洗顔でお肌が変わる!お肌が綺麗な人が行なっている正しい洗顔方法とは?

女性であれば、お肌が綺麗な人に憧れますよね。お肌が綺麗な女性はどんなスキンケアをしているのか?というと、「正しい洗顔」ができている人が多いです。

洗顔は、お肌の汚れを取り除いて土台をつくる、スキンケアの基本です。洗顔のやり方や、洗顔料の選び方1つで、お状態は変わります。

今回は綺麗なお肌をつくるために、正しい洗顔方法と洗顔料の特徴や選び方をお伝えします。

洗顔の目的は?

多くの人が朝と夜の2回、毎日行なっている「洗顔」。洗顔の目的は、お肌に不要な皮脂や古い角質汚れを取り除くことです。洗顔は清潔で健康なお肌を保つために欠かせないスキンケアです。

どんなに高価な化粧品を使ってお肌のお手入れをしたとしても、お肌に汚れが残っていては化粧品の効果は発揮できません。

みなさんは、夜にスキンケアをしたのに翌朝お肌がゴワゴワしていたり、化粧のノリが悪かったり、なんとなくお肌の不調が続いたり…といった経験はありませんか?

もしかしたら、こういったお肌の不調は「間違った洗顔」が原因かもしれません。私たちは、眠っている間にお肌の土台であるターンオーバーが活性化されます。

クレンジングや洗顔不足で、汚れが落ち切らずに、ファンデーションや皮脂汚れが毛穴に残ったまま放っておくと、ターンオーバーのサイクルがうまく機能しません。

また、毛穴汚れを放置しておくと、雑菌が繁殖したり、皮脂が酸化してニキビや肌荒れの原因になってしまいます。

さらに、顔は常に外気にさらされているので、ホコリや排気ガスも知らず知らずのうちに付着していますし、眠っている間も汗をかいて皮脂汚れが溜まります。

そのため、毎日の朝と夜の洗顔は、1日のお肌をリセットするために非常に重要なスキンケアなのです。

間違った洗顔でお肌がボロボロに…!お肌が綺麗な人が行なっている、正しい洗顔方法とは?

お肌の綺麗な人は、正しい洗顔によって1日の汚れを確実にリセットしています。

お肌の乾燥やゴワツキ、毛穴の黒ずみといったお肌トラブルは、様々な原因によって起こりますが、その1つに間違った洗顔が挙げられます。

間違った洗顔には、「洗いすぎているパターン」と「よく洗えていないパターン」の2つがあります。

洗顔は毎日するものなので、そのやり方は癖になっており、無意識のうちに行なっているので間違いにも気づいていないことが多いです。

洗顔のしすぎも、洗顔不足も、どちらもお肌に負担がかかるので早めに意識して改善していきましょう。

洗いすぎているパターン

  • 1日に3回以上洗顔をしている
  • ゴシゴシとこするように洗っている
  • 熱いお湯ですすいでいる
  • 角質ケア洗顔を頻繁にしている
  • 5分以上洗っている

洗いすぎている人は、洗顔の回数が多いことがまずあげられます。

皮脂や汚れが気になったり、汗をかくと何度も洗いたくたくなりますが、洗いすぎはお肌に必要な潤いを奪ってしまうのでとても危険です。洗顔は1日2回までにしましょう。

また、熱いお湯ですすぐのも、必要以上に皮脂を取り除くことになるので、顔の乾燥やお肌トラブルを引き起こす原因になってしまいます。すすぎには、人肌の温度のぬるま湯がベストです。

ゴシゴシこすったり、5分以上も洗っていると、お肌は摩擦による刺激を受けて傷ついてしまいます。傷ついたお肌は、お肌を守るバリア機能が低下するので、どんどん敏感になってしまうのです。

自分の顔を殻つきの卵だと思って、殻を破らないように優しく洗いましょう。

また、流行りの角質ケア洗顔料も、やりすぎはお肌を傷つけてしまいます。

ものにもよりますが、角質ケアは普通の洗顔料よりも洗浄力が強いので、週に1回もすれば十分に古い角質の除去ができます。(多くても週に2回までにしましょう)

ゴシゴシこする癖があると、角質ケア洗顔料の洗浄力も加わって、よりお肌の負担になるので、お肌状態と相談しながら、使用頻度も調整していきましょう。

よく洗えていないパターン

  • 洗顔は1日1回のみ(朝は洗顔しない)
  • 洗顔料を泡立てずに洗っている
  • 馴染ませも、すすぎも簡単に済ませてしまう

夜は眠るだけで綺麗な状態だから…といった理由で、朝の洗顔をしない方がいますが、夜も汗や皮脂汚れが溜まるので、朝も必ず洗顔をしましょう。

水洗いか、洗顔料を使うか?といったところは賛否両論ありますが、その時のお肌状態によって使い分けるのがおすすめです。

例えば、お肌が敏感になっていて、調子の悪い時は水洗いにしたり、夜に濃厚なスキンケアをした時は洗顔料で洗いましょう。

また、洗顔料をよく泡立てずに洗っている方は、汚れが落ち切っていない可能性が高いです。

洗顔料は直接顔にのせるとお肌に負担になるので、水を含ませて泡立ててから顔に馴染ませましょう。

泡立てネットを使って泡立てたり、泡タイプの洗顔料を使ってもOKです。キメの細かい泡ほど、毛穴の奥の汚れまで取り除くことができます。

また、泡が顔と手の間のクッションになり、摩擦を軽減できるので、お肌への負担が少なく洗顔ができます。

洗顔の時間が短い方は、馴染ませや、すすぎ不足によって汚れが落ちきっていない可能性があります。洗顔は1分〜3分くらいで、すすぎは30回以上が理想です。

これらを意識してみると、今まで「正しい洗顔をしているつもりになっていた」ことに、気づく方が多いと思います。(私もその中の一人でした(^^;;)

お肌が綺麗な人は、自分のお肌に合った洗顔料を選んでいる!

