お肌の正しい保湿ケアと、簡単に保湿力を高める方法★

美肌づくりの基本として、お肌を保湿することは、とても重要なスキンケアです。

しかし、保湿をしてもお肌トラブルがなかなか改善しない場合は、保湿のやり方が間違っている可能性もあります。

お肌トラブルを改善して、美肌を手に入れるために、正しい基本の保湿ケア方法を確認しておきましょう!また、忙しい毎日の中でも、簡単に保湿をする方法もお伝えします(^^)

その保湿ケア、本当に合ってる?

お肌の乾燥や大人ニキビ、くすみやクマ、シワやたるみ…など、女性のお肌悩みは尽きないですよね。

特定の時期にお肌トラブルが起こる方もいれば、トラブルを日々繰り返している方もいます。

様々なお肌トラブルを改善し、美肌に導くためには、保湿ケアは必要不可欠です。

保湿ケアをしても、なかなかお肌トラブルが改善しない方は、もしかしたら保湿ケアのやり方が間違っていたり、保湿をしたつもりになっている可能性があります。

例えば、以下のようなスキンケアをしている方は、要注意です。

  • スキンケアは化粧水のみ
  • スキンケアアイテムは、パパッと適当になじませてお手入れ完了
  • 洗顔後やお風呂上がりの後、しばらく経ってから保湿をする
  • 日中乾燥を感じてもそのまま過ごす
  • 化粧水・乳液・クリームでお手入れをしているけどお肌トラブルが改善されない

ご自身に当てはまるものはありましたか?これらの項目も踏まえながら、基本の保湿方法を確認しましょう(^^)

基本の正しい保湿方法

まずは、保湿ケアの基本をおさらいしましょう。

保湿ケアの基本の手順

保湿とは、「潤いを保つこと」です。お肌の潤いを保つためには、水分や潤い成分を与え、その潤いが蒸発しないように油分の膜を張る必要があります。

スキンケアアイテムでは、化粧水→乳液→クリームの3つのステップによってお肌を保湿をします。

化粧水は、水分をお肌に与え、クリームは油分の膜を張ります。乳液は、お肌を柔らかくしたり、化粧水とクリームのなじみをよくする繋ぎの役割をしてくれます。

保湿ケアが化粧水だけでは、せっかくお肌に入れた潤いが逃げてしまうので、必ず油分ケアを取り入れるようにしましょう。

保湿ケアの基本のタイミング

スキンケアで保湿をするタイミングは、基本的には1日に2回、朝の洗顔後と、夜のお風呂の後に行います。

私たちのお肌は、日中が最も乾燥すると言われています。日中は、長時間化粧をした状態で過ごし、紫外線や、室内の冷暖房などによって、お肌への負担がかかり、乾燥が進行します。

そのため、朝の保湿は、日中のお肌負担や、乾燥を軽減するために重要ですし、夜のスキンケアは、1日のお肌の汚れや疲れをリセットさせるために欠かせないケアになります。

特に、朝のお手入れは忙しくてパパッと簡単に済ませてしまったり、夜は疲れて化粧も落とさずに眠ってしまうことが多い方は、1日2回の貴重な保湿のタイミングをうまく活用できていないので、非常にもったいないです。

1日2回の、保湿ケアを充実させて、乾燥などのお肌トラブルから抜け出しましょう!

お肌の保湿力を高める方法

1日2回の貴重なスキンケアの保湿力を高める方法をお伝えします。

保湿力の高い化粧品を選ぶ

化粧水・乳液・クリームでお手入れをしていても乾燥が改善されない方は、ご自身のお肌に対して、スキンケアアイテムの保湿力が足りない可能性があります。

その場合は、スキンケアアイテムを、どれか1つでも良いので、保湿力の高いものにグレードアップするのがおすすめです。

保湿力の高いアイテムを選ぶポイントとしては、高保湿成分のセラミド・コラーゲン・ヒアルロン酸・プラセンタなどが配合されているものを選びましょう。

配合量まではわからないものも多いので、気になるものがあれば、試供品やトライアルセットも試してみましょう。

また、独自の技術でナノ化していたり、美容成分をギュッとカプセル化しているものや、お肌に浸透しやすい形状になっているものは浸透力が高いので、そういった工夫を凝らしているものを選ぶのも良いでしょう。

また、価格が高いもの程保湿力が高いというわけではありません。パッケージや広告、輸入などの配送コストなどによって価格が高く設定されているものもあるので、続けられそうな価格のものの中で高保湿で自分のおに合ったアイテムを選びましょう。

ハンドプレス(馴染ませ)

スキンケアアイテムの保湿力も重要ですが、ハンドプレスをするか、しないかで、潤いの持続力が変わります。

特に、急いでいるときはお肌に馴染む前に、次のものをつけてしまいがちですが、1つ1つがしっかりとお肌に浸透して、手のひらに吸い付くまで馴染ませましょう。

両手の平で、両頬をハンドプレス、額と顎をハンドプレス…といったようにパーツごとに馴染ませていくと、全体的にお肌が潤います。

こういったなじませの工程を取り入れることで、日中の保湿力を長持ちさせたり、夜の疲れ切ったお肌の奥まで潤いを浸透させてダメージケアをすることができます。

ハンドプレスは、コストをかけず、スキンケアアイテムの効果を高めることのできる、とても簡単な方法なので、是非取り入れてみてください。

お肌の保湿力を高める簡単アイテムとは?

