみなどのエイジングトラブルも乾燥と大きく関係しています。

私たちのお肌は年齢とともに肌の潤い成分が減少してしまうので、年齢とともに乾燥傾向に。乾燥とともに、エイジングトラブルも進行してしまうんです!

そんな乾燥肌を改善するためには保湿ケアがとっても重要です。保湿化粧品でスキンケアをしたり、サプリメントを飲んだり…と、乾燥を対策する方法は様々にあります。

しかし、中には「お手入れをしても乾燥が治らない」という方もいらっしゃると思います。

原因はいくつか考えられますが、まず、「間違ったスキンケアのやり方」でお手入れをしている可能性があります。

これは意外と自分では気づいていないことも多いので、改めて、スキンケアの手順やお手入れ方法を見直してみましょう!

参考になりそうな記事があるので、まずはこちらを確認してみてください(^^)

私はこの方法で綺麗になれた!美肌になる方法はスキンケアの手順と習慣にあり!

美容部員が教える、顔の乾燥やつっぱりが一日中続く原因と改善方法

お肌が乾燥する原因は体内にあり?

スキンケアのやり方も見直してみたけど…「やっぱり乾燥が改善しないんです!!」という方、これは、体内の不調や内蔵トラブルが原因として考えられます。

私自身、慢性的なお肌の乾燥や肌荒れに悩んでいた時期がありましたが、その時はスキンケアばかりに躍起になっていました。

でも目に見える改善は見られなかったんです。スキンケアは、美容部員の経験もあり、基本のケアはしっかりできていました。

もしかしたら別のところに原因が…?

そう思って体内ケアも始めました。体内の様子は、自分では見ることができないので気づきにくいですが、慢性的に治らない乾燥や肌荒れは、体内の様子とも向き合ってみましょう。

もしかしたら病気の可能性もあり得ます。

肌の乾燥や肌荒れに影響する、体内の不調や内蔵トラブル

体内の調子は、肌状態にも影響します。具体的には、以下のような内蔵の不調やトラブルが、肌不調の原因として考えられます。

肌トラブルの影響①胃の不調

胃は、食べ物を消化するはたらきがあります。腸で栄養を吸収するために、まずは「胃の消化」が必要です。

しかし、胃のトラブルが起こると、食べ物の消化が悪くなってしまいます。

具体的には、食べ過ぎによる胃もたれや、ストレスによる胃腸炎などが原因として考えられます。

消化が悪くなると、お肌に必要な栄養が十分に届かなくなってしまうので、肌の乾燥や肌荒れを起こしやすくなってしまいます。

肌トラブルの影響②腸の不調

腸は、胃で消化された食べ物の栄養素を吸収するはたらきがあります。

私たちのお肌は、毎日取り込む食べ物によってつくられていますが、腸の不調は、食べ物の栄養の偏りによって大きくあらわれます。

具体的な症状としては「便秘」があげられます。便秘に悩んでいる女性さ非常に多いです。(私もそうでした)

症状老廃物がたまると、腸内が汚れて悪玉菌が増えるので、腸内環境が悪化してしてしまうんです。

栄養が偏っていたり、消化や排便を促す食物繊維が不足すると便秘しやすくなります。

また、便秘になるとビタミン類の吸収も悪くなります。ビタミンは、現代人に不足しやすい栄養でビタミン不足から乾燥や肌荒れも起こりやすいのです。

便秘の原因は、他にも水分不足や運動不足、過剰なストレス、冷えや血行不良なども考えられます。

排便が滞ると、不要な老廃物が体内にずっと溜まることになるので、肌調子が悪くなるだけでなく、気持ち悪いですよね。

「肌は腸をうつす鏡」と言われるほど、腸の不調はお肌の乾燥や肌荒れといった症状としてもあらわれやすいのです。

肌トラブルの影響③肝臓の不調

肝臓には、体内の不要な有害物質の解毒を行うはたらきがあります。

しかし、肝臓のはたらきが低下すると、解毒機能が衰えてしまうので、当然ながら有害物質が分解されなくなってしまいます。すると、有害物質を含んだ血液が全身にまわってしまうので、乾燥や肌荒れの原因にもなってしまうんです。

また、肝臓には栄養素を貯蔵するはたらきもあります。しかし、肝機能の低下によって、栄養の運搬にも支障を来します。お肌に必要な栄養素が運ばれなければ、当然、乾燥や肌トラブルが起こってしまいますよね。

肝機能が低下すると原因としては、ストレスや食品添加物、アルコール、偏った食生活などがあげられます。

特に、便秘傾向にあると、腸の不調を引きずったまま、さらに肝臓にも負担がかかってしまうんです。

肝臓は、内蔵の中でも、なにかと負担のかかりやすい臓器ですが、「沈黙の臓器」とも言われており、不調は重症化するまで気付きにくいことでも有名です。

肌の乾燥や肌荒れを改善する方法

胃・腸・肝臓の不調が、お肌トラブルと深い関係にあることがわかりましたね。

対策してもなかなか治らない乾燥や肌荒れも、体内のケアで改善が見込めます!