お肌が綺麗な人が行なっている正しい洗顔の秘訣はもう1つあります。それは、「お肌に合った洗顔料を選んでいること」です。

洗顔は毎日するものですから、お肌に合うものや、好みのタイプを選びたいですよね。

洗顔料には石鹸と洗顔フォームの2つのタイプがあるので、それぞれの特徴をみていきましょう。

石鹸

石鹸は、天然の成分を中心につくられており、お肌への刺激が少ないというメリットがあります。防腐剤や香料や着色料なども入っていないため、かなりお肌に優しいんですよね。

石鹸でシンプルな洗顔をすることで、ターンオーバーにはたらきかけ、お肌の再生力を高めることができます。

ただ、シンプルな作りになっているので保湿力は少なく、洗い上がりもサッパリとしているため、乾燥肌の人は物足りなさを感じると思います。

しかし、石鹸による洗顔後の物足りなさは、お肌に必要な潤いまで取り除いてしまったツッパリ感とは異なります。

石鹸は弱アルカリ性であるため、石鹸で洗顔をすることによって、お肌にアルカリ性の膜がはられます。

すると、お肌はなんとか酸性に戻そうとします。ツッパリ感は、お肌が活性化しているサインで、お肌本来の力を引き出そうとしている証拠です。

そのため、石鹸で洗顔をすると、肌力を高めることができるので、本当の意味でお肌に優しいといえるでしょう。

ただ、石鹸ならなんでも良いというわけではなく、100円や200円の安い純石鹸では非常に乾燥しやすいため、肌荒れを悪化させる可能性があります。

ちょっとお値段は張りますが、グリセリンなどの保湿成分が配合されている、ホットプレスやコールドプレスなどの過程で作られた石鹸がおすすめです。

お肌に炎症のある方や、肌荒れに悩んでいる方は、質の良い石鹸でお肌に負担をかけずに洗顔をしてみてはいかがでしょうか?

洗顔フォーム

洗顔フォームは、保湿成分を添加しているものが多いので、洗い上がりのツッパリを感じにくいです。

また、石鹸よりも泡立てやすく、モコモコの泡を簡単に作れます。洗顔フォームはチューブタイプで保管のしやすいものも多いです。

美白や保湿、ニキビケアなど、さまざまなお悩みに合わせた洗顔フォームもたくさん出ているので、洗顔でもお悩みに合わせたケアができます。

しかし、1つ注意したいのは、洗顔フォームは合成の界面活性剤が入っており、界面活性剤がお肌に刺激を与える可能性があります。

界面活性剤は、洗顔料を作る上で必要不可欠な成分ですが、お肌に必要な潤いも取り除いてしまうんですよね。

特に、敏感肌や乾燥肌、炎症の起こしたニキビなど、お肌が揺らいでいるときは、その刺激を受けやすいです。

ちょっと悪い言い方をすると、界面活性剤で奪った潤いを、配合された保湿成分で無理矢理補っていることになるので、肌を騙していることにもなります。

しかし、現在日本で認可されている化粧品には、お肌に深刻なダメージを与える程の強い洗浄料の界面活性剤はもともと含まれていません。

そのため、洗顔フォームを使ったからといって、全ての人が界面活性剤のせいでお肌がボロボロになることはあり得ません。

私も敏感傾向にある乾燥肌ですが、界面活性剤のせいでお肌が一気に荒れたことはないです。

それよりも、正しい洗顔のやり方が身につけられているかどうかの方が、お肌への負担としては大きく影響してきます。

正しい洗顔のやり方を身につければ、洗浄力の強さも軽減できますから、洗顔フォームの界面活性剤ともうまく付き合っていくことができます(^^)

洗顔フォームは、種類が豊富なので、美白やエイジングケア、ニキビ予防など、集中的にケアしたいものがある方にはおすすめです。

洗顔料は、洗い上がりのサッパリやしっとり感、テクスチャー、保管のしやすさ、泡立ち具合などで好みも分かれるので、ご自身に合うものを選んでみてください(^^)

まとめ

いかがでしたか?今回は綺麗なお肌をつくるための正しい洗顔方法と、洗顔料の特徴や選び方についてお伝えしました。

間違った洗顔を継続していると、お肌の負担はどんどん蓄積されて、綺麗なお肌から遠のいてしまいます。

洗顔は過度にやりすぎていても、不足していても意味がないので、正しいやり方を身につけましょう。

洗顔料は、フォームや石鹸によって、それぞれの特徴がありました。お肌状態や好みに合わせても使い分けてみてくださいね(^^)

こちらの記事もご覧ください→お肌のザラザラはスクラブ洗顔で改善できる!美容部員の角質ケア事情