お肌の保湿力を簡単に高めることのできるスキンケアアイテムをご紹介します。

シートマスク

シートマスクは、顔にのせておくだけで簡単に保湿ができます。

最近では、お肌への密着度が高く、液垂れもしないシートマスクもたくさんあります。

シートマスクをうまく活用すれば、朝と夜の保湿ケアが充実すること間違いなしです。

忙しい朝は、スキンケアが適当になりやすいので、ながら作業ができるシートマスクはおすすめです。

シートマスクをしながら、朝食の支度などもできます。

夜は、湯船に浸かっている間や、お風呂から出てスキンケアをするまでに時間が空いてしまう方は、その間にシートマスクをするのもおすすめです。

シートマスクの効果的な使い方についても、参考にしてみてくださいね→保湿パックで顔の乾燥は改善できる?正しい使い方や効果的な使い方とは?

炭酸アイテム

炭酸アイテムは、お肌に二酸化炭素を取り込むことで、血行促進効果が得られます。血行がよくなると、お肌にとっては良いことだらけです。

お肌に必要な栄養を隅々まで届けることができるので、日々の生活の中で乱れやすいターンオーバーを正常に保とうと働きかけます。

炭酸アイテムを使うことでお肌の土台が安定するので、普段から使っている保湿アイテムの効果を引き出すことができるのです。

特に、泡状で出てくる、スプレータイプの炭酸洗顔はおすすめです。洗顔をするだけで炭酸の効果を得られるので一石二鳥です(^^)さらに、面倒な泡立て作業もいらないので、簡単で継続しやいのもポイントです。

炭酸アイテムは効果なイメージがありますが、最近ではプチプラの炭酸アイテムも増えているので、是非使ってみてくださいね(^^)→コスパ抜群!美肌になれる、プチプラの炭酸パックを教えます★

保湿の美容液スプレー

朝と夜の保湿ケアに力を入れても、日中の乾燥が改善されない方は、日中〜夕方に保湿の美容液スプレーを活用して潤いを補給しましょう。

時間が経てば経つほど、お肌の水分は奪われて、夜に向かってカラカラに乾燥してしまいます。

乾燥を感じている状態が長いと、症状が悪化しやすくなり、正常な状態に戻すにも時間がかかるので、乾く前に潤い補給ができると理想的です。

そのため、簡単にメイクの上からでもできる、保湿の美容液スプレーを使って、潤いをチャージしましょう。

また、美容液スプレーは、化粧水のスプレーと似ていますが、化粧水のスプレーは逆に乾燥を悪化させてしまうので、詳しくはこちらを確認してみてください。→顔の乾燥には即効性のある美容液ミストスプレーがおすすめ!化粧直しも簡単!

お肌状態に合わせてケアを変える

ここまで、保湿ケア方法の基本や、簡単に保湿力を高める方法をお伝えしてきましたが、基本のケアに加えて、ご自身のお肌状態に合わせた保湿ケアをすると、さらに理想的です。

例えば、こんなお悩みを感じている方は、保湿ケアにも工夫が必要です。

  • 生理前は肌荒れしやすい
  • 年齢を重ねてから乾燥を何度も繰り返す
  • 目元や口元など、部分的な乾燥が目立つ

それぞれの改善方法についてもみていきましょう。

生理前

生理前であれば、皮脂の分泌量が多くなり、ニキビなどの肌荒れしやすい時期です。

皮脂の分泌が活発な時でも、基本の化粧水・乳液・クリームの3ステップの保湿ケアは、変わらず行いましょう。

ベタつくようであれば、皮脂を抑える収れん化粧水やさっぱりタイプのものを使うのもおすすめです。

油分の与えすぎがニキビの原因にもなるので、クリームは軽めの仕上がりでも良いでしょう。

この時期は、毛穴の詰まりがニキビにならないように、いつもより丁寧なクレンジングや洗顔も意識して取り入れてみてください。

年齢肌

年齢を重ねると、潤い成分の生成量が減るので、お肌は乾燥しやすくなります。そのため、スキンケアアイテムの保湿力を高めなければ、エイジングトラブルがどんどん進行してしまいます。

年齢肌対策には、お悩みに特化した美容液がおすすめです。美容液は、お悩みをピンポイントで集中ケアすることができるので、年齢肌対策には保湿重視の美容液で、シワやたるみなどのエイジングケアができるものを加えると効果的です。

もしくは、導入美容液を使って、今使っている保湿アイテムの効果を引き出すのもおすすめです!

部分乾燥

部分的な乾燥も、多くの女性が抱えているお悩みの1つです。特に皮膚の薄い目元や口元は集中的に保湿をしましょう。

まずは、乾燥するパーツに保湿クリームを重ねづけしてみてください。余裕のある方は、年齢の出やすい目元や、ほうれい線などの口周りは、専用の美容液などを活用して、保湿を強化しましょう。

まとめ

いかがでしたか?お肌トラブルの改善には保湿ケアは必要不可欠であるとわかりました。

また、保湿ケアはやり方を間違うと効果を発揮できず、保湿をしたつもりになっていたり、間違った保湿を継続して、結果的にお肌トラブルを改善できません。

そのため、正しい基本の保湿方法を身につけましょう。簡単に保湿力を高められる方法や、簡単に使えるスキンケアアイテムも活用しながら、美肌づくりをしていきましょう!

こちらの記事もご覧ください→食べ物でお肌は潤せる!お肌を保湿する食べ物や保湿力を高める方法