胃の不調を改善策

胃の調子を整えるなら、消化を助けるために、早食いを控え、よく噛んで食べるようにしましょう。

ゆっくりよく噛むことで、満腹中枢が刺激され、食べすぎによる胃もたれを防ぐことができます。

また、胃に負担のかかる食べ物を控えたり、負担の少ない食べ物を食べるのも効果的です。

胃に負担がかかるのは、脂っこいものや甘いもの、インスタント食品、ジャンクフードなどがあげられます。

これらばかりの食生活は胃に負担をかけてしまうので、頻繁にあるようであれば、意識して控えていきましょう。

胃に優しい食べ物といえば、“和食”です。私は和食中心の食生活に切り替えてから、胃もたれしなくなりましたし、肌の調子も良くなりました!そして嬉しいことに痩せましたよ(^^)

おすすめの食事例→食べ物で全身保湿ができる?つるつる美肌になれる食べ物

腸の不調の改善策

腸の不調は、「便秘をしているか」、「していないか」といった点で判断して良いでしょう。

便秘を解消することができたら、栄養バランスが取れているということなので、肌の調子も良くなります。

私は以前、ストレスや栄養不足などが重なり、腸内環境が乱れて便秘を繰り返しており、その結果痔になってしまったことがあります。

とてもお尻は痛いし、肌も荒れて辛かったのですが、その後、便秘と肌荒れ解消のために試行錯誤して、今では便通もスムーズになりました!

私は、便秘と肌荒れ改善のために、以下のようなことを意識しています。

  • 起きたらお白湯を飲む
  • 食物繊維やビタミンをとる(手軽でおすすめなのは、バナナ・豆乳・具沢山味噌汁など)
  • 丈夫なお肌の土台となる動物性のタンパク質を摂る(肉・魚・卵など)
  • 水分補給は常温か温かいもの
  • 食事にはなるべく汁物を摂るようにする(水分不足を防ぐため)
  • 代謝を高めるために適度な運動をする(簡単なストレッチやウォーキング、ヨガなど)

これらは効果的でした(^^)私は食べることが大好きなので、これ以外は好きなものを食べていましたよ〜!血液が栄養を運ぶので、体を冷やさないようにするのも、大事なケアだな!と思いました◎

便秘や肌不調の改善に役立ちそうな記事があるので、参考にしてみてください♪

ビタミン不足が肌荒れの原因?ビタミンを含む食べ物やその効果とは?

食べ物でお肌は潤せる!お肌を保湿する食べ物や保湿力を高める方法

意外と活用し甲斐がある!肌荒れ改善に役立つコンビニの食べ物

肝臓の不調の改善策

お酒を良く飲む方は特に肝臓に負担がかかりやすいです。

アルコールの解毒するには肝臓はフル稼働し、負担がかかるので、毎日のように飲むのは肌荒れだけでなく、病気にも関わる問題となります。

また、アルコールは肌の水分を奪うので乾燥したり、ビタミンも消費するので、お肌の調子が悪い時は悪化させてしまう可能性が高いです。

週に1・2日は休肝日を設けたり、アルコールを摂り過ぎないように心がけましょう。

また、肝臓がはたらきっぱなしにならないように、食べすぎに気をつけたり、添加物の多い食べ物を控えるようにしましょう!

また、胃腸の不調の改善にも共通しますが、「ストレス発散」もとっても大事です!

内蔵トラブルは、仕事や人間関係など、様々なストレスによって起こりやすいものなんです。

ストレスを発散することは、乾燥や肌荒れの改善にも繋がります!

「ストレスを溜めない」というのはなかなか難しいので、自分なりのストレス発散方法を見つけてリフレッシュをしましょう!

こちらの記事も参考にしてみてください♪

顔の乾燥はストレスで悪化する?ストレスの対策や発散する秘訣とは?

内蔵トラブルは病気の可能性もあり?

内蔵トラブルは病気にも関わることがあります。

内蔵疾患によるトラブルに、デルマドロームというものがあります。

その他にも、肌の乾燥が症状の1つとして出る病気もあるんです。

お肌のカサカサが治らない…もしかしたらそれ、病気かも?お肌が乾燥する病気を知ろう

胃腸の不調も、ひどい痛みや不快感がある場合は病院に行きましょう。

また、頑固な便秘は、ビオフェルミンなどの錠剤を活用して便を柔らかくするという方法もあります。

中には、自分の力では改善できないこともあると思うので、心配であれば、病院を受診してみましょう!

病院に行くことで、乾燥や肌荒れの根本的な原因がみつかるかもしれません!

まとめ

いかがでしたか?なかなか治らない乾燥や肌荒れの原因として、体内の不調や内蔵トラブルが関係していることがわかりました。

食生活や生活習慣をガラリと改善するのは難しいことですが、まずはなにか1つから、意識して取り入れてみましょう!

こちらの記事もご覧ください→乾燥肌から脱出したい!乾燥対策にオススメの保湿サプリメント6選★